じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 ほっぷすてっぷじゃんぷッ!(2009年版) ほっぷすてっぷじゃんぷッ!(2009年版)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


ほっぷすてっぷじゃんぷッ!(2009年版) 

2019/03/12 15:50/Tue
DVDパッケージ・ミックス
女子高で働く冴えないオジサンは下半身むき出しのヒーロー!?
伝説の蛙に噛まれた体が次第に変化していく。
その英雄(カエル)一途な愛で見返りはなし!?

莢香を抱える鶴岡本能むき出しで莢香のスカートをめくる
 今回は「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!(2009年版)」です。
原作 岡田和人。監督 中野貴雄。主演 鈴木千絵里、岡田智宏。共演に桜井まり、春菜はな、蜂須賀ゆきこ。

今日も元気で頑張っていや、あの・・やめて助けた莢香に本能むき出す鶴岡いつもありがとやんっ・・
 今回は2009年に劇場公開された「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」の旧作です。

 主人公・朝日村莢香・を演じるのは鈴木千絵里です。当時のグラビアアイドルです。

 今回の旧作は、原作は同じ岡田和人なので、内容はほぼ一緒ですが、用務員の鶴岡一途の男としての本能むき出しになる展開です。

 さて、10年前に公開された旧作の着エロは、どんなものだったのでしようか。
 今回もJK役女優たちのパンチラがたくさん見られる学園コメディーです。

 それでは、本作品に興味のある方は、下の追記を読むからレンタルなどの参考にして下さい。

2009-11-14公開
監督・脚本: 中野貴雄
製作: 矢羽田昭彦、林瑞峰
企画: 塩月隆史
プロデューサー: 難波聖司、高津戸顕 、西山秀明
原作: 岡田和人
撮影: 木次信仁
配給:オスカー

CAST
朝日村莢香・・鈴木千絵里
優奈・・・・・清水ゆう子
湯の浜唯・・・桜井まり
鶴岡一途・・・岡田智宏
春菜はな
高井亜耶乃
蜂須賀ゆきこ
せんだるか
安堂サオリ
椿鮒子
テル
二橋進
団時朗
1時間22分 ビスタサイズ

落下していく鶴岡今日は私がお掃除してあげる

ストーリー
 リストラされて冴えない男・鶴岡が再就職したのは聖ミカエル女子学園の用務員職だった。

 憧れの女子高で働けると喜んだのは大間違いで生徒からはキモいオヤジ扱いされ、神経質なハイミス教師湯の浜には仕事の段取りが悪いと怒られてばかり。

 そんな彼に唯一優しくしてくれるのは風紀委員で特撮オタクの萊香だった。

 彼女のパンチラをオカズにして毎夜あらぬ妄想に耽る鶴岡。

 ある日、萊香の胸元に猛毒を持つ南米産の猛毒カエルが忍び込む騒動が起き、
鶴岡はそれを取り除こうとしてカエルに噛まれてしまう。それ以来彼の体に変化が起きていくのだった…。

皆が思っている以上に・・職員さーん

職員さーん肩ぐるましてもいいですか

女子校なんですから遊ぶのが好きでした
 ストーリーの紹介は以上です

 冒頭から、いきなりの妄想パンチラシーンです。

 でも、よーく見ると、これはパンツではなく、白い水着のようです。

 この頃のグラビアアイドルって、この手の着エロ系作品には
水着を着用してのパンチラシーンに臨んでいましたね。

お姫様が泣いていると何であの子が転校してきたか知ってる

そう思っているのにあれは莢香ちゃん

今日、メッチャいい天気じゃない裸を見ちゃうなんて
 2015年から始まった岡田和人・原作シリーズでは「すんドめ」の鎌田紘子あたりから、主演女優はガチな白パンツになりました。

 いくら見せたくないからと言って、女子高生がスカートの下に白い水着を穿いているなんて有り得ないですから、旧作はリアリズムがないですね。

 これは主役の鈴木千絵里からして、白い水着を着用しています。
 白水着なんて、果たしてパンチラと言えるのかなあ・・

 上のキヤプ写真では、昔懐かしいグラドルの横須賀ゆきこが出演していました。
 主演の鈴木千絵里は、既に引退していますが、横須賀ゆきこも、もう芸能界にいないっぽいですね。
突然倒れた莢香じゃ失礼して

こっちかあ・・えっ・・

莢香の胸に飛び込んだピンクの蛙何て卑劣な・・
 原作は一緒ですから、だいたいのストーリーもほぼ同じです。

 今回の旧作は、原作通り女子更衣室に侵入するシーンがあります。
 これは着替えを見ようと入ったのではなく、たまたま入ったところが女子更衣室だった、というだけです。

 蛙アレルギーの莢香役の鈴木千絵里が気絶して、足を開いてパンツ見えていますが、これも白水着なんですねえ・・・
 ガチなおパンツだったら、興奮もしますが、
水着じゃあね。

やーーーっ湯ノ浜のスカートをめくる

やめて・・襲われている莢香

見えている莢香のパンツああーーーっ
 上の湯の浜先生を押し倒しているシーンは、勿論用務員・鶴岡の妄想です。

 気の弱いキャラの鶴岡が、先生を押し倒すなんて度胸はないですからね。

 莢香(さやか)を助けた後で、顔にスリスリしているシーンはリアルシーンです。
 可愛い莢香のパンツが見えたことで、男としての本能が出てしまっているのです。

莢香のスカートをめくる脱ぎだす優菜

莢香は今日はお休みだってお肌だって、まだピッチ、ピチ

湯の浜先生の下半先生のパンストを脱がす
 莢香役の鈴木千絵里のスカートめくって、パンツに少し手をかけたところで、オシマイです。

 それ以上のことは、したくても出来ないという展開です。

 ただ、湯の浜先生は酔っ払って寝てしまい、スカート脱がしてよかぬことをしてしまいそうになります。

 こちらは成人女性の設定ですから、特に問題はなし(?)ですからね。

先生の股間を広げる放して

莢香をお姫さまだっこする鶴岡注目される
 湯の浜先生だけが、ガチなパンツのようですね。

 股間を少し広げられそうになるのが、何気にエロいです。

 それと、今回の優奈役の清水ゆう子が色気があつて、なかなかセクシーです。
 最後に鈴木千絵里を助けた後、優菜にムラムラしてしまって、鶴岡が襲うシーンがあるのです。

目をつぶる優菜風でスカートふわり

開脚パンチラしている優奈抵抗する優菜

やんっ・・いやっ・・
 こんなセクシーな子のスカートが風でふわりしてパンツが見えたら、そりゃムラムラ来て襲いたくなるでしょう。
 優奈役の清水ゆう子のパンチラシーンは、この作品の一番の見せ場です。

 ここが前回の新作にないシーンでした。この旧作は、ここで終わりかと思ったら、最後にもうひとつ見せ場がありました。

 折角のパンチラシーンが白水着なのは実に残念ではありますが、それでも、なかなか見所はある作品でした。

 少しでも興味を持たれた方は、
レンタル等で是非ご覧になって下さい。

ほっぷ すてっぷ じゃんぷッ!
ほっぷ すてっぷ じゃんぷッ!

★DMMレンタルなら月額2,,480円円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂ければ
ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:岡田和人ワールド | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/969-0c67cc6c

コメントの投稿














xx HOME xx