じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 チェンジリング チェンジリング│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


チェンジリング 

2009/07/22 23:41/Wed


駄目よ。寝たいなら、明日、土曜にほら、また背が伸びたほら、座って。朝食が冷めるわ職場に向かうクリスティン共同電話は、盗み聞きされるので気をつけてなぜ、あなたがぶったの?
 突然、息子がいなくなった!!
五ヵ月後、戻ってきた息子は・・・全くの別人だった!?


 先週DVDリリースされたばかりの、アンジョリーナ・ジョリーの新作サスペンス映画ですっ!
 でも、誘拐された息子が戻ったきたと思ったら、別人だったという話なので、何やらミステリーの匂いもする映画です。
 久々、アクションなしのアンジョリーナ・ジョリーでした。


 主演なのに、いつもと顔が違う感じがして、゛本当にアンジー!?゛と、最初はわかりませんでした。     

 双子の母親になってから、なんだか少し、顔つきが変わりましたね。

 新作なので、ラストのネタバレは無しです。でも、写真等でわかってしまったら、ごめんなさい、です。
パパは僕が嫌いで出ていったって言われたからいつ、連絡があったの留守番をしている息子を見るクリスティンビバリーヒルズに新しい責任者が必要だ光栄です。感謝します。待って・・
 2009年2月20日公開
監督:製作:音楽:クリント・イーストウッド、 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー
出演: アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー
 2時間22分 シネマスコープサイズ

急ぎ足で我が家に帰ってきたクリスティンウォルター・・家に戻る時間よウォルター、見ていない?警察をお願いします1928年4月3日の朝
 1928年。ロスアンジェルスの郊外で、9歳の息子ウォルターと幸せに暮らすシングルマザー・クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)。
 忙しいさなか、週末に仕事が終わってからウォルターと映画を見る約束をします。

 仕事が終わり、足早に帰ろうとするクリスティンに上司が昇進の話を持ってやって来て、そのためにクリスティンは乗れるはずのバスに乗り遅れてしまいます。

 家に帰ってみると、ウォルターはどこにもお
らず、謎の失踪をしていました。警察に通報するも、すぐにウォルターは見つからず、途方に暮れるクリスティン。
途方にくれるクリスティン何かしら・・息子さんは無事ですそれを聞いて、涙が出るクリスティンよかったわね、クリスティン足早に歩くクリスティン
 息子・ウォルターがいなくなって五ヶ月が経ち・・・クリスティンの職場にロス市警がやってきて、ウォルターが見つかったことを知らせます。思わず、涙するクリスティン。

 すぐにロス市警と同行して、ウォルターのいる駅に向かうクリスティン。
しか、そこにいたのは、息子とは全くの別人の少年だった!? 

 困惑するクリスティン。一体、何が起こったというのか?

 ストーリーの紹介は一応、この辺で終わりにします。部分的なことは以下で少し触れていきます。
ウォルター・・連れて来られた少年息子じゃないわ帽子を取った、謎の少年息子じゃありませんよくある名前だわ
●少年は、割礼されていた
 その子は息子じゃないわ!
 実の母のクリティンが否定しているというのに、警察の連れて来た、偽の息子と暮らすことになりました。
 
 その少年が浴槽で転倒したらしく、様子を見にクリスティンは風呂場に行くと、その少年の男性器は゛割礼゛されていました。

 ゛割礼゛という言葉の意味を知らなかったので、ググってみたら・・・
 ある地域の風習で、子供の年代の男の子の性器の余った包皮を切ってしまうことだったのですね。

 確かに9歳頃の少年は、男性器の包皮は、かぶっているのが普通です。失踪したウォルターも年齢的には、まだまだ、かわいいぞうさん(?)なはず、でしょう。

動揺し、坊やがわからなかった偽・息子と寄り添って記念撮影に応じるクリスティン車中で無言のクリスティンあっ・・・割礼されている偽・息子の背を測っているクリスティン
●背が縮んでいる、偽・息子
 クリスティンは息子・ウォルターの背を測ることを毎日の日課にしていました。
 それが、連れて来られた少年は、ウォルターより9cmも背が低かったのです。

 これだけでも、その少年は息子・ウォルターじゃないのは明白なのに、クリスティンは警察に訴えても、゛五ヶ月の放浪生活のストレスで背が縮んだんだろ゛と言って取りあってはくれません。

 ましてや成長期の少年ですから、背が伸びることはあっても、縮むなんてことは、ありえねー!ですよねぇ~

息子は、あなたより背が大きかったわ割礼されている。息子じゃないわ。ちゃんと聞いてますよ息子じゃないわ!私は皆さんの努力に感謝していますそれは医者に好都合に理由だわ
●1920年代アメリカの暗部
 1920年といえば、日本でいえば昭和3年頃のようですね。その頃のアメリカは、政治も警察も腐敗していたようですね。
 政治家の汚職なんて当たり前の時代 だったのでしよう。 

 いわゆるクリスティンの偽の息子は、警察が自分たちの体面を守るために用意された少年のようです。
 当時は、市民と警察の関係は悪かったようで、殊更に゛無能呼ばわり゛されたくなかった、ということなのでしょうか。

 勿論、誘拐等ではロス市警は誰も関与していないようですけどね。 (犯人は別にいました。)
 母親が違うと否定しているのに、その子はあなたの息子です、と無理やり押し付けているのですから、いやはや、なんとも・・・アメリカにもこんな時代があったのですね。

 ちなみにこれは実際にあった実話のようです。現代ではDNA鑑定とかありますから、考えられないことですけどね。

学校の先生の話を聞いているクリスティン息子さんなんてとんでもないわどうして・・連れていけこれは間違いよ裸にされて体を調べられるクリスティン
●担任教師も否定した偽・息子
 クリスティンの息子・ウォルターを知っている人物は、何も母親だけに限りません。
 ウォルターの学校の担任教師も、たった五ヶ月しか離れていないのにクラスメイトの顔や自分の席すら、その少年はわからないので、はっきりと、その少年はウォルターではないと見切ります。

 担任教師は、゛この子はあなたの息子じゃないわ。法廷でも証言します。゛とクリスティンを援護します。
 何もウォルターを知ってる人は、母親や教師だけでなく、近所にもいるというのに、その証言さえも認めないとしないロス市警。
 アメリカにこんな暗黒の時代もあったのか、とそちらの方にも驚かされますね。

50泣いているクリスティン収監されたクリスティンクリスティン・コリンズよ警察も手出しをためらう失うものはないわ拘置所に来たクリスティン
●そして、クリスティンは精神病院に・・・
 クリスィンは何も狂ってはいません。狂っているのは、むしろロス市警。
 なのに、クリスティンの言動は常軌を逸してると見なされ、ロス市警によって無理やり精神病院に収監されてしまいます。

 さあ、この先アンジョリーナ・ジョリー演じるクリスティンは、この危機をどう乗り切る!?

 この先は、需要なネタバレになってしまうので、、何も言えません。

息子について真実を話すと・・息子を殺したの?絞首刑にされる犯人それをじっと見つめるクリスティンガラス越しに少年を見つめているクリスティンそれにウォルター・・
 それにしても、今回のアンジョリーナ・ジョリーは化粧濃過ぎです! 
 特にあんな真っ赤な口紅だと、口元だけが強調され過ぎてましたね。
 顔や手のしわを見るにつけ、゛ああ、この人も年を取るんだなあ~゛と感じちゃいましたね。

 それに、今回の映画ではセクシー路線完全封印だったのが残念です。

 アンジョリーナ・ジョリーといえば、ハリウッドで最もセクシーな女優、だったはずですが、それも歳月が経てば、それも昔のことになってしまうのですね。

 

 映画の中でも、すっかりと、゛母の顔゛になっていました。かつてのアクション女優の面影なく・・・

 母になると、どうしても顔つきが変わってしまいますね。それは最近、子供を出産したジェシカ・アルパにも同じことが、言えるのだろうか・・・

少年の話を聞いて泣いているクリスティン一人が無事なら、他の二人も・・確かなものが見つかりました希望ようなずくクリスティンラストシーン
 映画は、さすがはイーストウッド!と唸りたくなるような、重厚な出来栄えで引き込まれていきましたが・・・上映時間が少し長いような気がしました。

 でも、最期は゛希望゛で終わらせているところが、すっきりしない中にもかすかな光りを見るようで、救われた気分になりました。

 それに、最期に振り返ったアンジョリーナ・ジョリーの笑顔は、ハリウッドスターでトップを走ってきた貫禄を見ました。


 子供を持っておられる方には゛怖い映画゛かもしれませんね。
 子供を゛チェンジ゛することなど、絶対にあってはならないことですから・・



また、こちらもクリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログへ
ランキングはこちらをクリック!
























CATEGORY:新作映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/88-2728295a

コメントの投稿














xx HOME xx