じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 失楽園 第12話 「愛の永遠」 失楽園 第12話 「愛の永遠」│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


失楽園 第12話 「愛の永遠」 

2018/03/30 19:01/Fri
VHSパッケージ
これを最後にしよう。
久木と凛子が下した愛の成就。
誰も手の届かない二人だけの楽園へ・・

並んで二人で楽園に行くあっ・・
 今回は「失楽園 第12話 愛の永遠」です。
原作 渡辺淳一。主演 古谷一行、
川島なお美。1997年に日本テレビ系列で放送された失楽園テレビシリーズの最終回スペシャルです。

今、絶頂の機にして・・凛子・・
あなたはあなたなりに私を愛してくれてたんだって凛子にキスする久木
裸の凛子と向かって最後の結合にある毒入りワイン
 いよいよ今回で、失楽園テレビシーズもこれが最後です。

 何かと規制が厳しくなってしまった現代において、ここまで有名女優のヌードが見れるテレビドラマは珍しく、まさしく“お宝作品”とも言えるシリーズです。

 死を意識した二人が最後に選んだのは、誰も手の届かない楽園、という余りにも有名な結末です。

 これが、今は亡き川島なお美さんの代表作です。この作品で、なお美さまは女盛りの美しいヌードをたくさん見せてくれました。

 それでは、本シリーズに興味のある方は、下の追記を読む、から在りし日の
美しきなお美さまを偲んで下さい。

第12話「愛の永遠」1997年9月22日、日本テレビ系放送
脚本:中島丈博
演出:加藤彰、花堂純次
音楽:渡辺俊幸
主題歌:ZARD「永遠」(B-Gram RECORDS)
制作協力:総合ビジョン
制作:よみうりテレビ

CAST
久木祥一郎:古谷一行
松原凛子:川島なお美
久木文枝:十朱幸代
久木知佳:菅野美穂
松原晴彦:国広富之
松原昌美:加賀まりこ
衣川道夫:みのもんた
衣川宗互:大浦龍宇一
衣川透:金子賢
田辺常務:勝部演之
落合秋美:粟田麗
江藤邦子:南田洋子
水口吾郎:河原崎建三
妻良英彰:鶴田忍
最終回1時間30分スペシャル スタンダードサイズ

二人で死にますから夫の松原を睨む凛子


本当に死んでもいいと思っているのあ・・・
第12回「愛の永遠」ストーリー
 久木と凛子は、お互いに仕事を辞めて、世間との繋がりも絶ち、ひっそりとした日々を送っていたが、お互いに死を意識していた。

 そんなある日、久木は娘の知佳に呼び出され、子供を生んでいいかと相談されていた。

 久木は娘に、“産むべきた”と娘の背中を押した。
 その夜、知佳はお腹の中の父親・宗互の弟である透に、公園のブランコに乗っている時に、プロポーズを受けた。

 知佳はそんな透の気持ちを素直に受け取り、透と結婚することにした。

 凛子は久木との愛の成就の為に、毒物を手に入れる為に、病院で当直の夫・晴彦を訪ねた。

 凛呼は青酸カリはどんなものか見せてほしいと頼み、緊急オペの電話がかかってきた隙をみて、その一部を瓶に入れて盗むことに成功する。

 そして、久木と凛子は身辺を整理して、誰も手の届かない楽園へと旅立っていくのだった・・・

あー・・痛かったか


薔薇の花みたい誰がどう思うとも・・


アタシ、やってみる行くから
 最終回のストーリーの紹介は以上です。

 遂に今回で「失楽園テレビシリーズ」も完結です。

 その結末は、恐らく誰もが知っていると思います。

 久木と凛子、結合したままで死を迎える結末なのです。

 確かに、お互いに結婚して家庭が有りますから、W不倫となり、これは許されない愛です。
 ただ、死ぬ必要性があったのか、という疑問も沸いてきます。

青酸カリがなんだってんだこの毒をお前たちに盛ればよかった


青酸カリを盗んだ凛子透くん、いいの


はっきりと知っているんだしあなた・・
 だって、死んでしまったら、気持ちいいことも出来なくなってしまうじゃありませんか。

 まあ、これは小説に書かれた架空の物語。
 行き場を失った愛は、死をもって成就するのが本懐、という結末の方が盛り上がるのは確かです。

 ただねぇ・・久機は、50半ばで人生はもういいとしても、凛子の方はまだ30代の後半の女盛りの年齢で、道連れにされてしまうとは、勿体ないですね。

 久木だけが逝ってしまい、凛子だけが残されたら、
凛子は自分を一人ぼっちにした久木を恨むでしょう。

いなくなっているだろうまあっ・・


心中しなくてはいけなかったのあなたの姿、目に焼き付けておきたいの


生きててよかった何も思い残すことはないわ
 となると、やはり死をもって誰も届かない場所に行く、という選択しかないのなかあ。

 そうは、言っても人間は生きてこその価値があるものだと思いますけどね。

 これが川島なお美さんの遺作となったわけではありませんが、彼女の代表作になったのは間違いないです。

 女子大生アイドルから始まって、30才になつてからヘアーヌードに挑戦、映画「極道の妻たち」でもヌードを披露するも、これといった作品はありませんでした。

 この作品がなければ、女優・川島なお美は、知名度はあるものの、
陽の当たらない女優で終わっていたことでしょう。

全裸になる凛子これでいいの


凛子の乳房凛子をベットら座らせて


久木を見つめ凛子の下半身へ
 この「失楽園」のなお美さまは、とてつもなく美しいです。

 このツンと上向きの乳房。これで、そそられない男はまずいません。

 まさに、むしゃぶりつきたい体です。劇中でも久木は、“君はこんな体をしていたのか”と言っているように、久木は凛子の素晴らしい体を愛したのです。

 それだけでなく、この時期でしかない、成熟した女の色気はアイドル時代にはなかったものでした。

 ああ、この悩ましきなお美さまのボディーが、今や映像作品の中でしか存在しないのですね。

キスする二人ワインを手に取る久木.


口移しで凛子に飲ませるうっ・・
 最後のセックス、なのですから、もっと凛子の乳房を愛撫したり、愛しめばいいものを・・・
尺の都合が、何度か抱き合って毒入りワインを飲んで終わりです。

 何か最後だけに、実に勿体無い終わり方ですね。

 出来れば、お互いの絶頂を迎えて果てた瞬間に、毒入りワインを飲めばいいものを、その前に飲んで意外とあっさりと終わってしまっています。

 誰も届かない楽園へ、とはいっても、
本当に死後の世界にそんなものがあるのでしょうか。

裸で楽園へ並んで歩く


 何にせよ、失楽園テレビシリーズは第12回を持って完結です。

 川島なお美さんの肉体は、もうこの世にはなくなってしまいましたが、我々はこの作品を見ることで、美しい全盛期のなお美さまに会うことが出来ます。

 こんな愛の成就の仕方もある、という事でいいのではないかとも思えてきました。

 第12回のサブタイルは「愛の永遠」でしたが、死去して今となっては「永遠の川島なお美」というのが、もうひとつのサブタイルになりました。

 
在りし日の美しい川島なお美さまは、是非レンタル等でご再見になって下さい。


失楽園 DVD BOOK 上巻【DVD×2枚組・第1話~第6話・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

中古価格
¥3,150から
(2018/3/29 21:40時点)



失楽園 DVD BOOK 下巻【DVD×2枚組・第7話~最終回・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

中古価格
¥6,480から
(2018/2/15 14:52時点)




★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

  それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば
ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CATEGORY:失楽園テレビドラマシリーズ | CM(4) | TB(0) |
xx HOME xx
貴重なドラマ by. ニシキ
このドラマをリアルタイムで観ていた人は、毎週川島なお美のヌードが楽しみだったことでしょうね。
今では考えられないドラマですが、時代を感じさせるドラマでもあります。
2018.03.30 (19:43) | URL | EDIT
今ではお宝作品です。 by. じんのすけ
> このドラマをリアルタイムで観ていた人は、毎週川島なお美のヌードが楽しみだったことでしょうね。
> 今では考えられないドラマですが、時代を感じさせるドラマでもあります。
 ここまで有名女優がヌードを見せたテレビドラマって、単発ではありますが、連続ドラマではなかなかないですよね。

 ヌード規制の今となっては考えられない、当時としても物凄く話題になりました。

 “川島なお美さん、永遠に・・”ですね。
2018.03.30 (20:39) | URL | EDIT
by. ようへい
最後までありがとうございました♪
僕はリアルタイムであった時は小学生だったので見たことはなかったのですが、DVDBOOKを買ってみようと思いました♪
濡れ場もそうですがドラマの内容もスゴいなと改めて思いました♪

ありがとうございました♪
2018.03.31 (20:22) | URL | EDIT
未見だったのですね by. じんのすけ
> 最後までありがとうございました♪
> 僕はリアルタイムであった時は小学生だったので見たことはなかったのですが、DVDBOOKを買ってみようと思いました♪
> 濡れ場もそうですがドラマの内容もスゴいなと改めて思いました♪

 川島なお美さんが死去したとたんに、DVD BOOKは、ここぞとはがかりに出品者が値を上げていますが、元値は上、下巻共に2,400円でした。

 まあ、なお美さんクラスの有名女優が、シリーズ物でここまでヌードを見せていて、濡れ場的にもTV的にはハードでしたからね。

死を持って愛の成就とする、なんてやはりフィクションの小説ならではと思います。

 そういう壮絶か完結をすることで、当時は失楽園ブームになりました。

 なお美さんが思い切ったことで、映画版を凌ぐ内容になったのではないでしょうか。映画の黒木瞳は、このテレビシリーズほど見せてはいなかった、ですからね。
2018.03.31 (23:10) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/868-79061eb3

コメントの投稿














xx HOME xx