じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 雪女 Snow Woman 雪女 Snow Woman│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


雪女 Snow Woman 

2017/12/08 23:00/Fri
チラシ表・裏
古典・怪談の新解釈。
21世紀の雪女伝説が始まる。
また、あなたにあいたかった・・

凍死させた雪女初夜。巳之吉に脱がされていくユキ
 今回は「雪女 Snow Woman」です。
原作 小泉八雲。監督・脚本・主演 杉野希妃。共演に、青木崇高緒、山口まゆ、佐野史郎、宮崎美子、山本剛史、水野久美。

あなたの命を奪います木に赤い毛糸を巻きつけているユキ
怒っているのうもう一回、山の仕事に戻ろうと思うんじゃ
温泉で抱き合うユキ愕然とするユキ
 あの「怪談」で有名な「雪女」が新たな現代の解釈を元に製作され、今年(2017)の春に公開された本作品がDVDリリースされました。

 本作品を監督し、主演したのは女優の杉野希妃です

 従来の「雪女伝説」を踏襲しつつも、杉野希妃ならではのエロチックな部分を追加しての、新たな“Snow Womanワールド”にしていました。

 DVDリリースされたばかりの新作映画なので、ネタバレはしませんが・・だいたい予想が着くと思います。

 それでは、本作品に興味のある方は、下の追記を読む、からレンタル等の参考にして下さい。

2017年3月4日公開
監督・脚本: 杉野希妃
エグゼクティブプロデューサー・プロデューサー: 小野光輔、門田大地
エグゼクティブプロデューサー: 坂本敏明、田中弘樹、梶浦隆章、市村友一
コプロデューサー: 福島珠理、山口幸彦
脚本: 重田光雄 、富森星元
撮影: 上野彰吾
制作プロダクション:RCC文化センター
製作:Snow Woman Film Partners
配給:和エンタテインメント

CAST
雪女、緒方ユキ: 杉野希妃
緒方巳之吉: 青木崇高
緒方ウメ: 山口まゆ
雨宮茂作/雨宮栄作: 佐野史郎
ばあば: 水野久美
緒方ハル: 宮崎美子
雨宮源太: 山本剛史
雨宮幹生: 松岡広大
川島サトコ: 梅野渚
矢野昌平: 森脇和成
小林: 川本三吉
永田: 大窪シゲキ
1時間36分 カラー&モノクロ シネマスコープ・サイズ

予告編


ストーリー
 ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜だった。

 猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「この事を口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去ってしまう。

 翌年、茂作の一周忌法要の帰り道に、巳之吉は美しい女ユキと出会う。やがて二人は結婚し、娘ウメが生まれた。

 14年後。美しく聡明な少女に成長したウメは、茂作の遠戚にあたる病弱な幹生の良き話し相手だった。
 しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。

 幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡があった。

 ユキの血を引く娘のせいだと、巳之吉を激しく問いつめる幹生の祖父。

 巳之吉の脳裏に14年前の出来事が蘇り、以前から自分の中にあったユキに対する疑心と葛藤する。

 自分があの夜の山小屋で見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。
雪道を歩く二人何故かそこにいる女


女と目が合った巳之吉あなたは若いから助けてあげましょう
 ストーリーの紹介は以上です。

 モノクロの映像で雪女が登場するあたりは、今まで「怪談」で語られてきたものです。

 昔の小泉八雲の「怪談」は、時代は遠い昔話でしたが、今回のは現代に置き換えての物語となります。

 現代、といっても、どの時代という設定はないのでしょうが、娘世代の体操着で、昭和戦前、戦後あたりのように感じを受けました。

 今回の作品を監督しているのは、女優の杉野希妃です。
 本作品で杉野希妃監督作品は三本目になります。
声をかけられるユキああ、舟つき場なら、そこですわ


ユキです寝込んでいるユキ


もう少しここにおらんか鼻がいいんじゃのう
 監督業よりも、やはりこの人は女優ですから、そちらの方に目がいってしまいます。

 杉野希妃、すごく日本女性らしい佇まい、というか“よくぞ日本の女に生まれけり”と言ったような・・
日本女性ならでの和の美しさがありました。

 この女優さん、若い時より、むしろ30歳過ぎてからが円熟味を増して、色気もあっていい味を出してきたように思えます。

 そんな色っぽい杉野希妃の初夜のシーンがあります。
婚礼を挙げる二人初夜を迎える


ユキの乳房を愛撫するユキの乳房をむしゃぶりつく


温泉でユキにキスする巳之吉あ・・
 今まで「雪女」の物語で割愛されてきた、夫婦の契りのシーンを今回はしっかりと描いています。

 夫役の青木崇高に、たわわな美乳を揉まれたり、吸われたりしているのです。

 ああ、この初夜のシーン。もっと明るい照明で撮ってくれたら、杉野希妃の美乳がはっきりと見えるのに・・

 初夜のシーンだから、暗いのは仕方ないのかなあ。
あー・・はー・・


子供が生まれて抱き合う大丈夫ですか
 その後にも、温泉で愛し合うシーンが出てきますが、ここでも照明が暗くて、杉野希妃の美乳がDVDの明るさを調整しないと、よく見えません。

 でも、しつかりと杉野希妃の美乳は見えていました。

 杉野希妃、スレンダーなのに、意外とボリュームあるバストです。

 それだけに、もの凄く残念です。

 「雪女」の世界を、新解釈でエロチズムを加えて描こうとするのなら、官能という部分において、もっとめくるめくものがあってもよさそうな気がしてならないのです。
踊っているウメ聞けばいいって言いよった


まあちゃん大丈夫じゃ


三人は間違いなく殺されたんじゃウメ、遅いですね
 リリースされたばかりの新作映画なので、今回は残念ながら杉野希妃の美乳は封印します。次回の旧作の方で期待して下さい。

 夫婦が愛し合うシーンは二回ありますので、そのシーンをじっくりと見たい方は、やはり正規のレンタル等をご覧になって下さい。

 それから、女の子が生まれてからの展開が速いです。

 生まれた女の子は、アッという間に中学の女の子に成長します。
 ここら辺が、昔話で語られる「雪女」の展開と明らかに違うところです。
こうやって待ってたんでしょうねどうしたん、急に



物音に反応する狙いを定める巳之吉
 それから、村に怪死事件が起きて、犯人は他所から来たユキ(杉野希妃)ではないかと村人から疑われるのですが・・

 これは単なる村の閉鎖的なところを出してるだけですね。

 雪女から一人の女としての幸せを得たユキとしては、平穏に暮らしたかった筈です。

 何も、わざわざ自ら事件になるような事を起こして、今の生活を崩すとは到底思えないのです。
あんなに美しい・・残されたウメ


 まあ、サスペンスぽい要素を取り入れたかったのでしょうが、そこは余計だったかなという気がします。

 とにかく、杉野希妃が美しいのです。

 ましてや、しっかりとこの作品でも美しいヌードを披露していますから、その要素で持って満足度は高いかな、でした。

 少しでも興味が沸いた方は、レンタル等で是非とも杉野希妃の美しさに触れて下さい。

雪女 [Blu-ray]

新品価格
¥3,853から
(2017/12/8 19:17時点)




★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

  それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば
ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2017年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/839-219999b2

コメントの投稿














xx HOME xx