じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 あゝ、荒野 前篇 あゝ、荒野 前篇│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


あゝ、荒野 前篇 

2017/11/05 22:53/Sun
 前篇チラシ
ネオンの新宿の荒野を誰もが彷徨っていた。
人生を変えるためにチャンピォンになる。
孤独を抱える二人の男と絆を求める人々の刹那の物語。

ロテストのリングに上がっている新次川崎に抱かれる恵子
 今回は「あゝ、荒野 前篇」です。
監督 岸善幸。原作 寺山修司。主演 菅田将暉、ヤン・イクチュン。共演に木下あかり、今野杏南、モロ師岡、高橋和也、河井青葉、木村多江、でんでん、ユースケ・サンタマリア。

倒れてきた新次を受け止めるバリカン健二.倒された新次おめでとう行為が終わって服を着た恵子私たちに何のために生きているでしょうバックから芳子とセックスしている新次 
 先月の10月に公開された「あゝ、荒野」が早くもDVDリリースされました。
 
 東京オリンピックが終わった翌年の2021年の新宿を舞台に、二人の男が出会いボクシングに賭ける激烈な青春群像劇です。

 本作品は劇場公開と共にU-NEXTやCSの日本映画専門チャンネルにて先行配信&放送されています。

 劇場公開されたものと、シーン的な違いがありました。

 本作品はグラビアアイドルの今野杏南の初ヌードが話題となっています。
 尚、DVDリリースされたばかりの新作映画ですので、期待の画像は残念ながらありません。

 それでは、本作品に興味のある方は下の追記を読む、からレンタル等の参考にして下さい。

2017年10月7日前篇公開
監督 岸善幸
原作 寺山修司
脚本 港岳彦、岸善幸
企画 河村光庸
製作 河村光庸、瀬井哲也、四宮隆史、宮崎伸夫、宇野康秀、山本浩、植田実
エグゼクティブプロデューサー 石井紹良、堤天心
プロデューサー 杉田浩光、佐藤順子
音楽 岩代太郎
主題歌 BRAHMAN
配給 スターサンズ

キャスト
沢村新次/新宿新次・・菅田将暉
二木建二/バリカン建二・・ヤン・イクチュン
曽根芳子・・・木下あかり
二木建夫・・・・モロ師岡
宮本太一・・・・高橋和也
西口恵子・・・・今野杏南
山田裕二・・・・山田裕貴
尾根セツ・・・・河井青葉
馬場・・・・・・でんでん
君塚京子・・・・木村多江
堀口/片目・・・ユースケ・サンタマリア
2時間37分 ヨーロピアンヴィスタ

予告編


ストーリー
 かつて母に捨てられた新次は、兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れ、逮捕され、刑期を終え出所した。

 そして、2021年の新宿。

 行き場のないエネルギーを抱えた新次は、劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。

 再会した裕二はプロのボクサーになっていた、裕二がいるジムに新次は乗り込み殴りかかるが、腹にパンチを食らい一発で倒された。

 一方、“バリカン”こと健二は、吃音と赤面対人恐怖症に悩む男だった。

 新宿でいつも通り床屋のティッシュ配りをしていた健二は、ひょんなことから新次と共に“片目”こと堀口によってボクシングジムに誘われる。

 堀口に言われるままにジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを開始するのだった・・・

ラーメン突然、爆発が起きる

あー・・タイトルバック

散髪しているバリカン健二.いいから、ほら.
 前篇のストーリーは以上です。

 10/7に劇場公開されると同時に、U-NEXTと日本映画専門チャンネルで配信&放送されています。

 日本映画専門チャンネルは、第一話と二話を10月に放送し、残りのエピソードは11/11に6話一挙放送されます。

 U-NEXTでは、既に全話配信されています。

 どちらにしろ有料での配信&放送ですが・・・
劇場公開されている時期に、
先行配信して興行に影響はないのでしょうか。

もう新次君には戻ってほしくない.ホテルでセックスしている芳子

来たっ・・客の財布をかすめ取った芳子

いいね。君。お帰り・・
 DVDの発売を、劇場公開の翌月にしているということは、劇場での興行収入よりもDVDの二次使用による売り上げをメインにしているのでしょうけどね。

 さて、この映画は、今野杏南と木下あかりの二人が作品のヒロインです。

 木下あかりは、映画が始まってすぐにホテトルのバイトで、ラブホテルでのヌードシーンがあります。

 その後、喫茶店で菅田将暉と出会い、すぐにベツトインして、恋人関係になります。

 前篇で木下あかりがヌードになるのは、計三回ですね。

 さて、もう一人のヒロイン・
今野杏南のヌードシーンはというと・・

腹にパンチを食らって倒れた新次堀口です

俺じゃないよいきなりホテルで芳子に挿入する新次

髪を乾かしている芳子全裸で新次のいるベットに行く芳子
 あれれ・・DVDを何度巻き戻しても、そのシーンが出てきません。

 日本映画専門チャンネルの放送では、確かに今野のヌードシーンがありましたので録画したのを見直してみました。

 放送されたものでは、今野のヌードシーンはユースケがラーメン屋で酔いつぶれたシーンの後に出てきます。

 劇場公開されて前篇では、そのシーンからボクシング・ジムのシーンになって今野のヌードシーンは出てきません。

 どうやら劇場公開版の前篇ではカットされ、完全版の放送やR-18のDVD-BOXで見られるというわけですね。

駅弁スタイルで芳子をだっこしている新次戻す

ふぅーっ.誰とですか
 まあ、前半での今野杏南のヌードシーンたって、ほんの数秒ですからね。

 カットされたところで、そんなにたいしたことはありません。

 後半の後篇では、今野杏南のヌードシーンはちゃんとありました。たわわで美しいバストトップをしっかりと見せていました。

 その代わり、劇場公開の前篇では部室で、スカートめくられてパンツ脱がされての濡れ場シーンがあります。

 ただ、
このシーンでは今野のヌードは見えてはいません。

↓これが前篇にはなかったシーンです。

キスされる恵子パンティーを脱がされる

迫られる恵子抱かれる恵子.
 今野のバストトップが見えるのは、ほんの一瞬ですから、別にカットするほどでもないように思えます。

 それに、今野杏南クラスの人気のグラビアアイドルでは、ヌードシーンがネットで出回るのも早かったです。

 もう一人の木下あかりも、本作品で脱ぎまくっているわりには、まだ流出はしていないようですね。

調べてみます.スカートをめくられる恵子

ビデオに撮られている恵子ちゃんと見えてんぢゃん.
 作品的には、有名グラドルのヌードを売り物にするようなものではないのですが、やはり話題となると、そこに集中してしまいます。

 いつの時代でも、若い男女が付き合えば、体を求めてしまうのは自然の摂理みたいなものですからね。

 むしろ、そこに青春がある、と言ってもいいでしょう。

 ましてや主人公の菅田将暉の若い世代だと、そうしたたぎるものがないとないと、
若者の赤裸々な姿とは言えませんからね。

デビュー戦で倒されたバリカン健二京子を見ている新次

何で分かる裸にした芳子を倒して
 原作者の寺山修司が、1983年に47歳の若さで亡くなってから、早34年の歳月が経ちました。

 34年前の新宿と今とでは、かなり変わっています。

 1980年代のあの頃。
 東京に再びオリンピックが開催されるとは、誰も予想もしていなかったでしょう。

 寺山修司が生きていた時代と現代とは違いますから、時代背景を現代にしたことで監督たちの創作も加えられていると思います。

唖然として見ている恵子余裕の新次
 時代が変われば、生きている世代も変わっていき、街もおのずと変化していきます。

 さて、後半ではこの熱き青春群像がどうなっていくのでしょうか。

 今すぐにでも「あゝ、荒野」完全版を見たいなら、U-NEXTで全話見ることが出来ます。
 初めて利用される方に限りますが、31日間お試し期間があるので、無料で見ることが出来ますよ。

 興味を持たれた方は、是非ともU-NEXTやレンタル等で、この熱き物語をご覧下さい。


あゝ、荒野 特装版 Blu-ray BOX (ブルーレイディスク)
あゝ、荒野 特装版 Blu-ray BOX (ブルーレイディスク)

★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

  それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に
甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2017年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/831-82f4e927

コメントの投稿














xx HOME xx