じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 触角記 女教師・秘戯レッスン 触角記 女教師・秘戯レッスン│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


触角記 女教師・秘戯レッスン 

2017/05/28 22:36/Sun
VHSパッケージ
女教師、同級生、母親・・
僕の“触覚”が女性を知る度に
僕は少しづつ大人の男になっていく

レッスンを終えた明子次郎とセックスしている明子
 今回は「触角記 女教師・秘戯レッスン」です。
主演 横須賀蓉美(よしみ)。原作 花村萬月。1996年に発売された女教師のエロチックなVシネマです。

誘う明子汚れがはっきりと分かるからアタシとよく似ていて次郎にディープ・キスをする明子じクラスの子のブラを脱がす次郎はあっ・・
 前回と引き続き、今回も横須よしみの“女教師もの”です。

 今回は、期待に違わないシーンが出てきます。

 音楽スクールの女教師と男子生徒の禁断の関係。
 加えて、同級生の女の子や、自分の母親との近親相姦まで。

 前回は、お嬢様といった感じの横須賀よしみ、でしたが今回は真っ赤な口紅の童貞高校生の性のてほどきをして男にしてあげます。

 尚、本作品は未DVD化でVHSしか出ていないVシネマです。

 それでは、興味のある方は、下の追記を読む、から再びの女教師・横須賀よしみの魅力をご堪能下さい。

1996年10月25日VHS発売

監督:神野太
脚本:池田敏春
原作:花村萬月
プロジューサー:山添博之
音楽:中西龍夫
メーカー:ジャパンホームビデオ

CAST
明子・・・横須賀蓉美
阿川・・・奏由圭
次郎・・・福田浩平
次郎の母・・小川美那子
次郎の父・・森次晃嗣
1時間34分 ビスタサイズ

ストーリー
 高校生の次郎が通うミュージック・スクールの大人の色香漂うピアノ教師・明子は何かにつけては次郎を挑発していた。
 
 まだ女性を知らない次郎は、ギターの弦を買ってもらった帰りの憧れの明子と念願の男と女の関係になる。

 一方で、男子生徒に人気の女生徒・阿川とも次郎は付き合っていた。

 そればかりでなく、次郎は自分の母親と近親相姦の関係になっていたのだ。

 阿川が次郎に処女を捧げた時、二人の愛はある計画の実行に向けて深まっていく。

 音楽教師の明子の性のレッスンは終わりを告げていくのだった・・
26なのか明子さんの生理って・・


ねぇ、次郎。見せなさい。マスターベーション予測がつかないってゆうか・・


口に含んだ次郎の精液を出す足の指、見せてあげようか
 ストーリーの紹介は以上です。

 今回も、横須賀よしみの“女教師もの”です。


 この時代の芸名は、“横須賀蓉美”でした。
 基本的に“よしみ”という呼び方は変わってはいません。

 アイドル時代からの横須賀 昌美→横須賀 蓉美→横須賀よしみ、と名前を変えていきましたね。

 横須賀よしみは、いろんなVシネマ作品に出演していますが、女教師ものがやたらと多いです。
次郎の前で脱いでいく明子駄目。手を使っちゃ駄目


締め付けられるような思いを抱く時がくるのよ嘘じゃないんだ


次郎の背中を洗っている明子知ってる
 知っているだけで、横須賀よしみの“女教師もの”は、4本あります。

 もう、“よしみ先生”という感じで、現実にこんなエロい先生がいたら、男子生徒はひとたまりもないですね。

 もう一人の主人公の男子生徒とは、二回目でしてあげます。冒頭では手や口のみです。

 いや、いやそれよりもクラスで人気の女子とも付き合っていて、いつでもOKな雰囲気なのに、やっぱりこの年頃の男子って年上のお姉さまが、やたらと魅力的に見えて仕方ないのですね。

もう駄目だパンツを脱ぐ次郎

明子に挿入あんっ・・

明子の乳房に手をやり自分以外のものに差し入れる
 こんな、色っぽい“よしみ先生”なら、男なら誰でも性のレッスンは受けたいでしょう。

 今回は、横須賀よしみは、しっかりと美乳を見せています。
 前回の作品はいったい、何だったのでしょうねぇ・・・

 残念なことに、前回の作品以外の“女教師・横須賀よしみ”作品、未だにVHSのみでDVD化されていません。

 それでもD
MMに有料動画ですが、クレジット決済すれば、今すぐにでも見ることは出来ますよ。

お母さん、いつもしてあげられないからキスして 

唇、開けよはあっ・・


阿川のアソコをクンニする次郎小さな乳房がぽろり
 母親との近親相姦の部分は、どうでもいいです。

 息子にとって母親は女ではないですからね。

 現実に血が繋がっている実の母親と、そういう関係になるケースは有り得るのでしょうか。

 花村萬月の原作からして、そういう展開なのでしようが、母親との近親相姦は割愛しても良かったのではと思います。

 これが、父親の後妻で継母だったら、話は別ですけどね。

次はパンツを脱がしにかかるあんっ・・

痛いっ・・明子さんのあそこ 

 よしみ先生との二回戦は、どういうわけか下だけ脱がしてブラをつけたままのベットシーンです。

 横須賀よしみのヌードシーンがメインの作品なのに、何でブラつけたままやっているの、ですよ。

 ああ・・横須賀よしみの美乳を見せないなんて・・
折角の見せ場シーンが、これでは台無し
だなあ。。

やめてはっ・・

ブラをしたままバックからセックスあんっ・・ 
 最後はブラ外してはいるのですが、アップで撮っていない為に横須賀よしみの美乳は、二回戦ではよく見えなかったです。

   男子高校生の最後に相手となる女子高生役の奏由圭も、小ぶりなバストですが、これはこれで、そそられるものがあります。

      今回のVシネマは、横須賀よしみVS奏由圭の"スレンダー乳対決" ともいえますね。

次郎はいい男よピアノを弾く明子


 まあ、今回はしっかりとヌード見せてくれたから、よしとしましょうか。

 やはり、我々男性ユーザーが求めているのは、“女教師と男子生徒の禁断の関係”です。

 そのシーンさえ、しっかりと撮れていれば満足なわけです。

 今回の記事で、少しでも見たくなった方はDMMの動画購入を是非、ご検討下さい。

 やっぱり、
横須賀よしみは、女教師役が一番似合いますね。


触角記 女教師・秘戯レッスン
触角記 女教師・秘戯レッスン

一週間限定のストリーミング動画を購入するなら単品がお得ですが、無期限のダウンロードするのならピンクちゃんねるに入会した方が、たくさんのDVDになっていない昔のVシネマ作品が見れますので、そちらの方がお得ですよ。

この作品以外にもDVD化されていない「監禁逃亡シリーズ」は全て揃っていて、レアなVシネマがたくさん見ることが出来ます!
ピンク映画 ch

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:女教師シリーズ | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
by. 特売セール
これぞ僕の求めていたVシネマ情報でしたので一票入れておきました。ありがとうございます。
これからも、いかにも90年代な感じの真っ赤な口紅のエッチなお姉さんが出てくる作品を紹介していってほしいです。
その際はできればキスシーンの有無も書いて頂けると購入の参考になります。

では、続報をお待ちしております。
2017.05.29 (22:30) | URL | EDIT
特にキスシーンは、それほど重要視していません by. じんのすけ
> これぞ僕の求めていたVシネマ情報でしたので一票入れておきました。ありがとうございます。
 こちらこそありがとうございます。出来れば、にほんぶろぐ村の方に一票入れていただけると、更にありがたいです。

> これからも、いかにも90年代な感じの真っ赤な口紅のエッチなお姉さんが出てくる作品を紹介していってほしいです。
 確かに今回のよしみ先生は、終始真っ赤な口紅でした。今回は、思い切りエッチなお姉さまでしたね。

> その際はできればキスシーンの有無も書いて頂けると購入の参考になります。
 キスシーンは、舌入れディープをやっていましたよ。

> では、続報をお待ちしております。
 次アップ作品の画像編集しているので、この作品の新たなキス情報を追加は出来ないと思います。
 次回からは、キスシーン画像を意識していきますね。

2017.05.29 (22:57) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/795-763caeba

コメントの投稿














xx HOME xx