じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 ナチュラル・ウーマン2010 ナチュラル・ウーマン2010│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


ナチュラル・ウーマン2010 

2017/04/16 22:57/Sun
チラシ表&裏
新しい自分に出会いたい、
と願うすべての人に贈る愛と別れの物語
女性にしかワカラナイ別れがある

こんなに好きになった人・・容子の乳房をしゃぶる花世
 今回は「ナチュラル・ウーマン2010」です。
監督・撮影監督:野村誠一。原作:松浦理英子。主演 亜矢乃、汐見ゆかり。2010年に公開された1994年の「ナチュラル ウーマン」のリメイク作品です。

花世・・振り向く花世アタシね・・花世といるとき花世に愛撫されて感じている容子容子の体を舐めていく花世それ、痛い
 1994年、衝撃的なグラビアクィーンの嶋村かおりの初ヌード作品をリメイクした2010年度版です。

 主演は 亜矢乃、汐見ゆかり。
 知名度や人気度では、嶋村かおりに及ばない代わりに新鮮度では、こちらの方にあります。

 既出感があった嶋村かおり版に比べて、こちらは恐らく余り見たことがない方が多いと思われます。

 監督は写真家で有名な野村誠一の初監督作品ですから、カメラマンらしい美しい一瞬を切り取ったような映像が随所に見られました。

 それでは、本作品に興味のある方は、下の追記を読む、から作品の一部をご覧下さい。


2010年4月17日公開
監督・撮影監督:野村誠一
原作:松浦理英子
企画:伊藤靖浩
総監修:伊藤秀裕
脚本:木浦里央
プロデューサー:堤昇一
音楽:遠藤浩二
ラインプロデューサー:鷲頭政充
撮影:大沢佳子
製作:softgarage
配給:ゴー・シネマ

CAST
村田容子:亜矢乃
諸凪花世:汐見ゆかり
森沢由梨子:英玲奈
園田圭以子:木下あゆ美
辻:村田雄浩
1時間54分 ビスタサイズ

予告編


ストーリー
 村田容子は、商品撮影専門のフォトグラファーだった。
 ある日容子は取引先で、出版社に勤める編集者の森沢由梨子と出会う。

 不思議な雰囲気のある容子のことが気になった由梨子は、恋人などの人物の写真は撮らないのかと容子に尋ねた。

 容子は、学生時代に激しい恋に落ちた諸凪花世(汐見ゆかり)と別れてから、人と深く関わることができなかった。

 しかし由梨子とは、お互いに惹かれ合うようになる。その関係に一歩踏み出したいと思った容子は、由梨子と取材旅行へ出かけることを決めたる

 その矢先、近所のペットショップで働いている花世と偶然再会する。
 今なお美しい花世の姿を目にした容子の脳裏に、花世と過ごした濃密な時間や過去の痛みが甦り、心が揺さぶられる。それから間もなく、花世は姿を消した。

 容子は由梨子に促され、変化を受け入れていくことを決意する。
 しかし、大学時代の友人である園田圭以子たちと開いたパーティーで、再び花世と出会ってしまう。会場を去る花世に、容子は初めてカメラを向けるのだった・・
寝起きのコーヒー何かを感じている容子


諸凪花世です花世に挨拶した容子

不安定な線の方がいいよねわあ、キレイ
 ストーリーの紹介は以上です。

 1994年「ナチュラル・ウーマン」のリメイク作品ですが、後半の展開が1994年版と大きく変わりませんが、それまではほぼ同じです。

 ただ、村田容子役の亜矢乃は、原作ではプロの漫画家だったのが、今回はカメラマンのフォトグラファーに変更されています。

 これは監督の野村誠一の本来の仕事から、そう変更したのでしょうね。

 亜矢乃は、これが初ヌードではありません。

 同じ2010年に公開された
「完全なる飼育~メイド、for you~」で既にヌードになっています。

歯型ついた容子はそれしなくていい


上になって容子にキスピクッとのけぞる



乳首合わせてあん・・
 前半は女同士が愛し合う、実に美しいレズシーンです。

 流石に女性を撮り続けてきた野村誠一ですから、女優のヌードを美しく撮るのには長けています。

 但し、それが官能的に撮れているか・・といったら、これはまた違って、別にスローモーションでわざとブレた映像にする必要があつたのか、すごく疑問に思いました。

 胸のボリューム的には、同じ役をやっている亜矢乃の方が嶋村かおりよりはあるのですが・・・
 やはり比べてしまうのが酷なくらい、
嶋村かおりの方が圧倒的に魅力があります。

容子の体を愛撫していく乳房をもまれて


寝起きのキスこんなに好きになった人・・


ストップモーションで喘ぐ容子何のこと
 それは、単なる知名度だけではない気がします。

 嶋村かおりは、活動停止している今の尚、熱烈なファンがいるほどの90年代のグラビアクィーンですから、亜矢乃では、どうしても見劣りしてしまうのも無理はありません。

 それは、リメイク作品の宿命みたいなものですね。

 どうしても、キャストにしても前作と比較されてしまうのは仕方ないことです。

恥ずかしいし花世のこと好きなの


何言っているの洋子の背中を押して


カメラに撮ろうとしている容子あなたが好き
 不自然に感じたのは、亜矢乃が全裸でいて、股間を必死に隠しているシーンです。

 もう見られても平気な人の前で全裸なのですから、別に恥ずかしがることもないですよね。

 それは股間のヘアーを見えないようになのですが、変に見えて仕方なかったです。

 外国映画で女優が全裸になっているシーンがあっても、股間を隠すなんてことはまずしないですからね。

 ましてや映画として公開されているのに、
何故ヘアーが見えてはいけないのか不思議でした。

キスされる容子花世との思い出


 どうしても衝撃的だった前作と比べてしまうところはありますが、キャストも代わっての作品ですから、亜矢乃&汐見ゆかりコンビも、なかなか捨てがたい魅力あるヌードシーンの数々でした。

 本当にいつも思うのですが、ヌードの美しきにおいては女性の方が圧倒的に美しく絵になると、こういうレズビアン映画を見てつくづく感じますね。

 多分、嶋村かおり版しか見たことがないという方が多い筈ですので
、レンタルで見比べてみるのも面白いですよ。


ナチュラル・ウーマン2010 1994 [DVD]

新品価格
¥4,845から
(2017/4/16 21:04時点)




★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

  それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に
甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:日本映画旧作 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/783-e439a2e7

コメントの投稿














xx HOME xx