じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 続・青い体験 続・青い体験│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


続・青い体験 

2017/01/21 22:50/Sat
 DVDパッケージ
僕が好きになってしまったのは
兄貴のキレイな嫁さんだった
少年は義姉に恋して大人になっていく

なかなか義姉のラウラのブラが外せないサンドロはっ・・
 今回は「続・青い体験」です。
 前作の「青い体験」の続編です。監督と主演女優は同じです。
1974年に製作されたイタリア映画です。

ミラノから来た子さサンドロ、どうかしたの映画館で平然としているラウラアタシたちと来ない下着姿でにらむラウラ場所、変わって
 今回の続編は、兄と結婚して義理の姉となった女性がまた魅力的過ぎて、弟がその義姉に恋をしてしまうというストーリーです。

 またまた、
ラウラ・アントネッリの色っぽい兄嫁に翻弄される、10代の男の性をコミカルに描いている第二弾作品です。

 今回は義姉の弟のクラスメイト役のモニカ・グェリトーレの同世代の彼女も出来そうなのに、年上のお姉さましか眼中になし、という展開です。

 さて、今回はどのようにして年上のキレイな兄嫁にあしらわれてしまうのか。

 それでは、興味がある方は、下の追記を読む、からシリーズ第二弾の一部をご覧下さい。

1975年8月9日(土)公開
原題 Peccato Veniale
製作年 1975年
製作国 イタリア

監督 サルヴァトーレ・サンペリ
脚本 オッタヴィオ・ジェンマ 、 アレッサンドロ・パレンゾ
原案 サルヴァトーレ・サンペリ 、 オッタヴィオ・ジェンマ
製作 シルヴィオ・クレメンテッリ
撮影 トニーノ・デリ・コリ
音楽 フレッド・ボンガスト
編集 セルジオ・モンタナリ
字幕監修 高瀬鎮夫
配給 ワーナー・ブラザース

CAST
ラウラ - ラウラ・アントネッリ
サンドロ -  アレッサンドロ・モモ
レンツィオ - オラツィオ・オルランド
リッラ - リッラ・ブリグノン
ロージー - モニカ・ゲリトーレ
コンテ・ザガリア リノ・バンフィ
1時間38分 ビスタサイズ

ほら、サンドラ・・アタシも同じくらい焼けてる


サンドラを見るラウラ義姉の手伝いをしているサンドラ


水着姿で出てきたラウラステキですねぇ~
ストーリー
 南イタリアの小さな海辺の町。夏の訪れと共に海水浴を楽しむ人でにぎわっていた。

 悪戯ざかりの少年サンドロは、兄レンツォからある命令をうけていた。

 セールスマンという仕事の関係上、どうしても家をあけるレンツォは、美しい自分の妻ラウラにつきっきりで目をはなすなというのだ。

 その日からサンドロはどこにいくにもラウラから離れないようになった。
 そのために、サンドロは友達と遊べる時間が極端に少なくなり、

 彼に思いを寄せるロージーも寂しそうだった。それを見たラウラはサンドロに恋の手ほどきを始めた。

 サンドロにとってはロージーよりも、グラマーで美しいラウラのほうがはるかに魅力的で、彼女への恋をつのらせていくのだった。
水着を少し外すラウラ日焼け止めを塗るラウラ


ラウラの股間ロージーがやってくる
 ストーリーの紹介は以上です。

 シリーズ第二弾の少年も、相変らず年上のお姉さまの下着に興味深々ですねー。

 今回は、ロージーという同世代の女の子が登場します。

 雰囲気的には、“あなたと付き合ってもいいわよ”的なのに、主人公・サンドロはつれない態度を取ります。

 折角、兄嫁でお姉さんとなったラウラ・アントネッリが恋のてほどきをしてあげようとしているのに・・・

 彼の頭の中には、兄嫁であり
義理の姉となったラウラ・アントネッリしか目に入らないのです。

それじゃいいわいいわ、チャオ。


今の子はだーれあなたがいないとさみしくて


日光を浴びているラウラ義姉・ラウラのビキニのブラを外すサンドロ
 何が、“今は駄目なんだ”なんでしょう。

 まー、彼は兄貴から新婚早々の嫁に言い寄ってくる男たちから守る監視役を命じられたというのもありますけどねー。

 本当に同世代の子に気があるのなら・・・
 “義姉さん、ちょっとあの子と一緒に行ってもいいかな”ぐらいは言うでしょ。

 兄に命令されたから動けないは、単なる動けない“口実”でしかないのです。

全部、焼けって・・見ろよ、あのくそったれ


どうやって決めたそんなの、いくわ


今夜だけ特別よ映画館で隣のラウラの足を触ろうとするサンドロの手
 まー、こんな色っぽい血のつながらない姉がいたら無理ないことなんでしようかねー。

 それでいて、姉たちと映画館に行った時に、大胆にもモゾモゾと姉の股間に手に入れる大胆な行動をするのです。

 こんなこと兄に知れたら、大目玉食らいますよね。


 ただ、こういうことは兄貴には報告しないだろうという計算済みでの行動でしょう。

少し不安になる震えだし


ラウラの下着に手をかけて正気なのっ!
 残念ながら、シリーズ第二弾はやはり前作と比べてかなり落ちますね。

 前のように、キレイな姉のおパンツが見えるシーンも殆どなく、何よりもたわわなラウラ・アントネッリの美乳が見えるシーンは全くありませんでした。

 強引に義姉に関係を迫ろうというシーンはありますが、せいぜいパンツ脱がすところまでで、案の上未遂に終わります。

 やっばり、何だかなあ的な展開なのですよ。

 シリーズ第一作目は、“フェチ的な要素”も、ふんだんにありましたからね。
もみ合う中で義姉のパンツに手をかけて


無事だったのね心配したのよ
 それでも、シリーズ第一作を見てしまったら、二作目はどうなっているか気になるところです。

 今回は、“義姉”というよりは、まるで“義理の母”のようなラウラ・アントネッリの母性が色濃く出てしまっている印象でした。

 第一作目を見て、続編が気になる方は方は是非、レンタル等で借りてご覧下さい。

★「青い体験」の最後のヌードシーンのおまけ

「青い体験」より。ラウラ・アントネッリのたわわなおっぱい青い体験」より。ひとつもないのね


「青い体験」より。こんな真似をさせて「青い体験」より。逃げるアンジェラ


 今回の続編では、“ポロリ”することが一度もなかったラウラ・アントネッリの美乳です。

 前作がイタリアでも大ヒットして、急遽作られたようですね。前作が余りにも刺激的過ぎたのは、今回のは誰もが不満が残るでしょう。

 次回も、ラウラ・アントネッリ主演作をアップしますが、次回は彼女だけではなく、今回の作品で共演している
モニカ・グェリトーレの美乳シーンもありますので、ご期待下さい。



青い体験/続・青い体験 Blu-ray セット<無修正版>

新品価格
¥5,481から
(2017/1/20 21:12時点)





★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:ヌードな映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/763-4785ec40

コメントの投稿














xx HOME xx