じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 好きでもないくせに 好きでもないくせに│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


好きでもないくせに 

2016/12/04 22:09/Sun
チラシMIX
キャバクラNo.1の琴子は、聖女と呼ばれている
彼女はタイプの男とは、何故かすることが出来ない
本当に好きな人とはしたくないの

好きですやっと本命の陸とキスしている琴子 
 今回は「好きでもないくせに」です。
監督・脚本 吉田浩太。主演 璃子。共演に根岸拓哉、川村亮介、神戸浩、藤田朋子。

五年でナンバー・ワンとは凄いなコトちゃんそろそろ終電もあれだし・・
愛撫されている琴子キスしながら激しく腰を動かす琴子
脱がされる琴子喘ぐ琴子
 今回の作品の主役は璃子です。
 写真週刊誌「FLASH」のヌードグラビア企画で「謎の聖女」として注目されているグラビアアイドルです。

 どうでもいい男は出来るくせして、何故か本命の彼とはセックス出来ない、という女の子のちょっと変わったラブ・ストーリーです。

 監督は、青春エロチック映画を撮るのに定評がある吉田浩太。

 かなりキワドイ濡れ場シーンは有りますが・・・そこのシーン画像は、いつも通り、期待しないで下さい。
 おまけ的に、少し見えているシーンをちょっこっとだけ出しています。

 それでは、本作品に興味のある方は、下の追記を読む、から作品の一部をご覧になりレンタル等の参考にして下さい。

2016年9月3日公開
監督・脚本 吉田浩太
プロデューサー 山口幸彦、後藤剛
撮影 南秋寿
配給 太秦

CAST
沢石琴子・・・璃子
川野陸・・・・根岸拓哉
剛田元気・・・川村亮介
神戸浩
藤田朋子
1時間25分 シネマ・スコープサイズ

予告編



ストーリー
 昼は売れないモデル、夜はナンバーワンのキャバ嬢という2つの顔を持つ沢石琴子。

 ある日、参加した合コンで知り合ったモデルの川野陸に一目ぼれした琴子だったが、陸はすぐに帰ってしまう。

 琴子は、そのモデルやっている陸にひと目彫れしたらしく、彼のことがずっと気らなり始めていた。

 琴子は酔った勢いで好きでもない男と寝てしまい落ち込むが、後日、陸からデートに誘われる。

 二人で飲み、そんまま陸の部屋へ行った琴子は、陸とベッドに入るのだが・・
体と心は別の方向に向いてしまうのだった。

出身が秋田なので、お店がそうつけたのですドレスを脱いで、ため息をつく琴子


それ言わないで・・剛田君が部長やつているってやつ


モデルやっている大学生が気になる琴子大学生を見ている琴子
 ストーリーは以上です。

 主演の璃子は、写真週刊誌「FLASH」のヌードグラビア企画で「謎の聖女」で人気を得て、本作品の主演を射止めたようですが、そちらのグラビア企画は既に終わっています。

 残念ながら、璃子は“謎の女 YURI”ほどの爆発的な人気は出なかったようです。
 YURIの後を継いだ祥子も、「D坂の殺人事件」の主演作一本で、あとが続かなかったですからね。

 壇蜜のケースのように、誰もが知っているレベルになるまでには、かなり道のりがようです。

 その壇蜜姉さんにしたって、またセミヌード写真集を出したくらいで、最近ではたまにしか見なくなりましたからね。
帰り道、LINEしている琴子ガツガツすると、断れなくなって・・


ホントに大丈夫だから・・少し酔いが醒めてきた琴子


脱がされていく琴子スカートも脱がされる
 冒頭、キャバ嬢のシーンの璃子を見ていたら、そんなにいい女にも見えなかったのですが・・・
中盤から後半にかけては、“おっ、この子、なかなかいいじゃん!”と思えてきました。

 最初のキャバのシーンでは、どう見てもこの子がNO.1だとは見えない感じでした。

 “聖女”というのは写真週刊誌「FLASH」のヌードグラビア企画で「謎の聖女」から引き継いだものですね。

 主演の璃子は、特別美人でもなければ、壇蜜姉さんみたいに色気があるという程でもないです。

 あるとしたら、“脱ぎっぷり”がいいですね。

指を這いながら・・ヘアー見え琴子の乳房にむしゃぶりつく


喘ぐ琴子 キスされそうになる琴子


あ、あ、あーっ息が荒くなり・・ 
 今回の作品、主演女優の璃子のヘアーがしっかりと見えています。

 最近は、同じ時期にリリースされた「屋根裏の散歩者」にしても、ヘアーにボカシがかかっていたり、意外と主演女優のヘアーがはっきりと見える作品は、少ないように思います。

 璃子は、スレンダーな割にはヘアーはふさふさですね。

 グラビアでは全裸で、足を大きく開いてカメラマンや周りのスタッフには
モロ見え”の大胆なポーズで見せています。

 今回は流石に映画、ですから濡れ場シーンがある、といってもそこまで過激ではないですね。

 映画とグラビア、どちらがエロいかといったら、そりゃ当然、グラビアの方ですね。

 やはり写真と映像では、
“性表現の壁”みたいなものは有りますからね。
セックスが終わり・・メッセージが届いている


好き・・キスされながら脱がされる琴子


ベットに倒されてキスはあっ・・
 それにしても、好きな人とはセックス出来ない、とはねぇ・・

 自分の経験上で、それは何回かありました。
 男の場合は、肝心な“モノ”が機能(即ち、勃起)
しないことには、したくても出来ないわけです。

 相手のことが好きだと、余りにも気持ちが入り過ぎて駄目だったなんてことは、よくありましたね。

 男というものはですね。

 下半身だけ、はデリケートに出来ているものなのですよ!

 女性の場合は受け入れるだけですから、したくない人とも出来ちゃうわけで、
それで本命の彼とは出来ないなんて・・

本当に好きな人とは、したくないのでも、アタシセックス出来なかった


う、ううーんメモが残されていた
 まあ、分からなくもないですが・・

 女性なら、好きな男だけに体を許したいのがあるように思いますけどね・・。

 そういう意味では、これはマジメな恋愛映画でもあるのです。

 シーン的には、やりまくっている濡れ場シーンの連続なのですが、それほどエロチックというほどの印象も個人的には余り受けなかったです。

 それは
主演女優の璃子が、そう感じさせてくれたどうかは分かりません。

バスルームでLINEを開くそっか・・ 


好き・・ですゆっくりと、陸に布団に倒されていく琴子 


 性行為そのものが、“煩悩”そのものですから、それが人間の赤裸々な姿なのです。

 ただ、単にエロいだけの映画とはまた違って、“恋”というものを考えさせてくれる作品でした。

 少しでも興味を持たれた方は、是非レンタルしてご覧になって下さい。

好きでもないくせに [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2016/12/4 19:47時点)




★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2016年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/754-7f4bd704

コメントの投稿














xx HOME xx