じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 屋根裏の散歩者 屋根裏の散歩者│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


屋根裏の散歩者 

2016/11/30 22:58/Wed
 チラシ表&裏
不審な若き医師の自殺死体
浮かび上がる二人の女
灼熱の情欲に身悶える美女、二人

屋根裏から糸を垂らす郷田あーっ・・
 今回は「屋根裏の散歩者」です。
監督・脚本 窪田将治。原作 江戸川乱歩。主演 木嶋のりこ、間宮夕貴。共演に河合龍之介、草野康太、松本若菜。

遠藤に乳房を吸われる直同じ轍は踏みませんよ、名探偵さん階段を下りてくる直子私をちゃんと抱いて下さい下着を口に押し込められた照子ごめんなさい
 何度も映像化化されてきた江戸川乱歩の名作の再びの映画化です。

 主役は本来なら、“屋根裏の散歩者”の郷田なのですが・・

 今回は被害者に関わる二人の若い女性をクローズ・アップして主役に据えています。

 主役は木嶋のりこと間宮夕貴。
 「ちょっとかわいいアイアンメイデン」で共演した二人が再び、今度は女の情念を燃やして対決します。

 さて、原作をガラリと変えた本作品は、どんな内容なのか!?

 それでは、興味のある方は下の追記を読む、から新しい江戸川乱歩ワールドにお入り下さい。


2016年7月23日公開

監督 窪田将治
原作 江戸川乱歩
脚本 窪田将治
エグゼクティブプロデューサー 重村博文、河野正人
プロデューサー 山口幸彦、佐伯寛之
撮影 西村博光
配給 日本出版販売

CAST
大内照子・・・木嶋のりこ
黒木直子・・・間宮夕貴
郷田三郎・・・河合龍之介
明智小五郎・・草野康太
文代・・・・・松本若菜
1時間53分 ビスタサイズ


ストーリー

 名探偵・明智小五郎のもとに、大病院の令嬢・黒木直子から婚約者の遠藤の浮気調査をしてほしいとの依頼が舞い込いだ。

 明智の妻で助手の松代は遠藤の身辺調査を開始し、遠藤が同じ下宿の東栄館に暮らす女子大生・大内照子と肉体関係にあることを突き止める。

 一方、東栄館に住む心に傷を負った青年・郷田三郎は、下宿の屋根裏に忍び込み、天井の穴から他人の生活を覗き込むことに楽しみを見い出していたが、驚くべき光景が彼の目に飛び込んできた・・
何だ、郷田さんかこれがね、しつこいもんで・・


おはようございますお知り合いですか


あなたは、何故。こんな変ぴなアパートに。吊るされている照子
 ストーリーの紹介は以上です。

 今回の「屋根裏の散歩者」のストーリーは一部変えています。
 まず、古本屋の女将、というのが出てきません。

 冒頭から、その古本屋は閉店して主人公の郷田はこう呟きます。

 “同じ轍は踏みませんよ、名探偵さん”

 どういう意味でしょうね。

 過去に犯罪を犯して、名探偵・明智小五郎によって暴かれたというのでもないでしょう。

脱がされた下着に顔をそむけ怯える照子


はしたない女だとお思いでしょうか大内照子と申します



直子の体をむさぼる遠藤直子に服をかぶせる遠藤
 主役は、木嶋のりこと間宮夕貴、二人の女の対決にストーリーは変えています。

 木嶋のりこの方が名前が先に来ているのには、何か意味があるのでしようか。

 キャリア的には、二人のどちらかが上というのはないような気がしますけどね。

 木嶋のりこは、被害者となる医師の愛人。
 間宮夕貴は、その医師の婚約者という役柄で出演しています。

 最初にアパートに訪ねて来て医師に吊るされるトーンで裸にされますが、ヘアーにはしっかりとボカシがかかっています。

 Vシネマではないのですから、ボカシかける必要があるのかと思いますけどね・・・

遠藤に踏みつけられる照子やめて・・ 


や、めて・・乱暴にブラを取られて


また口に下着を押し込められて・・照子の尻をむき出しにして・・ 
 そういえば、のりちゃんが男優と激しい濡れ場シーンを演じるのは、この作品が初めてです。

 初ヌードとなった「ちょっとかわいいアイアンメイデン」は舞台は女子高でしたし、裸で絡んだのは吉住はるな、でしたからね。

 すごく惜しいのは、のりちゃんや間宮の濡れ場シーンにしても、セピア色なのですね。

 うーん、これでは折角、二人が再び思い切ってヌードに挑戦したのに、美しいヌードが台無しの感があります。

 新作映画に関してはヌード画像は一切出しません。
 というより、出せないのですよ。出した瞬間、その記事は数時間後に削除しなくてはいけなくなるのです。

 まあ、運営側の事情は、訪問者の方々には分からないでしょうが、販売側のことも考慮しないと、いずれは潰されてしまうのですよ。
あうっ!首を絞められながら遠藤に・・


探偵の真似事をしています屋根裏から郷田の唾液が落ちてくる


いえ、充分です同じ轍は踏みませんよ
 尚、YouTubeに誰かがアップしたとしても、YouTubeは元より性的なものにものすごく厳しい上に、今削除祭りが激化していますから発覚しだいに動画だけでなく、アカウント自体消されますよ。

   動画丸ごと、一本アップしている奴は、アホ
です。
 動画だけでなくアップロードする権利を一瞬にして失うのです。

 そんなに大人気作品で、いつも貸し出し中というわけでもないですから見たかったらレンタル店に行って正規のものを借りた方が断然早く見れます。

 ところで、今回は木嶋のりこと間宮夕貴が主役なわけですが、二人ともまだあどけなさが残るせいか、“マダム的”な役は、まだまだだなという印象を受けました。

 木嶋のりこは、既に28歳ですから、人妻役を演じてもおかしくない年代にきてはいますが、いかんせん未だに可愛いですからね。

 そののりちゃんの“可愛い”イメージから、かけ離れた役だと、どうしても違和感を感じてしまいます。

遠藤を見つめる直子許して、だと


アーッ!ちょっと、よろしいかしら


決して、そのようなことはしていません直子を脱がしていく
 本来なら、名探偵・明智小五郎が活躍する探偵ミステリー映画なのですが、今回は二人の若手女優を主役にしたことで、それとは違う展開の作品になっていました。

 これまでの「屋根裏」は、明智が真相を暴いて犯人が逮捕されて終わりでしたが、今回のは、被害者を巡ってのりちゃんと間宮の二人の女の対決があるのです。

 “エロチック乱歩シリーズ”の第三弾作品ですから、エロチックを売り物とした作品としては、まあまあでしたね。

 のりちゃんや間宮のヌードを見たい方は、見る価値有りですよ。

 少しでも興味を持たれた方は、
是非レンタル等でご覧下さい。


屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [Blu-ray]

新品価格
¥4,797から
(2016/11/30 21:57時点)





★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2016年日本映画 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
乱歩の世界 by. ニシキ
河合龍之介の変人役が特に良かったです。木嶋のりこと間宮夕貴の濡れ場が見れたのは嬉しかったですね。
今回の映画化は原作をかなり変えているということなので、原作も読んでみたくなりました。
2017.01.09 (17:38) | URL | EDIT
乱歩の世界は独特ですからねー。 by. じんのすけ
> 河合龍之介の変人役が特に良かったです。木嶋のりこと間宮夕貴の濡れ場が見れたのは嬉しかったですね。
> 今回の映画化は原作をかなり変えているということなので、原作も読んでみたくなりました。
 僕も実は乱歩の原作は実は、読んだことはないです。
 乱歩の盟友の横溝正史は、中学時代に読みふけりました。

 のりちゃんにしても、間宮にしても、まだあどけなさと可愛さが抜けきれていないから、
 とても人妻には見えなかったですねー。

 それでも、今脱げる女優が少ないので、彼女たちには是非大成してもらいたいです。

 檀蜜姉さんが、また着エロに逆戻りしていますからね。

 のりちゃんと間宮は今の日本映画において貴重な存在ですよ。
2017.01.09 (22:14) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/753-93d81ead

コメントの投稿














xx HOME xx