じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 世紀末の詩 第10話 「20年間待った女」 世紀末の詩 第10話 「20年間待った女」│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


世紀末の詩 第10話 「20年間待った女」 

2016/10/02 23:28/Sun
VHSパッケージ
女は抵抗することなく男に首を絞められた
20年間に渡る男の愛の贖罪
そこに愛は・・あったのか。

もう一人の娘を見て泣いている百瀬だから、それが・・  
 今回は「世紀末の詩 第10話 20年間待った女」です。
 1998年に日本テレビ系で放送された野島伸司・脚本のドラマシリーズです。

恋人の百瀬に首を絞められている冬子彼女は苦しそうに喘いでいました
そこにはゆるぎない形があるはずですそして、知りたかったんじやないかしら
想い出・・倒れこむ教授 
 
今回は大真面目に、“愛には決して辿り着かない恋”について語ります。

 第10話は、死期が迫りつつある元・大学教授が、今の際になつて若い頃かつて愛した恋人に、もう一度会いたいと願うことから始まるストーリーです。

 山崎努演じる元大教授は、学長の娘と結婚する為に、自分の子供を孕んだ恋人の首を閉めて殺そうとしています。

 90年代に野島伸司が一貫して書き続けてきた、
“刹那的な恋”のドラマです。

 
野島伸司ならではの、
“そこに愛はあるのか!”の世界が展開します。

 今回は思い入れが強い作品なので、いつもの倍の長さになっています。

 それでは、興味のある方は、下の追記を読むから、愛には辿り着けなかった恋の終幕をご覧下さい。

1998年12月16日放送水曜22:00 - 22:54
第10話 「20年間待った女」

制作局 日本テレビ
脚本 野島伸司
演出 細野英延 、古賀倫明、 大谷太郎
プロデューサー 梅原幹
音楽:千住明
主題歌:ジョン・レノン 「LOVE」
挿入歌:ジョン・レノン 「STAND BY ME」

CAST
野亜亘:竹野内豊
百瀬夏夫(教授):山崎努
大島 武郎:杉浦直樹
牧野冬子:永島暎子
ミア:坂井真紀
羽柴里見:木村佳乃
百瀬祐香:松本恵(現・松本莉緒)
牧野千秋:吉川ひなの
スタンダードサイズ


●ドラマのサントラです。



ストーリー
 野亜亘は中途採用の面接の帰り、百瀬が入院している病室に見舞いに行くと、いきなり百瀬を罵倒する見舞い客とすれ違った。

「お前は敗残者だ!哀れなもんだ」
 教授に聞くと、その男・大島武郎は、同じ大学内で学長戦を戦った盟友でもある男だった。

 どうやら亘は就職試験に受かったようで、教授は
“この就職難の時代に、良かったなあ”と喜んだ。

 教授は自分の死期が近いことがわかっていた。若い頃、同棲した恋人を亘に探してほしいと最後の願いを亘に託したのだった。

 若い頃、彼のその恋人は妊娠して百瀬の子を宿していたのだが、百瀬が学長の娘と結婚する為に、その恋人を捨てたのだった。

 そして病院を抜け出した教授から語られる、もうひとつの真実があった。
「俺はその人の首を両手で思い切り絞めた」

 亘はその話を聞いて果然盛り上がり、何としてもでも教授にかつての恋人と再会させようと奔走するのだった・・
教授を見舞いに来た亘お前は敗残者だ


俺がいた大学の学長だええ


教授・・けど、現実なんか見たらガッカリするじゃないですか
 ストーリーの紹介は以上です。

 前の第三話「狂った果実」のように録画したDVDを見ながら、台詞を追うと大変な作業になるので、今回は簡単に済ませました。

 そのつど、以後のストーリーにも触れていきます。

 それにしても、かつて友人だった男が親友に向かって「敗残者」というのは、いかにも野島伸司ならでのドライな表現です。

 「ひとつ屋根の下」というドラマの中でも、次男役の
福山雅治の台詞から、“偽善”という言葉がよく出てきました。

 自分の死期が見えてきて、今一度自分が捨てた女性とひと目会いたいなどとは、よく言ったものです。

 こんなの
誰がどう見たって、“今更”ですよ。
今さら、何しようとわけじゃないだと男と女は違うんです!


ごめんなさい・・病院から抜け出して・・


落ちぶれ過ぎて狂ったな何してるんですか


僕が頼まれているから・・綺麗な夕日ですね
 まあ、男というものはそうしたものなのかもしれません。

 女性は新しい恋に出会えば、過去の男のことはスッパリ忘れると言いますが、男というものはいつまでもかつて愛した人のことは憶えているものなのですよ。

 とはいつても、時間の経過と共に、人の気持ちも変わっていきます。ずっと同じ気持ちで人を愛し続けることは、まず有り得ないと思います。

 どんなに美しい人だって、年老いていずれは枯れる日がやって来ます。
 生きている限り時間は皆、平等に流れていますから、年を取らないということは不可能ですからね。

 このドラマシリーズで一貫して語られている、
“決して愛には辿り着かない、それが恋”。

 このドラマで描かれる恋とは、常に一方通行で、愛することはあっても、相手に愛されることはない。

 それがつまりは、“恋”というわけです。
何故か、泣いている里美うん
いや、あなたほどじゃないでしょう確かにそうかもしれません
 人を好きになる、というのは激烈な痛みを伴います。

 “もう、あんな痛い想いは二度しない。二度と人なんて好きになんかならない”

 みんな、そう言って・・結局は、同じ過ちを何度も繰り返してしまうのです。

 それも生きている限り逃れられない“人しての煩悩”なのかもしれませんね。
 
 意識して、スイッチなんか入れたつもりなんかないのですよ。それがいつの間にかOFFからONに切り替わっている。

 そんなの、一時的な気の迷い、でしかないだろう、と理論では判っていても、感情が“心”を超えてしまっているわけです。

確かにそうかもしれませんだから、たくましく生きられるんです


黙って話しを聞いている里美パパがそんなひどいこと・・


愛には決して辿り着かない夫婦だったそんなの自分勝手じゃないですか
 そういう意味では女性の方がたくましいのでしょうね。スパツと切り捨てていくでしよう。
 まあ、それも人にもよるかと思いますよ。

 この劇中で、男は別れ話を切り出したものの、それを拒否され逆上して、恋人の首を思い切り絞めています。
 女性の方は一切の抵抗はしていません。

 むしろ、“あなたに殺されるくらいなら、それで本望だ”みたいに・・

 それで男は怖くなって、絞めた手に力が入らなくなり、逃げ出しているのです。

 何の温かい別れの言葉を告げないで、ただ恋人の前から逃げて終わっているのです。

見つけますよ、教授。愛とは形がないと人はいいますが、僕はそうは思わない。


思っていないことを口にしてしまうもう、あなたといつ会えるかわかりませんよね


ミアが指差している牧野冬子さんって知ってる
 そんな酷い別れ方しといて、自分の死期が近いから、もう一度会いたい。そして過去のことを謝りたい。

 何を馬鹿な・・ですよ。今更、相手が許す筈がないのですよ。
 愛していた、というのは過去のことで、そんな愛など残っている筈もないのです。

 案の定、身近なところに知り合いがいて、教授の元恋人に辿り着けるわけですが・・
当然の反応として、会うことを拒否されます。

 “愛なんてものは、もうなかったわ”

 いや、20年前ならあったでしょう。
20年のという歳月が人の気持ちを変えさせたのです。

きっと、まだ愛しているんですよよかった。間に合って本当に良かった。


なんか、そういうリアクションが・・亘さん・・


ただ、会いたかった・・女の私から見たら、有り得ないわ
 ところがです。その別れた女性には子供がいた。

 当然、堕ろしていたとばかり思うじゃないですか。

 それが、かつて愛した男の子供を生んで育てたのです。

 それも、すぐ身近にいたのです。
吉川ひなの演じる女の子が、教授と間に出来た子供だったのです。

いえ、一度離婚しましたけど・・彼、この数ヶ月、百瀬と一緒に住んでいたんです


ああ、それでガッカリなさった顔してるんですか教授は愛していたと言っています


アタシにどうしろと男のエゴかもしれません
 何故、その子が教授の子供かと判ったかというと、若い頃、夜店で勝った貝殻のペンダントを恋人に渡していて、吉川ひなのがぶら下げている貝殻こそが、昔恋人にあげたものだったのです。

 もしも、永島暎子演じる冬子という女性が教授に対しての“愛のかけら”も無くしていたとしたら・・
 そんなものはとっくに捨てていたと思います。

 何故に、娘にそんな昔の恋人からもらったチープなものを身につけさせていたのか。

 それは、やはり、そこにまだ“微かな愛が残っていた”からなのです。

無理だわショックで目を閉じる亘


安物の愛という言葉なら、いくらでも言ってあげるわそうです


だったら、なかつたわ・・彼女です
 竹之内豊は、気づいていました。
“繋がらない季節の女の子”それが彼に恋する、吉川ひなの演じる“千秋”だったのです。

 “幾千もの夏夫(教授)と冬子を繋いでいく”・・それが、“千秋”という女の子だったです。

 車の中で、杉浦直樹の親友が叫びます。
 
 “愛してたんだ。今だって、そうさ!”

 それはどうだか判らない。しかし、
好きだった男の子供を生み一人で育てたことには間違いはない。

千秋・・愛してたんだ


笑っているみんな通りすぎていくのが父だと知らずに手を振る千秋


もう一人の娘に会って泣いている教授最後の詩
 放送当時、リアルタイムでこのドラマを見ていました。

 丁度、あの頃も自分自身も恋に悩んでいた時期でした。

 思い切り、
このシーンで泣けて泣けて仕方ありませんでした。

 今でも、そうです。

かつての想い出の写真夏夫に愛されていた頃の冬子 
 所詮は架空の絵空事の世界です。こんな“愛の世界”なんてあるはずがない。

 そう思っていても見る度に何度も、涙が出てきます。


 人は、この世に生きている限り、“愛する”という煩悩からは逃れられないのかもしれません。

 それが、例え短い一瞬の、
つかの間の“幻の恋”だった・・としてもです。
残された冬子去っていつた百瀬を見てる女
 「世紀末の詩」の中で、このエピソードが一番感動的で好きです。

 野島伸司が一貫して描き続けてきた、“そこに愛はあるのか!”の世界。

 ある意味、このシリーズは野島伸司の集大成のドラマのような気がしてならないのです。。

 残念ながら、まだ未DVD化はされていません。早くDVD化されて、レンタル解禁になってほしいものですね。

世紀末の詩

新品価格
¥6,800から
(2016/10/2 23:23時点)




★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!

CATEGORY:野島伸司の世界 | CM(4) | TB(0) |
xx HOME xx
by. 名無し
木村佳乃もこの時代は可愛くて美人だったのにな、今は老けちゃって…。

今は顔に合わせてか、意地悪な役とか高飛車な役が増えちゃったな~残念。
2016.10.03 (16:32) | URL | EDIT
by. ザグレブ
名前書くの忘れました、さっき投稿したのは自分ですm(__)m
2016.10.03 (16:36) | URL | EDIT
もう東山夫人ですからね。 by. じんのすけ
> 木村佳乃もこの時代は可愛くて美人だったのにな、今は老けちゃって…。
>
> 今は顔に合わせてか、意地悪な役とか高飛車な役が増えちゃったな~残念。

最近の木村佳乃は、余り見る機会が少なくなりましたね。
そんな役をやっているとは、やはり年を取ると自然とそういう役が多くなりますね。
第一回では山崎努に思い切り、木村佳乃は着衣からでしたけど、胸を揉まれていましたよね。
2016.10.03 (22:16) | URL | EDIT
ザグレブさんは常連さんですからね by. じんのすけ
> 名前書くの忘れました、さっき投稿したのは自分ですm(__)m
まあ、書き忘れることはよくあることですから、気にしないで下さい。

そもそも名無しで投稿出来てしまうシステムにも問題があるのですから。
2016.10.03 (22:18) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/741-80bf2e13

コメントの投稿














xx HOME xx