じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 虎影 虎影│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


虎影 

2016/06/10 14:40/Fri
虎影、チラシ表&裏
かつて最強の名を欲しい侭にした一人の男がいた
隠された伝説の財宝
息子を助ける為に、男は再び刀を抜いた

格闘している虎影月影をやさしく抱きしめる虎影
 今回は「虎影」です。
監督 西村喜廣。主演 斉藤工。共演に羽賀優里亜、清名菜々、しいなえいひ、津田寛治。

あーーーーーっ!戦う月影背中の刀を抜こうとする虎影怖がるな刀を捨てろ拷問を受けて悶絶する月影
 今回の映画は、VFXを駆使した忍者活劇です。

 秘密の財宝を巡って、忍びをやめた伝説の男が、その財宝争奪の戦いに巻き込まれるというストーリーです。

 注目してもらいたいのは、羽賀優里亜です。
 今回、彼女の役は、斉藤工演じる影虎の妻で、同じくの一忍者を演じて、仮面ライダー依頼の殺陣アクションに挑戦しています。

 さてさて、この忍者アクション活劇、どんな内容なのか!?

 気になる方は、下の追記を読む、から作品の一部をご覧下さい。

2015年6月20日
原作・監督・編集・脚本・特殊造型監督・キャラクターデザイン:西村喜廣
脚本:継田淳
製作総指揮:高橋正
プロデューサー:鈴木宏美、服巻泰三
音楽:中川孝
撮影:Shu G. 百瀬
照明:太田博
美術:佐々木記貴
特殊造型:下畑和秀
VFXスーパーバイザー:鹿角剛
アクション監督:匠馬敏郎
配給:ファントム・フィルム

CAST
虎影:斎藤工
月影:芳賀優里亜
東雲幻斎:しいなえいひ
孤月:石川樹
夜馬:鳥居みゆき
羅厄 : 島津健太郎
鬼卍:三元雅芸
鬼十字:清野菜名
目なし:水井真希
美穂土:屋敷紘子
女楠 : 三田真央
瑞希:松浦りょう
徳三 : 仁科貴
しの : 黒岩桃子
長杏 : 若林美保
耶巌衆 : 小場賢
耶巌衆 : 石堂夏央
烏丸ハヤメ:矢野満咲起
焔忍者 : 江藤修平
焔忍者 : 森田将士
フランシスコ : 村杉蝉之介
謎の男 : 板尾創路
謎の男 : ジウン
リクリ:津田寛治
1時間34分 ビスタサイズ

●予告編


ストーリー
 忍びの世界で最強の名をほしいままにしていた虎影は、6年前にその道を捨てて、今は忍者の里の片隅で愛する妻・月影と子供・孤月とともに静かに暮らしていた。

 ある日、“黄金の巻物”を手に入れた忍者の首領がもう片方の“銀の巻物”も手に入れようと、あらぬ罪で孤月を人質にとったため、やむなく虎影と月影は再び任務に就いた。

 二人は、“銀の巻物”を持っている藩主の館に忍び込み、巻物を盗み出すことに成功する。しかし、人柱になっていた少年を助けたため、傭兵忍者部隊に捕まってしまう。

 虎影は悪辣な藩主に交渉し、月影を人質として残し、孤月を救うため、忍者の里へ再び向かう。家族二人が両方の陣営で人質となった虎影は、二人を助ける為に奮闘し、孤月を助け出す。虎影は息子とともに、月影の救出作戦を決行した。

 藩主の館は水害の土地にあり、新しいダムを建設するため、月影は人柱として捕えられていた。

 虎影と孤月は忍者軍団に追われながら、水が流された建設中のダムの柱をよじ登る。
虎影たちは月影を救うことができるのか? 

 そして、“金の巻物”と“銀の巻物”の正体とは……?
取り囲む忍者たちはっ・・


はあっ・・月影に肩をあて
 ストーリーの紹介は以上です。

 この作品、取り上げようと思いながら、今年の1月6日にDVDリリースされながら、半年も経ってしまいました。

 一番、この作品が見たかった理由は、自分の中の一推し若手女優の羽賀優里亜が準主役で出ているからです。

 羽賀優里亜の出演映画というと、初ヌードで話題になった二年前の「赤×ピンク」以来ですね。

 それで売れるかと思ったら、またヌードの仕事を断り続けているのか、
また売れない時代の深夜ドラマのゲスト出演程度の売れない時代に逆戻りしています。

タイトルバックその巻物は金と銀とで出来ているのか


とーちゃーん弁当を上に上げて合図する月影


やったよ嘘よ、この子、さぼったんだから
 
羽賀優里亜の今後が心配です。

 折角、「赤×ピンク」で美しい初ヌードを披露して写真集もそりなりに売れたと思います。

 その映画で共演した多田あさみ、水崎彩女は、ひたすら隠しまくって、セミヌードでしたから、写真集出してましたが、売れるわけがありません。

 その後、この映画に出演するまで大きな役がなかった原因は、やはりヌードを拒否していたのではないかと思われます。

 それでは売れないのです。
 80年代にデビューして、現在一線で活躍している女優たちは、皆その壁を越えています。

 ましてや羽賀優里亜は、知名度的に誰もが知っているタレントではありません。

 それに過去に一度、
思い切ってヌードの仕事をやっているのに、何故にNEXTがないのか不思議で仕方ありません。

だって、ホン読むの嫌いだもん私たち・・


刀をつきつけられている二人惨めにな


はあ、はあっ・・変わらぬ髑髏。人柱のあとだ。
 これは別の映画の女優のヌード情報になりますが、今日発売されたFRIDAYの袋とじで、江戸川乱歩・原作の「屋根裏の散歩者」に出演している間宮夕貴と木嶋のりこのヘアヌードが袋とじで掲載されています。

 それをスキャンしてアップなどしません。そんなことしたら、雑誌の売り上げに大きく響いてしまうではないですか。
 アップすれば、
拍手やぶろぐ村のクリックも増えるでしょうが、ただそれだけです。

 同じ画像媒体ですから、当然アップしたら出版社からクレームが入ります。リスキー以外の何物でもないのです。

 欲しいコンテンツは正規ルートで買って下さい。

 どこかの画像掲示板にアップされるまで待ちますか。
 待つ、ということは、それほどその袋とじヌードに420円という価値を感じてないからです。

 僕は
価値を感じましたから、420円が勿体無いという感情は起こらず、すぐに購入しました。

 久々に見た、木嶋のりこ、間宮夕貴のヘアヌードはメッチャ綺麗でした。(間宮は久々ではありませんが・・)
うぁーーーっ鬼饅頭


格闘する虎影ふんっ・・ 

むぅっ・・歌う、首つぼ 
 話が本編と違う方向に行きましたので、作品の話題をします。

 これ忍者活劇なのですが、時代背景を特に設定していません。

 戦国時代では間違いないと思うのですが、それが織田信長の時代なのか徳川の時代なのか、分からなくしています。

 それ以前に時代劇なのに、誰一人として髷を結っていない。

 もうそこからして、何だかなあ・・・でしたよ。

 それに、清野菜名も出演しているですが、“えっ!?どこに出てたの?”というくらい存在感が今回の作品ではありませんでした。
月影も倒され・・俺たち二人は、ただの仲間ではない 


虎影たちは戻ってくるかのう・・何でこうなんの! 


 忍者が全然、忍者ぽくないのです。

 これは評判が最低で叩かれまくっている、元・宇多田ヒカルの元夫・紀里谷和明の作品にも言えることで、石川五右衛門とか豊臣秀吉とか実在の人物を登場させながら、髷を結わないといういでたちで登場させていますね。

 紀里谷和明の監督した作品でマトモな作品って一本もないですね。

 明らかに自分はアーティストだと勘違いしています。

 映画を撮っているのだから、“映画監督”にならなきゃいけないのに、アーティスト気分で撮っているから、“映画”になりようがないのです。

振り返る虎影見上げる月影


そうじゃの。まずは、耳あたりから。人柱にされている月影


ああ・・よかった・・
 この映画にも同じことが言えます。

 ビジュアルばかり追いかけて、古来のものを否定しまくっているのですから、面白い映画になるわけがないのです。

 エンターティメント、とよく言うけれど、それを履き違えると、ただの駄作でしかないということです。

 比べてみても仕方ないと思いますが、深作欣二が今生きていたら、この素材は、こんな感じでは撮らないと思いますよ。

 新しいものを追求するのは決して悪いことではないです。

 但し、それは古来あるいいものを否定した上で追求したのなら、完全に空中分解する結果にしかならないと思います。

 折角、羽賀優里亜のくの一を登場させといて、お色気シーンも皆無でしたからね。

首が飛ぶ仮面をつけてもらった虎影


 これは、明らかに“ゲーム感覚のコスプレ忍者活劇”なのです。

 つまらなかった、というレベルを遥かに凌駕してます。ひとつぐらい褒めてあげたくても、それが見つからないのです。

 羽賀優里亜も、もう一度花を咲かせたい、と思うなら「屋根裏の散歩者」で再びヌードに挑戦してる間宮夕貴や木島のりこに続かないと、仕事は先細るばかりようで心配です。

 それでも、どこまでひどいのか逆に見てみたくなったという方は、レンタルしてみて下さい。

虎影 [DVD]

新品価格
¥3,227から
(2016/6/10 14:05時点)




☆現在、公開中の限定記事パッケージです。
タイトル
 ご覧になりたい方は、必ずプロバイダーメールでパスワード申請して下さい。ヤフーなどの成りすませるフリーメールからは一切受け付けません。

 パスワードはあくまでも特典ですので、こちらから何らのオファーをします。申し訳ないのですが、申請したからといって教えますというものではありません。

 
その価値を感じられない、という方は申請されない方がよろしいかと思います。

うんっ・・うーーん・・


 主演は櫻井ゆうこ、かみみりさのW主演です。

 ある老人ホームに何故か入室してしまった若者とナースとの淫らな関係を描いています。

 特に、かすみりさのこの作品でのエロチックさは、彼女の主演作品の中では一番興奮度が高いものでした。

 
興味のある方は、下記にご連絡下さい。

  bibobu38@yahoo.co.jp

☆次回限定記事会員の予告
嶋村かおりMOMO 
 韓国人の知り合いに頼んで入手した日本では決して手に入らない、嶋村かおりの最後の作品です。

 限定会員記事でしか見せることは致しません。
Two-MANでの嶋村かおり。脱がされる嶋村かおりTwo-MANでの嶋村かおり。キスをする。


 パスワードの申請はお早めにお願いします。こちらのオファーに応えて頂けない場合は、教えることが出来ませんので、ご了承願います。
 尚、DVDにコピーして欲しい旨の要望には一切応じませんので、ご注意下さい。

★またまたビジネス案件の紹介です。

誰でも申し込むだけで利益確定!
(但し、クレジットカード案件は、カード発行審査に通らないと、ノーマネーでフニッシュ!です)

世の中に、そんな上手い話はない。

そう疑うのなら、まず見て下さい!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=315867&iid=53754

このビジネスは、“自己アフリィエイト”。
通常、アフリィエイトは紹介しているリンクから誰かが買ってくれないと利益は出ませんが、それを自分が欲しいサービスや商品買って、キャッシュバックがもらえるというシステムです。

つまり
自分が買っての現金キャッシュバックですから、その時点で利益確定なのです!

クレジットカードならカード発行だけでキャッシュバックです。

何故、このようなシステムがあるのかといえば、この情報を95%の人が知らないからです
疑ってばかりだと、いつまで経っても現状の苦しい生活からは抜け出せませんよ。

☆興味のある方は、ご覧下さい。

プラチナバージョン・インペリアルゴールド ざくざく君 for web


この作品以外にもDVD化されていない「監禁逃亡シリーズ」は全て揃っていて、レアなVシネマがたくさん見ることが出来ます!

ピンク映画 ch

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!

CATEGORY:2015年日本映画 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
by. ザグレブ
芳賀優里亜、初めて観たのは仮面ライダーで美人だったからいづれは主演ドラマとか増えてくんだろうな~と思ってたけど、ヒロインらしいヒロインは無く時は経って行き今に成っちゃいましたね。

最近、1度脱ぐとその恩恵からかドラマのゲスト出演は何本か続くけどその後パッタリ出なくなっちゃう、門脇麦や清名の何人かは脇役でよく出てますね。
清名は今だと、東海地方の深夜ドラマで主演してますけど。

門脇麦は、よ~く見るとブスの部類なんだけどヒロインっぽい役をやってるんですよね、芳賀優里亜よりブスなんだけどな
2016.06.13 (13:11) | URL | EDIT
いつもコメント、ありがとうございます。 by. じんのすけ
> 芳賀優里亜、初めて観たのは仮面ライダーで美人だったからいづれは主演ドラマとか増えてくんだろうな~と思ってたけど、ヒロインらしいヒロインは無く時は経って行き今に成っちゃいましたね。

脱いでれば、また主演作の話はあつたでしよう。多分、「赤×ピンク」が最初で最後と思っているのでは・・・
それでは彼女クラスの若手は売れないですね。


間宮夕貴にしても木嶋のりこにしても、そこはグッと堪えてヌードの仕事に再チャレンジしているじゃないですか。
芳賀優里亜に未来はあるのか、ちょっと心配です。


> 最近、1度脱ぐとその恩恵からかドラマのゲスト出演は何本か続くけどその後パッタリ出なくなっちゃう、門脇麦や清名の何人かは脇役でよく出てますね。
> 清名は今だと、東海地方の深夜ドラマで主演してますけど。
清名菜々は、ソコソコ売れている方じゃないですか。この子も一度脱いだら、次脱がないパターンになるかもしれないですが、それではいつまで経っても主演映画はない、とみていいでしょうね。

> 門脇麦は、よ~く見るとブスの部類なんだけどヒロインっぽい役をやってるんですよね、芳賀優里亜よりブスなんだけどな
麦ちゃんは言われるほどブスではないですよ。胸もそれなりにあるし。
そういえば、門脇麦も最近は余り見ないですね。また脇役街道、まっしぐらなのかなあ・・・

この子も売れてほしい若手女優なんですけどね。
2016.06.13 (16:46) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/723-05957a11

コメントの投稿














xx HOME xx