じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 LOST Season5 Episode17"The Incident, 後編" LOST Season5 Episode17"The Incident, 後編"│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


LOST Season5 Episode17"The Incident, 後編" 

2009/05/20 00:26/Wed

どうした?何で止まったんだ無残にも足だけ残された巨像あれは・・・皆で立ち止まった巨像の残骸素晴らしい足だが、あれがジェイコブと関係あるのか?あれが彼(ジェイコブ)の住処です
 シーズン5も、数々の謎を残して、遂にフィナーレですっ!
 これで最終章シーズン6に続くのか・・
という驚きのラストでした。
 

 できれば、既に見た方のみ、ご覧になった方が賢明ですよ! (完全ネタバレしといて、実に無責任ですが・・・) 
 来月の21日からAXNでシーズン5の先行放送が始まりますが、スカパーなどに契約しないと見れない有料コンテンツようです。
 見れる環境の方はその放送が全部終わってからにした方がいいですよ


 ラストシーンの紹介を切ることも一時考えましたが、゛この期に及んで゛という感じなので、完全ネタバレでいきますので、了承の上で進んで下さい。


執刀中のジャック恥をかいたよ私のせいか?その上、初めての処置で俺を叱りつけたこれ、あなたのですか?ああ、機械が詰まってね
 ジャングルを抜けて、海岸沿いの道に抜けたロックとリチャード一行は、ある物が目に止まります。
 それは、無残にも足だけ残された巨像の残骸。
 ロックがそのことをリチャードに訊ねると・・

 あれがジェイコブの住処だ。  

●ジャックの島に来る前のフラッシュバック 
 ジャックの父が存命の頃
、手術の執刀後のジャックが、何やらイラついています。
 生前の父親とは何かと確執があったようですね。

 自販機からチョコレートバーが出てこず、諦めて立ち去ろうとした時、一人の男がそれをジャックに差出しました。

 ゛これはあなたのですか。゛

 ジャックにチョコバーを差し出した、その男はまたもやジェイコブでした。

五分だ。話が済めばあとは隙にしな。わかった、五分だな。起こったことは起こるんだそうとは限らないよ俺はこの時代に生きてきたんだ!本格的な殴り合いに突入
 1977年

 ジャックの前に立ちはだかったソーヤ。ソーヤは車に乗ることを拒否し、五分だけ話をすることを要求します。
 それを、受け入れるジャック。ソーヤは父親が母親を道連れにして拳銃で無理心中した子供の頃の思い出話をします。

 丁度今がその両親が死ぬ前だから、そのまま潜水艦に乗って国を渡り、家に帰れば父親を救えたが、敢えてしない。それは・・・

 ゛起こってしまつたことは起こるからだ゛
ソーヤに首を絞められているジャック計画をやめるか!いえ、彼が正しいわ何言ってるだ。やつを止めに戻ってきたんだろ違うわよ、離婚するのよ好きなら一緒にいられるわ(少女時代のジュリエット)
 ソーヤの方が゛正論゛ですねぇ~
 それでも、なお過去を変えるという計画を中止するつもりがないジャックと殴り合いになります。
そこに割って入って止めるジュリエット。

何故、気が変わった!と激しくジュリエットを問い詰めるソーヤ。 
 それは・・ソーヤの中に、まだケイトがいることを、潜水艦でソーヤがケイトを見る目でジュリエットは気付いてしまったのです。

 出会わなければ、あなたを失うこともなかった・・・
 実に深い言葉ですね。でも、それは゛恋゛には付き物だから・・・
いつなぜ考え直した?出会わなければ、失うこともないわソーヤとの話がうまくいかなくてね・・初めて会った時、傷を縫ってあげたわよね信じる君が必要だ黙ってジャックのを見つめるケイト
 ジュリエットの少女時代も出てきますが、それは少女時代の両親の離婚のエピソードで、それにはジェイコブは登場しません。

 ソーヤと殴り合いの大喧嘩して顔を血だらけにしたジャックは、スワン・ハッチ建設現場の近くに潜んで様子を伺っているときにケイトが来ました。


 ケイトに自分の決意を伝えるジャック。自分が過去を変えることで、クレアもこの島に来ることがなくアーロンと幸せに暮らせるはずだ。その上で・・・ 
 信じる君(ケイト)が必要だ。
ジャックの決意にケイトの気持ちも固まります。
ホントに一緒に乗っていいのなら、あんた死人だね。
●ハーリーのフラッシュバック
 あの815便墜落事故から帰還し、我が家に帰ったハーリーは、再度島に戻る前日に、また嘘の供述で警察に自首します。
 ところが、狂人扱いされたあげく帰され、途中で乗ったタクシーの中で、ジェイコブに出会います。 

私は生きてるよ君はその便に乗る必要がある。君次第だ、ヒューゴ。
 初対面のはずなのに、何故かジェイコブはハーリーのことを知っています。それに驚いたハーリーはてっきり死人と勘違いしてしまいます。
 別れ際に、24時間後にアジラ航空316便が出る。君はその便に乗る必要がある。君次第だ、ヒューゴ、そう言い残してタクシーから降りて行きます。
 ギターケースを残して・・

 どうやら815便の生き残り組は、あの墜落事件の前に、ジェイコブによって、島に来るべき者として選ばれていたのですね。
心配ないよ、ジャックが未来を変えたら万事収まるってうまくいかないかも・・背中に水爆を背負うジャックきっとうまくいく・・そして君を救う救えるものなど何もない返答できないジャック 
再びジャックはバンに戻り、水爆を背中に背負い準備を整えます。この時点では、まだジャック単独での決行です。

 ケイトと視線を交わし、無言でうなずくケイト。道の途中で、ソーヤと顔を合わせ
゛ロスで会おう゛と言い残してハッチ建設現場に向かいます。
ケイトに視線を送るジャックうなずくケイトロスで会おう黙ってジャックを見送るソーヤ彼が消えれば、すべてが終わるロックに差しだされた短剣
 しかし、不思議なのは水爆を起爆させて815便の墜落の原因となったハッチを破壊し、過去を変えたとしても・・
 その爆破でジャックたちは、自分たち自身が過去で死ぬとは考えなかったのだろうか。
  ダニエル・フェラディーのように・・・

 過去は変えられても、その未来には自分たちはいない、のでは・・・
 まあ、起爆によるフラッシュで現代に戻るだなんて、そんな都合よくタイムトラベルが・・・展開上はありそうですけどね。

リチャード、ここでいいのか待てば、いずれジョイコブは気味のもとにロックの催促にうなずくベンリーダーだけがジェイコブに会える。リーダーは君、一人だ!ベンは連れていく。ジェイコブを説得する自信はある!ここだ・・
2007年の現代のビーチ

 夜になり、遂にリチャードはジェイコブのいる場所に案内しようとします。

 但し!ジェイコブと会えるのはリーダーであるロックただ一人。ベンは連れて行けない!とリチャードは怒りますが、
 自分がジェイコブを説得してみせる!というロックの主張によってベンも同行させます


 ●30年前の島では、ジャックが単身ハッチ建設現場、スワンに向かっていました。
ダーマに見つかってしまったジャックジャックの援護射撃をしているジュリエット応戦しているケイト武器を捨てるように言え!ソーヤの援護しているジュリエットドクター、早く落とせ!
 遂に火蓋を切ったダーマと未来を賭けた銃撃戦が始まります。
 途中から、余り乗り気ではなかったソーヤ、ジュリエットに加えて、ケイト、ジン、マイルズも参戦し、ジャックの援護射撃をします。

 そのうちソーヤがフィルを人質に取り、ダーマ側に武器を捨てさせます。
 ジャックがハッチ建設の井戸のような穴に水爆を持ってき、過去を変える、その瞬間がやってきます。

 ジャックを援護する形で、ダーマに銃を向けているケイトやジュリエットらに、様々な想いが込み上げて来ます。
水爆を落とそうとしているジャックこみ上げるケイトの想い泣いているジュリエット父さんっ!ジュリエットを見ているソーヤソーヤに微笑むジュリエット
 ところが、ハッチの穴に水爆を落としたものの、起爆せず・・その代わりに、建設現場が崩れ始め、あらゆる部品が物凄い勢いで、飛び散っていきます。

 チェーンに足を巻きつけられ、穴に引っ張りこまれるジュリエット。
 ケイトがそのチェーンを必死で引っ張るものの、一人ではどうにもならず・・
 ソーヤもすぐに助けに行き、ジュリエットの手をつかみますが・・・

助けて!必死で鉄骨をつかむジュリエットどこに行くんだ?ジェームス、もういいわ!俺を置いてかないでくれーっ!愛してるわ、ジェームス!
 下に引っ張られる力が強く、ジュリエットを引き上げることができず・・

もう、いいわ!ジェームス!
俺を置いていくな!放すんじゃねぇ!
愛してるわ、ジェームス・・


 穴の闇に落ちていくジュリエット。ソーヤは最後の最後まで、ジュリエットを諦めていませんでした。
このシーン泣かせます。


 ソーヤが本当に愛したのはジュリエット、だったんですね。
どの人がリカルド?私がリチャードだが・・見せたいものがあるの飛び出たロックの遺体ようやくたどり着いたジェイコブの住処遂に抜け道を見つけたな
その頃、30年後の現代の島では
 ロックとベンをジェイコブの元に送り届けたリチャードに、316便の生き残り組のイラーナが大きな棺を持ってキャンプを訪ねてきます。

 見てもらいたいものがあるの、と棺を転がして出てきたのは・・・

ロックの遺体でした・・

 ようやくジェイコブに会えた、ロックとベン。
 でも、ロックはジェイコブと初対面ではないのに、そんなそぶりも見せません。
ああ、見つけた私は今まであなたの言われるままにしてきた何だと思う?ロックの命により、ベンがジェイコブをナイフで刺す彼らが来る・・燃えるジェイコブを見つめる、鬼のようなロック

 頼んだぞ、ベンジャミン。ロックから以前から指示されたことを、耳打ちされるベン。

 35年、この島に住みながら一度も会えなかったジェイコブに、ベンは今までの思いをぶつけます。
 今まで、あなたの言うがままにしたのに・・私の何が悪かったのですか?

 ジェイコブの答えを待つまでもなく、ロックから手渡されたナイフでジェイコブを刺すベン。

 彼らが来る・・・そう最後に言い残したジェイコブをロックは足で蹴って火の中に放り込みます。

 鬼のような形相で睨んでいる、ロックの仮面を被っている男の正体は一体何者なのか?

ジュリエットを失って、放心状態のソーヤ穴の下で意識を取り戻したジュリエット 
その頃1977年のブラックホールでは
 ジュリエットは穴の闇の底で、まだ生きていました。
 起爆しなかった水爆が目の前にあり、泣きながらその水爆を叩くジュリエット。

 やがて、すべては真っ白に染まり、浮かび上がるLOSTのロゴ・・・
 やはり、リチャードが言った゛全員死ぬのを見た゛は本当に起こってしまったのか?
どうして・・COME ON!
 シーズン5は、ここで終了です!結局、サンとジンは今シリーズでは会えないままで終わりました。

 ああ、こんな大きな穴を開けさせといて、最終章シーズン6へと続くのか・・・
 誰もが感じている喪失感に似たようなものだけが残り・・・
 シーズン6は来年の1月のようで7ヶ月も待たされます。

ジュリエットが叩いている水爆真っ白く包まれた、LOST
 長くなったので、感想や疑問はまたの機会にします。
 賛美両論はあるでしょうが、LOSTのシリーズの中でこのシーズン5が一番面白かったです!

 これほど面白いホラーミステリードラマは久々でした。
 


DMM.com CD&DVDレンタルにほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ ランキングはこちらをクリック!


 
 



CATEGORY:LOST Season5 | CM(4) | TB(0) |
xx HOME xx
ロック by. あああ
死んだはずのロックの正体は最初にでてきたジェイコブの知り合いですよ。良い抜け道をみつけたなって言ってましたから
2009.05.28 (00:07) | URL | EDIT
Re: 確かに・・・(ネタバレ要注意!) by. じんのすけ
> 死んだはずのロックの正体は最初にでてきたジェイコブの知り合いですよ。良い抜け道をみつけたなって言ってましたから
 確かにジェイコブのあの台詞で、偽者ロックが旧知の仲であることは薄々わかりますが・・・

 では、何故ベンは自分でロックを殺しておきながら、その遺体を島に運ぶのにこだわっていたのか・・・
 それでいて、ロックが蘇生した時一番驚いていたのがベンでしたから、遺体を島に持っていけば蘇るとはベン自身が予想もしてなかったことですよね。
 それは度々登場したジャックの亡き父にも言えることで、シャーロットが最後に遺した言葉゛ここは死後の世界よ゛が妙にひっかかっています。
 
 いずれにせよ、大きな謎を残したまま、あと七ヶ月以上も待たされるんですから・・・
 う~ん、とりあえずLOSTからは、しばらく離れます。アップしたい映画がたまっていますので
2009.05.28 (16:23) | URL | EDIT
by. 名無し
賛否両論
2009.07.18 (04:41) | URL | EDIT
それよりも・・・ by. じんのすけ
 賛否両論は、どんな作品にでもありますから・・・
 そんなことより、シーズン6が来年の一月だってことが問題です。
 LOSTの出演者の誰がその間にジャック・バウアーみたいに警察のご厄介になったら、どうするんだぁーーーっ!
2009.07.19 (01:48) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/72-83be6cdf

コメントの投稿














xx HOME xx