じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 スーパーの女 スーパーの女│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


スーパーの女 

2009/05/10 00:33/Sun
スーパーの女予告編より、在りし日の伊丹十三こんなスーパーはダッメ!敵のスーパーを視察あらっ、ゴローじゃないの
 今、改めて伊丹十三の映画を見直してみると、実に面白い!

 この映画が公開されたのは、今から13年前の1996年です。
 今では、スーパーのみならず様々なところからの食品偽装が発覚して、廃業に追い込まれた老舗もあるほどですが、それが表立っていなかった13年前に既にそのテーマに着目していたのですね。

 伊丹十三、先見の目あり、です。

 それだけに、伊丹氏の自殺は余りにも惜しまれる事件で、彼が生きれいればもっと面白い映画を作って我々を楽しませてくれたでしょうね。
あのお客、野菜をしたから引っ張り出してるこのスーパー、駄目スーパーの見本だね店が潰れてからだと、買い手は、ないぞまず、スーパーの売り場は野菜から始まってるんだ
●作品データ1996年6月15日、東宝系公開 配給収入15億円の大ヒット
監督・脚本 伊丹十三、音楽 本多俊之、出演 宮本信子、津川雅彦、伊東四郎、高橋長英、あき竹城、柳沢慎吾、小堺一機、金田龍之介、原日出子、岡本信人、松本明子 2時間7分 ビスタサイズ

※ ちなみに本作は伊丹十三監督作品が遺した映画作品、10作品のうち、9番目の映画になります。
だって、お前勤めたことうるのかレジだったらチーフクラスだよ副店長、昨日の売れ残りのトンカツを二度挙げ再利用はあ~っ・・
 この映画は、いわゆるスーパー大好き主婦による、潰れかけのスーパー再生物語です!

 何かと食品偽装が取り立たされていますが、そんなことは遠い昔から行なわれてきたことです。
 この映画の中の潰れかけの正直屋のスーパーなんて、店のオーナーの幼なじみの井上花子が副店長として就任するまでは、それはひどいもんでした。


 何せ、前日売れ残ったトンカツを二度揚げすれば、衛生上問題はないだろうと、店長自らで店に並べようとするのです。
 売れ残ったとんかつでカツ丼弁当にすれば、誰もわからない、と。 
こんなのは、捨てる!なんだぁーっ、その態度は!!あっ、また買った!この広告、間違いです。しかも先着千名様が抜けてる
 うへぇ~、ただでさえ揚げ物は時間が経つと油が回ってまずくなるのに、そんなカツ丼弁当は、半額でも買いたくないゾ!

 お客様第一に考える副店長・花子(宮本信子)は、そんな行為は論外で、何のためらいもなく、そのトンカツをゴミとして捨ててしまいます。
 すべてはお客様のために!

 ダメスーパー正直屋の副店長として就任した花子は、店の再建より、まずお客様に喜んでもらえることを目指します。
いいよ。目玉商品は品切れするんだから卵めがけて殺到する客輸入肉のええものは、和牛で売れあ・あの工場、とうとう閉鎖になったな
 買い物途中で、卵を割ってしまった客に弁償させることなく、新しい卵を持っていくようにしたり、逆にペットを店内に同伴する客(野際陽子)に、退店するよう毅然とした態度に出ます。

 確かに、こんなお客様第一に考えてくれる副店長がいたら、店の評判は上がるでしょうね。
 また、この作品映画ならではの誇張もあります。

 チラシ公告に間違って卵1パック28円と間違った公告を打ってしまい・・・客は雪崩打って、卵目指して突進していきます。
なんか、このたらこおにぎりプツプツするよしっ、調べてみよう社長、まぜてるねうん、おいしい!
 これについては、当時の映画評でも叩かれていましたね。
そんな卵一パックごときで主婦がスーパーに大行列するわけない、と。


 でも、それは13年前だから言えたことですね。誰もここまで景気が落ち込んで大不況になるなんて、夢にも思ってなかったですからね。
 2009年の今なら、卵一パックがたった28円で売られていたなら、開店前の大行列も十分有りえますよ。
 28円という価格は現実には、有り得ない
ですけどね・・・

良かったじゃない、社長このとうもろこし、あまぁーい!いい、こんな店やめたるわ!リパック反対の人、手をあげて
 輸入牛のええやつは、和牛として売れ!

 正直屋を買収しよと企んでいるライバル大型スーパー安売り大魔王のオーナー(伊東四郎)は、そう従業員に指示します。

 最近起きている肉の食品偽装は、伊丹十三によって既に起きているあろうと見破られていましたね。

 ただ、伊丹十三も食品偽装も見抜けても、景気がここまでひどくなるとは予想してたでしょうか。
今は閉める店はあっても、新規オープンする店はホント少なくなりましたからね。

はい、私はリパックやりたくないですそう、二番目のりんごをたくさん仕入れたいんだよ、専務俺だって鮮度に問題あるよやっぱ新しい肉で作ったひき肉は違うな
 この映画出てくる食品偽装は、何も肉だけでなく、おにぎりの具に使われているたらこも花子が提案した、主婦たちのリサーチ会によって、食品偽装が発覚します。

 でも、そんなことは我々消費者もわかっていることだと思います。本物のたらこを使ったおにぎりが、百円程度で売れるわけがないですからね。

 本物の食材を使えば当然価格は上がります。
 例えば、本物の食材を使ったスーパーで一個200円以上するおにぎりが果たして、売れるでしょか?

荒れる、魚担当の信ちゃんしんちゃんの荒れぶりに、びびる五郎と花子むくれている、鮮魚職人しんちゃんえっ・・何だって、肉が盗まれている・・
 我々がスーパーを利用する最大の理由は、街の身近にあって何といっても安いこと!
 本物を求めたいなら、ワンランク上のデパートの食品売り場に行けばいい。(まあ、そこでも食品偽装はないわけでもないでしょうが・・)

 でも、食通で有名だった伊丹監督には、まがいものを売っているのは、例えスーパーといえども実に耐え難いこと、だったのでしょうね。

 一方で、前日売れ残った生ものをパックし直す、リパックだけは許しがたい行為ですね。

肉泥棒にマヨネーズ攻撃うぁーーーっ!これ、明日レジ通すからねお前がいなくても、タケやゴリががいる
 消費者もバカではない、ですからね。

 今は、とかく食品偽装で騒がれている時代ですから、少しでも前日残った食材の再利用なんてことをしたら、いずれ発覚するんだから、それこそ店の命取りになりますからね。

 経営者の立場からしたら、腐ってもいないものをただ売れ残ったということだけで処分するのはもつたいない、というのもわかりますけどね。

 平成大不況の真っ只中の今はどこも生き残りを賭けて、価格競争が起こっていますけど、食の安全だけは守ってもらいたいものです。
しんちゃん、毎日毎日、お刺身捨ててもらったよねその前にこいつらに魚の扱い、トコトンまで叩きこんでやるやらよありがとう、しんちゃんあーーーっ!
 この映画の後半は、ライバル店による精肉、鮮魚の職人たちの引き抜き、在庫の高級肉の盗難によるトラックによるカーチェイスが待ってます。
 後半の映画の焦点は、正直屋はライバル安売り大魔王に勝てるのか、です。
 後半部分は現実離れしていますが、映画的な膨らみを持たせてます。
 有り得ないことをやってしまうのが、映画でありドラマですからね。


 伊丹監督の作品は、前期の作品は数々の映画賞を獲得したのに対し、後期の作品は評論家からは徹底無視された形になっていました。
トラックチェイスこれでも食らえっ!花子、花子、はなこーっ!ゴロー、頭使えよ
 でも、映画はやはりエンターティメントなんですから、そんな識者から評価なんか高くなくてもいいような気がします。
 
 当時の伊丹監督は、次第に自分の作品の評価が下がってくのを気にしてたようですね。

 その作品の行き詰まりが自殺の遠因とする説がありますが、実際にはどうなんでしょう?

 伊丹監督の突然の訃報を聞いて、その頃まだ元気だった大島渚が、゛遺作がマルタイの女でいいのか!゛と激高気味に語っていたのを、今でも鮮明に憶えています。
1月2日の正直屋の初売りに並ぶ客たちよーーーっ!三本締めエンディング
 伊丹十三氏の自殺は、写真週刊誌の不倫記事に対しての゛死をもって潔白を証明する゛の遺書本人の直筆ではなく、ワープロ打ちだったため、いろいろなな憶測が流れました。
 
 宗教団体に謀殺されたのではなか、とか・・・
 警察の検視もなされたでしょうが、今となっては、死の真相は゛本人のみぞ知る゛結果になってしまいました。


 ただ、伊丹氏が亡くなった今でも、彼の作品は生きています。
チャッ、チャ、チャいらっしゃいませ!
 タンポポを百回見て、ラーメン店を開いた外国人とか伊丹映画に影響された人々はたくさんいます。

 この「スーパーの女」も、土壇場での一発逆転再生物語として、エンターティメントとして捉えたなら、すごい面白い作品です!
 
 映画はいい作品である前に、面白い作品であってほしい。

 そんな願いも込めて、思うようには、伊丹監督の魅力を伝えきるほどのことは書けませんが・・・
 これからも折をみて、伊丹映画を取上げていきたいと思います。

 伊丹監督が遺した映画は偉大です!

DMM.com 電子書籍にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
ランキングはこちらをクリック!









CATEGORY:伊丹十三映画 | CM(1) | TB(0) |
xx HOME xx
by. KINGYO
 伊丹がめざしたものは勧善懲悪だ、と、読んだことがあります。
 やや、表現主義的ですが、その評価は正しいと思います。この作品も、クドカンほどではないにしても、現実を無視したところが散見されます。文章で
表すのは難しいのですが、伊丹にとって、実際の事より、自分が信じる理想というか理念を「映画」と
いう手段で表現したように思えます。
 それは、彼が残したエッセイからもうかがえる気がします。
 どんなものでしょうか?
2011.03.21 (03:45) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/68-83a7f8eb

コメントの投稿














xx HOME xx