じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 リアル鬼ごっこ 2015年劇場版 リアル鬼ごっこ 2015年劇場版│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


リアル鬼ごっこ 2015年劇場版 

2015/12/09 17:52/Wed
リアル鬼ごっこチラシ 
全国のJKの皆さん
あなたたちは、ちょっとふてぶてしいので
ちょっと数を減らします。

泣きながら逃げるミツコたちバスの中、一人静かなミツコ 
 今回は「リアル鬼ごっこ 2015年劇場版」です
監督 園子温。主演 トリンドル玲奈。共演に
篠田麻里子、真野恵里菜。

突然ですが、お知らせですえっ、何・・突然、クラスメイトが殺されていくキャアーっ!ウェディングドレス姿で走るケイコこれは・・・ 
 鬼才・園子温が監督した「リアル鬼ごっこ」です。

 当然というか、園子温ならではの演出が見られました。

 今回は、スプラッター・ホラーですので、かなりグロいシーンはありましたが、紹介する劇中画像では一切そういう場面は控えてあります。


 さあ、園子温が描く、NEWリアル鬼ごっこの世界とは!?


 それでは、興味のある方は下の追記を読むから、新しい園子温ワールドにお入り下さい。

2015年7月11日公開

監督・脚本:園子温
原作:山田悠介「リアル鬼ごっこ」(幻冬舎文庫・文芸社刊)
企画プロデュース:柴田一成
プロデューサー:谷島正之、稲垣竜一郎、大野貴裕
テーマソング:GLIM SPANKY「リアル鬼ごっこ」
配給:松竹、アスミック・エース
制作プロダクション:セディック ドゥ
製作:「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ(NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、高尾、松竹、アスミック・エース)

CAST
ミツコ・・・・トリンドル玲奈
ケイコ・・・篠田麻里子
いずみ・・真野恵里菜
アキ・・・・・桜井ユキ
ジュン・・・高橋メアリージュン
むつこ・・・磯山さやか
男子高校生/老爺・・・・斎藤工
1時間25分 ビスタサイズ
予告編


ストーリー
 修学旅行中の女子の生徒たちは、2台のバスに分乗して、雪がまだ残る山の奥を走っていた。

 「修学旅行といえば、まくら投げじゃね?」と誰かが言いだし、それを皮切りにバスの車中をいくつもの枕が飛び交い始める。

 ポエムを編み出すのが好きな女子・ミツコは、周囲の喧騒をよそにノートに詩を綴っていた。

 同級生の女子がミツコのノートを見せてと言って軽く引っ張り、ミツコのペンが転がり落ちた。

 落ちたペンを拾おうとして、ミツコが身をかがめた瞬間、突風が吹いた。

 前を走っていたバスの上半分が飛び、それに気づいた後ろのバスの運転手と担任も、クラスメイトたちも直後には飛ばされていた。
 突風で2台の大型バスの上半分が切断され、ミツコ以外のバスの乗客全員の上半身がなくなっていた。

 ミツコはペンを拾おうとして助かったわけだが、いきなりの惨劇に恐怖の余り、走って山中を彷徨い、学校に辿り着いた。
 それは、ミツコを襲う恐怖の第二章の始まりだった・・
バスの中で手帳にメモしているミツコいきなり前を走っているバスが・・


何が起こったのか分からないミツコ血しぶきかがミツコにかかかってくる


恐怖の余り、走り出すミツコ川で着替えるミツコ

 ストーリーの紹介は以上です。

 いきなりの惨劇シーンから始まります。
 ここで女子生徒を乗せたバスが真っ二つにされて、乗っていたいた女子生徒たちの胴体も全部吹き飛ぶというシーンから始まります。

 トリンドルだけがペンを拾おうとしてしゃがんだから、一人生き残ったというわけです。

 血のついた制服を着替えようとして、ちょっとトリンドル玲奈のセクシーシーンです。

 胸はそんなに大きくはないですね。トリンドルは、水着のグラビアの仕事をやったことがあるのでしょうか。
脱ぎ捨てられている制服を着ようとするミツコ新しい制服に着替えて歩くミツコ 

どうたしの・・突然、神風が吹きJKのスカートがめくれる

キャーーーッ!再び、神風が吹く
 さあ、園子温で女子生徒といえば、神風ぴゅーのパンチラシーンです!

 なんか、いきなり「みんな!エスパーだよ!!」ワールドになっちゃいますね。

 残念ながら、スカートめくれるのは無名の子ばかりで、主役のトリンドルのスカートだけがめくれていません。

 こういう着エロシーンは、有名な女優がやってこそ、興奮するんですけど・・・

 それにしても、園子温は白いパンツが好きですねぇ。
はしゃいでる階段を下りるJKたち。パンツが見えている。やっぱり園子温は白いパンツが好き


訳も分からずに祝福されているケイコふざけてスカート自分でめくっている子
 何かにつけては、女子生徒のパンチラシーンの連続です。

 元々、「リアル鬼ごっこ」は男子高校生が主人公でしたが、今回は高校生の女子生徒が主役ということで、こんな嬉しいシーンも可能になりました。

 まあ、それも“着エロ”好きな園子温が監督になったからです。他の監督だつたら、ここまでローアングルには撮らないでしょう。

 でも、ふざけて自分からスカートめくるのは駄目です。
 あれだけ映画「みんな!エスパーだよ!!」では真野恵里菜にチラにこだわった演出していたという話なのに・・・
突然、機関銃で殺されていくクラスメイト逃げていく女子高生たちのパンツが見える


えーいっ!容赦なく発砲する教師
 もう、これでもかというくらいパンチラシーンの連続です。

 まあ、これだけ短いスカー穿いた女子生徒が激しいアクションすれば、嫌でもおパンツが見えてしまいます。

 今回も、登場人物を女子生徒に設定にしたおかげですね。原作通り、男子高校生だとこんな嬉しいパプニングが有り得ないですからね。

 ストーリー展開は、リレー方式のような感じで進みます。
 いつの間にか、
トリンドル玲奈が篠田麻里子に、そして真野恵里菜にと顔が変わっていきます。

パンツ見せながら逃げる生徒ひたすら走って逃げるミツコ


どうしたの・・気をつけるのよ


パンツ見せながら格闘するこちらは大胆なパンチラアクション
 麻里子さまもウェデングドレス姿でパンチラアクションがあります。

 足を上げてのキックもあるのですが、そこではパンツ見せカットはありません。
 それでも、チラチラと麻里子さま、見せてくれますよ。

 真野恵里菜は、チラシでは女子の制服を着ていますが、本編では制服着ているシーンは一切ありません。
 
陸上部のリレーランナーという姿のみで終わってしまいます。

またもやマリコ様のおパンツ、チラリ怖い顔でキックを見舞うケイコ


戸惑ういずみ泣き叫んでいるミツコ
  女子生徒たちを襲う鬼の正体が判らないまま終わってしまうので、今回は評判悪いようですが、言われているほどひどい出来ではないです。

 まあ、それも園子温ならではの“着エロシーン”の嬉しいおまけがあっからでしょう。

 最初から大きな期待をしたという方も少ないでしょうから、期待を大きく膨らませないで見ると、
なかなか面白い作品なので、興味がある方は是非レンタルでご覧下さい。

リアル鬼ごっこ 2015劇場版 プレミアム・エディション
リアル鬼ごっこ 2015劇場版 プレミアム・エディション


★昨日(12/8)、夕方買い物から帰ってきたら、いきなりサイトが凍結してビックリしました。
 凍結されたのは自分のサイトだけではなく、アダルトカテゴリーの人気サイトが一網打尽に閉鎖されていました。

 凍結時は、人気サイトは姿を消し、ホモサイトが人気ランキングの上位を独占なんて、通常は有り得ないことです。

 もう駄目かなあ・・・FC2は一度凍結すると解除されることはない、という情報も飛び交っていましたが、何故か今日の夕方になって、突然の解除されました。

 FC2からの誤凍結のお詫びメールが来ました。自動検出システムに当サイトが引っかかったということでしが、今回のことでは大迷惑を被りましたので、FC2が失った信用は計り知れないものがあります。

 訪問者の方々も混乱されたでしょうが、サイトを運営する側はもっと混乱しています。一時はドメイン取って独自でやるしかないのかなあ・・・と思っていた矢先の凍結解除でした。

 何とかサイトの継続再開できて、取り敢えずは、ホッとしているところです。
 


★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2015年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/622-43aa395b

コメントの投稿














xx HOME xx