じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性 (生野真琴・主演作品) 制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性 (生野真琴・主演作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性 (生野真琴・主演作品) 

2015/11/17 23:40/Tue
VHSパッケージ 
禁断の女子高生オークション
あなたも
“コギャル”をハンマープライス!!
おじさん、アタシを飼ってみない?

卓ちゃんぽい村松に抱かれている愛 
  今回は「制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性」です。
主演 生野真琴。1996年に発売された女
子高生の援助交際をテーマにしたエロチックVシネマです。

木村愛小悪魔的な表情で誘う愛転げて笑う愛村松を待つ愛浴槽でエッチしている愛公園で別の男とエッチしている愛 
 今回は90年代に流行っていた“援交”で若い女子高生の体に溺れる30代サラリーマンと、その女子高生の性を描いたVシネマです。

 主演は生野真琴。Vシネマ中心に活躍した90年代の若手女優で、スレンダーなヌードを惜しげもなく見せてくれています。

 そして、今回はVシネマには余り見られないサプライズが!?

  それは見てもお楽しみです。

 それでは、この作品に興味のある方は、下の追記を読む、作品の一部をご覧になりレンタル等の参考にして下さい。

発売日:1996/01/22
監督:成瀬正行
製作:タイムプライス
販売:T.M.C

CAST
木村愛・・・生野真琴
村松・・・・あいざき進也
佐藤正宏
1時間10分 スタンダードサイズ(キャプ写真はビスタサイズ)
まー、それは会ってから話そうだって、いるんだもん


服、買うんだうんっ・・


ある会員クラブにいる女の子村松に向かって微笑む女子高生
ストーリー
 村松は渋谷のテレクラにいて、女の子たちに電話をかけまくっていた。
 何人か当たって、ようやく若い女の子をゲットして109の前で待ち合わせして、すぐにラブホテルでエッチをした。

 これはいわゆる、90年代に流行った援助交際であった。

 村松は結婚して奥さんがいて娘もいるのだが、結婚しても尚、遊びまくっていたのだ。

 ある夜、いきつけの店の店員に、援助交際オークションというものがあると聞き、興味を持った村松は早速行ってみた。

 そこで村松が目をつけたのは、いかにも女子高生とわかる愛という女の子だった。

 村松とはすぐに愛とホテルに行き関係を持った。
 村松はそれ以来、愛の若い体と可愛らしさにすっかり溺れてしまい、愛を“愛人”のような関係になっていくのだった・・
えー。言われたことないよ。上も脱ぎ


日焼けマシーンに入っている愛人魚みたいだ


愛のヘアー貧乳ながらセクシーな愛
 ストーリーの紹介は以上です。

 90年代に女子高生たちの間で流行っていたものといえばは、“援助交際”、“ルーズソックス”。そして、“コギャル”という呼び名でした。

 多分、今の若い人は“コギャルって何?”ってその意味が判らない方もいるでしょう。

 説明するのは難しいのですが、いわゆるギャルの予備軍という意味だったり、20そこその若い女の子たちを総じて“コギャル”と90年代に呼ばれていました。

 コギャルなんて呼び方、今は誰もしないですから、もう“死語”となりました。

 そして、
今回のサプライズとは、ヘアーが見えることです!

珍しく、しっかりとヘアーが見えている愛の小ぶりな乳房を撫でている


駄目っ・・あんっ・・


パンティーを脱がされるうんっ・・
 90年代はヘアーヌードがブームになり、全盛を迎えた時代でもありましたが、何故だか映像作品、それもVシネマに限っては、ヘアーは見えている作品も少しはありますが、殆ど何故か映像作品NGでした。

 「監禁逃亡」シリーズや東映Vシネマの「XX(ダブルエックス)」シリーズなどは主演女優のハードな濡れ場シーンが売りだったにも拘らず、女優のヘアーは全くといっていいほど見えてはいません。

 それが、今回の作品では主演の生野真琴のヘアーが何回も見えるシーンが有ります。

 他のVシネマなどは足を組んだりして、また小道具で股間部分を隠したりするのですが、今回の作品は
しっかりとヘアーを見せています。

笑う愛ジェットコースターの話で盛り上がっちゃって


卓ちゃんぼやっと見えている股間のヘアー


ぼんやりと見えている愛の裸ちょっとケータイ貸してくれる
 まあ、今どきヘアーが見えるぐらいで大騒ぎするようなことでもないですけどね。

 ましてや、今のアダルトビデオなんてヘアーが見えて当たり前なのですから、AV女優のヘアーが見えたからといって興奮する男性は殆ど皆無でしょう。

 しかし、90年代のVシネマには珍しいことなのですね。
 当サイトでも今まで取り上げたVシネマの中でもヘアーが見えていたといのは「制服借り2」と小野美晴の「「新任美術教師 恥ずかしい授業」ぐらいです。

 ところで、今回の作品は妻子あるサラリーマンが女子高生の若い体に溺れてしまうという話です。

 若い女の子に溺れるというのは自分にも身に憶えがあります。

 流石に女子高生と“援交”したという経験は残念ながらないのですが、この作品が発売された1996年といえば、総額6万もする吉原のソープの女の子に溺れていたいた時期でした。

愛の制服を脱がす村松愛の乳房を舐め 


あんっ・・ぐちぐち、そんなこと言いに来たの
 男というものはですね・・・夢を見たがる愚かな生き物なのです。

 男と女、どちらが恋愛に対して愚かになるかといったら、どつちもどっちの要素はあるとは思いますが、男のほうが遥かに愚かになる傾向があると思います。

 この作品の村松という男も一夜限りのお遊びで終わらすべきなのですよ。それをすっかり女子高生という一種のブランドに惑わされて、溺れていくわけです。

 生野真琴も、何かこのおじさんいいなと感じているようですが、決して本気にはなっていません。
本気になっているのは男の方でしたという“オチ”が待っています。

別の男に服をまくられて小さな乳房を揉まれ


あ・・お尻を触られ
 を本気にさせてしまう女子高生を演じる生野真琴は、スレンダー乳ですから、果たしてそんなに来るってしまう程の魅力があるかといえば、やはりそこは“女子高生というステータス”の付加価値があるからです。

 それでも、生野真琴はスレンダー乳ですけど、けっこーこの子、可愛いですよ。
 可愛いというのには賛否両論はあるかと思いますけどね。

 それにイメージとして、女子高生に“巨乳”はあんまり似合わないような気がしますので、生野真琴は今回は女子高生役ですからスレンダー乳でも丁度いいのではないのでしょうか。

はあっ・・村松を見ている愛


援助交際じやない振り返る愛
 いずれにしても、自分の体験からして、遊びは“遊び”で終わらせないと、何も掴めず単なるお金を使い果たしたという消費だけが残ります。

 それで、痛い想いをするのは、本気になった方なのですね。これは何も男に限ったことではなく、ホストにハマって貢いでしまう女性にも言えることでしょう。

 本作品では、ヘアーを含めた生野真琴のスレンダー乳がたっぷりと見れます。
 作品的にはどうつてことのないものですが、エロが目的なら、充分かどうかは判りませんが、それなりに満足は出来る内容でした。

 残念ながら、この作品はTSUTAYAの店舗レンタルには在庫はありません。興味が沸いた方は
DMMレンタル等で是非ご覧下さい。


制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性
制服の愛人(ラ・マン) コギャルの性


★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 それではまた下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ


↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリッ


CATEGORY:ヌードなVシネマ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/602-9b182f7c

コメントの投稿














xx HOME xx