じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 監禁逃亡 淫肉狩り(真弓倫子・主演作品 限定記事版) 監禁逃亡 淫肉狩り(真弓倫子・主演作品 限定記事版)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


監禁逃亡 淫肉狩り(真弓倫子・主演作品 限定記事版) 

2015/11/11 00:23/Wed
VHSパッケージ
囚われの肉体に刻まれし、男どもの欲望
殺された彼の復讐が出来るのなら・・
何度、犯されてたってかまわない!?

蜜の雫を見せられて梢の乳房を愛撫する剛志
 今回は「監禁逃亡 淫肉狩り」です。
主演 真弓倫子(ともこ)。共演に、西守正樹、長坂しほり、中原翔子。1996年に発売された「監禁逃亡」シリーズ第4弾です。

挿入される梢何っ!体を洗っている梢撃てるんじゃないのレズプレイを教養されている梢暗闇のマンションの中で・・ 
 シリーズ第4弾の主演は真弓倫子です。

 今回は期待通りのエロチック度MAXの展開でした。

 スレンダー真弓倫子のヌードが冒頭から、たっぷりと見れます。
 今回はレズプレイが有ります!

 本記事も11/12までの二日間限定公開です!
 一般公開で見れる期間は短いですが、男性陣垂涎のシーンはてんこ盛りですから、真弓倫子のスレンダーヌードを堪能下さい。

 それでは、興味のある方は下の追記を読む、から作品の一部をどうぞ見開いて下さい。


発売日:1996/01/26

監督:神野太
脚本:竹橋民也
メーカー:ジャパンホームビデオ
発売・販売:SEN PLANNING

CAST
梢・・真弓倫子
柳桜子・・長坂しほり
西崎ともみ
中原翔子
中条・・細川充 

剛志・・西守正樹
安西・・菅田俊
1時間20分 ビスタサイズ

最近さあ、商売のコツってやつ、わかつてきたんだよね武と見つめあい


武と抱き合う梢武を脱がす 


裸にした梢とキス梢の体を愛撫している武 
ストーリー
 昨夜の熱い抱擁の後が生々しい部屋で目覚めた梢(こずえ)が目にしたのは愛する彼・剛志の刺殺死体だった。

 殺人犯の容疑がかかると思った梢は、逃亡中に善意で助けてくれた中条の協力を得て、事件解明と剛志の復讐を開始した。

 健志の仕事仲間の宝石ブローカー・安斉とヤクザの木藤、世界的デザイナー・柳櫻子桜が持つ時価10億円の40カラットのダイヤ「蜜の雫」を奪い、売り出そうとのを知った剛志が横取りを企てて殺されたのが真相だった。

そして、梢は組織に潜入しようとした時、逆に囚われの身となって監禁されてしまうのだった・・
梢のそそり立つ乳首床に仰向けになり・・ 

あんっ・・あっ、いたっ・・ 
 ストーリーの紹介は以上です。

 今回のシリーズ第4弾作品は、冒頭からいきなり真弓倫子の濡れ場シーンから始まります。

 どうです、この真弓倫子のツンとバストトップが上向きなおっぱい。

 たいていのネットの住民の間では、
これを“ガッカリおっぱい”だの“貧乳”だとか、そんな通り一辺倒の言葉で片づけられています。

 皆さん、そんなに大きな胸の女性(タレント)が好きですか?
 何度も言いますね。胸は大きさではなく、形を問題にしてほしいです。
腕にべつとり血がついていることに気づいていない梢いやっ・・・


震える乳房気が動転している梢 
 いやあ、マジにこの作品の真弓倫子のおっぱいは美しい!
 まさに手の平サイズで、後ろから揉むとしたら理想的な三角に形成されています。

 かつて「蹴りたい背中」という芥川賞を受賞した小説がありましたが、これは・・・
「揉みたい乳房」です。

 大きいだけのおっぱいは、いずれ年を取れば重力に負けて垂れてきます。

 スレンダー乳は垂れようがない。どんなに大きくても、
重力に耐え切れなくって下降したおっぱいに魅力は感じないですね。

はっ・・何かを思いつき・・ 


立ち上がってパンツをはいて

えーっと・・シャツに袖を通す梢 

 なんか、また“おっぱい談義”になっちゃたね。

 以前に、このサイトを見ている友人に“お前ほど、おっぱいについて熱く語れるやつはいない”と言われましたが・・・
 熱いですかね。自分では、クールに語っているつもりなんですけど・・・

 それに何も女優の濡れ場シーンの作品ばかり追いかけている、というわけでもないです。たまにはヌード無しの作品もアップしたいところですが・・・
 それではアクセスがガタ落ちてしまうので、ヌード映画ばかり取り上げているだけなのです。

 さて、では作品について語りましょうか。

お願い、かくまって・・ありがとう


体の血を洗い流している梢帽子を取って髪を下ろす梢


脱いでいく梢パンティー一枚になり 
 今回は監禁というより、逃亡”の方が色が濃い感じです。

 新居のマンションの部屋で、エッチした翌朝に彼氏が横で殺されていて、自分が容疑者と疑われるから逃げるというパターンです。

 だから、監禁というシーンも一応はあることにあるのですが、すぐに逃げ出していますから、どちらかと言うと今回の真弓倫子は事件の真相を追う側です。

 監禁されて犯されるシーンなんて、あったかなあ・・・もう
数分前に動画会員資格が切れましたから、確認は今のとこ出来ないです。

パンツも脱ぐ肝心なところは手で隠す梢 


手をどける梢マダムが梢の体を愛撫し・・ 


下半身を愛撫されて戸惑う梢シックスナインをさせられている梢 
 女同士のレズプレイは、“犯される”とは言わないでしょう。
 バイブとかのアイテムがないと、そもそも女性には
挿入出来る“棒”はないわけですから、せいぜい指責め、舌責めまでですからね。

 私のアソコをお舐め!!、とそこは強制されています。

 全裸で絡み合っているというのに、ボカシが殆ど入っていないのですから、ずいぶんと工夫して撮られていますね。

 角川映画のレズシーンでは、ボカシ無しでは映倫通らないですから、それと比較しちゃうと、
やっぱり物足りなく見えてしまうのは仕方ありませんね。

あつ、あーっ・・あっ・・ 


具あわせプレイじゃ、ご褒美あげないとね 
 この作品、全体的に暗いシーンが多いから、中盤あたりで何起こっているかわかりにくかつたです。

 それで、事件は解決して終わりかなあ・・と思っていた最後にまた、今度は明るい濡れ場シーンがありました。
 ストーリー的には蛇足的なおまけなのですが、こんなおまけだと嬉しいですね。

 しかし、ずっと真弓倫子は仰向けで正常位のみの濡れ場シーンなので、これではいけません!

 元々胸にボリュームのない女優を仰向けにしたら、揉みたくても揉むほどの“淫肉”がなくなってしまうではありませんか。

犯されている女逃げてきた梢 

銃声に反応してしまう梢キスする梢 


あっ・・うんっ・・ 
 女優のヌードを美しく見せるには、やはり上体を起こした方が断然美しく映えます。

 第一作の葉山レイコのヌードが美しかったのは、対面座位での濡れ場シーンだったからです。

 ましてやスレンダー乳の真弓倫子を寝かせてしまつたら、乳首しかない状態になってしまいます。

 前半、あれだけ真弓倫子の美乳を際立たせておきながら、こ後半の駄目駄目濡れ場シーンは、これまた星ひとつです。

喘ぐ梢梢に挿入しようする男 
 まあ、それでもスレンダー乳の真弓倫子をここまで魅力的に撮っていた作品という点では、かなりのポイント高いです。

 サスペンスとしては・・・う~ん、ごめんなさい。そこ問題にはしていません。

 このシリーズは有名女優がどれだけハードな濡れ場に挑戦しているか。興味はその一点だけなのです。

 DMMピンク映画ちゃんねるには、DVD化されていない激レアVシネマがたくさんあります。検索かけてもYouTubeなんかにアップされていませんよ。

 通販向けのセルでもDVDは販売されていませんから、見たかったら有料動画サイトの会員になるか、単品購入するしかありません。

 本記事で見たくなった方は、カード決済すれば今すぐにでも見れます!
 どうしょうかなあ・・・なんて、迷っていないで、
そこは決断しましょう!

 
監禁逃亡 淫肉狩り
監禁逃亡 淫肉狩り

この作品以外にもDVD化されていない「監禁逃亡シリーズ」は全て揃っていて、レアなVシネマがたくさん見ることが出来ます!

ピンク映画 ch

 それではまた下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:監禁逃亡シリーズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/599-4fd54c1c

コメントの投稿














xx HOME xx