じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 欲動 (三津谷葉子・主演作品) 欲動 (三津谷葉子・主演作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


欲動 (三津谷葉子・主演作品) 

2015/06/04 01:22/Thu
チラシ表&裏
神秘に包まれた楽園バリで
妹の出産に立ち会う為に異国を訪れた夫婦
生と死の狭間で駆られた妻の欲動

海を見ているユリ夫の千紘とセックスしているユリ 
 今回は「欲動」です。
監督 杉野希妃。主演 三津谷葉子。共演に斉藤工、杉野希妃。
昨年(2014)秋に公開され、三津谷葉子の初ヌードで話題になった作品の待望のDVD化です。

タクシーの中にいるユリと千紘どういうこと?夫以外の現地の男に胸をもまれているユリだから一人がいい激しくセックスするユリと千紘いきなり泣き出すユリ 
 今回の作品は、待望の三津谷葉子の初ヌード映画ですっ!

 昨年夏にリリースされた「愛の渦」では、ヌード必須の役で、男優にひたすらバストトップを隠してもらっていた三津谷葉子ですか・・・
今回はしっかりとヌードになって、たわわなバストを揺らしています。

 三津谷葉子は、南国の島、バリ島で死が直前に迫る夫と最後の旅で、夫への苛立ちから別の男性たちと不倫してしまう、“性の欲動”に駆られた女を悩ましく演じています。

 尚、今回は三津谷葉子、初ヌードということで、ご期待に沿える画像は残念ながらありません。

 それでは、どこまで三津谷葉子が見せていたかはギリギリ画像ですが、興味のある方は下の追記を読むから、作品の一部をご覧になりレンタル等の参考にして下さい。

2014年11月22日公開
監督 杉野希妃
脚本 和島香太郎
エグゼクティブプロデューサー 重村博文、藤本款
プロデューサー小野光輔、山口幸彦
Coプロデューサー杉野希妃
撮影 シディ・サレー
音楽 富森星元
配給 太秦

CAST
勢津ユリ・・・三津谷葉子
勢津千紘・・・斎藤工
九美・・・杉野希妃
ワヤン・・コーネリオ・サニー
ルーク・・トム・メス
木村・・・高嶋宏行
イキ・・・松崎颯
1時間37分 ビスタサイズ

●予告編



ストーリー
 勢津ユリとその夫・千紘は臨月を迎えた千紘の妹・九美の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  

 異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  
  
 九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中で発せられた千紘の
日本に帰りたくないという一言をきっかけにユリと千紘の口論が始まってしまった。

 看護師であるユリに対し千紘が吐いた
人の死に慣れたお前が嫌なんだという決定的な一言によってユリはその場を去ってしまう。  

 バリの広大なライスフィールドをさまようユリだが歩き疲れて座り込むと先ほどのカフェにいた日本人男性の木村がユリの傍に車を停め、気分転換にクタに行こうと声を掛けてしまった。
タイのバリ市内のタクシーに乗っているユリ少しだけ


疲れて横になっている千紘丸美のお腹に触る千紘


海の中で助けてもらった出産のこと
 クタノ誘いに応じ、ユリは、クタのナイトクラブへ行ってしまう。

 ユリは大音量で鳴り響く音楽と周りの雰囲気に圧倒され気後れするものの、次第に開放感を感じ始め、その表情には明るさが戻ってくる。

 そんなユリに地元ビーチのジゴロ・ワヤンが熱い視線を送るが、危うさを感じたユリはワヤンを避けた。

 するとクラブの通路では木村が地元の青年・イキと激しく絡み合っていた。思いがけない光景を前に魅入るユリだった。
出産のこと明日ぐらいの予定かも・・


 そのユリの背後からワヤンが強引に彼女の体を奪おうとしてきた。

 必死の抵抗で逃げることが出来たユリだったが、その心には怯えと共に突き動く欲動の感覚がはっきりと残っていた。

 そして、翌日、ユリは千紘とのわだかまりを未だ感じながらもワヤンは再び出会うことになる。

 性の欲動に駆られながらも、ユリは夫への愛をまだ捨て切れず、夫婦の愛を確かめようとユリは模索していくのだった・・・

痛かったでしょまあ、別にいいけどさ


いつも、こういうことくり返しててクラブではしゃぐユリ


話があるのアタシにはないんです
 ストーリーの紹介は以上です。

 今回が、三津谷葉子の待望の初ヌード映画です。
 何年か前の写真集では、モノクロでのヌードは披露していますが、カラーでの三津谷葉子のヌードが見れるのは、本作品が初めてです。

 多分、三津谷葉子のヌードを期待されて訪問された方が殆どだと思いますが、残念ながら新作映画での初ヌードに限ってはアップはしないことにしています。

 期待された方、ごめんなさい。諸事情があって、女優の初ヌード画像に関しては避けていた方が無難なのです。

 三津谷葉子の初ヌード解禁と出した方が、爆発的にアクセスが上がるのですが・・数日後には記事そのものを削除させなくてはいけなくなりますので、ご了承お願いします。

一緒に海を歩く襲われているユリ


トボトボ歩くユリわかんない


ある男と抱き合っているユリじゃれ合いながら
 上キャプシーンから、三津谷葉子の初ヌードが見られます。

 最初に海で襲われるシーンは多分、そこで犯されたのだろうなあという感じですが・・・そこで脱がされるシーンはなく、“やられちゃた”だけで終わります。

 それからです。三津屋葉子演じるユリという妻が、死に直面する夫との亀裂が入り、苛立ちから現地の男と浮気するシーンから、三津谷葉子の動画でのヌードシーンが初めて見られます。

 最初の三津谷葉子の濡れ場シーンはいかんせん暗くて、たわわな美乳が見づらいですが、このシーンでもしっかりとバストアップは確認できるほど見えています。

 一番はっきりと三津谷葉子のたわわなバストトップが見えるのは、最後の方での夫
役・斉藤工との夫婦セックスです。

キスするユリ抱かれていく


上に載っているユリ下着が見えていることに気づくユリ


日本にいつ帰るのいなくなるとどんな感じなんだろう
 最初は三津屋谷子のヌードばかり話題が先行したせいか、この映画の監督は誰なのか気にも止めていませんでしたが・・・
 監督は女優の杉野希妃です。

 この人、映画に出演するだけではなく、数々の作品のプロジュースにも関わっています。本作品でも、監督だけでなく、Coプロジューサーだけでなく、主要キャストの斉藤工の妹役の妊婦で出演しています。

 この作品と同時発売(6/3)された監督・杉野希妃のオールヌード主演作「禁忌」も気になるところです。
 今、現在は未見ですが、この作品もそのうちアップする予定です。

帰ってきたユリああーーーっ!


寝ている夫に赤ちゃんを抱くユリ


寝ている夫にブラをはずして
 ようやく、上シーンから三津谷葉子の今まで見ることが出来なかった、たわわなおっぱいがはっきりと見えるシーンの登場です。

 ここでは、見えてそうで見えていないギリギリ画像です。
 この続きは、やはりご自身の目で、三津谷葉子のたわわなバストは、レンタルなどでご覧下さい。

 先にネットで見てしまうと、衝撃度が薄れてしまいますからね。
 最近では、お宝シーンなんでもかんでも、先行公開する意味が見えてこなくなりました。

 三津屋葉子、意外と“乳輪大きい”です。

 まあ、もう既に三津谷葉子のバストトップは検索すれば出てくると思います。三津屋葉子も市川由衣以上に人気グラビアアイドルでしたからね。

上半身裸になりパンツを脱ぎ


泣くユリ千紘が後ろから抱きしめ


横になって夫をあっ・・
 昨年の「愛の渦」では、やたらと隠しまくっていたのは、この主演映画での初ヌードがあったからなのでしょう。

 助演で出ている「愛の渦」で先に見せてしまったのでは、本作品での新鮮味がなくなっていまいますからね。

 いつもヌードになるのは、“時期が遅すぎる”という声もありますが、元々女優やタレントが脱ぐというのは、人気絶頂の時は“脱ぐ必要が無い”わけです。

 宮沢りえのように10代での人気絶頂期に脱いだ例は極めて稀です。

 それと、今回の映画はR18指定での公開だったようです。
 確かに最後の濡れ場シーンは、ちょっとハードな感じですが、三津谷葉子のヘアーが見れるシーンは一切ありません。

 “この程度で、R18?”ちょっと、その指定受けたのに首をかしげたるなりましたね。

キスをして上になって


激しく・・腰を振って

夫がユリの胸を揉み夫にだきつきながらセックス
 R18指定受けているのは、三津谷葉子が全裸で騎乗位でお尻振っているいるところぐらいかなあ・・・

 別に三津谷葉子のヘアーが見えるわけでもなし、「甘い鞭」の壇蜜姉さんみたいに全裸でM字開脚のおっぴろげしているわけでもありませんからね。

 そもそもR18指定される基準自体がわからない・・・

 それにやはり、監督は女性の杉野希妃ですからね。
濡れ場シーン的にはそんなにハードなものではありませんよ。

笑っているユリ海を歩く二人
 出来れば、三津谷葉子が四つん這いのバックでたわわなバストがへちまのようにプルンプルン揺れるシーンがあったら、R18ぽくなったでしようけどね・・・(そんなシーンは本編ではありませんでした)

 斉藤工の上に乗って、たわわなおっぱい揺らしているだけでしたが・・・
結構、迫力というかやはり三津谷葉子の胸のボリューム感ハンパないです。

 これは是非、ご自身の目でレンタル等で確認して下さい。

 作品の性質は、女優のヌードを売り物にするほどにはないにせよ・・・
 亀裂が入りつつある夫婦間の修復は、やはり“肌を重ねることでの愛の復活”であることをラストで物語っていました。

欲動 [ 三津谷葉子 ]

価格:3,078円
(2015/6/4 01:05時点)
感想(0件)




 1,680円は宅配レンタル業界最安値です! 月額会員になると、一枚あたりのレンタル単価は210円です!DMMならアダルト作品も充実しています。

アダルト動画、ライブチャットなどの総合サイト

 それではまた下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2014年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/548-999646b5

コメントの投稿














xx HOME xx