じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 D坂の殺人事件 (祥子・主演) D坂の殺人事件 (祥子・主演)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


D坂の殺人事件 (祥子・主演) 

2015/05/20 10:33/Wed
DVDパッケージ
D坂で起きた謎の事件
自殺と判断されたが、それは明らかに他殺
事件の裏にはおぞましい愛憎図があった

はあっ・・郷田に脱がされる悦子 
 今回は「D坂の殺人事件」です。
原作 江戸川乱歩。監督 窪田将治。主演 祥子。
  本年(2015)二月に渋谷のユーロスペースでレイトショー公開された
江戸川乱歩原作の探偵ミステリー映画です。

振り返って郷田を見つめる悦子僕でよければ・・郷田に肌を重ねる悦子はっ、はっ・・屋根裏から悦子の部屋を覗く郷田抱かれている悦子 
 江戸川乱歩、生誕50周年を記念して17年ぶりに「D坂の殺人事件」がリメイクされました。

 ストーリーは、D坂で蕎麦屋の主人の死体が発見され、最初は自殺と見られたのが、名探偵・明智小五郎が乗り出して、事件を解決するというものです。

 主演は祥子。週間ボストの
謎の美女シリーズ第二弾”のグラビアで話題を呼び、現在タレントとして活躍中の新進女優です。

 祥子が演じるのは、古本屋の女主人で、緊縛のエロスが展開されています。

 それでは、本作品に興味のある方は、下の追記を読む、から作品の一部をご覧になりレンタル等の参考にして下さい。

2015年2月14日公開 渋谷ユーロスペースでレイトショー公開
監督 窪田将治
脚本 窪田将治
原作 江戸川乱歩
エグゼクティブプロデューサー 重村博文
プロデューサー 山口幸彦 、 佐伯寛之
撮影 西村博光
美術 畠山和久
装飾 田仲正彦
音楽 與語一平
配給 キングレコード(配給協力 ブラウニー)

予告編


CAST
悦子・・・祥子
郷田・・・河合龍之介
明智小五郎・・・草野康太
明智小五郎の妻・・・・大谷英子
仁科貴
近藤芳正
花崎・・・木下ほうか
1時間54分 ビスタサイズ
押入れの中で煙草を吸う郷田古本屋で書物を読む郷田


洗濯物を取り込んでいる悦子待ってたんでしょ


店に出てきた悦子主人のキスされる悦子
ストーリー
 D坂で蕎麦屋の主人が謎の死を遂げた。
警察は自殺と判断しようとしたが、その現場に、名探偵・明智小五郎が現れて、死体を見ると明智は、警察が判断した自殺説に疑問を持った。

 明智とその妻・文代は、自殺ではなく他殺だと考え、独自の捜査を始めた。

 事件の裏には、古本屋の妻・悦子がおり、古本屋に出入りしている常連客・郷田と深い関係がありそうだった。

 やがて、明智は事件の裏側を調べていくうちに、関係者たちのおぞましい人間愛憎図や、はてしなき情欲の嵐が明らかになり、思いもよらない真相が浮かび上がっきたのだった・・・

悦子の家の屋根裏に侵入し、覗く郷田上に誰かいるのを意識して見上げる悦子


髪をとかしている悦子再び上を見上げる悦子


警部第一発見者は
 ストーリーの紹介は以上です。
 久々の更新となってしまいました。先週、夜からの仕事が連続して入ってしまい、その疲れが今週にドッと出てしまい、データは作っていたのに、すっかり10日も放置プレイしてしまいました。

 さて、今回の17年ぶりにリメイクされた「D坂の殺人事件」は主役を祥子に据えたために、古本屋の奥さんを主人公にしています。

 17年前の実相寺昭雄が監督した「D坂の殺人事件」の主役は真田広之でした。今回の配役で言えば、河合龍之介が演じた郷田に当たる人物です。

 その17年前の真田広之・版「D坂殺人事件」の役名は、
蕗屋清一郎で郷田ではありませんでした。

入ってきたのに気づく悦子そうですか・・


他店との差別化です再び、屋根裏に来た郷田 


悦子の下着を嗅ぐ郷田悦子の下着を被る郷田 
 そもそも、郷田という人物は、同じ江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」の主人公なのです。

 今回のリメイク作は、何気に「D坂」と「屋根裏の散歩者」を少しミックスさせていますね。

 それに、上のシーン。古本屋の奥さんに恋する郷田が、家に忍び込んで祥子演じる奥さんのパンツを箪笥から見つけ出し、匂いを嗅いだ上で頭に被るという変態行為です。

 時代は大正です。そんな百年も昔のまだ着物が普段着だった時代に、女性が着物の下に下着を身に着けるという習慣があったか疑問です。

 それに、現代と違って、パンツというよりおばちゃんが履くようなズロース。
 こんなでかパンで欲情なんかできるかーーーーい!ですが、時代は百年前の大正ですから。

 鹿鳴館に出入りするようなセレブなマダムだったら、ドレスの下に下着を履くというのは判りますけどね。
戸惑う悦子外にいる郷田が気になる悦子


体のどこかに怪我しているとかそんなに古くない


着物を脱いだ悦子の背中に綱の跡があるどこに住んでらっしゃる


悦子の着物に手をかける郷田田抱き寄せられる悦子
 恋焦がれる奥さんの下着に付着した下腹部の匂いを嗅ぎたい・・というのは同じ男としてその欲望は判りますが、いかんせん箪笥にしまってあるという点で、洗濯済なんだから匂いなんて殆どないですよね。

 これが、奥さんがお風呂に入ってる隙に、すぐ脱いだ下着を盗んで匂いを嗅いだ、ならまだ判るのですよ。

 そんな洗濯物嗅いだって、匂いなんてしないだろうという気がしますが・・・
 多分、奥さんが履いていたというものでイメージを膨らませて欲情するのでしょうね。

 個人的には、肌から離れた洗濯物には一切、興味はありません。女性の下着、特にパンツは独特のいい匂いがする。

 これは男の幻想でしょう。実際は汚れたりするわけですから、現実には、
脱ぎたてのパンツの匂いなんか嗅いだら、かなり幻滅すると思いますけどね。

アタシの口からは言えません立ち上がって


着物を徐々に脱がされ裸にされ


紐で縛られる後ろから犯される悦子
 さて、今回の主演の祥子ですが、上のシーンでしっかりとヌードになっています。
 今回は残念ながら、ヌード画像は無しです。

 多分、それを一番期待してアクセスされる方が多いでしょうが、出たばかりの新作映画で、しかも主演女優が初ヌードの場合は神経を遣わざるを得ないのです。

 今回は、ご期待に沿う形でなくて申し訳ありません。

 何度もヌードになっている佐々木心音ちゃんや嘉門洋子姉さんだったら、何枚かお見せしますから、そっちの方に期待して下さい。

 当サイトの画像を見て、見たくなる方もいるでしょうが、どうも圧倒的にヌード画像だけ欲しいという方の方が多いようですからね。

 この続きのいいとこシーンは、リアルな自分の目でレンタルするなり、購入して見て下さい。

 そこは、これまた何度も言うようですが、“すべてインターネット内で完結させるな”ということで、自らが動いて確かめる、リアルを求めて下さい。
後ろから犯される悦子部屋に残された悦子


縛った悦子と向き合い悦子の乳房を触る郷田


郷田に抱きつく悦子全裸で縄に縛られている悦子
 情報として、このシーンの続きで主演女優が脱いでいます、は出していきます。

 それに、祥子の場合は爆発的な人気が出た“謎の美女シリーズ第一弾YURI”のように、画像検索してもヌード画像は、ほんの少しかヒットせず、ネットでもYURIほど出回っていませんからね。

 YURIの場合は週刊ポストに掲載されたグラビアの殆どネットに拡散されていました。
 YURIの写真集買いましたが、その中身は拡散されたグラビアのカットばかりで、目新しいカットは一枚もなかったです。

 祥子の写真集「祥子 愛にゆく人」は、人気がYURIほどではなく、ネットにグラビア拡散が少なかった為に、購入してすごい新鮮でかつ鮮烈な印象を受けました。

 前のメイキングの時にも書きましたが、写真集の祥子はこの映画のヒロインとはまったく違う、“知的なエロスな女史”でした。

祥子愛にゆく人  西田幸樹  小学館

価格:1,404円
(2015/5/20 09:48時点)
感想(0件)



 写真集のエロスという点においては、YURIより祥子のほうが遥かに上でした。

 おっぱいの大きさでは、YURIの方が大きいですけどね・・・
 女性の乳房の魅力は決して大きさではない、ということを祥子の写真集見たら、更に感じました。

 それと、YURIの写真集にはヘアー露出写真が一枚もないということもありますけどね・・・(祥子の写真集には何点かヘアーが見える写真があります)

 祥子のスレンダー故の知的なエロス、は巨乳ちゃんには絶対にない魅力です。
 
 この「D坂」が演じる大正時代の日本女性を演じている祥子と写真集の祥子とでは、まるで別人です。
 写真集の祥子はヌードになっていないカットも、かなりエロかったです。

 これほど性欲が刺激されるヌード写真集は、かつてなかったです。
 祥子に少しでも興味のある方は、値段も1,404円と手頃ですから、ご購入を強くお薦めします。

 これがヌード写真集の平均的相場の、3.980円だったら、う~んでしょうが、その半額の値段でモデルも決して悪くないどころか、トリプルAクラスですから、絶対に買って損はしません!

 価格が安いのは、多分タレントの知名度が写真集出た頃は、まだ祥子が無名に近いということで、出版社が価格を抑えたのだと思います。
迷惑ですか・・花崎に首を絞められる悦子


 映画の方の祥子は、これが芝居初体験ということで、台詞の言い回しに素人ぽさを感じて、はっきり言って下手でした。
 その点では壇蜜姉さんの芝居初体験の「私は奴隷になりなさい」の方が上手かったですね。

 でも、大正時代の古風な日本女性の美は、ベストマッチしていて、“和のエロス”がありました。

 作品的には、確かに江戸川乱歩独特な世界観はある暗くてマニアックな映像なのですが、ちょっとVシネマ的な作りでミステリー映画としては、かなりの物足りなさを感じました。

 それでも、祥子の和美人の可憐とも言えるエロスは、男性ファンならかなりそそられる魅力で溢れていますから、少しでも興味のある方は是非、ご
自身の目で祥子の魅力を確かめて下さい。

※新作のヌード画像は、次回のアップ予定の佐々木心音・主演の「スキマスキ」に期待して下さい。
 それも日本映画の応援クリック次第なので、よろしくお願いします
。(それも新作なので、そう多くはお見せ出来ないですけどね・・・)

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

D坂の殺人事件 アンリミテッド版 [ 祥子 ]

価格:3,078円
(2015/5/20 10:10時点)
感想(0件)



1,680円は宅配レンタル業界最安値です! 月額会員になると、一枚あたりのレンタル単価は210円です!DMMならアダルト作品も充実しています。

アダルト動画、ライブチャットなどの総合サイト



↓きまぐれで、結構です。こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2015年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/546-36738d6e

コメントの投稿














xx HOME xx