じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 失楽園 第6話「妻と女の炎」 失楽園 第6話「妻と女の炎」│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


失楽園 第6話「妻と女の炎」 

2015/01/29 15:26/Thu
DVD&VHSパッケージ 
愛欲の日光旅行が延泊になったことで
双方の家庭に浮気が発覚する凜子と久木
本妻と凜子の愛の炎が燃え上がる
時間なんか過ぎなければいいんだわ益々、肌が・・・
 今回は「失楽園 第6話 妻と女の炎」です。
 久々に「失楽園」テレビシリーズ・レビュー復活です。
温泉で凛子の乳房を触る久木夫の晴彦を見る凛子温泉の中で久木を見つめる凛子久木と温泉に入っている凛子晴彦に無理やり着させられた着物でベットに投げ出される凛子それでも、ずっと付き合っていきたいと言うんですか 
 三ヶ月ぶりで「失楽園」テレビシリーズを再開します!

 前回、双方の家庭に嘘をついて愛欲の日光旅行に出掛けた久木と凜子は、悪天候の影響で交通機関がストップしたことで連泊を余儀なくされます。
 既に凜子の夫・晴彦が差し向けた尾行調査で、二人の密会写真が撮られ、それを夫の姉が久木の妻の店に行って、久木の浮気も決定的になるという展開です。

 やはり何度見ても、放送当時37歳だった川島なお美の色気は、かなりそそられる、
実に“いい女ぷり”です。

 それでは、その後の展開がどうなったか気になる方は、下の追記を読む、から愛欲の日光の続きをご覧下さい。

第6話「妻と女の炎」 1997年8月11日放送
ストーリー
 松原凛子の義姉・松原昌美が数枚の久木と凜子の日光での不倫旅行の証拠となる写真を持って、久木の妻・文枝が経営する店に現れた。

 文枝は夫が浮気しているのではないかと薄々は感じてはいたが、昌美に決定的な証拠写真を見せられて、それが確固たるものになってしまったのだ。

 昌美は、そちらの夫の不始末で、自分たち松原家の家庭は滅茶苦茶に壊されたと、久木の家庭を壊す目的でやって来たのである。

 その日の夜、久木と凜子は突然の暴風雨によって交通機関がストップしたた為に東京に戻ることは出来なくなり、もう一泊して日光の旅館の混浴風呂に入っていた。

凛子の夫・晴彦が差し向けた探偵によって撮られた写真いいのよ、あちらのお客様、お願いします


奥様も少し反省してもらわないと入浴してきた凛子

駄目っアタシたちだけなのね



 その頃、東京の久木の家では、文枝が娘の知佳に久木との出逢いを話していた。
文枝 お父さんはね、違うのよ。
知佳 違うって、何が・・・
文枝 あなたの本当のお父さんじゃないの。

 文枝はとうとう知佳に久木が本当の父親でないことを告白してしまったのである。幼い頃から、お父さん大好き子だった知佳は、当然大きなショックを受けた。

 知佳の本当の父親は知佳が赤ん坊の時に自殺していて、その原因は久木の書いた記事によるものだった。
 責任を感じた久木は文枝と当時赤ん坊だった知佳を引き取って今に至ったことを、母の文枝は洗いざらい娘の知佳に告白してしまったのである。

 翌日、天候が回復して、久木と凜子は東京に戻ってきた。
 久木の家では真っ先に知佳が出てきて、予定より遅れて帰宅したことを責めたが、知佳はそれが父がある女性と不倫旅行していた事実はまだ知らなかった。

 文枝は、それは夫の不倫旅行だったことは既に知っていたが、その事を久木に問い詰めるようなことはしなかった。

アタシたちだけなのね益々、肌がきめ細かくなっている

凛子の乳房が・・・あっ、あー・・ 


アタシは・・ただいま・・
 凜子の方は帰って早々に不倫旅行の証拠写真を夫の晴彦に突き出されていた。

 凜子は、決定的な証拠写真を撮られたとあっては何の申し開きもできないと感じ、晴彦に
“離婚して下さい”と言ったが、晴彦は凜子との離婚には断じて応じる気などさらさらない様子だった。

 一方で、久木が本当の父ではないことを知った知佳は、その相談をしようと、かつての婚約者の宗互が働いている会社に行った。

 その時、会社には宗互一人だったが、知佳が来てすぐに落合秋美が弁当を差し入れにやって来た。
 知佳は婚約が解消されたとはいえ、まだ宗互のことが好きだったので、秋美に嫉妬して、知佳はすぐに帰ってしまう。

 後日、秋美の部屋で、宗互と秋美は男と女の関係になってしまった。

 ある日、凜子は久木の妻・文枝の店に、最初は客を装って来店した。
 文枝は、凜子が店に来る前に、凜子の書道教室があるビルまで行って彼女を見ており、夫の不倫相手であることは知っていたのである。

 そして、文枝は店を従業員にまかせて、公園で凜子と話をした。そこで、二人の女の妻と女の炎が燃え上がっていくのだった。
このまま帰って来なかったら、どうしょうかと思ってたのよ今日は休むことにした 


日光での久木との写真をつきつけられて、何も言えない凛子何か言い逃れはあるか


離婚・・して下さいそれだけのことじゃありませんか
 ストーリーは以上です。

 第6回になって、とうとうお互いの不倫が証拠写真を撮られたことで、言い逃れが全く出来ない決定的なものになるという回でした。

 とはいっても、凜子の夫・国広富之、久木の妻・十朱幸代共に、お互いの妻と夫が浮気しているということをとっくに感づいていて、知らない振りしていただけですけどね。

 要は凜子の松原サイドとしては、自分たちも家庭も壊れているのだから、当事者の久木の家庭もこれで壊れるべきと、不倫旅行写真はその証拠として撮らせたものですね。

 二人の不倫が、決定的に発覚すれば、今までのように大っぴらに二人は会えなくなるのではと、それが狙いだつたりするかもしれません。

 でも、東京に帰ってきてかに久木と凜子は会っていますけどね・・・
宗互の勤める研究室にやってきた知佳アタシ、お母さんの告白を聞いて、よくやく判った気がするの


あら・・やめろよ


じゃあ、二人で食べれば買っといたんだ
 いや、それにしても、いい年した男と女が温泉入って、欲情するまでは分かるけど、そんな温泉の中でエッチするなよっ!、ですよ。

 温泉につかつて全裸なのですから、コンドームなんかつけている暇もないのですから、そんなとこでエッチしたら温泉の湯が汚れるだろっ!です。

 若い男女なら判りますが、良識ある熟年カップルのすることじゃない・・絵的には温泉の中で二人で抱き合い求めるシーンは必要ではありますけどね。

 まあ、相手がこんなフェロモンがハンパない川島なお美様じゃあ、欲情するなという方が無理かなあ・・・・

 どうせなら、温泉から上がって部屋でエッチする濡れ場シーンがほしかったところですが、今回は温泉内での濡れ場シーンで終わりです。
いやっ!いやーーーっ!髪の毛、切ったってこの女の本性、治らないわよ


まだモヤモヤしてんの秋美に抱きつきキスする宗互


夫の姉・昌美のお小言を聞いている凛子久木の会社に来た凛子
 今回は、その温泉エッチシーンで川島なお美のバストトップが、チラッと見えています。

 やはり何度見ても、川島なお美のヌードは美しいです。
 川島なお美は放送当時は37歳です。

 何度も言ってることですが、その年齢だと、もう熟女の域に入る頃合ですが、この「失楽園」の川島なお美は、そんな
“熟女の顔”には全く見えません。

 それは、川島なお美さまに、“惚れた弱み”からそう見えてしまかもしれませんが、これでおばちゃん、なんて言う人いたら、その人の美的感覚を疑いたくなりますねぇ・・・

 このドラマの管野美穂も当時20歳で、こちらは可愛い。しかし、色気みたいなものは残念ながら、川島なお美には遠く及びません。
どうしたんだ、いきなり・・このままってわけにはいかないけれど 


久木を見つめる凛子久木の妻の店に来て、グラスを手に取る凛子


久木の妻・文枝を見る凛子凛子を睨んだ目で見る文枝
 今回は最後の方で、本妻VS不倫相手の静かな火花を散らす冷戦となります。

 別に川島なお美は、主人公・久木の不倫相手ではあるければ、久木の愛人というわけでありません。双方とも、本気モードの恋愛に発展していますからね。

 それでいて、不倫している女性が、その相手の奥さんに自分から会いに行くという展開も凄まじいです。

 そこで川島なお美は、本妻の十朱幸代に、
“一生でやっと巡り会えた唯一の人”なんて言ってしまうです。
 
 そう言われて、本妻は、
主人と別れて下さい”とも言わないのです。
ガラスなんかのディスプレイがあんまりキレイだったものですからそんなこと・・

そんなこと・・一生のうち、唯一人巡り会えた人なんです
聞き入れてはくれないんでしょうねアタシ、行かなければ・・ 

 このドラマシリーズの本妻は、完全に諦めています。
“もう、この二人の関係は行き着くところまで行ってしまうだろう”と・・・

 諦めていないのは凜子の夫役・国広富之です。
 このまま手をこまねいて、別れてなるものかと、執拗なまでの妻とその相手・久木に対する嫌がらせが、これから始まっていくのです。

 1997年の放送から17年経ってようやく昨年、書店販売の書籍DVDとして発売されました。
 リアルタイムで見ていたという方も、忘れている部分はあると思いますので、興味のある方はセル購入で、再見する価値のあるドラマではないでしょうか。
 何せ、川島なお美の最盛期のヌードが、たっぷりと見れますからね。

 さて、
この後の展開はどうなっていったのでしょうか・・・


失楽園 DVD BOOK 上巻【DVD×2枚組・第1話~第6話・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

新品価格
¥9,900から
(2018/1/10 20:57時点)



失楽園 DVD BOOK 下巻【DVD×2枚組・第7話~最終回・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

中古価格
¥6,480から
(2018/1/10 20:57時点)



★DMMレンタルなら月額1,980円で一ヶ月、新作も借り放題お得ですよ。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

  それでは
また下のブログ村のバナーでもクリックして頂けば
ささやかなご褒美となる、“甘い飴”
となります
ので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CATEGORY:失楽園テレビドラマシリーズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/522-ee8cfd12

コメントの投稿














xx HOME xx