じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 妻が恋した夏 妻が恋した夏│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


妻が恋した夏 

2015/01/16 01:16/Fri
 チラシ表&裏
亡くなった妻は妊娠三ヶ月だった・・
夫が知らなかった、妻の別の顔とは?
そこには夫の知らない妻の恋があった

気がつくと消しゴムのことばかり考えていたあんっ・・ 
 今回は「妻が恋した夏」です。
監督 いまおかしんじ。主演 宮地真緒。共演に金子昇、穂花、河合龍之介。
 2014年10月に公開されたLove Storiesシリーズの第4弾作品です。

不倫相手の中村とセックスして喘ぐかおり不倫相手の玲子の乳房を愛撫している浩二何か時間、戻っちゃったね知らないんだもんね中村を乳房に抱き寄せてセックスしているかおりうん、ありがと 
 今回のLove Stories第4弾作品は、いきなり妻が急死し、その時に妻が妊娠三ヶ月だったことが分かり、夫が知らなかった亡き妻の恋を知ることになるというストーリーです。

 気になる宮地真緒の露出度は!?
 多分、殆どの方が分かっていると思いますが、知って見たせいか思ったほどのガッカリ度はありませんでした。

 その代わり、懐かしい人気AV女優だった穂花(ほのか)の濡れ場シーンが、二番手女優を感じさせない程の魅力的な濡れ場シーンが有ります。

 それでは、宮地真緒がどの程度の露出度だったのか、気になる方は下の追記を読む、からレンタル等の参考にして下さい。

2014年10/11(土)~10/17(金)公開
監督 いまおかしんじ
企画 利倉亮
プロデューサー 江尻健司、酒井識人
撮影 斎藤幸一
録音 飴田秀彦 、 沼田和夫
音響効果 藤本淳
配給 アルゴ・ピクチャーズ

CAST
かおり・・・・宮地真緒
浩二・・・・・・金子昇
中村・・・・・・河合龍之介
玲子・・・・・・穂花
和泉ちぬ
五東由衣
広瀬彰勇
上田亮
1時間18分 ビスタサイズ

●予告編



ストーリー
 蝉が鳴く暑い夏の日。かおりは郵便ポストに手紙を投函してすぐに、その場に倒れた。

 かおりの夫・浩二が駆けつけた時は、霊安室で妻のかおりは遺体となって安置されていたのだった。
 余りにも突然の妻の死に浩二は呆然となり、急死した妻の遺体に向かって語りかけるが、そこにはいるのはもはや妻の亡骸でしかなかった。

 かおりの葬儀を行う前、浩二はかおりが担ぎこまれた病院で医師から思いがけないことを知らされることになる。

 妻・かおりは妊娠三ヶ月だった。

 それは浩二にとっては信じがたいことで驚きを隠せなかった。
 普通なら亡き妻が自分の子供を妊娠して、それを知らせてもらえなかったということだが、浩二が動揺したのはある事情があったからだ。

 夫婦仲はそれほど悪くはなかったが、かおりが亡くなる三ヶ月間は、二人はセックスレス状態だったのである。

 かおりのお腹にいた胎児は一体、誰の子供だったかのか。少なくともその子は自分の子供ではない。それは、はっきりとしていた。

 妻が亡くなってから、浩二は自分が知らない妻の別の顔と、“妻が恋した夏”を追いかけていくのだった。
手紙を出そうとしているかおり神様、お願いします妻の遺体と対面している夫・浩二突然も妻・かおりの遺体と対面している夫の浩二うん夫以外の男とキスするかおり
 ストーリーの紹介は今回は、あっさりとこれだけです。

 いつものDVDを見ながら役者の台詞を追いかけてしまうと、どうしても長くなるので、今回は簡単に済ませました。

 DVDリリースされる前から、ネットの情報で、この映画では
宮地真緒はバストトップを見せていない”を知った上で、今年1月5日レンタルしましたので、特にガッカリ感はありませんでした。

 ごくたまに、
作品情報等を検索しないでDVDを通販で予約して、いざ再生して見た人は、“ガーン!!”というショックは、あったでしょうね。

 映画のチラシとかDVDパッケージだけ見たら、
“今度の新作こそは宮地真緒のヌードが久々に見れるゾ”。それを全く期待しなかった男性ユーザーは、まずいない筈ですからね。

 しかし、今回、宮地真緒は完全ヌードを見せていない。

 これは自分だけではなく、誰もが疑問に思っているでしょう。
下着姿にされブラのホックを外されて


脱がされていくかおりかおりも興奮して


ううん・・乳房を手で隠し
 それは、何故か?
そんなことは業界に関係している人にしか判りません。


 この映画が公開されたのが、昨年の10月。その四ヶ月前にWOWOWのドラマ「モザイクジャパン」で、宮地真緒は、映画「失恋殺人」(2010)以来の四年ぶりヌードを見せていたのです。

 今回は宮地真緒の久々の主演映画です。誰もがCSドラマで脱いでいるくらいだから、主演映画なら当然ヌードになっているだろうと期待します。

 それが上キャプ画像で分かるように、自分の腕や共演男優の手でバストトップを隠しまくっています。

 「モザイクジャパン」なんて、宮地真緒はヒロイン役でもありませんでした。女優陣の中では、ハマカワフミエ、黒木桃子の次ぐらいの三番手の位置でした。
男にパンティーを脱がされかおりを立たせて 


後ろから胸をもまれ悩ましい顔で振り向くかおり


あ、あーーっ・・・同情引いて、また付き合おうとか言わないでよ
 むしろ「モザイクジャパン」の方が脱いでなくても・・・その役はAV女優で社長の愛人役ですから、ヌードは必須だったのですが、役そのもの宮地真緒でなくてもよかったかもしれません。

 ああ・・・でも、その「モザイクジャパン」のオファーを断っていたら、我々は宮地真緒の四年ぶりのヌードを見れないところでした。

 そんな三番手の役で四年ぶりかでバストトップや激しい(CSドラマにしては)濡れ場シーンやっておきながら、主演映画で何故、また出し惜しみするのか、誰もが疑問に思っていることです。

 主演女優がヌードになっていない。これはDVD化した時のコンテンツ売り上げにも大きく影響してきます。
嫌なことばっかりアタシ・・ 


 それに、このラブ・ストーリーシリーズの各作品の映画館での上映期間はたった一週間。上映館もたった84席しかない新宿 K's cinemaですから、そんなに大きな興行成績は望めない単館公開です。
 映画館での公開は、映画紹介サイトに宣伝してもらう為と、DVD化した時の前宣伝みたいなものでしょう。

 主演の宮地真緒が脱げない分、本作では助演の穂花(ほのか)が、しっかりと濡れ場シーンを見せてくれていました。

 穂花は、もう10年ぐらい前の人気AV女優でした。彼女が出演したAV作品はレンタル店のAVコーナーには、どこのチェーン店でも、レンタルでの取り扱いはありません。(最近のAVは女優の人気のサイクルもの凄く早いせいか、昔の人気女優の単体作品を置いてある店舗はないですね)

 穂花を見たのは、久しぶりです。現在、いくつになったかは知りませんが、もうとっくに30歳を超えている筈です。
亡きかおりに手を合わせている浩二の不倫相手の玲子こっちこそ、カッとしちゃって悪かったわ


嫌なことばっかりじゃあ、もう会わないと思うから 


求め合う浩二と玲子少しの間、玲子を見つめる浩二 
 しばらく見ないうちに穂花もキレイになりましたね。
 若い頃の穂花とは感じが変わっていましたから、芸名変えて出演していたら、穂花と分からなかったかもしれません。

 この作品で久々に見る穂花まだまだイケていましたから、AV復帰しても、昔の知名度と人気があるから売れるかもしれませんよ。

 最近では、90年代のAVスターだった瞳リョウも、熟女路線でAV復帰していますからね。
はあっ・・はうっ・・


玲子の乳房をしゃぶりうーーんっ・・


はっ・・来て・・
 多分、今回は主演の宮地真緒がセミヌード止まりでも、意外とガッカリしなかったのは、この穂花の濡れ場シーンがあったからかもしれませんが、

 レンタルでは昔の穂花のAVをレンタルで借りることは出来ませんが、セルでは何と960分もある四枚組の総集編的なDVDが、DMMで発売されていました。

穂花PREMIUM BOX4枚組16時間2
穂花PREMIUM BOX4枚組16時間2参考価格 3,066円
販売価格 2,299円(25%OFF)
 送料無料 (全国一律) 
 う~ん、穂花を見たのはいつ以来だろう・・・・というくらい忘れかけていた存在でした。

 今回、穂花の役は、宮地真緒が演じるかおりの夫の不倫相手です。
 夫の浮気がバレて、宮地
(本妻)VS穂花(浮気相手・愛人未満)の対決はいかに!?

 これもちょっとしたネタバレになっちゃうので、昨年話題になったドラマ「昼顔」のような展開になるのか、実際にDVD見て確認して下さい。
セックスする気をなくなる二人えっ、そうなんだ

小学校の時もさボーイスカウトでこういうことあったよね 
 
これは、あくまでも要望ですが・・・
 当ブログで紹介記事で、“目で見た情報”で、紹介した作品を見たい!この先の展開はどうなるんだ・・この女優さんのヌードをもっとDVDで見てみたくなった。出来れば、そうなってほしいのです。

 ここで取り上げる作品は話題作だけでなく、余り注目されていないB級映画に特化したり、心機一転でヌードも辞さずという頑張っている女優さんたちを応援していきたいと思っています。

 個人のブログなんて、吹けば飛ぶような微力ですけどね。
ホテルに入ってベットに倒されているかおり脱ぎ始めるかおり


前かがみで中村君も脱いで
 やはり、自分も皆さんと同じユーザーの立場としては、映画の中の女優がどこまで見せているのかその情報は自分も常に検索していますからね。

 新作映画の中で、主演女優がどこまで見せているか、文で説明するより、シーンの一部を画像で見た方が、判りやすいというのもありますけどね。
ベットで中村とセックス開始うんっ・・


 さて、いい加減、話題を本作品に戻すことにしましょう。

 このLOVE Stories第4弾で、初めて主演女優が脱いでいない作品になりました。それまでのシリーズ作品では・・・
第一弾 「マリアの乳房」 主演・佐々木心音
第二弾 「逢いびき」   主演・丸純子
第三弾 「LAST LOVE」 主演・桜木梨奈
 
 第三弾までは、主演女優はしっかりとヌードを見せています。

 今回の宮地真緒だけがセミヌード止まりになったわけですが、映画公開四ヶ月前のWOWOWドラマで、しっかりとヌードになっていましたから、何か今回ヌードを見せれない事情みたいなものがあったのではないかと推察します。

 宮地真緒が、もうヌードの仕事をやらない方針だったら、「モザイクジャパン」のオファー自体も蹴っていたわけですからね。
またホテルに入って脱がされていくかおりかおりの胸に顔をうずめ


キスをしてゆっくりと
 今回の「妻が恋した夏」では、宮地真緒はバストトップこそは見せていませんが、すごく可愛い若奥様で、なかなかよかったですよ。

 何と言っても、付けている下着が可愛かったし・・
 結局は、そこかいっ!って突っ込まれそうですね。

 宮地真緒も30歳を超えて、年を取ったからこそ出せた女の可愛さというものをこの作品で見ることが出来ました。

 画像掲示板等では、すぐ
“○○の劣化が止まらないといういつものパターンのスレタイトルが出ますが、
それを見る度に、もういい加減うんざりです。

 誰だって年が明ければ、ひとつは年を取っていくのです。
 芸能人ぐらいですよね。
ちょっと顔に年齢が出始めたぐらいで、“劣化した”と表現を使われるのは・・
後ろからブラを外されかおりに挿入していく


はあっ!うんっ・・


 例えば、一般人だったら、何十年も会う機会なくて、久しぶりに同窓会に出席したら、昔は憧れのマドンナ的な女子がすっかり変わり果てた小太りのおばちゃんになっていたり、男子は頭が禿げ上がって昔の面影がない、なんてことはよくあることです。

 その時に、
“お前、すっかり劣化したなあっ!”なんて、うっかり口には出せません。
(一般的には“劣化”したという言い方より、“年、取ったな”がよく使われる言葉です。)
 そんなこと言おうものなら、
“ぢゃ、お前はどうなんだい”と返されるのがオチだし・・・

 要はですね。女優さんについては、“劣化した”というひとくくりの言葉で片づけのではなくその年代になったからこそ出てくる色気だってありますから、それを見つけるべきなのです。

 その女優さんやタレントの何年か前の若い頃と比較してしまうと・・・顔が違っているのは当たり前のこと
ですからね。
ボストの前に立っているかおり割れたかおりの遺影のガラス 


 それは今回完全ヌードを見せれない宮路真緒に代わって、ヌードを見せている穂花にも言えます。

 穂花が20代の人気AV女優にはなかった大人の女のフェロモンがプンプンしていました。
 今回の映画では、下手するとその魅力は主演の宮地真緒と甲乙つけがたいものがありました。

 この穂花なら、浮気も有りだゾ!と思わせるような宮地真緒と張り合えるぐらい、男なら抱いたみたい魅力に満ち溢れていました。

 今回、そんな風に感じましたよ。全体的な需要としては、宮地真緒の方が圧倒的多数を占めるとは思いますけどね・・・

 キャプ画像では、敢えて穂花のバストトップを見せていない画像ですが・・
 本編では穂花の数年ぶりの、濃厚(?)な濡れ場シーンを見せて、20代の頃と
変わらないキレイな乳首もしっかりと見せています。

 特に、
“俺、昔は穂花が好きで、よく穂花のAV借りて見たんだよっ!”なんて方は、是非、本編で穂花の久しぶりの美乳ヌードを見て下さい。
割れたガラスを取っていく浩二浩二がボートを漕いでいると


 女優の濡れ場シーンだけを追いかけている人は、本作は不満だらけかもしれないです。

 でも、いつもと言ってることが違うと言われそうですが、女優の魅力は必ずしもヌードばかりとは限りません。

 着衣の下着姿だけでも、充分にそそられる色気というものを今回の宮地真緒で感じました。

 また「モザイクジャパン」のように宮地真緒は、美しいバストトップを見せてくれる日が来るかもしれないし、彼女はまだまだ輝ける可能性がある女優さんです。

 本作品は、少しのすれ違いで壊れていく若い夫婦の絆の脆さが、チクリと心に刺さるものがありました。
 セクシーAVというイメージから離れて、借りて見る価値はある作品ですから、
本記事で興味が出た方はレンタル等で是非、ご覧になって下さい。

妻が恋した夏
妻が恋した夏参考価格 5,076円
販売価格 3,756円(26%OFF)
 送料無料 (全国一律)

1,280円の業界最安値キャンペーンも、残すところあと一ヶ月を切りました!(来月2月2日まで)で終了です! この作品を借りるなら、是非DMMで!
DVD/CDレンタル

 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!

CATEGORY:2014年日本映画 | CM(4) | TB(0) |
xx HOME xx
by. 名無しさん@ニュース2ch
穂花は去年だったかNHKの尼崎事件の再現ドラマで出てましたね
2015.01.16 (04:59) | URL | EDIT
名無しさん@ニュース2ch さん、情報ありがとう! by. じんのすけ
> 穂花は去年だったかNHKの尼崎事件の再現ドラマで出てましたね

 では、この「妻が恋した夏」が復帰作というのではなく、穂花は女優として活動していたのですね。
 しかし、よくその再現ドラマに出ていたのが穂花だと判りましたね。

 今回の映画で、濡れ場シーンになると“あの穂花”だと、昔の穂花らしく見えたのですが、それ以外のシーンでは、“あれれっ・・”でしたけどね。
 昔、穂花がAVやっていた頃は、あいだゆあ、松島かえでの方が好きでしたけど、今の穂花なら彼女たちを上回っている気がします。

 女も30過ぎてからが勝負ということなのかなあ・・・それは女優に限ってですけどね。
2015.01.16 (05:16) | URL | EDIT
by. ザグレブ
今も昔もあまり代わってないですね、週刊誌で「あの女優が脱いだ」「衝撃の濡れ場」等のグラビアをバストトップが無いグラビアや、濡れ場の詳細を生々しく書いた記事だけ等、煽るだけ煽っといて蓋を開けたら乳首は拝めない映画は年に何本かは出てくる。
昔だと、伊東美咲や三津谷葉子他多数、三津谷は今回はちゃんとバストトップは見せてるみたいですが。
今年はどんな女優がちゃんと脱いだり、脱がなかったりするのでしょうか。

まさか!て女優が脱いでくれたら良いですね
2015.01.17 (12:14) | URL | EDIT
そんなもんですよ by. じんのすけ
> 今も昔もあまり代わってないですね、週刊誌で「あの女優が脱いだ」「衝撃の濡れ場」等のグラビアをバストトップが無いグラビアや、濡れ場の詳細を生々しく書いた記事だけ等、煽るだけ煽っといて蓋を開けたら乳首は拝めない映画は年に何本かは出てくる。
> 昔だと、伊東美咲や三津谷葉子他多数、三津谷は今回はちゃんとバストトップは見せてるみたいですが。
> 今年はどんな女優がちゃんと脱いだり、脱がなかったりするのでしょうか。
>
> まさか!て女優が脱いでくれたら良いですね

 別に主演女優のバストトップが見れないのは、この作品に限ったことじゃないし、逆に事前に脱いでいない情報があったおかげで、ショック度はなかったわけです。
 週刊誌が煽るのは仕方ないことですよ。そうでもしないと、雑誌は売れないですから。
 まず、興味をひきつけること。全てのスタートはそこですからね。

 それに、宮地真緒のヌードのみを期待していた人はガッカリでしょうけど、記事の中でも書いてますが、女優の魅力はヌードが全てではないし、見方を変えれば、違う魅力も発見できたりするものですよ。
2015.01.17 (18:54) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/519-60798906

コメントの投稿














xx HOME xx