じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 LAST LOVE/愛人 LAST LOVE/愛人│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


LAST LOVE/愛人 

2014/12/15 23:06/Mon
チラシ表&裏  
病魔に侵される若い女と夢を諦めた老いた男が出逢い
年の差を越えた愛となり
これが最後の恋になるかもしれない

それで聞いてくれて海にある小屋で若い男に抱かれているユミ 
 今回は「LAST LOVE/愛人」です。
監督 石川均。主演 桜木梨奈、火野正平。本年(2014)10月にラブストリーズVol.3として公開されました。
セックスしよう岩田の話を聞いているユミパパの部屋でお尻を振って誘うユミ踊っているユミユミの体にむしゃぶりつく男男に抱かれているユミ 
 今回の新作映画は、ギタリストの夢を諦めてマンションの管理人の仕事をしている男が、双極性障害で自我を失うという難病を抱えた若い女が出逢って、それがいつしか静かな恋となるストーリーです。

 主演は桜木梨奈・・・なので本作品でもしっかりと脱いでいます。

 助演で出演している作品では桜木梨奈は今イチでしたが・・・
この作品では主演女優らしく魅力あるヌードシーンがたくさんありました。

 それでは、この作品に興味のある方は下の追記を読む、から作品の一部をご覧下さい。


2014年10月4日公開

脚本・監督 石川均
企画 利倉亮
プロデューサー 江尻健司 、 酒井識人
撮影 佐藤和人
ギター音楽 伊藤茂利
製作 レジェンド・ピクチャーズ
配給 アルゴ・ピクチャーズ

CAST
ユミ・・・桜木梨奈
岩田・・・火野正平
広瀬彰勇
ぶっちゃあ
鈴木智絵
三村晃弘
佐藤真澄
平家秀樹
五東由衣
青山明
医師・・・保阪尚希
1時間42分 ビスタサイズ

●予告編



ストーリー
 岩田はギタリストの道を諦め、マンション管理人の仕事についていました。
 岩田は一度も結婚はせずに、ずっと独身のままでした。

 掃除やゴミ処理の地味な仕事を黙々とこなす毎日でしたが、住人の評判は良く、一人で静かに慎ましく暮らしていました

 ある日、彼は泥酔して帰宅した住人の若い女・ユミを介抱しました。
 彼女は本職のダンスでは食べていけず、「パパ」と呼ぶ父親ほども年の離れた男の愛人をしていたのです。

 しかし、男の妻に関係が知られてしまい、ユミはマンションで
“パパ”が借りてくれていた部屋から追い出されてしまいました。
 ユミは、以前から患っていた双極性障害の病状は悪化しつつあり、自我を失っていいました。
 いわゆるユミは見境なしに誰とでも寝る女なのでした。
ある場所で踊っているユミ男と踊っているユミ 


大丈夫ですかねぇ、ねぇ・・おしっこする時・・


あーっ
 ユミは岩田に介抱された最初の出逢いでも、すぐに裸になり岩田を誘いましたが、岩田はユミの誘いには全く乗らず、酔い醒ましのコップの水を置いてその部屋から出ていきました。

 それからもユミは岩田に接触して来て、そんな彼女を突き放せない岩田は、マンション管理人の仕事を捨ててユミと流浪の生活を始めました。

 そんな中、岩田はあるライブハウスで久しぶりにギターを手にし、かき鳴らしました。
するとユミがそれに合わせて踊り始めたのです。

 孤独な二人はいつしか互いの存在にすがりながら、あてのない旅を続けますが、ユミは自分を抱いてくれる岩田以外の男に身を任せていくのでした・・・
いや、優しくないですねぇ・・部屋で 
 ストーリーの紹介は以上です。

  本作品はラブストーリーズVol.3とあるように、LOVE Storiesの第三弾作品です。
 ちなみに第一弾は佐々木心音・主演の「マリアの乳房」第二弾は丸純子・主演の「逢いびき」です。

 いずれも第三弾の桜木梨奈までは主演女優がしつかりとヌードになっている流れですが・・・
年明けにリリースされる宮地真緒が主演の「妻が恋した夏」では、主演女優のヌードの流れも一旦ストップするような感じですね。

 今回の主演の桜木梨奈は、いろいろな映画作品で脱いでいます。彼女が出演する作品でヌードにならなかった役の方が少ないのではないでしょうか。
なぁーにお尻を突き出して


ユミの脚を舐める男


男にまたがっているユミ
 今回の桜木梨奈が患っている病名は、双極性障害。何かよく判らない病名です。要は誰にでも体を許す病気(?)みたいなものなのかな・・・

 初対面の時、火野正平の前でもスッ裸になって誘っています。
 
この程度で“病魔”と言えるのか疑問です・・けどね。

 ただ何度も
“アタシを抱いていいよ”とばかり何度も火野正平の前で桜木梨奈は裸になるのですが・・・最後まで火野正平が桜木梨奈を抱くシーンはないまま終わってしまっています。

 あれっ!?これだけ若い女の子が裸になって誘っているのに、一度もその気にならないなんて・・・性的欠陥でもあるのかなと思ってしまいますねぇ・・・

駐車場で待っているユミしようよ


どういうこと・・踊っているユミ 


 かつてのプレイボーイと呼ばれた火野正平キャラなら、桜木梨奈の体に飛びついている・・・あ、それは報道された私生活のイメージで演じている役とは違いますよね。

 それでいて桜木梨奈のことをほおっておけない・・・つまりは、桜木梨奈演じるユミという子に愛情を感じ始めている展開なのに、火野正平とのラブシーンは皆無でした。

 う~ん、
この展開で“老いらくの恋”というのは、どうなんだろう・・・

 作品の中で桜木梨奈は、火野正平と放浪の旅の中でも、知り合ったばかりの若い男とすぐに抱かれて・・・その抱かれている現場を火野正平は見ていているわけです。
もう、パパかわいいっ!


病院で目が覚めたユミ

 そんな自由奔放なことをしておいて、桜木梨奈は結局は火野正平が演じる岩田という男の元に帰るわけですよ。

 どうも、このラブストーリー第三弾作品の展開はよく判らないまま終わってしまいました。

 本当に
“老いた男の最後の恋”として描くならば、一度ぐらい桜木梨奈を抱くシーンがあってもいいような気がします。

 別に年を取って、性的不能になってしまったという描写もなかった筈ですからね・・・

またユミは


脱ぎだして
 本作品で、桜木梨奈が火野正平の前で裸になるシーンは三度あります。
 その三度、桜木梨奈からのお誘いがあっても、微動だりもしないのです。

 人前で平然と裸になるのは、この子の病気みたいなものと思って・・それで性欲が湧かないというのか・・

 主人公の男女が一度も裸で抱き合わない展開というのは、アイドルの恋愛映画なら判りますが、エロチックを売り物にする作品では珍しいです。

 その意味では、佐々木心音が主演した「マリアの乳房」の方が判りやすかったです。



全裸になって

抵抗しているユミ
 「マリアの乳房」の時も佐々木心音が裸になって、絶望している若い男の子に抱かせてあげて、しっかりと抱き合うシーンがありましたからね。

 ところで、9月発売された「花と蛇 ZERO」では、桜木梨奈は助演だとちょい精彩がないなあ・・と感じていましたが主演になると、それなりに魅力的に見えました。

 まあ主演作品だからといって、胸のボリューム感は変わりはないのですが、何故か主演作品の桜木梨奈だと、結構イケてる感じに見えるのです。

 初主演映画の「耳をかく女」の桜木梨奈の和服姿は妙に色っぽくて良かったですからね。
いやーっ!パンツを脱がせようとして 


驚く岩田キスをして


 桜木梨奈、すっかりと“脱ぎ要因的女優”な感じですね。

 もう何回も言っていることですが、今の若手女優は初ヌードになったら次は脱がないという女優が余りにも多いです。

 今までは、ヌードになって売れたから脱がないというパターンでしたが、初ヌードになつた女優たちのその後は、それほど活躍しているとは言いがたいものがあります。

 その意味では、出演作に毎回ヌードになる桜木梨奈は貴重な存在かもしれません。
ユミ自ら抱きつき


セックスしているユミ
 最近の出演作の殆どに桜木梨奈は脱いでいますから、中には“食傷気味”になっている方もいるとは思いますが・・・
 この作品での桜木梨奈はそんなに悪くない魅力的なヌードですよ。

 少しでも興味が出た方は、行き付けのレンタル店で在庫があったら、是非手に取ってみて下さい。

 さて、年明けにリリースされる宮地真緒の「妻が恋した夏」はどうなのでしょう。こちらは
余り大きな期待をしないで借りることにします。


LAST LOVE/愛人
LAST LOVE/愛人参考価格 5,076円
販売価格 3,756円(26%OFF)
 送料無料 (全国一律)

1,280円の業界最安値キャンペーンも、残すところあと一ヶ月と少しで(来年2月2日まで)で終了です! この作品を借りるなら、是非DMMで!
DVD/CDレンタル

 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2014年日本映画 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
変わった作品 by. ニシキ
この映画で桜木梨奈のヌードを初めて見ましたがとても良かったです。双極性障害という難しい役でしたが演技もいいですね。確かに火野正平とのラブシーンがあっても良かったと思いました。
2014.12.31 (00:02) | URL | EDIT
確かに変な作品ですよね by. じんのすけ
> この映画で桜木梨奈のヌードを初めて見ましたがとても良かったです。双極性障害という難しい役でしたが演技もいいですね。確かに火野正平とのラブシーンがあっても良かったと思いました。

 最後の恋、なんて宣伝していましたが、何か火野正平は保護者のようで、桜木梨奈を抱こうともしませんからね。
 桜木梨奈のヌードなら、初主演作「耳をかく女」の方が魅力的ですから、こちらも是非ご覧になってみて下さい。

2014.12.31 (00:18) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/512-d72f9a7c

コメントの投稿














xx HOME xx