じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 失楽園 第三話「妻の疑惑」 失楽園 第三話「妻の疑惑」│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


失楽園 第三話「妻の疑惑」 

2014/10/17 00:19/Fri
DVD&VHSパッケージミックス
京都で結ばれた久木と凜子
嫉妬に燃える青年・宗互が仕掛ける罠
そして、その不倫は妻に気付かれる・・

また久句に抱かれて喘ぐ凜子隣で寝ている凜子を起こす久木 
 今回は「失楽園 第三話 妻の疑惑」です。
 第三回は、京都で男女の関係になってしまった主人公・久木が東京に帰って妻に不倫の疑惑を持たれる回です。

凜子か・・どうしたんだ、凜子・・久木を見つめていんだよ京都の旅館で口付けする二人ホテルのベットで喘ぐ凜子 
 さあ、第三回目では関係を持ってしまった久木と凜子は、どうなっていったのでしょうか。

 当然、凜子に想いを寄せる久木の娘の婚約者・宗互が、二人の関係を黙ってみているわけがありません。

 今回は、最初から川島なお美のヌードが出てきます。

 もう、17年前にリアルタイムで見ていた方も、今までVHSのビデオレンタルでしか出ていなかったので、放送終了時から再見する機会が余りなかったと思いますので、見ていた当時をプレイバックして下さい。

 それでは、この「失楽園」ドラマシリーズを気になる方は、下の追記を読む、から想い出してみて下さい。

第三回「妻の疑惑」1997年7月21日(月)放送 第三回は10分拡大

ストーリー
 遂に前夜、京都で会った久木祥一郎と松原凜子は、能を見た帰りに京都の旅館に同じ部屋に泊まり、関係を持ってしまいました。
 
 翌朝、お互い裸で余韻に浸っている時に旅館の電話が鳴りました。久木や凜子の家族は、その旅館に泊まっていることは知らなかったです。

 久木が電話に出ると、かけてきた相手は何も言わず切りました。

 その電話をかけていたのは東京から凜子を追いかけてきた宗互で、彼は朝までその旅館の前に座り込んで、その電話は久木が泊まっているかを確認の意味でかけたのでした。
久木と凜子が止まって京都の旅館寝ている凜子を見ている久木

凛子に手をかける久木久木さんが悪いんですよ

電話が鳴る私たちがここにいると知って 

 その日の午後、二人は一緒の新幹線で東京に戻りました。

 宗互も東京に戻ると、父親の道夫が部屋に入って来て、知佳との婚約解消の原因を訊ねました。

宗互 俺は昨日、京都に行っていた。俺が夢中になっている人を追いかけて京都に行ってんだ。
 そしたら、その人は誰といたと思う。あんたの親友、久木祥一郎とデートしてたんだ
ぜ。
道夫 何、馬鹿なこと言ってるんだ。寝言みたいなこと言ってるんじゃないよ。
宗互 松原凜子って、結婚前にお父さんの制約会社に秘書で勤めていた人だよ。
道夫 松原凜子だって・・・
宗互 彼女、久木祥一郎と仲良くなってたんだよ。

 松原凜子は宗互の父・道夫もよく知っている女性でした。
 息子の話を聞いているうちに、宗互が嘘を言っているように思えなくなった道夫は、このことは二人だけの秘密で他言無用にしろと宗吾に釘を刺しました。
久木の旅館に電話するも無言の宗互後悔なさってる 
 ある日、凜子はホテルに久木に呼び出されました。
 凜子が家を留守の時に夫の姉の松原昌美が、久木からの電話を受け、“装丁の書を頼みたいからホテルで打ち合わせをしたい”という久木のメッセージを凜子に伝えました。

 あの京都以来、久木からの電話を心待ちにしていた凜子は、心踊らせながらホテルの部屋に入ってみると、そこに久木の姿はなく、いたのは宗互でした。

 宗互は久木の名前を使って凜子をホテルに呼び出していたのです。宗互は、いきなり凜子をベットに押し倒してきました。

 凜子は抵抗すると、宗互は跳ね飛ばされて椅子で首の後ろを打って気を失ってしまいます。

 気が動転した凜子は久木の職場に電話をかけて、すぐに来てくれるように頼みました。
朝風呂から上がってきた凜子着物を着ようとしてる凜子に・・

久木に振り向いて凛子を・・

凛子を布団に寝かせて優しくしてもらえますか 

 凜子から電話をもらってすぐに久木が駆けつけると、幸いにして宗互は気がつきました。

 宗互は奥さんも娘もいる身で凜子と不倫している久木を激しく責め久木を殴ると、すぐに走るようにその部屋から出て行ってしまいました。

 それから、久木は宗互が取ったその部屋で凛子を抱いてしまいました。

 久木は家に帰ると、すぐに着ているものを脱ぎ、靴下を妻・文枝に渡すと靴下のひとつが裏返っていました。

 朝出て行く時は、文枝は靴下はちゃんと久木に渡しており、靴下を裏返しで穿いているのは、ホテルなどで一度脱いだ可能性があることに文枝は気付きました。

 かくして、久木が急いで靴下を表裏を確認せずに穿いてしまったことで、妻・文枝は夫が浮気している疑惑を持ち始めていくのでした・・・
キスをする悩ましい顔で久木を迎えまた抱かれる凜子お電話、下さいねいつの間に猫ちゃんの集会所になつてて・・やーね台所で野菜を洗っている凜子 
 ストーリーの紹介は以上です。
 第三回は、主人公の久木が靴下を裏返して穿いて帰ってきた為に、浮気がバレるという回でした。

 確かに、朝出かける時は、靴下はちゃんと穿いていったのに、帰ってきた時は靴下を裏返しに穿いていたともなれば、
“ははぁーん、どっか行って来たな”と疑われますね。

 でも、久木は凜子と会う前にも、エロ好きな部下に誘われて嫌々(?)ヘルスに付き合わされているので、そこで靴下裏返しにしたんだという言い訳も出来ますが・・・

 妻の十朱幸代は、別にそのことについて夫を問い詰めてはいません。多分、ホテルである女性と浮気したな、の女の直感みたいなもんですね。
凜子が思い出している京都の夜あの夜のことを思い出している凜子

なぁーに考えてんの松原凜子って結婚前お父さんの会社で秘書をゃっていた 
 靴下を裏返して穿いて、浮気がバレるなんて、こりゃ妻帯者は気をつけてなくてはいけませんね。

 自分みたいな独り者だと、朝出て行く時にうっかり靴下を裏返しのまま穿いちゃったなんてことはよくあることです。

 ただ、奥さんがいる家庭だと、朝出て行く時はちゃんと穿いていたのに、何で靴下を裏返しで穿いていたのかしらと、不自然に思うでしょうね。

 この時点では、前日に京都で川島なお美と旅館で不倫してきたことはまだバレていません。

 京都に行ったのは部下の身元引取り人が目的で、その後女性と京都で待ち合わせしたことは奥さんには勿論、知られていませんからね。
宗互が見た京都の旅館に入ってく久木と凜子念の為、旅館に電話して確かめた家のことは全部、俺がやってんだぜあんなひどいことして・・もう、やっ!まだ迷いがあるんだ 
 それに、まだ妻役の十朱幸代、川島なお美の松原凜子という存在を知ってはいないし・・・
 いや、娘・知佳の婚約者の宗互が別の女性を好きになって、自分の結婚を白紙にしてきたというのは聞いてますが、それが川島なお美であるということは、まだ気付いてはいない筈です。

 その知佳の婚約者の宗互が、川島なお美の凜子に夢中になるのは仕方ないですね。

 知佳役の管野美穂も確かに、この時は20歳の若いですから、確かに可愛い。

 しかし、川島なお美のような年上で色っぽいお姉さんいたら、イチコロになってしまいますよ。
どれだけ精神的ダメージを受けるか妻の足を強引に開こうとする晴彦ふあっ・・一緒にシャワー入りません強引に妻にキスする晴彦ずっと俺を拒否し続けるつもりなのか 
 この頃の川島なお美って、20歳そこそこの小娘に太刀打ち出来ない、色気がありますから、例え年が一回り近く上でも、川島なお美姉さんの魅力にハマるのも無理ないことです。

 この第三回は、10分拡大しての放送でした。それだけ視聴率も取れて当時は話題になっていたドラマだったし、放送時間を通常よりも長くしたのでしょう。

 その割にはですね・・・川島なお美の濡れ場シーンは二回と増やしているのですが、東京でのホテルのベットシーンでは川島なお美のバストトップを見ることは出来ませんでした。

 相手役の古谷一行は、そのホテルの濡れ場シーンでも川島なお美のおっぱいを吸っているシーンは出てくるんですけどね・・・・
宗互さん、あなた・・・やっぱり久木の誘いなら簡単にホテルまで来るんだ凜子を襲う宗互頭を打ち付けて気を失う宗互早く来て!どういうことなんです、これは・・ 
 なんかねぇ・・このドラマ、各回もっと川島なお美のヌードを見せてくれていたのかと思ったら・・・そうでもないですね。

 今のところ、各回で川島なお美のヌードを見せるのは、一回限りになっています。

 自分の記憶の中では、これでもかっというくらい見せていたような記憶がありましたが、見直してみると、憶えている事とは違うのはやはり出てきますね。

 何せ、今までレンタルされていたのはビデオのVHSのみでしたから・・・DVDの今ではVHSデッキは殆ど壊れていて見ることは出来なかったせいもあります。

 1997年に放送されて、調べてみたら2007年や2009年にDVD化の話はあったそうですが、いずれも延期になったようでした。
久木を殴った宗互あいつ、思い切り殴りやがった

だって、この部屋は宗互さんが・・・凜子に近づき 


キスをする
凜子のパンティーを脱がし
 上キャプ画像で、
男性諸氏なら“おっ!また、ここで・・・”と期待を膨らませるシーンなのですが・・・・
 いい思いするのは相手役の古谷一行だけで、川島なお美のバストトップはここでは全く見せてはいないのが、実に残念です。

 これがテレビドラマじゃなかったら、もっと見せてくれたシーンになったかもしれないですね。

 それでも毎回、川島なお美のような有名女優がヌードを見せてくれているのですから、ドラマとしては画期的でした。
凜子の乳房を吸う久木あ・・


足からパンティーを外す抱かれていく凜子
 パンティーゆっくりと脱がされて、かなり期待値高いシーンなんですけどねぇ・・・

 渡辺淳一の作品からして
“愛と官能がテーマ”の作品が多いですから、それならば官能”の部分をしっかりと描かないと意味ないです。

 多分、やたらと規制が激しくなってしまった今のテレビドラマの世界では、この時の「失楽園」のように主演女優がヌードを見せることは出来なくなりましたから、ドラマでの「失楽園」のリメイクは無理でしょう。
抱かれた凜子夫の浮気に気づいた妻
 その意味では、このドラマ「失楽園」の川島なお美のヌードシーンは当時は衝撃でした。

 果たして、この回以降どんな展開になっていったのか、すごく興味深いですね。

 次回第四回は、川島なお美が喪服姿でバックから古谷一行とエッチ・・・という期待が膨らむシーンが遂に出てきます。

 でも、「失楽園」ばかり続いたので、
別の作品を挟んで、それからまた再開しようと思っています。

失楽園 DVD BOOK 上巻【DVD×2枚組・第1話~第6話・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

新品価格
¥9,900から
(2018/1/10 20:57時点)



失楽園 DVD BOOK 下巻【DVD×2枚組・第7話~最終回・300分収録】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

中古価格
¥6,480から
(2018/1/10 20:57時点)



☆レンタルなら、こちらが便利です。
DVD/CDレンタル

 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:失楽園テレビドラマシリーズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/498-087e98af

コメントの投稿














xx HOME xx