じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 リベンジポルノ (七海なな・ヌード作品) リベンジポルノ (七海なな・ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


リベンジポルノ (七海なな・ヌード作品) 

2014/10/08 20:03/Wed
 チラシ&ミックス
それは危険な愛の復習劇
ネットに裸の写真を拡散された女子大生
どうすれば消せる、黒く縁どられた過去を・・・

恋人丈一郎に言われるままに自我撮りしよとしている真理ホテルで恋人となつた丈一郎に抱かれている真理 
 今回は「リベンジポルノ」です。
監督 羽生研司。主演 七海なな。共演に笠原紳司、本山由乃、原田憲明。今年(2014)の夏に公開された映画が早くもDVD化されました。

スマホで自我撮りヌード元彼に襲われている真理元カノ・マリの恥ずかしい写真をネットに拡散している男1-4仁志にブラを外される奈津子アタシ、ここを出ていくわ刺された真理。実は・・・ 
 今回の新作映画は、今社会問題となっている元恋人の裸をネットに流す“リベンジポルノ”をテーマにした映画です。

 あの三鷹の女子高生殺人事件に端を発して、尚も増え続ける
“リベンジポルノ事件”が、どのように映像化されたのか興味深いものがありました。

 主演の七海ななは、勿論ヌードになっていますが、それに加えて七海なな演じる女優志望の女子大生が通うスクールの演出家の昔の恋人役を演じた本山由乃もヌードを見せていました。

 本山由乃(よしの)のヌードも魅力的な美乳でしたので、是非こちらも注目して下さい。

 それでは、この作品に興味のある方は下の追記を読むから、作品の一部をご覧下さい。

監督:羽生研司
脚本:高橋祐太
企画:海津昭彦
製作:海津敏行、朴炳陽
プロデューサー:西田宣善
プロデューサー補:田村由美
撮影監督:藍河兼
音楽:鈴木治行
製作協力:深谷フィルムコミッション 強瀬誠
制作プロダクション:有限会社オムロ/製作:『リベンジポルノ』製作委員会(スターボード/アジア映画社)
配給:オムロ
配給協力:スターボード/ c『リベンジポルノ』製作委員会
2014年08月30日(土)シネマート六本木(東京)

CAST
小林真理・・・七海なな
相沢奈津美・・本山由乃
斉藤丈一郎・・原田憲明
強瀬康之・・・松原正隆
映画監督・・・佐々木浩久
森本仁志・・・笠原紳司
1時間20分 ビスタサイズ

●予告編



ストーリー
 女優を目指す女子大生・小林真理は夢を追いかけ、アクターズスクールに通い、
日々レッスンに励んでいました。

 そんなある日、真理はほんの気晴らしにと気軽に始めたSNSで、小説家志望
と名乗る斉藤丈一郎と出会い、すぐに恋に落ちました。

 ある日、アクターズスクールに新しい演出
家、森本仁志が現れました。
 真理は講師として紹介される前にスクールの前で森本で会っており、禁煙の場所で煙草を吸う森本に注意し、路上に捨てた煙草を拾っていたのでした。

 森本はそんな少し生意気で女優を夢見る真理と自分の責任で死んでしまった元恋人・奈津美
を重ね合わせていました。

 一方で、二日目てのデートでラブホテルで関係した真理と丈一郎は、お互いの心の穴を埋めるか
のように歪んだ恋愛へと足を踏み入れてしまいます。
あ、もしもし・・危ない丈一郎とLLINEしている真理スマホで丈一郎と会話を楽しんでいる真理シャワーを浴びている真理のお尻体を洗い流して 
 そのうちに、言葉たくみに真理の裸の写真や動画を要求する丈一郎は要求していきました。

 恥ずかしがりながらも、真理は彼を愛するがゆえ、丈一郎の要求に応えてしまいました。

 それを知った森本は、自分が犯
した過ちを二度とくり返させてはならないと二人を止めにいきました。
 藤本もかつては恋人の裸をバラまいたことで、大事な恋人を失った痛い過去があったからです。

 真理はあるオーディションに受かり、映画に出演できるようになりました。気持ちの整理もつき、女優として確実
に階段を上って行く真理は、恋よりも夢を追うことを決心するしました。

 しかし、一方的に真理から関係を断たれ、
心の行き場を無くした丈一郎は、真理を妬み、<リベンジポルノ>を企てていくのでした・・・
お父さん、何て言ってたの煙草やめたほうがいいじゃないですか男が落とした煙草を拾う真理ビックリして言葉を飲み込む真理今日からレッスンを受け持つことになったレッスンを受けながらも森本を見ている真理 
 ストーリーの紹介は以上です。
 
“リベンジポルノ”といえば、真っ先に三鷹の女子高生・鈴木沙彩さん殺人事件が思い浮かんできます。

 あれは犯人が殺害する前に、鈴木沙綾さんの無修正の裸の写真をネットにばらまいて拡散させていました。

 その事件が影響してか、殺人事件までには発展しなくても、以前付き合っていた男が元カノと別れた腹いせに、
プライベートで撮った元カノのヌード写真をネットにばらまく“リベンジポルノ”がニュースで度々報道され問題になっています。

 その意味では現代社会の“闇”と向き合う、タイムリーな問題作とも言えますね。
コメディーできる女優さんになることですお前、本気で女優になりたいのか勿論です嬉しいぐらいなんだけど丈一郎にキスする真理真理の服を脱がし 
 最近のテレビドラマでは、フジの「若者たち2014」でも、佐藤家の四男坊・亘(ただし)が、同級生の橋本愛の裸をネットに流して“リベンジポルノ”しちゃったというエピソードがありました。

 でも、橋本愛はまだ現役JKでアイドル女優ぽい子ですから、裸の写真なんかドラマの中でも出るわけがなく、せいぜい下着姿止まりで、そんなんで果たして“リベンジポルノ”と言えるのか疑問です。

 そのドラマの中でも、ホテルに入って橋本愛に誘われるもののも、結局はからかわれただけで終わって、エッチはしてはいないのですからね。

 それに、この映画はタイトルにリベンジポルノとつけていますが、ネット等に拡散しているのはせいぜい上半身の裸ぐらいです。
恥ずかしそうにブラを取り小さな乳房が露出する


恥ずかしそうな真理ベットに倒して


真理のパンティーを脱がすゆっくり・・ 
 リベンジポルノとは即ち、付き合っている彼女の性器のモロ出し写真のことを言うのではないでしょうか。
 
 現に殺害された鈴木沙綾ちゃんは、付き合っていた頃の
全裸で股を開いて性器を“くぱあ”した写真をネットにばらまかれましたからね。

 この映画の中で、もうひとつの“リベンジポルノ”として、七海なな演じる女優志望の女子大生が通うアクタースクールの講師が若い頃、付き合っていた彼女の裸の写真をポラロイドで撮るシーンがあります。

 現代なら、スマホで写真だけでなく動画も簡単に撮ることが出来ます。ポラロイドというところが、スマホがなかった10年以上昔ということなのでしょう。

 でも、ポラロイドだったら、尚更にその女の子の
“アソコ”を撮りにいきますよ。男というものはそういう変態っぽい願望はありますからね。
真理に挿入する丈一郎丈一郎とセックスする真理 

スマホを片手に脱ぎだして


下着姿になりスマホを見ている真理
  映画の中で、七海なな、本山由乃、共に“リベンジポルノ”となるヌード写真を撮られて、パンティーを脱がされるシーンはあるのですが、二人とも裸の下半身が見れるシーンはひとつもありませんでした。
 二人の女優のヘアー自体見えるシーンが全くないのです。

 Vシネマならまだしも・・・一応は一日限りだけだったようですが、六本木シネマートンで映画として公開されたのですから、二人の女優のヘアーぐらい見せてもいいような気がしますけどね。

 七海ななが元彼にレイプされて全裸を映し出されるシーンも、下半身のところで画面が切られていました。

 
ヘアーを見せられない基準、って一体何なのでしょうね。
ブラに手を当て後ろのホックを外す


おっぱい、ポロリ彼に言われるままに


ヌードを撮る真理発声練習させられている真理
 本山由乃は仕方ないにしても、七海ななは元AV女優ですからね。
 ヘアーぐらい見せてもいいような気がして、彼女の主演作品ってヘアーが殆ど見えていません。

 これでは、七海ななを起用する意味がないのでは・・と思っちゃいます。

 “リベンジポルノ”というタイトルつけるなら、実際に問題になっている、無修正のモロ出し写真を撮られて、それをネットに公開されたという現実と同じにしないと・・・・
 
上半身だけのヌードだけだと
“リベンジポルノ”にしては、随分とぬるい描写だなあ、という感じです。

 それに、別にリベンジポルノではなくても、最近は女の子自身が自我撮りしてTwiterに自分の性器モロ出しヌードをアップしているのがありますからね。

 10/9にリベンジポルノの新法が出来ましたが、少し遅すぎた感じです。別れても、まだ彼女のことを好きだという気持ちが残っていたら、そもそもリベンジポルノなんて普通はやらないでしょう。
 
愛が“憎”へと変わると、理性を失って人を変えてしまうものなのでしょうけどね・・・
座長の芝居が好きでこの劇団入ったですおいっ・・


見て仁志を見つめて


仁志に手を伸ばして仁志の顔を触り 
 この映画で注目してほしいのが、上キャプの本山由乃です。
 七海ななが通うアクタースクールの講師の若い頃の彼女役で出演しています。

 七海ななは、いろいろな作品でヌードを見せていますから、ちょいと食傷気味ですが・・・この本山由乃は今まで見る機会がなかった女優さんで、今回しっかりとヌードになっていますから、どちらかというと本山由乃の方が新鮮でいいですね。

 何てたって本山由乃、おっぱいボリュームあってキレイだし・・・七海ななは、相変わらず・・・といったところです。

   その本山由乃、若い頃の演出家の劇団員で自分の方から抱いてと迫り、それから同棲して妻となる役柄です。
 一番最初の下着姿になるシーンは、
実年齢の24歳の若さが出ていますが、演出に愛想を尽かすシーンには、すっかりと大人っぽい雰囲気の妻の顔になっていました。

 
本山由乃は、主に舞台を中心に活動している女優さんのようですが、この作品をキッカケに注目度が増して、これからもっと大きな役をもらえそうな気がします。
紳司を見つめて・・奈津美を抱く仁志


奈津美の乳房に顔をうずめるラブホでエッチしている真理


すごいキレイだよあんっ・・
 だいたい、この手の映画の二番手女優は“脱ぎ要因”的で、そんなに魅力がない女優だったしますが、今回の本山由乃については・・・・
 もしかしたら主演の七海ななを食っちゃっているかもしれないです。

 それくらいこの映画の本山由乃は魅力的でしたね。

 特に七海なな、ちょっと飽きちゃったよという方は、本山由乃を追いかけて見るのもいいかもしれません。

 ところで、リベンジポルノっていわゆる振られた腹いせ行為ですよね。男として一番やってはいけない情けないことだと思います。

 
かつて愛した人に“リベンジ”するなんて・・・そんな醜態を晒して、それで気が済んだと言えるのでしょうか。そんなエネルギーあるなら、新しい恋を見つけるべきです

 時間が経てば、
あの時のあの気持ちは一体、何だったのだろう・・”気持ちが変わる時が絶対来ますからね。

 あの子のことがたまらなく好きだ、なんて激情的愛情も10年、20年と同じ気持ちでいられるかというと、決してそうではなく、時間の経過と共に人の持っている愛情なんて変わってくる筈、です。
真理の電話がなったので自分のスマホを撮りにいく真理


はいっ・・あんっ・・あっ


がっかないでよブラを撮られた奈津美の美乳
 ましてや、元カノの裸の写真をネットに上げるなんて・・・そんなことしたら、どんどん拡散して多くの人の目に晒されるわけです。

 劇中である人物がそのデータを完全に失くすために、男の部屋に入ってデータが入ってるPCやスマホ本体を壊しますが・・・本体壊しても外付けのHDDに残している場合あるし、メモリーステックにデータをコピーしている場合があります。

 それにネットに公開したら、そのページのアカウントが凍結されない限り、拡散し続けるわけです。

 最近は明らかに
“リベンジポルノ”と判断されるというか・・・性器モロ出しの無修正写真だったら、すぐにそのページは凍結されて見れなくなりますが・・・
 その画像を保存した誰かが、別のところでアップする可能性はありますからね。
乳首にクリームつけられて遊ばれる奈津美奈津美の乳房をぐいっと揉む


 要はネットに流されたら、回収など不可能に近いということになります。
 せいぜい出来るのはそのページを閲覧出来なくしてもらうぐらいですが、流出した時点で既に多くの人に保存されている、ということです。

 それに、女性の方も何でそんな恥ずかしい
性器モロ出しの猥褻な写真を撮らせるかも疑問です。

 ぶっちゃけ、
それを許した方も少し悪いのでは・・明らかに寝ている時に撮られたというのでないパターンが多いですからね。

 正常な神経の男なら別れたからと言ってネットに元カノの無修正写真を流すなんてことはしないでしょうが、撮られた時点で、“晒される危険性”は孕んでいるわけですから・・・

 今、問題にされている海外の女性スターのヌードは、リベンジポルノとはまた別のハッカーによる“流出”のようですけどね。
仰向けになって写真を撮られる奈津美いくぞ 


撮られた奈津美のヌードポラロイド
服を脱ぎだす真理
 上キャプ画像のようなポラロイドで彼女の裸の写真を撮るならば、絶対にパンツ脱がせて、性器モロ出し写真を撮ると思いますけどね。

 そこは映画の性表現の限界なのでしようか。男が行うリアリズムという点では、こんなものではないでしょう。

 ネットに元カノのヌードをアップすることから、その男は精神をかなり病んでいますから、当然ストーカーになる恐怖も付きまといます。

 よっほど、今彼が暴力的な男で、元彼を締められたらいいですけど、それでも怖いでしょうね。
下着姿になる真理そこまで堕ちたんですか近所に貼られた奈津美のヌード写真真理とのエッチ動画をネットに拡散放して・・強引に脱がされて 
 最後の展開は・・・これは重要なネタバレになるので言えませんが映画的な終わり方になっています。

 やはり最後の方は殺人事件に発展しますが、主役の七海ななの方はでありません。

 被害者は七海ななの関係者ではありますが、七海ななが殺されるという展開になりません。

 最後の方で一瞬、七海ななが後ろから刺されて・・というシーンは出できますが、その時は彼女は女優になっていた、というオチがあります。
いやっ・・抱き起こされ 


レイプ同然で放心時様態の真理気になって


削除された筈の自分の裸がネットに上げられていた
握手した相手は・・
 まあ、それでもそれなりに見れる作品には仕上がっていたのかな。

 何度も言うように世間で事件となっている
“現実のリベンジポルノ”を期待したら、少し肩透かしを食らいます。
 それでも、愛を失った時に向けられる矛先という点で、いろいろと考えさせてくれる作品でした。

 何よりも魅力的な本山由乃の新鮮なヌードが、この作品の一番の収穫でした。
 これから本山由乃がどんな活躍を見せてくれるか、また注目したい若手女優が増えました。


 この作品に少しでも興味のある方は、見ておいても
そんなに損はない見応えのある作品ですよ。
リベンジポルノ
リベンジポルノ参考価格 4,104円
販売価格 3,693円(10%OFF)
 送料無料 (全国一律)

☆レンタルするなら、こちらも便利です。
DVD/CDレンタル


 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2014年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/495-4a4f2113

コメントの投稿














xx HOME xx