じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 秘密 教えてあげる (濱田のり子・ヌード作品) 秘密 教えてあげる (濱田のり子・ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


秘密 教えてあげる (濱田のり子・ヌード作品) 

2014/08/25 01:38/Mon
VHSパッケージ
あの女(ひと)は、秘密の匂いがした
夏の終わり、少年は男になった
年上の女性に魅了される、ひと夏の経験

雅彦の顔に近づく百合花雅彦に抱かれている百合花
 今回は「秘密 教えてあげる」です。
主演 濱田のり子。今回は新作ではなく、今から18年前の1996年に発売されたエロチックVシネマがようやくDVD化になりました。
うなじがセクシーな年上の女・百合鼻雅彦に乳房を揉まれながら、ゆっくりと腰を動かす百合花庭に出たわね幼な馴染みの早苗の胸を揉んでいる雅彦はあっ・・・玉木に浴衣を脱がされていく百合花 
 今回のVシネマは濱田のり子、31歳の時に主演した若い頃のVシネマす。

 簡単なストーリーは、ある少年が田舎に帰省し、そこで魅力的な年上の女性に出会い、初体験していくというものです。

 今も尚、映画等でヌードの仕事を続けている濱田のり子の若かりし頃の妖艶なエロチズムたっぷりです。

 濱田のり子・主演の最新作「はだかのくすりゆび」のキャプ画像を交えながら、今と昔の濱田のり子の魅力に迫っていきたいと思います。

 それでは、濱田のり子に少しでも興味のある方は、下の追記を読むから、そのエロスの扉をお開け下さい。

1996年 オリジナルVシネマとして発売
2014年4月11DVD日発売

監督: 常本琢招
脚本:藤田一朗
メーカー:ティーエムシー

CAST
小山百合香・・・濱田のり子   
池田雅彦・・・大沢一起
早苗・・・西谷有可
玉木・・・多比良健
諏訪太朗 竹本泰史 柏木千春 加藤純平

1時間11分 スタンダードサイズ
妖艶な年上の女・小山百合花少年が後にする新宿。山手線とすれ違う。この人雅彦が受け取った小山百合花の写真目に飛び混んで来た女性のうなじ故郷に帰る特急電車でうたた寝している雅彦
ストーリー
 池田雅彦は、高校三年生で、彼は学校で問題を起こし、謹慎処分となり、その間、生まれ育った田舎に一時的に帰ることにします。

 新宿発の特急電車に揺られて、ある旅館に着くと、そこには浴衣を着た美しい年上の女性がいて、雅彦が部屋を覗くとその美しい女性・小山百合香が自慰行為をしていのが目に飛び込んできました。

 すぐに雅彦と幼ななじみの早苗も、その旅館にやって来ました。その旅館は早苗の叔父が経営していたのでした。

 さっきまで雅彦が、オナニーを見てしまった美しい女性・百合香も出て来て雅彦に挨拶をします。

百合香 雅彦さんでしょ。小山百合香です。初めまして。
雅彦   雅彦です。お世話になります。
浴衣姿で自慰行為している女性振り向く百合花元気だった雅彦さんでしょ迎えに行けなくてごめんなさいね支度ができるまで楽にして下さいね
百合香 迎えに行けなくて、ごめんなさいね。荷物、どうぞ。

 どうやら、雅彦のお世話はこの美しい百合香がしてくれるようでした。百合香は、松彦の額に傷があることに気付き、その傷にそっと口づけしてくれました。
 雅彦はいきなり百合香が額にキスしてきたので驚きました。

百合香 傷、膿んだりしたら、大変だから。

 それからき雅彦は、すっかり百合香に心を奪われ、彼女が西瓜を食べる時もずっ見つめていました。

 やがて、百合香が町の男とセックスしている所を見てしまい、雅彦もまた百合香に誘われるように、初めての体験を百合香としていくのでした・・・・
雅彦の額の傷に口づけする百合花傷、うんだりしたら大変だから男前になって驚いたんじゃない西瓜を食べる百合花その口元がセクシー
 ストーリーの紹介は以上です。

 この作品、最初見ている時は、濱田のり子の最新作とばかり思っていました。
 しかし、見ていると
画面がスタンダードサイズ。あれっ!?何かおかしいぞ・・・”と思いました。

 今のVシネマ作品で映像の画面がスターンダードサイズってことは有り得ないですからね。
それに、
濱田のり子の顔も何だか若いし・・・・

 調べてみたら、1996年の製作・発売された18年前のVシネマで、最近になってようやくDVD化されことに気付きました。

 だから、濱田のり子も若いわけです。濱田のり子が31歳の時の主演したVシネマ作品ですからね。
西瓜の汁が百合花の胸に落ちるキレイなまつげしてるわねいきなり踊り出す百合花雅彦が芦を止めると、庭で・・・百合花が一万円札を燃やしていた雅彦が覗くと 
 今回からスタンダードサイズの作品もオリジナルの画面に合わせたキャプチャー画像にしました。

 今まではPower DVDで再生すると、少し横長のビスタサイズになってしまいましたが、設定でオリジナルに合わせにすると、画面もオリジナルサイズになりました。
 
 ただ、スタンダードサイズは真四角な形で縦にも大きいですから、それで今までのようなサムネイル画像サイズにしてしまうと、かなり大きいサイズで表示されてしまいますから、サムネイル画像も今回は少し小さくしました。

 ダブルクリックして拡大表示すると、画像はかなり大きいですよ。(特にヌードキャプチャーは130から150%アップの更に大きなファイルサイズにしてあります。)
百合花にキスしながらあっ、あー・・ 


はっ。あっ・・ぐいっと百合花の浴衣をはだき
 
百合花の乳房を揉む百合花の乳房 
 ところで、今回の作品はTSUTAYAの店舗ではレンタルとしての取り扱いがありません。

 TSUTAYAアプリで在庫検索したも、レンタルの取り扱いは出てきませんでしたからね。
 だから、この作品を見る為にはセルで買うか、宅配レンタルのDMMなどの会員になるしか見ることは出来ないのです。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト 
 この作品を見たいが為に、最近DMMに再入会したようなものです。昨年の6月に出た
小松みゆきの最新作「連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない」もTSUTAYA店舗にレンタルの取り扱いがなく、宅配レンタルのDMMで借りました。

 最近、店舗レンタルのTSUTAYAでも、新作なのにレンタルの取り扱いがない、って商品はかなりあります。

 今回のように、再リリース作品ではなく、完全な新作なのに、
えっ、新作なのに何で取り扱いがないの・・・”、というのが多くなりましたね。
日傘を差している百合花濡れて透けた早苗の服

ドキドキしている雅彦真彦におっぱいを見せてあげる早苗


それを近くで見ている百合花雅彦の足を拭いてやっている百合花 
 そういう場合は、宅配レンタルを頼るしか見る方法はありません。 
流石に、何でもかんでも、見たい作品をセルで買う、というわけにはいきませんからね。

 特にDMMではアダルト作品にも強く、レンタル認可されている作品の殆どを揃えています

 見たい作品の在庫自体がない、なんて・・・かなりガッカリレベルですから、その点宅配レンタルでは、そういうことがないのが一番の強みです。
ねぇ、どうしたの・・・そのあと、アタシの部屋を覗いたわね 
 どこかの店舗レンタルチェーン店がDVD旧作一枚50円セールをしてたとして、そこに借りたい作品の在庫がなかったら、どんなに安くてもそこでは借りる気が起きないですからね。

 DVDレンタルする時の最大のポイントは見たい作品の在庫があるかどうかです
“当店では、その商品はレンタルのお取り扱いがありません”では、話になりません。

 店舗型ビデオレンタル店は、どこも経営が厳しくなっているせいか、レンタルの取り扱い商品の選択を絞っていますが、それでは宅配レンタルに更に追い越されて、利用者が益々減る要因のひとつにもなってくるような気がします。

 ところで、タイトルの「秘密 教えてあげる」。このタイトルから想像するに、主演の濱田のり子が家庭教師かなんかで少年を誘惑するかというイメージ持っていましたが、実際には違っていました。
雅彦に顔を近づけ・・裸になった雅彦、百合花にキス


百合花の乳房を揉む雅彦はあっ・・あっ

着物がはだけて百合香の乳房が露出雅彦がたわわな百合花の乳房を揉む 
  まあ、年上の艶っぽいお姉さんが、まだ女性を知らないチェリー・ボーイを誘惑して、“セックスを教えて、あ・げ・る”のですから、そこはいかにもVシネマならではのエロストーリーです。

 でも、この濱田のり子の役柄が“女教師”だったり、せめて“家庭教師”だったりしら、もっとエロ度も増したのですけどね・・・・

 特にミニスカート姿でパンツをチラリなんてシュチュエーションだったら、更に萌え上がるものがありましたが・・・・
 今回の濱田のり子姉さんは、夏の浴衣美人、といったところで、“着エロ”で少年を萌え上がらせるというわけではありませんでした。
雅彦に乳房を鷲掴みにされて悶える百合香雅彦に乗って、ゆっくりと腰を動かし


  この作品の主人公の少年がいつもチラ見ていたのは、キレイな脚の股間ではなく、のり子姉さんのうなじでした。

 でも、この浴衣姿の濱田のり子姉さんの色気、ゾクゾクします。
 今、第三の洗剤ジェルボールドのCMでミランダ・カーが和服で出演していますが、やはり外国人が日本の着物を着ると違和感がありますが、のり子姉さんのように着慣れている日本女性だと、その艶やかな色気に目を奪われてしまいます。

 これぞ、
“よくぞ日本女性に生まれけり”といった、日本着物美人の真骨頂とも言えます。
 それで、着物がはだけて、おっぱいポロリで、少年はガッついてのり子姉さんの乳房を揉みまくるこの濡れ場シーンはかなりそそらますよ。
百合花の乳房を揉みまくり喘ぐ百合花


百合花の乳房を揉みまくり上体を起こして


たたわわな乳房を揺らして興奮している百合花雅彦にキスする百合花
 やっぱり、のり子姉さん18年前の31歳の“女盛りの頃”の年代の作品ですから、顔も若いが、おっぱいも若いです。

 胸は、若い頃からそんなに大きくはないけれど、
“たわわな乳房”という表現がピッタリくるほど、すごく素敵なおっぱいで、実にエロいです。

 女優は芝居の上手い下手とか、そんなものよりも、大切なのは色気で、実際に全てを曝け出せるか・・つまりはヌードになれるかどうかですね。

 女優の一番美しい衣装は何か?それは一糸まとわぬNUDEだと思います。

 そのNudeの衣装(?)には、当然個人差の美しさが生じてきますが、まずNudeになれるかどうかが一番大きな問題でもあり、女優を続けていく上で誰もがぶつかる課題のようなものですね。。

 裸の芝居が出来るかどうかかで、女優としての評価の分かれ目になってくると思いますよ。一番いい例が松坂慶子です。
アタシが一人ぼっちでも、あなたが満足で嬉しがっていると思っているの結局、電車に乗らなかった百合花電報を見て愕然となる百合花中年男に胸を触らせてあげる早苗早苗のブラを上げてキスする雅彦早苗にキスしながら胸を揉む雅彦 
 松坂慶子も、30を過ぎてからバンバン脱ぐ役をやってから、主演女優賞を二年続けて取ったりはしていますが、決して今も昔も芝居の上手い女優さんではありません。

 “脱ぐ役”をやつたことで、スター女優からトップ女優の仲間入りをし果たしましたが、もしも脱ぐことをずっと拒否し続けてたら、今の松坂慶子はなかったでしょう。

 かと言って、脱ぐ役ばかりやれば、必ずしも上に上れるかといったら、そうでもないです。
 90年代なんて、それこそVシネマでクィーンと呼ばれた
嶋村かお、がいましたが、結局はVシネマの衰退と共に消えていきました。

 嶋村かおりに関しては、2000年に入る頃から、脱ぐ役をやらなくなり、露出が減ったことでVシネ主演作品も減っていきました。
 でも、写真集ではヘアヌードで2003年まで出して、結局は最後は韓国のAVもどきの中途半端な作品が彼女の引退作品みたいになってしまい、それが何とも残念です。
ぐいっと早苗の乳房を持ち上げ 


早苗の下半身に触る早苗に挿入した雅彦


百合花にキスする雅彦裸になった百合花 
  濱田のり子も、嶋村かおりと同じ90年代に活躍していたVシネ女優でした。同時代に活躍していた女優たちが消えていく中で、唯一人今現在も活躍している女優さんです。

 もう一人のVシネクィーンだった大竹一重も、別に引退しているわけでなく、最近なってまたイメージビデオを出していますが、昔のような映画やVシネマでの主演の話はないですからね。

 濱田のり子姉さんなんて、来年には、大台に乗る年齢なのに未だにヌードの仕事をやり続けて、それが主演だったり、準主役だったりするわけですから、かなり活躍していると言えます。

 ここで、のり子姉さんの最新作「はだかのくすりゆび」のヌードキャプチャーで、濱田のり子の昔と今を比べてみます。
★「はだかのくすりゆび」2014)濱田のり子49歳
「はだかのくすりゆび」でブラを外す48歳の濱田のり子形のいい片乳がでて形のいい両乳房が露になり・・・美しい横乳自分の乳房に・・・胸に手をやる 
 上キャプが、今現在の濱田のり子姉さんのヌードです。確かに顔だけは“寄る年波の年輪”が否が応でも出てしまっています。

 ただ、おっぱいはそんな年を取っていない印象を受けます。
 これは2011年の時に発売された小松みゆきの40歳の主演作「いつもより素敵な夜に」の時にも言いましたが、顔は老けても小松みゆきの裸は、おっぱいは若い頃とさほど変わってはいませんでした。
 いや、濱田のり子も、充分に鑑賞に堪える素晴らしいおっぱいです。

 しかし、どんな女優さんでも、ヌードは真正面から撮ったのでは、それほど美しくは見えません。少し斜め角度で横から見て
“おっぱいが三角形”になる方がより美しく見える、というものです。

 この「はだかのくすりゆび」は上・中・下と三部作あるのに、濱田のり子がヌードを見せるは前編のこのシーンのみで、後の濡れ場シーンは、何故かひたすらバストトップを隠して一切見せてはいませんでした。

 それでも、ヌードは辞さずの姿勢で見せてくれています。そうでなければ、完全熟女の年になっても、映画でヌードのオファーが来る筈がありません。
仰向けになり再び、雅彦とのセックス 

抱かれる百合花裸で寝そべっている早苗と雅彦 
 ましてや、本作品は濱田のり子の若かりし頃のヌード作品ですから、その
たわわなおっぱいを揺らしたり、男優に揉ませたりして、“こりゃ、たまラン、ラン!”です。

 でも、Vシネマって今も昔も下半身のヘアーは殆どNGな作品が多く、本作品でも女優の裸の下半身が映るシーンは一切ありませんでした。

 この作品は、成人指定作品となっているわけですが、濡れ場シーン的にはそんなに過激でもないですね。
 少年が幼なじみの女の子とエッチするときも、パンティーの上から触るシーンはありますが、パンツの中に手を入れるまでのことはしていません。

 同じ90年代のVシネマの麻田かおりなんて、男優にパンツの中まで手を入れまくられて、それは流石に成人指定受けても仕方ない過激なエロでしたけどね・・・

秘蜜 教えてあげる [DVD]

新品価格
¥3,335から
(2014/8/24 23:45時点)

 昔、濱田のり子が所属していたアイドルグループ、セイント・フォー時代から好きだった人や、当ブログ記事で濱田のり子に興味を持たれた片は、この作品はエロスが一杯詰まっていますから、見る価値はありますよ。
うちで働けばいいのにそれもいいかもな・・・


 一方で、少年の同級生を演じた西谷有可という子も、なかなかの美乳ちゃんで気になりました。他に出演しているVシネマ作品はないかと探したくなりました。

 とにかく、90年代のVシネマは、作品的には駄作でも、女優が輝いているお宝的作品が、未だDVDになっていない作品が多くあるのです。

 濱田のり子姉さんのこれからの活躍にも注目したいのと、今までビデオのみで眠っている
“お宝V的シネマ”が、これからドンドンとDVD化されないかなと、そこの期待も膨らんでいるところなのです。

☆この作品が見たい!と思った方は、是非DMMに。店舗レンタルでは、まず在庫があるチェーン店はありません。
DVD/CDレンタル
10月にDVDリリース予定の「妹ちょ」のディレクターズ・カット版(R18+)がDMMで先行配信されています。勿論、有料ですが、少しでも早く見たい方は下記をクリックして、ご検討して下さい。
【先行公開】最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 ディレクターズ・カット版


 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に
甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:ヌードなVシネマ | CM(7) | TB(0) |
xx HOME xx
by. 名無し
片岡明日香(当時立河あすか)の若妻痴漢遊戯でヘアが見られますが、あれってジャンル的にはVシネでにはならないのですか?
2014.08.25 (20:48) | URL | EDIT
全てのVシネマを見ているわけではないので・・・ by. じんのすけ
> 片岡明日香(当時立河あすか)の若妻痴漢遊戯でヘアが見られますが、あれってジャンル的にはVシネでにはならないのですか?
 正直言って承認するかどうか迷いました。
 何故、投稿者の名前ぐらいつけられないのでしょうか。
 掲示板に投稿する時だって、投稿者のハンドルネームがない場合は受け付けてくれない筈です。
 もう、いい加減言い飽きました。
 ここFC2が、無記名でコメントを出せるシステム自体、疑問で仕方ありません。

 申し訳ありませんが、投稿者のIPアドレスで以前にコメントくれた人かどうか判りますので、次回も名無しの場合は承認し兼ねます。

 それに、全てのVシネマを見ているわけでもないですし、たまたまヘアーが見えている作品は成人指定作品であると思います。

 全てのVシネマがヘアーNGみたいに書いてしまったこちらとしても、間違っていました。
2014.08.25 (21:20) | URL | EDIT
セイントフォーさんは食傷気味 by. 温泉好き@元西巣鴨
管理人さんも気になる共演者の西谷有可さんの方が私も気になります。こういう「ニッポンのおかあさん」風なオッパイは好みです。
さて話変わりますが「TOKYO TRIBE」に出演の清野菜名が気になります。
さらに話が逸れますが監督の園子温って政治的なポジションは不明ですが井筒和幸と似た感じを持っていると思いませんか?
2014.08.25 (23:53) | URL | EDIT
おおっ!温泉好き@元西巣鴨 さん、お久しぶりですね by. じんのすけ
> 管理人さんも気になる共演者の西谷有可さんの方が私も気になります。こういう「ニッポンのおかあさん」風なオッパイは好みです。
 そりゃ、今の49歳の濱田のり子はニッポンのおかあさん的な雰囲ですが、この「秘密 教えてあげる」は、お母さんと呼ぶには若過ぎる年齢ですよ。
 西山有可は検索かけても画像自体が全くない子なので、温泉好き@元西巣鴨さんとしては、こちらのヌードの方が新鮮でレアだったでしょうね


> さて話変わりますが「TOKYO TRIBE」に出演の清野菜名が気になります。
> さらに話が逸れますが監督の園子温って政治的なポジションは不明ですが井筒和幸と似た感じを持っていると思いませんか?
 あんな同業者を批判する腐れ外道の井筒と今快進撃を続ける日本映画の鬼才・園子温を一緒にしないで下さい!
 某掲示板で、温泉好き@元西巣鴨のスレを見ましたよ。
 温泉好き@元西巣鴨って新しい女優さんが好きですよね。


 でも、昔の女優さんの方が色気があって濱田のり子はそんなには好みではなかったのですが、この「秘密 教えてあげる」は、見直すほどの色気があってなかなかでしたよ。

 そうは言っても、若手女優では「赤×ピンク」の芳賀優里亜ちゃんが今一番の推し女優で、彼女のヌードがそれ一本で終わらないことを願いたいし、彼女が再びヌードにならなければまた深夜ドラマ枠のゲスト出演程度の仕事しか来ないような気がしますからね。

 食傷気味なんて言わないで、見方を変えれば、今までそんなに好みじゃなかった女優の気がつかなかった魅力に気付かされることがありますよ。好みじゃないと言われたら、それまでですけどね。

 最近はいろいろとやることが多過ぎて、寝る時間すら勿体なくなっている今日この頃です。
2014.08.26 (00:27) | URL | EDIT
温泉好き@元西巣鴨さんへ。再度、返信です。 by. じんのすけ

> 管理人さんも気になる共演者の西谷有可さんの方が私も気になります。こういう「ニッポンのおかあさん」風なオッパイは好みです。
 「ニッポンのおかあさん」風なは、主演の浜田のり子ではなく、西谷有可のことを言ってたのですね。
 最近、年なのか、細かい文字だと、よく見えづらいというか深夜に入ると特にそうなってしまいます。
 ブログみたいにコメントの文字も大きくできたらいいんですけどね。

 まあ、西谷有可をリアルタイムで昔から知ってたよ、なんて人は少ないでしょうし、けっこういいおっぱいしてたので、他に出演作はないかとDMMで検索かけても、やはりこの「秘密 教えてあげる」のたった一本しか出てこなかったのが、凄く残念ですね。


 コピペして貼り付けたので、さんが抜けていて温泉好き@元西巣鴨さんを呼び捨てにしていることに気がつきませんでした。申し訳ありません。
2014.08.26 (23:45) | URL | EDIT
はじめまして by. ビデオ大好きアナクロニスト
初めてコメントを書かせていただきます。
「秘蜜 教えてあげる」、超懐かしいですね~。07年に当時通い詰めていた西荻窪のレンタルビデオ店で借りたことがあります。
日本ではあまり多くない「筆下ろしモノ」映画でありながら、Vシネマという媒体の性格上有名でないだけに、観る機会を得られたのが嬉しかったです。
濱田のり子はこの作品を視聴する前に別のエロスVシネマで知ったのですが、本作の方があらゆる点で好感が持てた記憶があります。特に主人公との濡れ場シーンは、しっとりしていながらグッとクるものがありました。
それにしても、同氏が今なおお色気の一線で働いているのには脱帽ですね…。
懐かしい甘美な記憶を呼び覚ましてくださり、ありがとうございました。いつか機会ができればDMMで再見したいと思います。
2015.09.05 (22:47) | URL | EDIT
この頃の濱田のり子は最高に色っぽいですね。 by. じんのすけ
> 初めてコメントを書かせていただきます。
> 「秘蜜 教えてあげる」、超懐かしいですね~。07年に当時通い詰めていた西荻窪のレンタルビデオ店で借りたことがあります。
 そういえば、西荻窪にもビデオレンタル店ありましたね。多分いまでは、その店はなくなっているのではないでしょうか。
 レンタル店はTSUTAYAとDORAMA、GEOチェー区ぐらいしか今残っていないですからね。

> 日本ではあまり多くない「筆下ろしモノ」映画でありながら、Vシネマという媒体の性格上有名でないだけに、観る機会を得られたのが嬉しかったです。
 確かに、この作品はそんなに有名な作品ではないだけに、この紹介をした直後にDMMの月額会員になって下さった方がいました。TSUYAYAの店舗には、まず在庫がないですからね。

> 濱田のり子はこの作品を視聴する前に別のエロスVシネマで知ったのですが、本作の方があらゆる点で好感が持てた記憶があります。特に主人公との濡れ場シーンは、しっとりしていながらグッとクるものがありました。
 そのしっとりとした濡れ場シーンこそが、Vシネマのエロチズムの極地ですね。

> それにしても、同氏が今なおお色気の一線で働いているのには脱帽ですね…。
 濱田のり子も、50歳の大台に乗ったというのに、未だにエロ路線で活躍していますからね。Vシネマ女優で唯一生き残った貴重な女優でも有ります。

> 懐かしい甘美な記憶を呼び覚ましてくださり、ありがとうございました。いつか機会ができればDMMで再見したいと思います。
 DMMにはTSUTAYAに行っても置いていないレアなVシネマがありますので、是非月額会員をご検討下さい。
 新規だったら、初月無料ですし、1,980円で何枚でも一ヶ月借り放題です。
 何よりもレンタル認可されている作品の殆どがありますから、昔懐かしいVシネマもたくさん在庫あります。
宅配レンタルでは一番のお勧めです。
2015.09.06 (10:24) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/482-bc358a1d

コメントの投稿














xx HOME xx