じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 女の穴 ( 石川優実・初ヌード作品) 女の穴 ( 石川優実・初ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


女の穴 ( 石川優実・初ヌード作品) 

2014/07/13 20:53/Sun
DVD/CDレンタル
チラシ表&裏
この穴は宇宙につながっている
教師と生徒のアブナイ関係!?
抑えきれない暴走恋愛エンターティメント!

幻想り中でも生徒の幸子とセックスしている夢の中の福田パックから男子生徒とセックスしている小鳩 
 今回は「女の穴」です。
監督 吉田浩太。主演 市橋直歩、石川優実。
 ふみふみこ・原作のコミックを映画化し、本年6月に公開された映画が早くもDVDリリースされました。
担任・福田を見つめる幸子ブラをつけたまま担任の福田とバックからエッチしている幸子手、止めんなよ、ブタがっ・・ロッカーの中から女子生徒・小鳩が下着を脱いで誘惑しているのを見ている教師・村田の眼えっ・・ここで?ロッカーの中に隠れて見ている村田に見せ付けるように取手に抱かれている小鳩 
 今回の新作映画は、「女の穴」と「女の豚」の二部構成です。

  「女の穴」は、担任教師を誘惑する女子高生は、自分は実は宇宙人で地球の子供を宿すように命令されたと担任教師とセックスするストーリーです。
  「女の豚」は、ゲイの中年教師が教室でオナニーしているところを見た女子生徒が、その教師を調教してしまうというストーリーです。

 今回の映画で「女の豚」で主演の石川優実の初ヌード披露となる作品でヘアーヌードも見せています。
 一方で、「女の穴」で主演の市橋直歩の方は、下着をつけたままの濡れ場シーンなので、対照的に全く見せていません。

 それでは、この作品に興味のある方は下の追記を読む、から作品の一部をご覧下さい。

2014年6月28日レイトショー公開
2014年7月2日 DVD発売
監督・脚本 吉田浩太 
アソシエイトプロデューサー 関顕嗣
原作 ふみふみこ(りゅうコミックス・徳間書店刊)
撮影 山崎裕典
音楽 松本章
主題歌 MAMADRIVE「女の穴」

CAST
鈴木幸子・・・市橋直歩
萩本小鳩・・・石川優実
福田祐一・・・小林ユウキチ
取手衛・・・・布施紀行
服部めぐみ・・青木佳音
村田克己・・・酒井敏也
1時間35分 ビスタサイズ

●予告編


女の穴 ストーリー
 卒業アルバム製作について担任教師・福田祐一は音楽室で委員長を誰にするかでクラス全員に聞いたところで、手を挙げる女子生徒がいました。その子は鈴木幸子という子でした。
 
 福田は卒業アルバム製作の打ち合わせを幸子としている時に彼女から突拍子もない事を言い出してきました。
幸子 私と子供を作ってくれませんか。
福田 子供?
幸子 私、異星人なんです。今は地球人の体を借りていて、地球人との子供を作ってくれるように命令されているのです。
 余りにも可笑しな事を幸子が言い出してきたので、福田は呆れて早々に打ち合わせを終わらせました。

 学校が終わって放課後、幸子はみかん畑に車を停めている福田のところに行き、少し話すと、いきなりパンツを脱ぎ出しました。
 幸子はそのまま車に乗り、そのまま車の中でセックスしました。
終わんねぇよ、このままじゃあ・・私、やりますはい誰も手を挙げなかったので時間の無駄です球人との子供を作ってくるように命令されているんです
何ですか 
 それから一ヵ月後、再び車にいる福田のところにやってきた幸子は、そのまま福田のアパートに行き、そこで再びセックスをしました。

 福田は幸子を抱いている時に不思議な穴に吸い寄せられるかのような幻想の中にいました。

 彼女とセックスする度に、福田は不思議な宇宙の穴の空間にいました。
 やがて福田は、幸子は異星人なのかという疑惑が本当のことのように思えてくるのでした・・・
何ですか制服の上から幸子の胸を揉む福田車の中で激しく腰を振る幸子もう一度、お願いしてもいいですか妄想の中で福田にまたがる幸子まだ分るわけないです。性交して一ヶ月ですから。 
女の豚 ストーリー
  卒業アルバムの製作の会にいる萩本小鳩は振り返ると、教室のドアから中年教師・村田が見つめていました。

 村田が見つめていたのは女子生徒ではなく、男子生徒の取手なのでした。
 村田は誰もいなくなった教室の取手の机の前でベルトを外し、ズボンを脱ぎパンツまで下ろして下半身モロ出しして、机に股間をこすりつけてオナニーを始めました。

 しかし、その教室のロッカーに小鳩が隠れており、ロッカーから出て小鳩は村田裸の下半身むき出しの恥ずかしい姿をカメラに撮りました。

 小鳩は、誰にも言えない村田の恥ずかしい秘密を握ったのでした。
幸子の制服を脱がしパンティーを脱ぐ幸子そろそろ始めましょうか何か手伝いますか幸子の中で激しく動いている福田バックの体制にして 
 授業が終わり、誰もいなくなった教室を小鳩が覘くと、また村田が日課のように机にこすりつけてのオナニーをしていました。それで小鳩は教室に入って村田を問い詰めました。

小鳩 で、この日課はいつから?
村田 はい。一年前からでして。最近はストーキング行為もしています。
 小鳩は何処から手に入れたのか取手のジャージを村田に投げつけ、村田はそのジャージの匂いを嗅いで再びオナニーを始めました。

小鳩 ア、ハハ。ゲスやなあ~まるで豚や。
 それでも、村田は男子生徒・取手のジャージを口に当てながらオナニーを続けました。

 それから村田は小鳩に調教される豚のようになっていきました。
 ある日、小鳩は教室のロッカーに村田を隠し、取手を誘惑して全裸になり、村田に見せ付けるように取手とエッチするのでした・・・
制服着たままでバックからブラをつけたままセックスしている幸子また幻想の中で夢の中でまた幸子とセックス何か非常事態ですか?ケータイの中の写真データを見る幸子 
 ストーリーの紹介は以上です。
 この映画、今年の6月28日から一日一回限りの一週間限定のレイトショー公開されて、その4日後にDVD発売されています。

 DVD発売された日もレイトショー公開されています。DVDリリースされてから、10日間も映画館でレイトショー公開されていたようです。
 劇場にまだ上映中の新作映画がレンタル店で借りれるとは、いやはや何ともです。

 今は情報が早いですからね。「うわこい」の時もそうでしたが、レンタル店に既に並んでいるというのに、それでも劇場でレイトショーを見に行く人っていたのでしょうか。

 劇場公開は、あくまでもDVDの宣伝でしょう。劇場公開しなくて単なるVシネマとして出すより、劇場公開して映画としてなら、メディアでの取り上げ方が、おのずと違ってきますからね。
今までありがとうございました振り返って窓の外のいる教師の村田を見る萩本小鳩は・萩本・・教師・村田の恥ずかしいとこをカメラに撮った小鳩授業を受けている小鳩教師の村田がオナニーしているところを覘いている小鳩
 この作品、 レンタル開始日の7月2日にTSUTAYAで借りたのですが、既に四枚貸し出し中で最後の一枚が残っていました。

 インディーズ系映画でそんなに話題になっている作品とも思えまんでしたが、意外と人気がありました。
 余裕で借りれるだろうと思っていたので、危うく全部貸し出し中になるとこでしたからね。

 この映画作品の主演女優は市橋直歩と石川優実の二人です。ストーリーが二部構成ですから、主演女優も二人というわけです。
 といってもヌードになっているのは、「女の豚」の石川優実です。

 「女の穴」の市橋直歩は濡れ場シーンは、ブラをつけたままで全く見せていません。
で、この日課はいつから?まるで豚豚のくせにシャワーを浴びた小鳩メガネを外した小鳩ロッカーに隠れる村田 
 何故、ヌードNGの女優を主演で使わなければいけないのでしようか、疑問です。

 前回アップした木嶋のりこでさえフルヌードになる時代だというのに、木嶋のりこより明らかに知名度が劣る市橋直歩を起用する意味が判りません。

 だいたいが教師と女子高生のエッチならば、間違いなく教師は若い女子生徒の乳房にしゃぶりつく、つまりはすぐにでもブラを外そうとする筈ですが、それが起用されている女優の都合で下着つけたままのエッチなのですから・・・
 こんな不自然極まりない濡れ場シーンはありません。

 一方で、石川優実もこの映画作品が初ヌードだというのに、こちらは胸だけでなく、下のヘアーも見せています。

 前回の「ちょっとかわいいアンアンメイデン」のように吉住はるなのような脇の準主役の子がヌードになれないのならともかく、主演女優が濡れ場シーンでブラ外せないようじゃ、起用する意味がないのではないでしょうか。

取手の前で制服を脱ぎ出し下着姿になって


更にパンティーを脱ぎ


全裸になった小鳩村田はロッカーの中でその様子を
 ところで、しっかりヌードになっている「女の豚」の石川優実は、教師の秘密を握って、その教師を豚のように調教していくわけですが・・・・
 その教師はホモで、女子生徒の石川優実に興味はなく、男子生徒がオナニーの対象です。

 それも、その男子生徒のジャージの匂いを嗅いでオナニーとは・・・
おいおい、男の匂いなんて例え若い男子でも、ただ汗臭いだけで間違っても、いい匂いなんてしないぞ!

 このオナニーの対象が女子の体操着だったり下着ならば、まあ匂いを嗅いでみたくなる気持ちも判らなくもないのですが、男の匂い嗅いでオナニー?
 うげぇーーーーーっ!!ですよ。
 何で、こんな可笑しな設定にしたのでしょう。フツー通りノーマルに、「女の豚」も教師と女子生徒とのアブナイ関係の第二弾で良かったのに・・・
 原作からして、そういう設定なら仕方ありませんけどね。

取手が小鳩に挿入セックスしている小鳩取手に突かれながら、ロッカーの中にいる村田を見ている小鳩今度はバックから村田を見つめる小波渡大丈夫だって 
 だから、その変態ホモ教師はロッカーに隠れて、石川優実と男子生徒のエッチを隠れて見ながらオナニーするわけですが・・・・
 オナニーの対象は、男子生徒にやられている女子生徒ではなく、その女子生徒とエッチしている男子生徒です。

 実に判りづらい設定です。バイセクシャルの同性愛の男って、意中の男が異性の女性とエッチしている現場を見て興奮するものなのでしょうか。

 中年変態教師の興味の対象が違うせいか、石川優実も折角の濡れ場シーンも・・・
“何、たったこれだけなの・・・”と、実にあっさりとしたものでした。

 折角、これが初ヌードで美乳を披露した石川優実も、勿体ない使われ方をしていましたね。
卒業式で歌っているいる小鳩幸子も卒業 
 最初に出てきた市川直歩演じる女子高生が、地球の子を宿す為にやって来た異性人というのも、最初はその子の妄想なのかと思っていたら、最後の方で・・・・

 いや、皆まで言うのは止めましょう。この映画、ラストシーンは、どうなっているかは、本編を見てのお楽しみ(?)ということです。

 最後の方の卒業式で、二人の主演女優が共演という形になっています。それまでのシーンでも、何処かで二人が出ていて、ただ見逃しているだけかもしれませんてけどね。
ええ、鈴木幸子でしょ卒業アルバムの中の小鳩 
 作品的には、とても面白いというものではありませんでした。

 そんなに大きくは期待はしていませんでしたが、それなりの期待感はありましたから、その意味では期待を裏切られた感が残りました。

 グラビアアイドルの石川優実のヘアーヌードシーンが唯一の見所なのに、それもあっさりとして、これも期待外れでしたね。
 この作品をレンタルで借りるにしても、セットレンタルで
“あと一枚、何にしようか”と迷った時のついでに借りることをおススメします。

 木嶋のりこの主演映画と同じ吉田浩太監督作品ですが、こちらよりも木嶋のりこの映画の方が遥かに面白いだろうという予感は多分当っている、でしょうね。

 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2013年日本映画 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
公開は2週間 by. 谷
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=568&year=2014&mon=07
女の穴は6/28から7/11の2週間の上映ですね。
つまり2週間公開されました。

しかし7/2にもうDVDレンタルが始まっているとは・・・
2014.07.14 (02:23) | URL | EDIT
まさか二週間も公開されていたなんて・・・ by. じんのすけ
> http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=568&year=2014&mon=07
> 女の穴は6/28から7/11の2週間の上映ですね。
> つまり2週間公開されました。
 てっきり一週間だけのレイトショー公開とばかり思っていました。映画館に行かずともDVDがレンタルできるというのに・・・
 発売・レンタル開始されてから10日間もまだ上映されていとは驚きました。
>
> しかし7/2にもうDVDレンタルが始まっているとは・・・
 谷さんは、映画の公式サイトから7/2にDVDが発売されたのはご存知だったでしょうが、まさかレンタルも同時に始まっていたは知らなかったようですね。
 こちらは逆にDVD発売を知ってから、劇場公開されたのが、つい最近であることを知りました。
2014.07.14 (11:26) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/472-a9b52f06

コメントの投稿














xx HOME xx