じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 女飼い 劇場版 (横須賀蓉美、他のヌード有り) 女飼い 劇場版 (横須賀蓉美、他のヌード有り)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


女飼い 劇場版 (横須賀蓉美、他のヌード有り) 

2014/04/10 22:16/Thu
DVD/CDレンタル
VHSパッケージ
闇の事件を極秘に調査して解決する男
彼のまたの名は“女飼い”
切り札は五人の女たち

裕子の首にキスをする秋島秋島に抱かれている検事・典子
 今回は「女飼い 劇場版」です。
主演 名高達郎。
共演する女優陣は、大西結花、水谷ケイ、横須賀蓉美(よしみ)19996年に公開されたエロチックアクション映画です。
政党の代議士の愛人・由美子を抱く秋島ブラの上から典子の乳房を揉む秋島裸にした典子の乳房を揉んでいる秋島冷ややかな表情で歩く検事・典子脚を広げて秋島を誘惑する代議士の愛人・由美子秋島に抱かれている裕子 
 今回の作品は表向きは一流商社マンの男が、実は裏で闇の事件を極秘に調査し多額の報酬を得る仕事人で、情報を得る為に五人の女たちと関係していくというストーリーです。

 90年代にVシネマで人気があった女飼いシリーズの劇場版作品です。
 この作品で様々な女優陣が主役の名高達郎と濡れ場シーンを演じています。

 本作品で、濡れ場を演じる女優陣の中でも、
横須賀蓉美が、女優陣の中で群を抜いてのフェロモン、プンプンさせて、その色気はそそられるものがありました。
 尚、本作品は現在は未DVD化作品です。

 それでは、この作品に興味のある方は下の追記を読む、からその一部をご覧になってみて下さい。

1996年9月7日公開

監督 廣西眞人
アクション監督 斎藤英雄
脚本 山田耕大
原作 広山義慶「女飼い」(徳間書店・刊)
企画 藤岡修、植木実
プロデューサー 鈴木雅人、半澤高弘
協力プロデューサー 渡辺龍夫
撮影 井上明夫
配給 ビームエンタテインメント

CAST
秋島竜次・・・名高達男
西城裕子・・・大西結花
松沢典子・・・横須賀蓉美
野村栄子・・・清水ひとみ
兼村由美子・・水谷ケイ
藤江真沙美・・大原牧佑
皆川厚美・・・日下部奈緒
伊口奈津子・・中上ちか
坂上雄喜・・・木村栄
鈴木ヒロミツ中川敏治
梅原成行・・・内田勝正
長谷川浩・・・山下洵一郎
染井俊造・・・長谷川弘
落合・・・・・高土新太郎
落合の娘・・・ゆうこ
箕輪伍六・・・南原宏治
1時間33分 ビスタサイズ
こんばんわ。落合さんですよね。斧を振りかざす男返り血を浴びる机の上で寝ている秋島秋島様あんっ、あんっ・・ 
ストーリー
 秋島竜次は表向きは商社マンでしたが、それは仮の姿でした。彼は闇の事件を極秘に調査し、多額の報酬で解決する「仕事人」、それが秋島竜次の本当の姿でした。

 女を「鵜飼い」の鵜のように飼いならし裏の情報を探る、人呼んで彼のまたの名は「女飼い」と呼ばれていました。

 竜次は各界に複数の愛人と関係を持ち、女たちへの超絶秘戯を武器にネタをかき集め、事件の核心に迫っていくのが、彼の捜査方法でした。

 ある夜、東亜銀行の財務部長・落合が白山組のチンピラに殺されました。事件は些細な喧嘩のもつれとして落着したようでしたが、その背後にある真相を探れと、竜次はフィクサー・箕輪伍六からの依頼を受けます。
出直してきましょうか構わん、入ってきなさいわかっとる。会社でお前のすることと言えばひるねぐらいなもんだ。あら、随分久しぶりなのねあなたにみられているだけでどんどん濡れてくるの 
 竜次は、落合が殺されるの直前、東亜銀行の女秘書・西城裕子と会っていたことを突き止めました。

 西城優子は、以前に落合と愛人関係にあったようです。竜次は事件の鍵を握る裕子に巧みに接近していきます。
 一方、落合殺しの白山組は、北辰会の枝組織で武闘派ヤクザだった。そして北辰会はトンネル会社を通じ、東亜銀行とも繋がっていたようでした。

 銀行と暴力団の黒い癒着…更には大蔵官僚も一枚絡んでいるようでした。
事件はドロドロと次第に大きく広がっていきますが、調査が核心に近づくにつれ、竜次の身の回りの危険もエスカレートして、見知らぬ男たちから襲われて深入りしないように警告されます。

 翌日、竜次に恋焦がれた会社・丸忠物産のハイミス・栄子がその犠牲になって殺害されてしまいました。

 そして、竜次が事件の全貌を掴みかけた時、今度は裕子が暴力団の銃弾に倒れていき、竜次は彼女たちの復讐に燃え北辰会の本部に乗り込んでいくのでした・・
あんっ・・由美子の乳房にしゃぶりつく秋島あんっ・・あんぐいっと由美子の乳房を揉み体を起こし由美子の乳房を 
 ストーリーの紹介は以上です。
 今回の作品はチャンネルNECOのミッドナイトシアターの番組で放送を録画したものです。

 現在では、VHSのみの未DVD化作品なので、DVD化されていない作品の放送は有難いです。
 逆にDVD化されている作品を放送されても、レンタルで借りることが出来るので個人的にはどうでもいいんですけどね・・・

 本作品は、意外と初めて見ました。この「女飼い」シリーズは90年代にVシネマで人気があZたそうですが、ビデオレンタル店で手に取った記憶すらありません。
 シリーズの存在自体を知りませんでした。

 もう18年前の作品なので、ビデオレンタル店で見かけてはいたものの、かなりの年月が経って、ただ忘れているだけなのかもしれません。
後ろからぐいっと上に持ち上げ由美子の乳房を揉みまくっている秋島の手イッてしまった由美子 
 一番最初の濡れ場シーンは、AV女優の水谷ケイです。90年代にAVで人気のあった子でVシネマにも多くの作品に出演しています。

 この水谷ケイ、個人的にそんなに好みではなかったのですが、名高達郎のおっぱいの揉み方が実にいいです。
 おっぱいを持ち上げるようにして、乳房が三角になって、好みじゃなかった水谷ケイのおっぱいでしたが、この濡れ場シーンを見たら、かなりそそられました。

 この作品、一応は劇場公開版だそうですが、元々はVシネマなので、女優の乳房を美しく見せる、という点においては秀抜です。

 この、おっぱい持ち上げて揉むのは、次の濡れ場シーンの水谷ケイと違って
胸が小ぶりな横須賀蓉美に活きてきます。
 まあ、水谷ケイは胸にボリュームある子なので、別に乳房を持ち上げる必要は余りないんですけどね。
颯爽と歩く東京地検・検事の松沢典子何をするにも目一杯じらせていく強引に典子にキスけだものぐいっと典子の乳房を鷲つかみするブラを取り 
 さて、横須賀蓉美です。
 これまた個人的な好みになってしまいますが、本作品に出演している女優の中では一番いいのではないでしょうか。

 何と言っても、
横須賀蓉美はフェロモンたっぷりの色気があります。胸は残念ながら水谷ケイほどのボリュームはありません。

 しかし、おっぱいはでかりゃいい、ってモンじゃありません。
 
横須賀蓉美は胸が小さい分、横向きだと乳房が自然と三角になって、かなりそそられるおっぱいです。

 ここでも、名高達郎は小ぶりな
横須賀蓉美の胸をぐいっと持ち上げて揉んでいますので、胸の小ささはそれほど目立っていません。
上半身、裸にされ裸にした典子の乳房を揉みまくる秋島典子の乳房を上に持ち上げ典子の乳房を上に持ち上げ典子の乳房を 
 上のキャプシーンで、名高達郎は横須賀蓉美のおっぱいをぎゅっと鷲づかみしています。
 小さなおっぱいをそんなに思い切り鷲づかみされたら、横須賀蓉美はさぞかし痛かっただろうという気がします。

 この作品公開時、
横須賀蓉美は34歳でした。決して若いとは言えない年齢ですが、アイドル時代の小娘とは違いますから、色気が出てきて、実にいい女っぷりです。

 1996年頃といえば、
横須賀蓉美はVシネマや写真集などでもヌードになっている頃です。写真集のヘアーヌードより、本作品のヌードの方が魅力的に見えました。
 その五年ぐらい前の「女教師」モノのVシネマでは、横須賀蓉美は、やたらと出し惜しみしてセミヌード止まりなんてこともありました。
吸う秋島執拗に典子の乳房を愛撫しはあっ・・もうすっかり、その気になっているパンストを脱がされてパンティー一枚の典子の下半身 
 横須賀蓉美の初ヌード作品は1992年の東映ビデオの「マニラ・エマニエル夫人 魔性の楽園」からだと思います。

 それから四年後のこの作品公開の1996年には、もういろんな作品にバンバン脱ぐ女優になっていました。

 でも、やっぱり仰向けに寝た体勢では、おっぱいの小さいのはいかんともしがたく、おっぱいの小さいのをアピール(?)するような感じになってしまいますねぇ~

 この次の体位で騎乗位になって、小さなおっぱいを揺らすシーンでもあればもっと魅力的な濡れ場シーンになっていたのですが・・・
 残念ながら、正常位の体位だけで濡れ場シーンは終わりです。
秋島がパンティーを脱がすいつ抱いても飽きないよ、この体君は自分の魅力に気がついてないのさうんっ・・典子の乳房 
 ああ、横須賀蓉美はこの作品の中で一番いい女優なのに濡れ場シーンもこれで終わりなのです。

 ストーリー的に五人の女と主人公の名高達郎が絡むというものなので、各女優の濡れ場シーンは一回限りです。

 そのキーワードになる五人の女たちを演じる女優すべてに濡れ場シーンがあるというわけではありません。

 名高達郎に恋する同じ商社のハイミスの清水ひとみとの濡れ場シーンは確かないまま、殺される展開だったと思います。
 清水ひとみは昔、札幌や渋谷の道頓堀劇場に出ていた元・ストリッパーでVシネマ女優でもありました。
喘ぐ典子落合が殺した城山組が属していたのは・・花束が置いてあることに気付いた西島裕子随分遅かったじゃない奈津子を抱いている秋島小さな奈津子の乳房 
 メインのヒロインは、大西結花のようです。
 しかし、メインの女優のくせして、名高とのベットシーンもあるのですが、唯一人、出し惜しみしています。別途のシーツに隠して胸は全く見せていません。

 そうはいっても、大西結花もこの時期にヘアーヌードを出していた筈ですが、映像作品ではヌードNGだったのですね。

 まあ、
大西結花は横須賀蓉美以上に胸がないので、メインヒロインとは言え、濡れ場シーンでバストトップを見せていなくても、そんなにガッカリ感はありませんでした。

 上のキャプ画像で、おっぱい出しているのは中上ちかという女優で、そんなに知名度はないので、知らない方の方が多いでしょう。

上に持ち上げながら揉んでいる秋島の手いいっ、竜次裕子の首にキスをする秋島とベットインして抱かれている裕子組の武器の刀を奪って脅す秋島あんっ・・ 
 作品のタイトルが「女飼い」からして、エロチックなものを期待して、実際濡れ場シーンはたくさんある作品なのですが、実はアクション映画なのです。

 このタイトルからして劇場に見に行く観客やビデオを借りるユーザーは、エロチックなものは期待しますが、アクションなんてものはどうでもいいのです。

 この映画は原作がありますので、アクションの展開になるのはやむを得ないのでしょうけどね。
報告する前にあんたと取引したいことがある煙草に火を点ける秋島 
 やはり、ユーザーが期待するのは、何といってもエロ部分です。

 だから、作品的なものに関しては、はっきり言ってありきたりな展開で、面白いというレベルものではありません。

 でもその分、
横須賀蓉美をはじめとして、女優陣たちの魅力ある濡れ場シーンはかなりそそられるものがあり、それは期待以上でした。

 チャンネルNECOでは後、二回放送がありますので、見れる環境にある方は是非見て下さい。
 前回アップの「花鳥籠」よりは落ちますが、
これはこれで結構エロい作品なのでおススメですっ!


★女飼い劇場版、放送日 チャンネルNECO
4/17 AM1:00~2:40
4/26 AM1:20~3:00

※タイマー録画される方は一日ずらして設定して下さい。


 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、少しは、新たに画像ソフトを購入して画像の質アップと格闘し、眠い体に甘い鞭”を入れた、ささやかなご褒美となる、“甘い飴”となりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!

CATEGORY:ヌードな映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/451-53963899

コメントの投稿














xx HOME xx