じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 多田あさみ 誘い花 ~映画「赤×ピンク」より~ 多田あさみ 誘い花 ~映画「赤×ピンク」より~│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


多田あさみ 誘い花 ~映画「赤×ピンク」より~ 

2014/02/09 02:23/Sun
3Dプリント
DVDパッケージ&チラシ
DV夫から逃げる人妻の誘惑
多田あさみも初ヌードに挑戦!
メイキング第二弾は妖艶な人妻編

ガールブラッドで対戦している千夏と皐月シャワーを浴びている皐月に全裸に近寄る千夏 
 今回は「多田あさみ 誘い花 ~映画「赤×ピンク」より~」です。
 映画「赤×ピンク」
メイキング第二弾は、多田あさみです。
ブラを外す多田あさみカチンコが鳴って撮影開始DV夫に裸にされる千夏アクション練習で黒パンツを見せている多田あさみレズシーンを演じる二人ショーツを脱ぐ千夏 
 映画「赤×ピンク」メイキング第二弾は、DV夫から逃げ、女嫌いな主人公・皐月を挑発してレズビアンの世界に誘い込む妖艶な人妻役の多田あさみバージョンです。

 多田あさみも本編作品で、芳賀優里亜同様に初ヌード披露となりますが・・・
このメイキングでは、それは余り期待しないで下さい。

 それでもスレンダーの芳賀優里亜と対照的な、多田あさみのむっちりぼよよんボディーがそそります。

 それでは、興味のある方はこのメイキング第二弾は、下の追記を読むから、内容の一部をご覧下さい。

 多田あさみ 誘い花 ~映画「赤×ピンク」より~
2014年2月5日リリース

芳賀優里亜 開花 ~映画「赤×ピンク」より~
水崎綾女 百花乱舞 ~映画「赤×ピンク」より~、三枚同日リリース
(ナレーション)若き女優たちが・・(ナレーション)美しいエロティックな描写と(ナレーション)激しいアクション(ナレーション)見せ場満載の映画「赤×ピンク」レディズ&ジェントルマン!ミーコを睨む千夏
 今回紹介する「赤×ピンク」のメイキング第二弾は、多田あさみバージョンで、DV夫からひたすら逃げ、ガールズファイト“ガールブラッド”で対戦した羽賀優里亜が演じる主人公・皐月と仲良くなってレズ関係になるという役柄です。

 主役の芳賀優里亜は、自分は生まれつき男だと思っている性同一性障害の女の子で、しかも女嫌いなのに、人妻・千夏(多田あさみ)の誘惑に負けて、レズになるわけですが・・・
 芳賀優里亜のキャラ的な気持ちとしては男ですから、レズったという感覚はないのかもしれません。
 むしろ、芳賀優里亜の皐月キャラとしては、異性の男とエッチするのは、自分は男という意識のある皐月にとっては、ホモのような感覚になると思うので、そちらの方が気持ち悪いということになりますね。

 芳賀優里亜は体はどう見たって、ちゃんと女の子らしい乳房や乳首もあるエロボディーで、こんなナイスバディーなかわいい子だったら・・・言動は男っぽくても、むしゃぶりつきたくなりますねぇ~
ミーコにハイキックミーコに寝技に持ち込まれ大開脚の千夏(ナレーション)黒髪のフォトジェニックな表情驚き半分、遂に私もって気持ちもアクションの受身の練習している多田あさみ安藤千夏役の多田あさみさんです 
 今回の多田あさみにとっても、「赤×ピンク」は初ヌード挑戦になるようです。この映画のオファーがあった時に、“ヌードになれること”が乗り越えなくてはならない条件だったようです。

 でも、まあ羽賀優里亜は正統派グラビアアイドル(?)ですから少しヌードになるこに抵抗はあったでしようが、多田あさみにとっては、いつかきっと来るオファーという感じで、インタビューを聞いていると、ヌードになることは、それほど抵抗がなかったような感じです。
 かつての巨乳グラドルも、25歳になって正念場を迎えたのですね。

 こちらの多田あさみは、肉づきのいいむっちりぼよよんボディーです。芳賀優里亜は対照的なスレンダーですが、彼女も胸は小さいというより、少し大きめな子ですから、別にぼよよん胸の多田あさみに見劣りは全くしないと言っていいでしょう。
スタッフに衣装を直してもらっている多田あさみ(ナレーション)シリアスなシーンなのに現場は和やかかに進んだショーツを足から外す千夏全裸になった千夏、皐月に見せつける皐月と向きあうシーン全裸で皐月の方へ 
 個人的な好みではありますが、スタイル的にも芳賀優里亜の方が断然いいですね。
 多田あさみは、胸にボリュームある分、他のパーツもふくよかで、特に腰周りにお肉つき過ぎています。
 特にチャイナドレスを着た時に、くびれがなくなって、ちょいとふくよかな人妻という感じで
セクシーには、程遠いなという気がします。
 何故だか、全裸になると腰のくびれはちゃんとある、んですけどね。
 お尻だけなら、多田あさみもセクシーです。
 でも、多田あさみの画像を検索していたら、かなりの数が出てきて、一方で芳賀優里亜の画像はごく僅かで、グラドルとしては多田あさみの方が売れていたようです。

 出来れば、この映画の撮影の時だけでも、ダイエットするべきだったのかな・・・まあ、女の子のガールズバトルの物語ですから、いろんなタイプのキャラがいてもいいんですけどね。
アタシに合わせて、脱いでいただければスチール写真撮りカメラマンの注文にポーズを取る多田あさみブラを外し手ブラで乳首を隠すショーツも脱ぎ出す 
 決して、多田あさみが魅力的ではない、ということはないですが・・・DVDパッケージのイメージと映画での実際の多田あさみを見比べたら、あれっ!?”と思われた方もいるのではないでしょうか。

 スチールや写真集のカメラマンの方が被写体を魅力的に撮るのには流石に上手いですから、本人以上にパッケージ写真が魅力的なケースはよくあることです。
 いや、やはり主役の芳賀優里亜が、前にも言ったように特出して魅力的なのです。
 同じ作品に出ていたら、嫌でも比べられてしまうことは仕方ないことです。
 ある映画の宣伝コピーにあったように、“女は競ってこその華。負けて堕ちれば、泥”なのです。
今度は股間を手で隠す乳首を隠してポーズを取る多田あさみ前日の疲れからか多田の足元がおぼつかない(リハーサルの時だけ、穿いているのは白パンツ)DV夫から胸を揉まれるシーンのリハーサルアクションの実践練習回し蹴りの打ち合わせ 
 多田あさみも他の女優にない魅力があるかもしれませんが、このメイキングだけでは何とも言えません。

 ところで、この映画はR15指定です。ということは、おっぱいは出してもヘアーはないっぽい感じです。
 「フギュアなあなた」「甘い鞭」などは主演女優のヘアー見せまくりですから、R18指定です。また日本映画専門チャンネルなどで放送することになったら、カットされまくりボカシかけまくりの無理やりR15バージョンになるでしょう。
 そんな不完全版になるくらいだったら、放送しなくていいですよ。(今のところはその二作品のCSの放送は決定もしていませんが・・・)

 このメイキング第二弾でも、多田あさみの前から全裸ヌードありますが、しっかり手で股間を隠していますからね。
逃げながら蹴り、おパンツ見せている千夏カートに乗せられている多田あさみDV夫が妻・千夏の阿智間を鉄棒で叩くシーン当たっても痛くないって言ってたじゃない何、やらかしたんだよ皐月をベットに誘う千夏 
 このメイキング第二弾を借りる前から、多田あさみはこのメイキングではバストトップは見せてはないだろうと予想して、その通りの内容で、メイキングでは多田あさみは乳首を一切見せてはいません。

 一瞬、乳首が見えそうになるシーンはあるのですが、うまく見せないようなアングルのカット割りしていました。
 芳賀優里亜の方は、既に週刊誌の袋とじで披露済みですからね。
 このメイキングで、多田あさみが初ヌード見せてしまうと、本編でのインパクトが薄れるだろうという気がしていました。

 でも、出し惜しみするほど、多田あさみは大物女優なのかな、という疑問もありますけどね。エリカ様、ぐらいの大物だったら判りますけどね・・・
ブラを外して皐月と向き合いショーツも脱ぐレズシーンに突入皐月の愛撫に悶える千夏芳賀優里亜のシーンDVを受けている千夏 
 上キャプの芳賀優里亜と多田あさみのレズシーン、メイキング第一弾の「芳賀優里亜 開花 ~映画「赤×ピンク」より~」では女性恐怖症という設定なのに、芳賀優里亜の方からリードしているシーンでした。

 今回のメイキング第二弾では、やはり多田あさみの方から芳賀優里亜を誘ってレズの世界に引き込んでいたのが判りました。
 但し、レズといっても、芳賀優里亜は自分を男だと思って生まれて来た女の子で、感覚的には、自分は男という性で女性と裸で交わっているという感覚です。

 そうはいっても、体は女の子ですから、多田あさみの千夏とセックスしたくても、所詮は女性同士でひとつになりたくても、その為の性器は当然、女である芳賀優里亜の皐月にはないわけです。
お尻をむき出しにされブラを取られる後ろから夫に犯されている千夏真ん中に佐々木監督、三女優が記念撮影ミーコと試合をしている千夏ミーコの拳をかわし 
 多田あさみが演じる人妻・千夏のキャラとしては、夫からDVを受けているという設定の役です。
 当然、性的に暴行、つまりはレイプされるというのが上キャプ画像のシーンですが、夫婦間においてレイプなどというものが果たして、それに該当するのでしょうか。

 これが元夫だった場合は既に他人ですから、レイプに該当するでしょうが、妻が拒んでいるのに無理やりセックスを強要した、これがレイプと言えるのだろうか、とちよっと疑問ですね。
 このDV夫と妻がその後、どうなのかはメイキングでは全く出てきませんが、何となく想像できる展開ですね。
ミーコに向かってキックを見舞う今度の相手は皐月だった再びミーコとの千夏の対戦寝技を決める千夏 
 それよりも、ガールズファイトを主催するオーナーの男と、この映画の主要人物の芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女は何の肉体的関係にならないのでしょうか。

 まあ、芳賀優里亜は心は男、ですから男のオーナーと、それこそレイプでもされなければ、どうにかなるようなキャラ設定ではないですね。芳賀優里亜演じる皐月が男とセックスしたら、彼女の感覚からしたら、
体では男と女のセックスでも、精神的には男でいう“カマ掘られた”とい感覚になってしまうのでしよう。
 いや、それよりも、レイプされたら自分が紛れもない女であることを体で判らせたということになるでしょうね。
 「金八先生」第6シーズンで
性同一性障害の女の子を演じた上戸彩
では、そんな展開もありましたが、金八先生や同級生の女の子が男子生徒の企みに気付いて、結局はそのレイプ計画は未遂に終わりました。

 ちゃんと女の子としての魅力的なパーツは兼ね揃えているというのに・・・
皐月を殴っている千夏お互いにダウンあの鬼コーチにもよろしくお伝え下さいスタッフに抱きつく多田あさみスチール撮りファイティングポーズを取る綱 
 だから、女と男のエロスという点では、多田あさみの担当分野ということでしょう。DV夫におっぱいをわし掴みされたり、後ろから無理やり挿入されたりするシーンはこのメイキングでも出てきました。

 残念なのは、DV夫に全裸にされて後ろからセックスを強要されて、多田あさみの乳房が揺れるようなシーンは劇場で、いうことになっています。
 そこら辺は今までの角川映画のメイキングとは異なっています。
 今までは、これでもかっ!!というくらい主演女優のヌードをメイキングでも見せまくったのに、これは一体どうしたことでしょう。

 もうすぐ公開になる映画の宣伝の意味合いよりも、メイキングDVDそのものを売りたい戦略なくせして、タイトル女優のヌードを封印したのでは売れるわけがありません。
皐月とのシーンアップして両手に花の佐々木監督 
 だから、同じ映画で今回は三人の女優別のメイキングを出したのか、よく判りません。
 セルで売れるのは、明らかに主演の芳賀優里亜だけでしょう。
 ヌード無しだったら、メイキングというより、インタビューのある、その女優のイメージビデオ的な感じもしないではないです。
 それに、2/10発売の週間大衆の袋とじで、多田あさみの濡れ場ヌードを出していましたが、チラッと見た限りでは手でひたすら乳首隠しまくっていましたので、本編でちゃんと見せているのか不安になりました。

 まあ、この映画のお目当ては主演の芳賀優里亜のヌードですから、多田あさみは、芳賀優里亜+的な感じですねぇ~だから多田あさみは、本編で乳首見せていないとしても、そんなにガッカリ度はないかも、です。

 さあ、三枚目の水崎綾女バージョンはどうなのでしょうか。

検索で、多田あさみ週刊大衆袋とじのキーワードで、当ブログにアクセスされた方もいるようですが、雑誌関係のそれも最近発売された袋とじ写真のアップはしません。
 そんなことしたら、その雑誌は確実に売れなくなり、明らかに出版社の不利益をもたらしますから、即削除要請だけでなく、ブログのアカウントの停止にもなり兼ねないです。
 それは、自分で買って見て下さい。

下の日本映画バナークリックお願いします。クリックで画像を増やす、やる気度がアップします。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ←ポチッとクリックお願いします。 

ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2014年日本映画 | CM(8) | TB(0) |
xx HOME xx
by. たま
管理人様は乳首にこだわっているようですが
私は多田あさみが前張りをしていたかどうかの
方が気になります。
もし付けてなければ亭主役の男優からは丸見えですから。
2014.02.17 (17:06) | URL | EDIT
前貼りはしているでしょう、多分・・ by. じんのすけ
> 管理人様は乳首にこだわっているようですが
> 私は多田あさみが前張りをしていたかどうかの
> 方が気になります。
> もし付けてなければ亭主役の男優からは丸見えですから。
 しているのではないかと思われます。ただ、このメイキングではそれについて
触れている箇所は全くありませんでした。
「甘い鞭」は全裸で大開脚だったので、壇蜜は前貼りしていないというテロップ情報
を流していましたが、今回の作品はそこまでの大胆なシーンはありませんからね。

 多田あさみにとっても、今回の作品は初ヌードになる予定ですからね。
 前貼りしてなかったら、男優だけでなく回りのスタッフにも丸見えです。
 今の日本映画の女優で前貼りしない女優は、寺島しのぶと壇蜜ぐらいですからね。

 ただ、これが多田あさみの初ヌードなのかどうかは、今のところは、はっきりとは
していませんけどね。もしかしたら、セミヌードなのではという疑惑も出てきています。
2014.02.17 (18:33) | URL | EDIT
by. たま
メーキングDVDですから前張りが写っていても
良いのではないかと思うのは私だけでしょうか?
アイドルですから個人的には付けていて欲しいです。
ロマンポルノでは白い前張りが主流でしたが画像を見ると
黒い前張りを付けているような気がします。
2014.02.18 (00:05) | URL | EDIT
いや、それはないでしょう by. じんのすけ
> メーキングDVDですから前張りが写っていても
> 良いのではないかと思うのは私だけでしょうか?
 前貼りが見えた時点で、そのシーンをカットしたりボカシを入れるでしょう。
「赤×ピンク」の作品自体がそんな際どいシーンがあると思えないし、
メイキングぐらいで前貼りが見えた前例は今までないと思います。

 前バリ自体、見えてはいけないものですからね。
2014.02.18 (00:41) | URL | EDIT
by. ももも
毎回楽しく読ませてもらっております。
多田あさみは見せていないでしょうね。
芳賀優里亜の方のDVDを見たのですが、二人の絡みのシ-ンで右乳に何やら貼ってあるのが見えました。
前貼りも見えましたが、同じような素材っぽい感じです。
多田あさみは震災のとき大人の千羽鶴でネットで話題になって知ったのですが、しっかりした人という印象を受けました。
まだグラビアでやっていくなら、尻は出しても乳首は隠していくんじゃないでしょうかね。
仮面ライダーを見ていましたから、芳賀優里亜には活躍してもらいたいですね。
直木賞作家の作品のわりに主演のヌードだけ話題になって、作品が全く話題にならないのもどうかなとは思いますが。
2014.02.23 (01:43) | URL | EDIT
そう言えば・・ by. じんのすけ
 今週の土曜、映画本編に公開になったのですね。
 東京でも単館公開ですすから、主演女優のヌードに話題が
いってしまうのは仕方ないことでしょう。

 元々、見えてはいけない前貼りの話は、どうでもいいですけどね・・
2014.02.23 (02:32) | URL | EDIT
by. たま
じんのすけ様はハダカの美奈子は御覧になりましたか?
週刊大衆の美女インタビューで若い時の美奈子を演じた階戸瑠李が撮影秘話を語っています。
バストトップと大事な所はニップレスと前張りで隠したそうです。本人のこだわりか?それとも事務所の意向でしょうか?
2014.02.26 (20:20) | URL | EDIT
いえ、まだです by. じんのすけ
> じんのすけ様はハダカの美奈子は御覧になりましたか?
 まだ見ていません。3月1日にCSのチャンネルNECOで特別編が放送されますが、果たしてオリジナルかどうか・・・特別編とついているからには、ボカシ有りの修正バージョンなような気がしますけどね。

> 週刊大衆の美女インタビューで若い時の美奈子を演じた階戸瑠李が撮影秘話を語っています。
> バストトップと大事な所はニップレスと前張りで隠したそうです。本人のこだわりか?それとも事務所の意向でしょうか?
 貴重な情報、ありがとうございます。でも、残念です、中島知子のヌードよりも、階戸瑠李のヌードを皆さん期待しているのに、二ブレスですか・・・
 いずれ、その二ブレス無しのヌードシーンもしなきゃいけない時期が来るのにね・・・
 そう思うと、間宮夕貴の胸だけでなく股間おっぴろげの大胆艶技の思い切りの良さが際立ってきますね。

 「ハダカの美奈子」は見てからアップするかどうか判断するつもりですが、多分三月はアップしたい作品がたくさんあるので、アップしない可能性の方が高いですね。
2014.02.26 (22:37) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/437-18b720a3

コメントの投稿














xx HOME xx