じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 XX ダブルエックス 美しき凶器 (宮崎ますみヌード作品) XX ダブルエックス 美しき凶器 (宮崎ますみヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


XX ダブルエックス 美しき凶器 (宮崎ますみヌード作品) 

2013/08/12 20:16/Mon
VHSパッケージ
その女の肉体は、美しき凶器
殺しのエロチズム
エクスタシーの瞬間、任務は遂行される

政界のフィクサーであり父を撃つ女坂上に抱かれている女 
 今回もXXダブルエックスシリーズの「XXダブルエックス 美しき凶器」です。
主演・宮崎ますみ(現・萬純)。共演は草刈正雄、村井国夫、加藤武。
 1993年に東映ビデオから発売されたXXシリーズ作品です。
それはご褒美のつもりなの吉沢にキスされた女ベットで喘ぐ女それがあんたの父親に対する愛だ坂上とセックスしている女銃を向ける女 
 今回のXXシリーズは、政界の大物フィクサーの元で働く男の暗殺指令を受ける暗殺者の女が主人公です。
 宮崎ますみ演じる謎の女は、指令を受け事件を起こした暗殺者を体で誘い性的関係直後に始末していくのが任務でしたが、ある男と出会ったことで、歯車が狂っていくというのが今回のストーリーです。

 これが宮崎ますみの初ヌードとなった作品です。これだけでは少し物足りなさを感じたので、翌年公開の江戸川乱歩・原作の映画「屋根裏の散歩者」のヌード画像もおまけであります。
 今、見直してみると25歳の若い頃の宮崎ますみは実に美しいですっ!

 それでは、若い頃の宮崎ますみのヌードを見たい方は、下の追記を読む、からご堪能下さい。

1993年12月22日、オリジナルビデオとして発売

脚本・監督 - 小水一男(ガイラ)
企画 - 松田仁
プロデューサー - 岡田真、室岡信明、杉浦敬
原作 - 大沢在昌(『眠りの家』より -ケイブンシャ文庫刊-)
企画協力 - 長濱治
撮影 - 伊藤昭裕
照明 - 水野研一
音楽 - 大野雄二
音楽監督 - 鈴木清司
音楽プロデューサー - 高桑忠男
音響効果 - 伊藤進一(東洋音響カモメ)
特殊造形 - 原口智生
ガンエフェクト - ビッグショット
撮影協力 - にっかつ撮影所
制作協力 - M.M.I.、東映東京撮影所
製作 - 東映ビデオ

CAST
謎の女・・・宮崎ますみ
坂上・・・・・草刈正雄
吉沢・・・・・村井国夫
荒井紀人
大杉漣
大沢在昌(友情出演)
長濱治(友情出演)
国分・・・・・加藤武
1時間33分 スタンダードサイズ
※キャプ画像はビスタサイズ
部屋から出てきた女酒を飲む女いずけにしても早い時機に病院に拘束されることになりますよ女の足を舐める吉沢何かに怯えながら、人形を抱いている女フィクサー・国分の指令を舞っている二人 
ストーリー
 真っ暗な部屋で、女性のなめまかしい喘ぎ声が聞こえてきます。
“はあっ!”という、エククスタシーの絶頂に達した次の瞬間、二発の銃声が響きました。
 部屋から若い女性だけが出てきました。丁度、その時を見計らってか、中年の吉沢という男がその女の部屋に入って来ました。
 女は依頼された男の暗殺という仕事が終わり、酒を浴びるように飲んでいました。

吉沢 今後も続けていく自信はありますか。アルコールが先か・・・それとも早い時期に病院に拘束されることになりますよ。
   アタシは大丈夫。心配しないで。
 女は構わず、高級ワインを飲もうとします。
吉沢 日ごとに酒量が増している。よそのストレスはお酒の力に借りても、プレッシャーには勝てないんですよ。先生も気になさっていますよ。
   必ず、克服してみせますから。このことは報告したりしないで。
 すると吉沢は女の前に来て、彼女の足を舐め始めました。
いやーーーーっ!バーでピアノを弾いている坂上殺された銀行員は・・指令を受けた女銃に弾を入れる女男を迎え入れる女 
 吉沢はある大物政治家のフィクサーに雇われて、邪魔者の殺しを請け負っていました。いわゆる暗殺者を選び出して、実行させたその後でその暗殺者も始末していました。
 殺人事件を起こした容疑者(暗殺者)を警察に追われる前に抹殺していたのです。
 女はその暗殺者を最後に始末する役目を吉沢から命令されて実行されていたのです。その女の美貌から、男なら誘われたら、必ず抱きたくなるほど、自分の美しい肉体を凶器としていたのです。

 しかも、その女の父親はその暗殺を指令する大元の政治家のフィクサーであり、隠し子だったのです。
 吉沢が
“先生”と呼ぶ人物こそが、女の実の父親でもあったわけです。
 吉沢はその後、あるバーに行って、その酒場でピアノを弾いている男・坂上に会います。
 坂上のバーのピアノ弾きは表向きの顔で、実は彼も吉沢から依頼される殺し屋だったのです。
 今回は、吉沢は坂上に殺しを依頼しに来たわけでもなく、ただ彼の働く店に立ち寄っただけでした。
いや、結構ベットで誘う女ワインが飛び散り顔にかかり見上げる女盗聴し様子を見ている坂上どうして干渉するの!洗面所で自分の顔を見る 
 吉沢が殺しを依頼したのは別の男でした。その男も吉沢と顔見知りの男で、暗殺が終わった後、女の所に行かせて、彼女はその男に抱かれました。
 行為が終わった直後に女はその男を銃を撃って始末しました。

 それを吉沢の後を追って、坂上が気になって吉崎のあとをタクシーで尾行していました。吉沢が女がいる家で坂上は近くに潜み、女が男を殺すまでの一部始終を盗聴マイクを使って、そのやり取りを近くから聞いていました。

 後日、坂上もその謎の女の元に行くように吉沢から指示されます。坂上は吉沢が自分をその女を使って殺そうとしているのに気付いていました。

 そして、坂上は吉沢に指示されたようにその女の家に行き、彼女を抱きました。女は坂上とのセックスがいつも以上に気持ち良かったのか行為直後、殺すことを忘れて寝てしまいます。
 女が起きると、ベットには坂上の姿が見当たらず、女は焦りました。やがて意外な展開が彼女を待っているのでした・・・
水の中いるイメージ服を着たままシャワーを浴びる女あはーーーん泣いている女寝てしまった女ずぅーっと考えてたんだけどさ 
 ストーリーの紹介は以上です。
 今回もCSのファミリー劇場で放送されたのを録画したものです。この「美しき凶器」の放送は既に終了していています。
 この作品もDVD化されていますが、在庫があるのは宅配レンタルのみで店舗レンタルで在庫が置いてある店はほとんどありません。

 この作品はリアルタイムの20年前に、発売当日にビデオレンタル店に何度も足を運んで、やっと借りて見た憶えがあります。
 当時、このXXシリーズは、リリース当日の早い時間に行かないと、既にレンタル中になっているほど人気作品でした。

 いつもは午後イチくらいに店頭に並んでいるのに、その時だけに限って入荷が遅れてるせいで、何度も繰り返しその店に運び、昼三時半過ぎにやっと借りれたから、よく憶えています。

 ただ肝心の作品の内容自体は、すっかり忘れていました。最初に見たのが、かれこれもう20年前で、見たのがそれ以来でしたからねぇ~。
ドアを開ける女普段、酒場でピアノ弾いているですよそうだったのベットに入る坂上少し恥じらいながら女の首すじを愛撫する坂上 
 主演の宮崎ますみは、20年前はそんなに好みの女優だったというわけではありません。
 当時、この作品とコラボした発売された宮崎ますみの初ヘアヌード写真集も買ってはいませんからね。

 それでも、リリース当日に何度もビデオ屋に足を運んだのは、やはり宮崎ますみの初ヌードを見たかったからでしよう。
 90年代当時は、宮崎ますみは有名な人気若手女優でしたからね。

 でも、宮崎ますみの写真集でのヘアヌードそのものは、そんなには魅力的には思えませんでした。
 胸がそんなにないから・・・いやいや、スレンダーな女優は昔は大好きでしたよ。
 それは、ヘアヌードの写真集自体がそんなに魅力的には撮られてなかったからかもしれません。
喘ぐ女乳房を愛撫し


女は喘いで


女の顔をなでる坂上体を起こし 
 それでは、本作品の濡れ場シーンはどうだったか・・・
ああ・・これも今イチでした。
 メインの草刈正雄との濡れ場シーン、暗室の中で撮られていて、暗くてよく見えないのが、まずダメですねぇ~

 いや、それよりも前に折角のシャワーシーンがあるというのに、何故だか服を着たままシャワーを浴びていますから、宮崎ますみの乳房がほんの少ししか見えていないのです。

 おっぱい小ぶりな人だって、シャワーシーンになれば、それなりに魅力的に見えたりするものですが・・・今回は服を着たまま、はだけて少し乳首が見えるというものでは、乳房の形そのものがよくわかりません。

 折角の宮崎ますみの美乳アピールシーンだというのに、てこったい・・・です。
少し前のめりで上になって喘ぐ


ゆっくりと腰を動かし


あっ・・体を反らす 
 濡れ場シーンでも、真っ暗な部屋でセックスしているのですから、おのずと画像編集した時は、明度を明るくしないと、宮崎ますみの乳房がよく判らない状態です。

 画像編集で明度を上げると、どうしても画像が荒れてしまうんですよねぇ~もつと明るいところで濡れ場シーン撮れよと言いたくなります。
 監督の小水一男(通称ガイラ)は、今までにっかつロマンポルノを撮ってきた経歴の監督なのに、今回のVシネマでは宮崎ますみのヌードを魅力的に撮ってくれなかったのだろう・・・

 ただ、暗い部屋という設定でないと、女が枕元で銃を隠し持っている設定が生きてこないから、そうせざるを得なかったのでしよう。
 男たちは気持ち良く果てた直後に皆、宮崎ますみに殺されますからね。

 唯一人、草刈正雄だけを除いては・・・
坂上も女の乳房を愛撫し激しくセックス乳房を揺らし激しく挿入される女腰を振る坂上 
 今回、主人公の女が殺し屋というのはXXシリーズならではではの展開です。原作が大沢在昌だからでしょうか。

 まあ、一番の見せ場であり、ビデオの売りでもある濡れ場シーンが暗いというのは、かなり致命的ですね。

 その宮崎ますみの濡れ場シーンもたった一回限りだし・・・
 ボス役の村井国夫は宮崎ますみは殺す必要がないのですから、そのボスと明るい部屋でのセックスシーンがあればよかつたのですが、せいぜい村井国夫は宮崎ますみの足を舐めるだけです。

 足を舐めるだけで満足できるのかよっ!と思いますけどねぇ~フツーは、その先は絶対、男なら脚の次ぎはおつぱいにいきますけどね・・・
坂上の指を舐めそろそろ終わり果てた二人任務を忘れた女男がいなくなって慌てる女殺されるところだったんだよ 
 その暗室での濡れ場シーン、上のキャプ画像でも判るように、宮崎ますみが草刈正雄の指をしやぶるシーンだけ、照明が明るくなるんですよねえ~

 そこだけ照明明るい、って何か意味があるのって感じです。
 折角、宮崎ますみの初ヌードだっていうのに、実に宝の持ち腐れ的なガッカリ濡れ場シーンでした。

 それでも、改めて20年ぶりにこの作品見たいたら、宮崎ますみって若いころはキレイな女優さんだったんだなあって、今頃になって気付きました。

 リアルタイムで見た時は、この作品がガッカリだったせいか、以降宮崎ますみの主演映画でヌードシーンがあるつて判っていても、何故だか見る気が起きなかったのです。
あなたには関係ないわ父に銃を向ける女撃たれた女水の中で沈んでいくイメージゆっくりとグラスをかたむける女 
 不思議なのは、主役の宮崎ますみの役名がないことです。殺し屋のボス・村井国夫でさえ劇中で宮崎ますみのことを“お嬢さん”という呼び方しかしていませんでした。
 まあ、作品的にはXX シリーズらしくもあり、そんなは期待してはいませんでした。

 ただ、若いころの宮崎ますみの美しさが際立ったところが随所にあり、それが一番の収穫みたいなところです。

 少しでも、宮崎ますみは好みだという人にはちょいおススメVシネマです。


★1994年公開の映画「屋根裏の散歩者」の宮崎ますみ 
「屋根裏の散歩者」より。音楽を仕事にしているものですからる
どうして、あなたがここにいらっしゃるのですか電球を乳房に当ててて乳房に当ててグリグリ乳首をツンツンするあっ・・ 
 宮崎ますみのヌードをネットで検索していたら、翌年公開の映画「屋根裏の散歩者」でもヌードになっているとの情報を見つけ、TSUTAYAで借りてきました。
 ただ、ネットで紹介されているヌードシーン、何か宮崎ますみぽくないんですよねぇ~

 電球で乳首をグリグリ、挙句はパンツを穿いてない状態で大股広げ、四つん這いの恥ずかしい格好で三上博史に股間の性器をグリグリされています。
 当然、前バリはつけていたでしようが、宮崎ますみは当時こんな下品なシーンをやる女優ではなかったけだけに、どうかなって疑問も出てきました。
今度は股を開き、ボカシが入る郷田は今度は電球で股間をグリグリ尻に電球をあて後ろからグリグリする郷田郷田(三上)に擦り寄る女あたくし随分とで此処で腕を上げたのよ 
 ネット出ていた情報では、これが宮崎ますみのヌードシーンとありました。
 この映画の公開前年で、「XX美しき凶器」で初ヌードになっていますから、翌年の映画でヌードになっていてもおかしくはありませんが・・・
 何度もキャプ画像見直してみると、
“この濡れ場シーンの女優、宮崎ますみじゃないだろう”という気がしてきました。
 髪型から違うし・・何でこれが宮崎ますみのヌードシーンになっているのか、かなり疑問です。

 この映画「屋根裏の散歩者」は東京国際映画祭の協賛企画のァンタスティック映画祭で特別上映されており、当日に会場となった渋谷パンテオンで実際見ています。
 公開当時、この映画では宮崎ますみのヌードが話題になった記憶すらないのですが・・・真偽の方はどうなのでしょう。


XX ダブルエックス 美しき凶器
XX ダブルエックス 美しき凶器参考価格 2,700円
販売価格 1,998円(26%OFF)
 送料無料 (全国一律)
↑いつの間にか東映ビデオから廉価版がリリースされていました。二千円を切って、これならセルで“買ってもいいかな”価格です。

↓レンタルならDMMならXXシリーズ全て揃っています!
1,280円の業界最安値キャンペーンも残すところ一週間を切りました!(来月2月2日まで)で終了です! 今なら、新作でも一本のレンタル単価は、たったの160円です。この作品を借りるなら、是非DMMで!

DVD/CDレンタル

 それでは、また下の日本映画のバナーでもクリックして頂けば、今後の励みになります。いつも応援して下さる方に心より感謝致します。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓きまぐれで、こちらの方もできればお願いします。
ランキングはここをクリック!

CATEGORY:XX ダブルエックスシリーズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/396-61a92323

コメントの投稿














xx HOME xx