じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 テルマエ・ロマエ テルマエ・ロマエ│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


テルマエ・ロマエ 

2012/11/12 19:38/Mon
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト 
チラシミックス
古代ローマ人が日本の銭湯にタイムスリップ!
二千年の時を越え壮大なドラマの幕が開ける
すべての風呂はローマに通じる!?

何なんだ、ここは・・顔が平たい 
 今回も銭湯つながりで新作映画「テルマエ・ロマエ」です。
2012年の上半期の日本映画で最大の興行成績を記録した話題作です。
 
監督 武内英樹。原作 ヤマザキマリ。出演 阿部寛。上戸彩。市村正親。北村一輝。笹野高史などです。
初めてのフルーツ牛乳飲んで驚くルシウス浴槽のそこから吸い込まれていくルシウスどうしよう。歴史が変わっちやう。これが平たい顔族の族長か私のテルマエは作りたくないと申したそうだなはあっ・・ 
 物語は古代ローマの浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしたことから始まります。
 その古代ローマ人は銭湯で初めて出会う顔が平たい族(日本人)と交流し、日本の浴場文化にカルチャーショックを受けて、古代ローマの浴場史を変えていくという驚天動地の入浴スペクタル映画です。

 今年の春に公開されて、国内の評判のみならず海外の映画祭でも大喝采を浴び、その反響はいつしかそれは
“テルマエ現象”と呼ばれるようになりました
 さて、言葉も文化も違う古代ローマ人が現代日本にタイムスリップしたら、どうなるんでしよう!?
  DVDリリースされたばかりの新作映画なので、ラストのネタバレはしませんが、小ネタ(?)バラシはありますので、これから見る方はご注意下さい。

 それでは、この映画に興味のある方は下の追記を読むから、御入浴(?)下さい。

チラシ裏 
2012年4月28日公開
原作 - ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン刊)
監督 - 武内英樹
製作 - 亀山千広、市川南、寺田篤、浜村弘一
プロデューサー - 稲葉直人、菊地美世志、松崎薫
脚本 - 武藤将吾
監督補 - 洞功二
撮影 - 川越一成
美術 - 原田満生
衣裳 - 纐纈春樹
音楽 - 住友紀人
主題歌-ラッセル・ワトソン「誰も寝てはならぬ」
VE - 阿部友幸
VFXプロデューサー - 西尾健太郎
ミュージックエディター - 小西善行
製作 - 「テルマエ・ロマエ」製作委員会
 (フジテレビジョン、電通、東宝、エンターブレイン)
配給 - 東宝

CAST
ルシウス(古代ローマ帝国の浴場設計技師) - 阿部寛
山越真実(漫画家志望) - 上戸彩
ハドリアヌス(第14代ローマ皇帝) - 市村正親
ケイオニウス(次期皇帝候補) - 北村一輝
アントニヌス(ハドリアヌスの側近) - 宍戸開
マルクス(ルシウスの友人) - 勝矢
館野(ヤーサン) - 竹内力
山越修造(真実の父) - 笹野高史
山越由美(真実の母) - キムラ緑子
岸本(棟梁) - 外波山文明
名倉(長老) - 飯沼慧
最上(教授) - 岩手太郎
大西(グルメ) - 木下貴夫
銭湯にいる老人 - いか八朗
銭湯にいる中年 - 神戸浩
銭湯にいる中年 - 長野克弘
平井道子(漫画家・真実の師匠) - 内田春菊
平井卓三(道子の父) - 菅登未男
宇治野(ショールーム社員) - 森下能幸
ショールーム部長 - 蛭子能収
伊丹登(真実の見合い相手) - 松尾諭
金精様を見る女性 - 路井恵美子
金精様にのる女性 - 桜井千寿
敬太(ワニ園にいる双子)- 小野寺文哉
将太(ワニ園にいる双子)- 小野寺慶之
1時間48分 シネマスコープサイズ

●予告編

ストーリー
 紀元128年の古代ローマ帝国。浴場設計技師・ルシウスは雇い主に噛みついていました。
 彼の雇い主はルシウスの設計する浴場が古いとの理由で新しいテルマエ技師に浴場の新しい設計図を発注していたのです。
 ルシウスは現代ローマが忘れかけている古き良き時代の再現の発想が古いと言われたことに納得がいっていませんでした。

 彼は決まって悩んだ時は風呂にゆっくりと入って考えることにしていました。古代ローマのテルマエと呼ばれる公衆浴場の浴槽の底にどっぷりと体ごともぐったルシウスは、斬新な発想を思い巡らせます。
 すると、何やら湯の入り口にごぼこほと湯が逆流していることに気づいたルシウスはその付近まで行ってみると・・・
私は古き良き時代を再現しようとあえて・・わしが最近雇ったテルマエ技師だ愚か者めっ!当たり前だ。ローマは世界一、風呂を愛している国なんだからなああ、俺。脱毛やりまーす!ちゃんとタオルを取って入浴しようとしている男 
 ルシウスは湯の急激な流れに吸い込まれて奥へとどんどん落ちていきました。
 光が見え、その光目指してルシウスは上に這い出ようとしました。
 ザバーーーっ!と彼が這い出た先は何と現代日本の銭湯の浴槽でした。
 その銭湯の浴場にいた常連のおじいちゃんたちもいきなり背の高い外国人が現れて驚いている様子です。
 そのおじいちゃん客以上に、ルシウスが驚愕していました。
ルシウス なっ・・何なんだ、ここは!顔が平たい・・・
 ルシウスは初めて遭遇した日本人の第一印象が顔が平たいでした。
 振り返ると富士山の壁画が見えました。
ルシウス こっ、これは!ボンベイのヴェビスオス山ではないかっ!
 いえいえ、それは富士山です。ルシウスは故郷の山と勘違いしているのです。

 それから、ルシウスは銭湯内にある広告入りのプラスチックの手桶や籠などをしげしげと見つめて驚いていました。
 そのうち素っ裸なのに、一旦は外に出て、また銭湯に戻りますが、ルシウスは日本語が判りません。
斬新な発想・・わーーーっ!ああーーーっ!光が照らす向こうに泳いでいるシリウスザバーっと上がると・・現代の日本の銭湯にタイムスリップしたシリウス 
 ルシウスは大人の男が入ってはいけない女湯に入って行ったのです。当然、その場にいた女性、ほとんどおばちゃんでしたが、悲鳴を上げられて、そこにあった物を投げられ、それが当たったシリウスは気絶してしまいます。
 偶然、その場にいた常連客の漫画家志望の山越真美は、「北斗の拳」に出ていくるケンシロウにシリウスが似ていたため、とっさにスケッチを描き始めました。

 すると騒ぎを耳にした隣の男湯から中年の常連客が気絶したルシウスを運び男湯に戻しました。
 しばらくするとルシウスは気がつきました。常連客の中年男は、
“これでも飲みな”とフルーツ牛乳を渡します。
 それはルシウスにとって、初めて見る飲み物でした。
 中年客に栓を開けてもらい、恐る恐るルシウスを飲むと・・・
ルシウス うまいっ!しかも冷たくて甘いな。
 初めて飲んだフルーツ牛乳の余りの美味しさに驚くと共に、それが古代ローマ帝国の文明大国を凌駕していることにルシウスは敗北感を覚えましたが、それを顔が平たい族に悟られないようにしました。

 タイムスリップして、その顔が平たい族(日本人) との出会いがルシウスの運命を大きく変えていくのでした・・・
驚くおじいちゃんたちなっ・・何なんだ!ここは!そうか、ここは奴隷用の公衆浴場かこれは・・この奴隷風呂、使えるぞスッ裸で外に出てみるルシウス 
 ストーリーの紹介は以上です。
 この映画は本年度上半期に公開された日本映画で一番の60億近い大ヒットして上半期№1の興行成績を記録しました。
 古代ローマ人が現代日本にタイムスリップする奇想天外な話なので、かなり面白そうだなととは思いましたが、まさかそこまでの大ヒットするとは全くの予想外でした。
 やはり、銭湯という日本の古き良き時代のノスタルジアみたいなものを刺激されて映画館に見に行った方が多かったのでしないでしょうか。

 その古き良き時代の銭湯も、年を追うごとに減少しています。この映画の大ヒットによって、その銭湯が脚光を浴びたのはうれしかったです。
 自分もまだ銭湯通いをしていますからね・・・
女湯に入って悲鳴上げられるケンシロウ?おばちゃんに何を投げられて当たるルシウスいきなりデッサンを描き始める山越真美か~っ、うめぇ~うまいっ!しかも冷たくて甘い
 この映画を見る前の最大の疑問は、シリウス演じている阿部寛は古代のローマ人の設定で、日本語が当然話せない筈で、どうやってコミニュケーションを取るのかということでした。
 阿部寛が話す心の声は日本語バージョンですが、彼が劇中で話す言葉はやはりラテン語です。
 古代ローマ人がいきなり日本語で日本人と話したら、そんなのおかしいですからね。

 その彼の言葉を翻訳する通訳的な存在で映画の中盤あたりから上戸彩がいました。
ここは?ハッ! 
 阿部寛のルシウスは何度も日本にタイムスリップしてローマに戻り、また日本にタイムスリップしてくるの繰り返しで登場します。

 最初で銭湯で彼に出会う漫画家志望の上戸彩は、二度目の出会いも派遣先の浴室のショールームです。
 またルシウスに会えるだろうと上戸彩は、古代ローマ史とラテン語を猛勉強し、再び会えたルシウスとラテン語で会話できるまでになっているというものでした。
果汁入り牛の乳いかがですか?飽くなき探究心を持っているのは、あの奴隷たちだ家に風呂・・うわわぁーーっ!うあっ!あぁ・・どこかにとんでもない要素を備えているに違いない 
 でも、そんな短期間で習得できるほどラテン語って簡単なの?といささか疑問ですけどね。

 原作はコミックです。ヤマザキマリって漫画家、初めて聞きましたね。この作品で売れたのでしょうが、映画が大ヒットしたおかげて一躍有名になりましたね。

 原作のコミックを読んでいる途中ですが、この上戸彩の漫画家志望の山越真美というキャラは出てくるのか今のところ不明です。
 映画は原作と少し変えているところがあるそうですね。
 確か、阿部寛と上戸彩の三度目の再会で、上戸彩がラテン語で会話していました。
 それは上戸彩がラテン語で話すのは最初だけです。後のルシウスとの会話は言葉が通じ合っているという設定なので、日本語バージョンです。
 これは監督の武内英樹映画の「のだめカンタービレ」でやった手法ですね。その映画「のだめ」も舞台がヨーロッパでしたが、外国人の言葉もすべて日本語吹き替えで統一していました。
ジャンジャン出るこうやって流すこれできっとあなたの才能を受け継ぐことができるわ私と波長が合うとはなショールームでバイトしているのに寝ている真美またいきなり現れたルシウス 
 最近では洋画も吹き替え切り替えで見る人が多くなった配慮でしたが、これは実に有り難かったです。
 映画館ならまだしも、家庭内のテレビモニターで、いちいち字幕を追いかけるなんて面倒くさいですからね。

 この作品では、阿部寛み少しは古代ローマ人らしくラテン語で話すシーンはありますが、心の声の方が多いのでほとんど日本語です。
 それにしても、上戸彩演じる漫画家志望の女の子が、ルシウスと出会ってラテン語を勉強する期間なんて一年もないような感じ受けますね。

 英語だったら、中学、高校と少しはみんなかじってきて馴染みがありますが、古代ローマ人のラテン語つてかなり覚えるのに難しいと思いますよ。
 それを映画では短期間でフツーにラテン語で会話できるまでになっているのですからね。
もう、どうなってんのよもの珍しくしげしげと見ているルシウスいきなりフタがあいて驚くルシウスなるほど用を足しながら、読むものだったのかあるマークが目に入りおしりマークボタンを押す 
 一番笑ったのは、ルシウスがウォッシュレットを使うシーンです。確かにいきなり肛門を水が飛び出てきてシュワッと洗浄してきたら、かなりビックリするでしょうね。
 でも、慣れると気持ちいいんですよねえ~

 自分も25年くらい前、仕事の現場近くのホテルでウォッシレツトを初体験したときに、この映画の阿部寛のようなブルブルくるカルチャーショックがありました。
 映画の中の阿部寛と同様、
“なんだ、この感覚は・・癖になりそう・・”と思いました。
 その時のことを思い出して、笑っちゃいました。

 それにしても、風呂上りにフルーツ牛乳!?

お子チャマかよっ!
 でも、たまに飲むと確かに美味しい。
 コンビニで売っている紙パックのフルーツ牛乳って果汁10%未満なんですね。
 確かに紙パックより、瓶のフルーツ牛乳の方がうまい!でも、飲んだ後の燃えないゴミとしての後始末が面倒だから、瓶の飲料は最近では買わなくなりましたね。
ぶるぶるとくるルシウスビューと引っ込んでいく、ウォッシュレットの洗浄栓 
 銭湯で売っているのは多分、無果汁でしよう。映画では、再びローマに戻ったルシウスがフルーツ牛乳を開発しています。

 でも、そんなに簡単に作れるものでもないでしょう。ビンも一緒にローマに持にお持ち帰りになりますが、ビンに書かれた日本語なんてルシウスは読めるわけないし。

 第一、フルーツ牛乳たって、それ無果汁でしよう。正確にはフルーツの味がする牛乳ですから、レシピが全くない状態では作るのは不可能なような気がしますけどね・・・
はっ、今のは・・古代ローマの大便した後にお尻を水で濡らした綿で洗浄する極めて不衛生なお尻拭き方法はうっ!これうわあーーーーーっ!今度は川に出て   
 それに2000年も昔の古代ローマで透明のガラス瓶なんて、どうやって作れたの?って感じですねぇ~

 それと、シャンプーハットも、あんなの小さな幼児がシャンプーが目に入らないように使うものでしょ。
 この映画では、おじいちゃんがそれ使って頭洗っていますからね。たまに遊びに来る孫用なのかな。浴室には子供が使うようなかわいいキャラクターのシャンプーもあったし・・・

 でも、阿部寛はどう見ても日本人にしか見えないでしょ!若い頃からかなり濃い顔立ちだけど、髪の毛の目も黒いですからね。
 原作通り、髪を白く染めるなり目にカラーコンタクトでも入れれば、ローマ人に見えなくもなかったですけどね・・・

 キャストの中で、ローマ人が一番しっくり合っていたのはローマ皇帝役を演じた市村正親ですね。ローマ人役が全く違和感なく見えました。
 市村正親は元々は舞台の役者なせいもあるでしょうけどね。
御神体祭りと遭遇したルシウスまた沈んでいくルシウスはあっ・・ルシウスにお姫さまだっこされている真美これは何ともなろやかな口当たりまっ、いっか 
 そういえば、自分が若い頃に勤めていた会社の同僚で家に風呂があるのに、毎回わざわざ銭湯に行っている奴がいました。
 
“家に風呂があるのに、どうして?”と聞くと、おっきい風呂の方が気持ちいいからと言ってのを思い出しました。
 その同僚は元々、東京生まれの江戸っ子で実家の千代田区の神田・須田町(駅では都営地下鉄の小川町)から通っていました。よく、そんなとこに銭湯があったなと思います。

 原宿とかにも、銭湯は今でもあります。でも、年々利用客が減少しているせいか銭湯も年を追うごとに廃業するところが出て、減ってきています。今の学生は風呂がないと彼女を呼べない、とかでいきなり風呂付きの部屋に住んでいるみたいですからね。

 この映画では、銭湯の常連客は殆どおじいちゃんばっかでした。確かに、お年寄りも多いですが、それが銭湯客の主な客層でもないですよ。
 何で、この映画は銭湯の常連客をおじいちゃんばかりにしたのかな?おじいちゃんの方が顔が平たいから、かもです。
 ルシウスが知らないで迷い込む女湯も、おばちゃんばかりです。
貴重な果実を!初めて温泉卵を口にするルシウスいやあ~いい~なあ、その顔(日本酒が口に合わなくて)毒だっ!毒を盛られたぁっ!ラテン語で会えた!と再会を喜ぶ真美ラテン語で毒を盛られたと苦しむルシウス 
 前回アップの「東日暮里五丁目」の体重計の声じゃないけれど、男湯ばっか撮ってもなあ・・・男湯じゃ絵になんないっス!
 この映画の女湯にいる若い女性客っていったら、上戸彩だけです。その上戸彩も既に着替えて上がっているという、なんとも色気のない姿です。

 上戸彩の裸は無理にしても、せめてブラとパンティーだけの下着姿だけだったら、それだでもムフフ・・だったのになあ・・・
 ああ・・銭湯が舞台だというのに、セクシーシーンがまるでないは・・
 上戸彩が所属するオスカーでは、高木りなクラスのナイスボディーのモデルがたくさんいる、というのに、この映画の銭湯シーンには
上戸彩以外の若い女の子は誰一人として出ていません。
心配しなくても誰も見ないって!平たい妖怪の垂れ乳なんて・・あらら・・彩ちゃんも、おばちゃん化してるよ・・真美とタイムスリップしていくシリウス今となっては、そなたに才能があったとは甚だ疑問だ 
 タイムスリップものらしく、ローマの歴史を変えるという時になったら、ちゃんと歴史を修正するようにして作ってありました。
 例え架空の話でも、既に終わってしまった歴史を変えてしまうことはタブーですからね。

 日本史でいえば、自衛隊がタイムスリップしたからといって、関ヶ原の戦いで西軍の石田三成側が勝つことがあってはならないし、外科の名医がタイムスリップして幕末に行ったとしても、坂本龍馬暗殺で瀕死の龍馬を蘇生することは絶対にあってはならない、ですからね。

 過去に起こった歴史は、史実通りにするのが、タイムスリップ物の定石でもあります。
あれっ・・千代田区のある川にまたやってきたルシウス 
 この映画、意外と随所に突っ込みどころ満載ですよ。
 温たまって、何でわざわざ温泉につかりながら食べるのかな、とかね。
 期待が大きかったせいか、期待したほどの面白さは意外と感じなかったです。
 それでも、やはりこれは友達に是非薦めたい、面白い日本映画には間違いはありません。すごいが付くかどうかは個人差あるでしょうが・・・
 それでも、
レンタルで借りて間違いない一級の娯楽作品と思いますよ。

いつもありがとうございます。クリックが画像増やす活力になります。 
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ ←ポチッとクリックお願いします。


ランキングはここをクリック! 
CATEGORY:2012年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/330-cf31ed9d

コメントの投稿














xx HOME xx