じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 蛇にピアス 蛇にピアス│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


蛇にピアス 

2009/02/04 01:30/Wed
Blu-ray版 
 今回の映画は2004年に芥川賞を受賞した金原ひとみの原作「蛇にピアス」を映画化した作品です。 
あの頃の一味が私を・・濡れてんの? 
 その年は(2004年)の芥川賞は、「蹴りたい背中」の綿矢りさとの同時受賞でした。両者とも二十歳そこそこの若い女性だったので、当時は結構話題になりましたね。 

 この映画は去年の9月に公開されました。芥川賞取ってから、4年もの間空いて映画化されたのですから、少し遅い映画化でしたね。  

 
 2016年3月25日、画像の一部をBlu-ray版に差し替えました!

 それでは、続きは下の追記を読む、から御覧下さい。

ルイの首を舐めているアマルイを脱がしていくアマ 
 この映画、下の写真で見てわかる通り、かなりエロい映画です!  
 ぶっちゃけ、もうやりまくっているような映画でした! 

  
この過激な役だと、なかなかやりたいという女優さんはいないでしょうねぇ~
 よく成人映画指定にならなかったか不思議ですよ。R-15指定にはなっています。
 


 この映画のヒロイン・ルイを演じるのが
吉高由里子です。

 本作品で、吉高由里子は今年の映画賞の新人賞を二つ受賞していますが、その前に2006年の「紀子の食卓」で翌年のヨコハマ映画祭の新人賞を受賞しています。
 

ルイの乳首を舐めるあっ・・ 


乳首を舐められて感じているルイアッという間に果てたシバ。ルイから離れる 

ちょっと・・ちゃんとお腹に出してって言ったでしょ 
  吉高由里子は、ドラマではフジの「あしたの喜多善男」、「太陽と海の教室」、最近ではTBSの「ラブシャッフル」に出演しています。

 印象にはあったのですが、最近まで顔と名前が一致しない女優さんでしたが、
よく見ると、かなりの美形ですねっ! 

 2007年に、その吉高由里子は事故に遭って入院中に、この原作本を読んで感銘を受けて自らを売り込んだとなっていますが、実際に売り込みしたのは事務所サイドでしようね。
 
中出しされて不満顔のルイ起き上がるルイ 


いくらぐらいかかるシバに突き飛ばされて椅子に座るルイ 

シバに首を絞められ・・苦しい表情のルイ 
 この映画は゛脱ぐ゛というのが必須条件です!

 女優やっていれば、脱ぐというハードルは、いつしか来ます。そのハードル越えないと、上にはいけないと昔、ボクに言った業界の芸能マネージャーもいました。

 吉高由里子は、僅か二十歳でそのハードル越えをしたのですね。
 
ルイをだきしめブラを外されたルイ 


ルイをベットに倒しうっ・・ 



 この映画の内容はといいますと・・

 蛇のように割れた舌を持つアマ(高良健吾)に惹かれた。

 ルイ(吉高由里子)が体の関係を重ね、その男と同じ舌にピアスを入れたり、背中に刺青をしていき、アマの友人でもある彫り師・シバ(ARATA)とも関係するなど、愛の男性遍歴を重ねるというものです。 


 いわゆる二人の男の体を渡り歩いて、、エッチしまくっているというわけです。それもかなり激しいやり方で・・
 
パンツを脱ぐシバルイを・・ 


また体位を変えられて今度はルイを・・

上にしてはっ・・ 

 二人の男たちの関係を重ねてる割には、その男たちの修羅場みたいなのは意外とないです。 

 主人公・ルイは彼氏の友達ともエッチしているんですけど、まあ、よくある話ですけどねぇ~  

 むしろ後半になって、ホモセクシャルが出てきます。両刀使いみたいな感じでね。それが、後半の事件のカギになってくわけです。
 

 でも、これが人間の赤裸々な姿かな。
 
ルイをまた倒してシバの手が離れる

また乱暴に挿入目の玉を入れないでほしいの 
 例え、それが友達の彼女でも、目の前で裸でいられたら、欲望を抑えろってのがドダイ無理な話ですからね。ましてや、若いうちは尚更、たぎるものがあるわけだし。
 

 この映画の監督は、演劇界の大御所、蜷川幸雄です。 
 原作者からして若いのですから、監督は若手を起用してもよかったような気がしますね。

 何か70年代の青春映画のような感じを少し受けました。
 70年代の若者だって゛シラケ世代゛と言われて、決して熱くはなかっですからね。

 濡れ場シーンの隠しも小道具使ったりと、何か昔ながらの手法で、今更という感じがします。

 その濡れ場シーンの演出、昔と少しも変わっていないですね。いきなりかよ!みたいな・・

刺青を入れる準備緊張しているルイ

手を気にするルイシバを見ているルイ 

 現代の渋谷が舞台なんですけど、う~ん、何か散漫な印象で終わりましたね。新人の吉高由里子に激しい濡れ場シーンやらせただけのね・・・

 ただ、一人の女を二人の男が共有したというテーマは、何だか深いものを感じましたね。  

 原作からしてこんなにエロいのだろうか・・
 


 この映画で吉高由里子は、ブルーリボンと、日本アカデミー賞の二つの新人賞を受賞しました。    
●今年の各映画賞の新人賞受賞者です。
○報知映画賞 長渕文音 「三本木農業高校、馬術部」
○毎日映画コンクール 仲 里依紗 「純喫茶磯辺」
○ブルーリボン 吉高真由子 「蛇にピアス」
○日刊スポーツ映画賞 夏帆 「東京少女」、「うた魂」
 同映画賞 石原裕次郎新人賞 松田翔太 「イキガミ」
○キネマ旬報賞 井之脇海 「トウキョウソナタ」   
               甘利はるな「ブタといた教室」
○ヨコハマ映画祭 月船さらら 「世界で一番美しい夜」   
                仲里依紗 「純喫茶磯辺」   
                石橋杏奈 「きみの友だち」
○日本アカデミー賞 小池徹平 「ホームレス●●●」  
                   松田翔太 「イキガミ」  
                   アヤカ・ウィルソ「パコと魔法の絵本」  
                   長渕文音 「三本木農業高校、馬部」、  
                   福田沙紀
「櫻の園」   
                   
吉高由里子「蛇にピアス」
手を縛られて、うつぶせのルイシバに突かれる

ルイのパンツを脱がすパンツを脱がされたルイ 


 今年に限っては、新人賞取っても二つぐらいまでで、昔のように独占するような子はいませんね。 
 
但し!相変わらず前年度の新人賞受賞者を二年連続で新人賞選出してる映画賞があります! 

 前年度で、夏帆は「天然コケコッコー」でヨコハマ映画祭の新人賞を、松田翔太も「ワルボロ」で日本アカデミー賞の新人賞を受賞しているのに、今年も新人賞を受賞しています。 
ブラを外されるルイルイの乳房が露出する

キスされるいきなり突かれる


舌を入れるルイ作ったの

 夏帆と松田翔太の両者は共に、今年の日刊スポーツ大賞で二年連続新人賞を取っています。

 新人賞は一生に一度しか取れない賞だから価値があるのでは?ましてや、二人共前年度の作品は主演ですよっ!  


 新人賞の選出が曖昧というより、いかにそこの審査員が映画を見ていないかを、さらけ出してるようなもんですけどねぇ~
 

↓ここからが、また前のDVD画像です。見比べれば、画質の違いが分かります。 

パンティーを脱がされ
シバが後ろから・・激しく後ろからシバにブラ外されているルイまた、後ろからパンティーを脱がされ全裸にされたルイ
◎追記 
 現在、吉高由里子は金曜10時TBS系で放送されている「ラブシャッフル」 にレギュラーで出ていますが、この映画のルイ役とは全く逆な随分と地味な役ですね。

 有名な画家のお嬢様で美大生の役です。あんまり口数も少ない不思議少女で、よく注意して見ないと、吉高由里子かわかりませんよ。
後ろからシバが・・
シバとディープキス


ちょっと、ふてくされ気味のルイ
また、後ろで手を縛られて


裸になって・・裸になっているルイ
 玉木宏がゲーセンでムキになって、16万も使って、やっとゲットした、たれパンダのぬいぐみみをギューするなんて、吉高由里子の今までのキャラからしたら
ありえねー!ですけど、イメチェンした役でなかなか可愛いですよ。 

 このドラマ、脚本はあの野島伸司、なのに・・
らしからぬ、かる~い恋愛コメディーで、最初はヘンなドラマまた書いてるなと思いましたが、見てるとケッコーこのドラマ、くせになりそうです。
 

雨田和則さんですかアマデウスじゃないぢゃんもう少しだねってシバに最後の仕上げをやってもらう入った龍の目渋谷をさまよっているルイ


【送料無料】蛇にピアス/吉高由里子[Blu-ray]【返品種別A】

価格:4,060円
(2016/3/25 03:12時点)
感想(0件)




↓クリックして頂けるこそが、何よりも疲労回復です。
 いつもありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

ランキングはここをクリック!

CATEGORY:ヌードな映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/33-6769e406

コメントの投稿














xx HOME xx