じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 夕闇ダリア (吉井怜・新作ヌード作品) 夕闇ダリア (吉井怜・新作ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


夕闇ダリア (吉井怜・新作ヌード作品) 

2012/03/03 14:57/Sat
DMM.com CD&DVDレンタル
夕闇ダリアDVDパッケージ&チラシ 
彼女がいる男を好きなった・・
彼女の前に現れる幻影
いつしか幻影と同化していく
愛には、いろいろある
大谷に抱かれている、かなえかなえにキスしている大谷 
 今回は吉井怜、久々のヌードになった映画「夕闇ダリア」です。
 昨年11月に公開され、吉井怜のバストトップ披露で話題を集めた映画が早くもDVD化されました。
上になるかなえ大谷に出ていかれて寂しそうなかなえ何、それ?大谷を見ている、かなえ上になってセックスしているかなえ大谷を見つめるかなえ  
 今回の映画での吉井怜は彼女がいる男を好きになってしまい、その男を失いたくないという気持ちから彼の彼女の幻影が出てきてしまうという少しミステリアスな役です。

 果たして、この映画で吉井怜はどこまで見せているのか!?
 それは余り期待しない方がいいかもしれません。
 一応は見せていました・・
  3/715:00 6枚の見えてる画像(一部微妙)を追加しました。

 この作品で吉井怜のヌードがどこまでなのか気になる方は、下の追記を読む、からご確認下さい。

2011年11月26日、銀座シネパトスにて単館公開
監督・脚本: 池田千尋
企画・プロデュース: 越川道夫
音楽: 野崎美波
撮影: 池内義浩
製作:クロックワークス、キングレコード株式会社
配給: スローラーナー

CAST
かなえ・・・・吉井怜
大谷・・・・・柄本佑
由紀子・・・・桃生亜希子
1時間10分 ビスタサイズ
●予告編

※ ポルノチック三部作通しての予告編ですから、夕闇ダリアの予告編は一番最後に出てきます。
●ストーリー
 花屋を営むかなえ(吉井怜)は、彼女がいることを知りながら、 店員の大谷(柄本佑)と付き合っていました。 
 ペーパードライバーのかなえに代わって、花の配達は大谷がやっています。
 かなえが仕事を終え食事をしているところに大谷から電話がかかってきました。
 大谷の用件は、これから、かなえのところに行ってもいいかというものでした。
かな いいけど・・・しないよ。
 そうは言うものの、大谷に求められると、結局は拒むことも出来ず、かなえはしてしまいました。

 朝になり、かなえの横で寝ていた大谷の携帯に電話が入り、大谷は出ていきました。
 かなえは、それが寂しくてたまりませんでしてた。

歩いてくるかなえいいよ、そんなのビールを飲んで食事しているかなえもしもし、どうかした?結局はしてしまうかなえ着衣のままセックス 
 かなえが店の仕事を終えて、自宅に帰るとひとりの女性がいました。
 しかし、同居している女性など存在せず、その女性は、かなえの生霊から出た大谷の彼女の幻影なのです。
 寂しくなると、その幻影が現れるようです。

 かなえは、仕事を終えて帰っていく大谷に夜の食事に誘いますが、大谷は大事な用事があると、その日は断られてしまいます。
 かなえはその夜、大谷の後を追いかけて、仲間たちと楽しそうに笑う大谷を見ていました。
 とほとぼと一人寂しく帰宅するかなえは部屋に戻ると、やはりあの幻影の女性が現れていました。

 その幻影の存在をかなえはしっかりと認識しつつつも、別に会話することもなく、ただ二人でそっと外を眺めているだけでした。

喘ぐかなえセックスが終わりまだべつたりしている二人立ち上がる、かなえ帰る支度をしている大谷自分で花を届けようとしているかなえ 
 翌日、かなえは大谷を呼びつけワインで酔った勢いで、大谷にからんできました。
かなえ もう大谷君には会わない。
大谷  店、どうすんのよ。困るでしょ。
かなえ 別に・・他の人、探せばいいだけだし。
大谷  そ・・そういうなら仕方ないよ。
かなえ だから、何で。何で、そこでそう・・
大谷  かなえさんが言ったんじゃん。 
かなえ で、大谷君、どうしたいの?
大谷  言う資格ないもん
かなえ ずるいな・・・
大谷  もう、やめよう。この話。
かなえ  アタシのこと、ホントに好き?
大谷  好きだよ。
かなえ 
由紀子さんのことも好きなのに・・
どうぞすぅーっと立ち上がる女ねぇ、ご飯行かない?大谷を見ているなかえ仲間といる大谷また現れた女
   しこたま酔ったせいかかなえはその夜は大谷にからみまくっていました。そのうち大谷が腰を上げて帰ろうとします。
かなえ 行くの・・本当に行くの。
大谷   じゃ、遅くても十時には出るよ。
 大谷はまたかなえと飲み始めましたが、酒が強くないかなえはそのうち吐いてしまいます。

 約束の十時が過ぎ、大田には出て行ってしまいます。近くまで彼女が来ているとのことで、かなえはその様子を外から眺めています。あの幻影の女性と一緒に・・・
 それから、昼間もその幻影の女はかなえの前に現れます。
 その幻影の女は大谷には勿論見えていません。

 果たして、かなえはその幻影と女、そして大谷との関係はどうなっていくのか!?

あ・・・生きてたなんで・・なんでそこでそう外に出て行った大谷を見ているかなえいきなり大谷に抱きつくかなえ何でもないわ車らに乗り込んだかなえ 
 ストーリーの紹介は以上です。
 またDVDを見ながら書いていたら、少し詳しくなっちゃいました。
 ぶっちゃけ、
男も優柔不断なら女も似たようなものですねぇ~
 "彼女と別れないなら、もうやらせてあげないっ!" ぐらいのことを言えば、たいてい男は慌てます。

 彼女も大事だけど、君も大事。こんなの女じゃなくたっムカつきますよ。それでもその男と別れられないですから、その男がよっぽど好きなんですね。
 相手は柄本明の息子で、そんなにモテるとも思わないですけど・・・この映画では彼はモテキです。
麺、伸びちゃうよ何故か、もう一人の女も抱きついて電話に出ようとしている大谷さびしくなるかなえ横で寝ている女どうしたの? 
 まあ、恋愛にあるよくあるグダグダパターンですね。
 しかし、そこに
男の彼女と想定した幻影を出しちゃうというのは現実には絶対有り得ない、映画ならではの虚構の世界です。
 二重人格というパターンはよくある手法ですが、この映画の吉井怜はそうでもないみたいです。

 昨年、11月に
"ポルノチッチ三部作" として女性の視点からエロスを描くシリーズ公開されたようです。
 しかし、この作品に限って言えば、
女性の視点で描くポルノというのは失敗でした。

 だって、全然エロくないもん!
 まず、冒頭で吉井怜と柄本祐はエッチしていますが、着衣のままのエッチです。
 フツー男だったら、キスから始まって、次は乳房を愛撫します。
 それにいきなり挿入なんてデリカシー(?)に欠けるじゃないですか。
へたり込むかなえ幻に相談はしゃぐかなえ彼女と一緒の大谷それを見ているかなえ初めてだ、かなえさんからしてくれたの 
 男にだって、する為の準備機能というものがあるんです。あ・・若い時はいきなり勃っちゃったパターンも有りですけどね・・・
 別に
吉井怜は乳首NGってわけじゃないでしょ。  
  五年前の映画「LOVE MY LIFE」で、かわわいいバストトップも既に披露済みなのですから、今更隠したって・・既に吉井怜のバストトップ出ていますから。
 この映画が初ヌードってわけでもないんだから。
 題材からして失敗です。"夕闇" っていうことなのか、後半は真っ暗な中でのエッチしているシーンだから、何が映っているのか、まるで判りませんでした。
 それはDVD映像だから、ブルーレイだともう少しはっきりと吉井怜の乳首が見える?
 いや、実際に映画館で見た人情報だと、吉井怜の胸のシルエットだけが見えて、
肝心な乳首は見えなかったそうです。
横を見るかなえ一輪のひまわりを見ているかなえやめなよ、あんな奴・・やめちゃえばいいのに・・シートベルトをはずし怖い・・ 
 いろいろと検索したら、映画館での上映もブルーレイだったようです。
 元々はDVDレンタルで出す目的で作られて、映画館での上映はその宣伝でしようね。

 だから、
ブルーレイの映像だって、そんなには変わらない思います。
 ずつと下のベットシーンキャプ写真では、
一応は吉井怜のバストトップは確認できました。
 ただ、それはあくまでもうっすらと見えているかなという程度です。
 まあ、これを見えてると判断すかるのはかなり微妙ですね。
 だから、カテゴリーをヌードな映画にするのをやめました。
 その吉井怜ヌードキャプ写真は拡大して見て下さい。
大谷君はいなくなる大谷とベットイン。吉井怜の乳首が見えている大谷に抱かれるかなえ上になり微かに見えている吉井怜の乳首これも微妙に・・ 
 上の写真では赤い照明があるように見えますが、これは画像の明度を上げたから見えたものです。
 実際には真っ暗で、
吉井怜の乳房はシルエット程度しか見えていません。 
 
 画像編集で明度をMAXにしてしまいますと、今度は霧がかかったようになり、白過ぎて逆にボヤけて過ぎてよく見えなくなります。

 一応は吉井怜の乳首らしきものは確認できましたよ。
 これは監督が悪いです。変な話、女性監督にベットシーン撮らせるなと言いたいくらいです。
 ポルノチッチといういうからには、その
ポルノ的なエロをしっかり撮らないとまるで意味がないですよっ!
 ましてや、このポルノチックシリーズで、
吉井怜は一番注目度も知名度の高い女優なんですから。
見えいるはずの乳首がよく見えない激しく腰を動かすかなえ
 これではレンタルでも出そうもないですね。むしろ、旧作の「LOVE MY LIFE」とセットで借りないと、ああ・・ガッカリです。

 新作の方がレンタル店に行ったら既にレンタルされていて借りにくいのが普通ですが、この吉井怜に関しては旧作の「LOVE MY LIFE」の方が貸し出中で、もしかしたら借りにくいかもしれません。旧作ですから、一週間レンタルでいつ戻ってくるか判りませんしね。

 折角、騎乗上で
吉井怜の美乳がいい形で揺れているというのに・・まるで見えてないとは、トホホです。
 バカなことをしてますね。こんなの、わざわざ興行価値を下げるだけですよ。 その後のDVDの売り上げにも影響します。
 吉井怜はちゃんとベットシーンをやっていますので、彼女自体は何も悪くはない。

 悪いのはそれを女性監督に撮らせてしまつたプロジューサーたちでしよう。
裸で外を見るかなえ窓の外にいる女性を見るかなえ
 比較にもならないけど、かつての東映で女性映画を撮った亡き五社英雄は、これでもかというくらい女優のエロスを撮るのには定評がありました。
 かつての巨匠と比べても仕方ありませんけどね。

 ただ、吉井怜も同時期に発売したヌード写真集でも、服が濡れての乳首透けはあったものの、
乳首を全面的に見せているカットは一枚もありませんでした。

 今月で吉井怜も30歳になります。白血病という大病を克服して今も尚、女優を続けていられるのですから、自分の名前を残せるような作品はもう少し欲しいところです。
55ある人物が去り足早に歩いてゆくかなえ 
 それには、もっと思い切らないと、やがてはジリ貧になっていくような気がします。
 吉井怜は女優としていいものを持っているのです。
 女のかわいさとクールさを同時も持ち備えて、それぞれに違う顔を見せてくれる若手女優はそうは多くはありません。
 その対極にあるのが「寄生獣医・鈴音」です。

 吉井怜には女優として大成してほしい。それだけに、今後の彼女の奮起に更なる期待したいです。
 映画としてはかなり期待を裏切った残念な作品
としか言いようがありません。

●追加ピクチャー
吉井怜の乳首、微かに発見微かに、これも見えている吉井怜の乳房のシルエット揺れる乳房前かがみになると意外とボリュームが・・・見えてないこれも微か・・見えているとは言いがたい
 キャプ写真を拡大すると、これも微かですが吉井怜のバストトップは見えていました。
 もう少し照明が明るかったら・・・はっきりと見えていたのですが・・・残念です。


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ ←ポチッとクリックお願いします。


ランキングはここをクリック!

CATEGORY:2011年日本映画 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/284-bbc2f9b4

コメントの投稿














xx HOME xx