じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 実写映画 マリア様がみてる 実写映画 マリア様がみてる│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


実写映画 マリア様がみてる 

2011/09/19 15:47/Mon
DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
マリア様がみてるチラシマリア様がみてる、チラシ裏 
  私立リリアン女学園"姉妹(スール)制度"
突然、憧れのお姉様から突然の"姉妹宣言"
美少女たちの薔薇の学園で何が起こる!?

勿論です。お姉様方にご報告します。あなた、タイが曲がっていてよ 
 今回は 久々の新作の美少女映画「実写映画マリア様がみてる」 です。
 今野緒雪の少女小説がアニメで人気となり、今回ようやく実写化された少女たちの学園ドラマ映画です。
身だしなみはキチンとね。マリア様が見てらっしゃるわよ。憧れの祥子様を前にビビる祐巳あなた、お姉様はいて?どっちなの?この写真、ちょーだいっ!自分のロザリオを祐巳にかけようとしている祥子紅薔薇のつばみの中の祥子と祐巳 
 名門・お嬢様学園の私立リリアン学園には、"姉妹(スール)制度" があり、いきなり憧れの先輩から妹宣言された一年生・祐巳を中心にして繰り広げられる、女子高物語です。

 一般的に略して、"マリみて" と呼ばれていて、この原作アニメは熱狂的なファン層を持っているようです。

 女子高を舞台としながら、エッチな要素は全くありませんが、美少女たちを見ているだけで、やはり胸キュンするものがあります。

 "マリみて" が好きな方、そうでない方も、興味が沸きましたら、下記の追記を読む、からご覧下さい!


公開 2010年11月6日
監督 - 寺内康太郎
原作 - 今野緒雪
脚本 - 寺内康太郎、佐上佳嗣
イラスト - ひびき玲音
製作 - リバプール、集英社、
 ジョリー・ロジャー、メ〜テレ、テレビ大阪サービス
制作プロダクション - ジョリー・ロジャー
配給 - ジョリー・ロジャー、リバプール、メ〜テレ
主題歌 『Heavenly Days』 歌 - CooRie

CAST
小笠原祥子 - 波瑠
福沢祐巳 - 未来穂香
水野蓉子 - 平田薫
佐藤聖 - 滝沢カレン
鳥居江利子 - 秋山奈々
支倉令 - 坂田梨香子
藤堂志摩子 - 高田里穂
島津由乃 - 三宅ひとみ
武島蔦子 - 広瀬アリス
柏木優 - 碓井将大
1時間30分 ビスタサイズ

●予告編です



●ストーリー
 名門お嬢様高校の私立リリアン学園に通う一年生・福沢祐巳は、今日も登校してきました。

 スカートのプリーツを乱さない。白いセーラーカラーはひるがえさないように、ゆっくりと歩く。それがここ私立リリアン女学園のたしなみです。
 朝の挨拶は"おはよう" ではなく、"ごきげんよう" でした。

 祐巳は朝の儀式でもあるマリア様の銅像にお祈りしていました。
 福沢祐巳(ゆみ)はこの学園では平均的で平凡な一年生でしたが、好奇心は旺盛な女の子でした。
 親友の
武島蔦子から見せられたリリアン女学園の瓦版で憧れの先輩・小笠原祥子(さちこ)が今度の学園祭でシンデレラ役をやることを知ります。
登校する私立リリアン女学園高等部の生徒たち今日も一日、マリア様の御加護がありますようにマリア様の銅像ごきげんようじゃ、スールになれたってことでしょ祥子様がシンデレラやるんだ 
 ある朝、祐巳がマリア様にお祈りをして去ろうとした時、後ろから"お待ちなさい" の声に振り返りました。
 声をかけたのは憧れの小笠原祥子でした。

 祥子は祐巳に歩み寄ります。祐巳はいきなり憧れの祥子が目の前にして緊張しています。
祐巳 何か御用でしょうか・・
 祥子は自分のカバンを祐巳に持たせます。
祥子 タイが曲がっていてよ。身だしなみはいつもキチンとね。マリア様が見ていらっしゃるわよ。
 ごきげんよう。
 祐巳の制服のタイを直した祥子は、そう言って去っていきました。
 そのショットをカメラが趣味の親友の蔦子が撮っていました。
リリアンのかわら版祐巳をパシャリと撮影登校したばかりの祐巳マリア様にお祈り突然、呼び止められて振り向く祐巳現れた小笠原祥子  
 そのことを祐巳は蔦子に話しました。それは、蔦子もその場にいて写真を撮っていたので、その時の写真を祐巳に見せました。
祐巳 いつの間に・・これ、ちょーだいっ!
蔦子 いいわよ・・でもひとつだけ条件が・・・

 蔦子がその条件を言い終わらないうたちに、祐巳が強引にその写真を取ろうとします。
 蔦子が出した条件とは、祥子がいる山百合会に一緒に行くことでした。

 山百合会に行くと、先輩の志摩子と鉢合わせして、山百合会に入れてもらえました。
あの私に何か御用でしょうかタイが曲がっていてよ身だしなみはキチンとね。祥子様に声をかけられて萎縮している祐巳だって、祥子様の前で恥をかいたのよこれ・・いつの間に・ 
 祥子はその時、会議中でした。祐巳はそのドアに耳をすますと、いきなりとドアが開いて、祥子が出て来ました。
 祐巳はその拍子で倒れてしまいます。祥子が祐巳を起こしました。
祥子 ごめんなさいね。では失礼。
 階段を下りて去ろうとした祥子に蔦子が声をかけて呼び止めます。
蔦子 あの!私たち、祥子様にお話が・・・
祥子 あなたたちは・・

 蔦子はこの前撮った写真を祥子を見せました。
蔦子 この写真を今度の学園祭でパネル展示するために祥子様のお許しが欲しくて
蔦子 今朝、撮った写真です。
 祥子はその写真を受け取ると・・・
祥子 憶えてないわ。
蔦子 許可、いただけますか。

 祥子は祐美の方を見て。
タイトルは躾。祐巳さん、いい顔してるわよあげてもいいわよ。でも条件がひとつ・・あれが山百合会まるで中学生のような長いスカートドアから出てきた祥子に突然、押し倒された祐巳これ・・ 
祥子 あなた一年生よね。お姉様はいて?
祐巳 えっ・・
祥子 どっちなの。
祐巳 いませんけど・・
祥子 結構。ついてらっしゃい。

 祥子は祐巳を連れて先輩たちのいる会議室に戻り、祐巳を先輩たちに前に出します。
祥子 お姉様にご報告しますわ。この子・・自己紹介なさい。
祐巳 一年桃組35番。福沢祐巳です!
容子 その福沢祐巳さんが、どうなさって。
祥子 先ほどのお約束を果たさせていただきます。
容子 それって、先ほど部屋を出る時、わめいていた捨て台詞。

許可、いただけますかあなた一年生よね。お姉様はいて。あのう・・その福沢祐巳さんがどうなさって私は今ここに、福沢祐巳を妹することを宣言します突然の祥子のスール宣言に顔を見上げるだけの祐巳 
祥子 勿論。私は今ここに福沢祐巳を妹とすることを宣言します。
 祐巳に何の相談もなく、いきなりの祥子の姉妹(スール)宣言に、祐巳は驚きました。

 祐巳も会議室に座らされ、コーヒーカップを持つ手が震えています。
 そこで先輩たちから、今度の学園祭で祥子がシンデレラ役をやることを説明されます。
 祐巳を連れてきていきなりのスール宣言でしたので、山百合会の先輩たちは祥子との仲を疑っているのです。
 祥子は山百合会の先輩たちに証拠の祐巳との写真を見せます。
 そして、スールの儀式でもある、自分の首からかけているロザリオを外し、祐巳にかけようとします。
 果たして、祐巳はすんなり祥子のスールを受けるのか!?
私と祐美巳は知り合いです。これが証拠です。ロザリオを祐巳にかけようとする祥子申し訳ありません!アタシ、祥子様の妹にはなれません振り向くと、そこには・・祥子がいた 
 ストーリーの紹介は以上です。
 また、DVDを見ながら書いたのでちょっと長めになりましたが、映画が始まって20分程度のところまです。

 主役は小笠原祥子役の波瑠のようですが・・・ストーリーの軸的主役は明らかに祐美役の未来穂香ですね。
 この映画は昨年の10月26日の新宿の明治安田生命ホールでのキャストの舞台挨拶付きの試写会で見ました。
 舞台挨拶で集まったキャストは全員、私立リリアン女学院の制服で登場しました。

 その時の舞台挨拶のセンターは波瑠でした。実物と映画では、波瑠の女子高生姿も違和感はそんなになかったのですが・・・
 今回新たにキャプってみると・・・静止画面での波瑠は女子高生(高二)にしては、ちょっときびしいかなに見えました。
難しすぎて、よくわからないいいから、もう一度弾いて放課後は私たちの芝居の稽古に付き合ってもらうわよじゃ、教えてあげるわ、ダンス学園祭で恥をかきたくなかったら、何が何でも暗記するのよアタシ、お礼言ってなかった 
 昨年の映画公開時で波瑠は19歳で、17歳の女子高生を演じています。
 まあ、実年齢差たったふたつですから、女子高生演じてもおかしくない年なんですけどね。
 波瑠が大人っぽいせいかな。モデルやってただけに、背が高い子です。
 役的にお姉様ですから、少し大人つぽい高校二年生でもいいよな感じもしないでもないです。

 ストーリー的には、そんなに山場はないですね。   学園祭での舞台を巡る点では、2008年の「櫻の園」とも少しカブるところがありましたが、その映画は舞台が学園側に許可されるかどうかが焦点でしたから、それとはかなり異なりなます。
 この映画でも、その
学園祭の舞台シーンは一切ありませんでした。
私たちのことはご想像に任せしますわわらしべ・・いいぢゃないそこに祥子様が入ってきた(台詞の稽古)私はいつものスカートでいいわ舞台の衣装合わせじゃ、祐巳それ脱いで。交換。 
 この原作並び、アニメを全く見ないで、この実写映画を見ました。
 それが返ってよかったようです。
 なまじ原作を知ってると、別物とは思いつつも、どうしても比べてしまいます。

 マリみておたくの友人は、余りにも原作アニメのイメージがガッチリし過ぎて、とても見る気にはなれない、と言ってました。
 実際、アニメ通りのキャストなんて実現不可能ですからね。 
 最近の例では、
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の古代進役のキムタク。「あしたのジョー」の矢吹ジョー役の山ピー。どちらも、う~ん・・でしたからね。
祥子の衣装を着せられてぶかぶかの祐巳はっはっはー!マリア様にお祈りずいぶんと早いのね最後の学園祭だから何か私にもお手伝いさせて下さい 
 それに、この映画はアイドル映画でありながら、メジャーなアイドルは一人として出ていません。
 冒頭のバナーではってあるSKE48からも誰一人として出ていません。
 そのSKE48の松井珠理奈でも出てれば、また違ったアイドル映画になったのでしようけどね。

 それと日本映画は通常、公開から半年経てばDVDになるのですが、この作品に限ればセル版が7月27日、レンタルは9月8日でした。
 レンタルに至っては、映画公開から10ヶ月も経って、ようやくレンタル店に並んでいますから、遅いレンタルリリースでした。
 どうしてDVDリリースがここまで遅れたのか不思議ですね。
 映画公開時はたった50席の新宿のシネママートで、そんなに大きな興行にならなかったのですから、DVD化して早く制作費回収したいところでしょうに。
許婚とダンスしている祥子ホステスじゃあるまいし祥子様・・祐巳を見る祥子大役、終えてほっととしている祐巳マリア様がみている
 前にも言いましたが、それにしてもスカートが長い。今どき女子高生の制服で、ここまでスカートが長い制服も珍しいですよ。
 今、原宿の現場で働いていますから、原宿ではミニスカ女子高生たちでいっぱいですから、尚更長く感じてしまいます。

 映画の方は美少女好きな人だけに薦められるものです。あと原作の世界が好きなマリみておたくな方で、どうしてもその実写がどうなったか見てみたい方とか・・・
 マリみてに興味のない方は、ちょっときびしいですが、それなりに楽しめる美少女映画ではありますけどね。


↓クリックして頂けるこそが、何よりも疲労回復です。
 いつもありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓こちらもクリック視聴お願いします。キャプ写真編集の励みになります。 画像を増やすヤル気にもつながりますので・・





ランキングはここをクリック!

CATEGORY:美少女アイドル | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/251-50871850

コメントの投稿














xx HOME xx