じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 未亡人と女教師 (濱田のり子ヌード作品) 未亡人と女教師 (濱田のり子ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


未亡人と女教師 (濱田のり子ヌード作品) 

2011/09/04 03:40/Sun
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
未亡人と女教師、DVDパッケージ 
僕は二人の女性から"性"を教わった
少年が体験する未亡人と女教師の性
誘惑するオンナたち
セックスなんて、たいしたことはない

演奏している女教師と未亡人結婚した夫の息子とセックス 
  今回も、またまたエロチックなVシネマ、濱田のり子主演の「未亡人と女教師」です。
 主演は80年代、セイントフォーというアイドルユニットで活躍した濱田のり子と、Vシネマで活躍していた長曽我部蓉子のW主演です。
あ・・楽器の道具で女教師の股間のスカートへガウンを脱いで、夫の息子の前で全裸になる百合江パンツ丸出しで寝ている未亡人レズっているところを信夫に見られて、気づく百合江童貞の信夫をリードする女教師・江里佳 
 物語は大学の親友の一人が会社の上司と結婚して後妻に入るも、すぐに未亡人となり、もう一人は女教師で生徒である親友の義理の息子と関係を持つというストーリーです。
 主演の濱田のり子、長曽我部蓉子、共にフェロモンプンプンです。

 ただパッケージ写真で想像するような、ハードエロスでもなく、極めてソフト路線でした。
濱田のり子写真集より、その一濱田のり子写真集より、その二 
 元・アイドルの濱田のり子といっても、そんなにメジャーなアイドルでもなかったので、知名度はそれ程でもありませんでした。

 それでも、昔懐かしい濱田のり子を再見したい方や、初めて見る方で興味が沸きましたら、下の追記を読む、からご覧下さい。



1998年オリジナルビデオ作品
監督: 水谷俊之
企画: 黒沢満 
脚本: 山田耕大 
撮影: 栗山修司 
音楽: Fuji-Yama
製作:東映Vシネマ

CAST
百合江・・・濱田のり子  
江里佳・・・長曽我部蓉子  
信夫・・・中根徹
さわきゆき子  
伊藤洋三郎  
飯島大介
1時間23分 スタンダードサイズ
※キャプ写真はビスタサイズで処理
求め合う夫婦それを見ている息子いただきます信夫が見ている後妻の母の胸音楽教師・江里佳生徒たちと挨拶 
ストーリー
 大学時代親友だった百合江と江里佳は、卒業後別々の道を歩み始めていました。
 百合江はOLをして会社の上司と結婚して、その後妻になりました。
 その家には信夫という高校生の息子がいました。

 信夫は父の後妻の百合江、つまりは新しいお母さんは30過ぎの若くて魅力的な女性だったので、おのずと視線は百合江の胸などに興味深々でした。
突然の救急車の音を聞いている二人突然の父の死未亡人となつた百合江目を覚ました百合江百合江の胸の谷間おはよう 
 一方で百合江の親友の江里佳は、その信夫の高校の教師をしていました。
 江里佳は同僚の妻子ある音楽教師と不倫をしていました。

 しかし、百合江は結婚して間もなく夫が事故死してしまいます。その報せを聞いた江里佳は、葬儀で百合江と久々に再会します。
 百合江は亡くなった夫の信夫と二人で暮らすことになります。
 信夫は、魅力的な百合江の寝床に忍びこみ百合江の乳房を触るようになりました。
 そして江里佳も生徒である信夫を愛し始め、百合江も信夫と関係するようになり、めくるめく官能の世界に少年・信夫は溺れていきました。
とっさに母・百合江の腰を持つ義理の息子窓の外を見ている江里佳楽器でスカートを上げられぐいっとパンティーが見え無反応な江里佳股間を当てられる 
 ストーリーの紹介は以上です。
 今回は、元・アイドルの濱田のり子のVシネマを探して宅配レンタルのDMMで借りました。
 でも、濱田のり子の主演作としては選択を間違ったようです。
 濱田のり子、自体よく知らなかったので、最初のDVDのパッケージのイメージでは未亡人人と女教師が同一人物のような印象を受けましたが、全く別人でした。

 最初、女教師の方が濱田のり子かと思いましたが、勘違いしていました。
 女教師役は長曽我部蓉子でした。下のキャプ写真が、その長曽我部蓉子です。
チーンと楽器を鳴らし江里佳の乳首を触り乳首をツンツン体勢を変えてエッチ忘れたいの全部百合絵のブラが出て 
  服を脱がされているのは、濱田のり子です。
濱田のり子の写真集のイメージと、このVシネマとでは随分と印象が違いました。

 このVシネマでは、濱田のり子は未亡人を演じているのですが、少し幼い印象を受けました。
 といっても、ビデオリリース当時の1998年時は濱田のり子は33歳で、もう若くはなかったんですけどね。

 最初、どっちか濱田のり子か判らなくて混乱しました。このVシネマでは一応は濱田のり子主演扱いになつていますが、女教師の長曽我部蓉子の方が目立っています。
 長曽我部蓉子もあまり馴染みのない女優で、Vシネマでも大竹一重の
団地妻'98 危険な情事」などで脇役で出ていました。
乳房があらわに股間に手をやる男その男とセックス義母の寝顔を見て義母の下着をめくって悩ましい姿でもんどりうち 
 まあ、濱田のり子の方も最初からVシネマの主演を取れたわけでもなかったようでしたけどね。
 元・アイドルのセイントフォーのメンバーといっても、知っている方は少ないと思います。

 セイントフォーは、1984年に結成されたアイドルグループでしたが、ヒツト曲に恵まれず、そんなにメジャーでもなかったですからね。
 確か当時はAKBの秋元靖がプロジュースした、おにゃん子クラブが一世風靡して爆発的に人気のあった時代で、セイントフォーは時代に乗り遅れたアイドルでしたからね。

 何となく想い出される方もいるかと思います。
出勤中の江里佳いきなり信夫の前で逆立ちパンチらする思いっきり、パンティー丸見えまた義母の寝床に入る信夫息を荒くしている百合江信夫を見つめる江里佳 
 アイドルとして売れなかった濱田のり子は、その後女優に転身してヘアヌードになってVシネマを中心に活躍しました。

 この人もヌードになっていなかったら、ずっとなかず飛ばずで終わったでしょうね。
 ヘアヌードの写真集では、かなり大胆な開脚ポーズの扇情的なハードエロスでした。

 最近では、濱田のり子はMUTEKIレーベルから2009年6月に『Revenge of Love』でAV女優デビューしています。
 まあ、AVといってもVシネマの濡れ場シーンより少しハードになった程度のもので、実際には擬似本番でしょうけどね。
 見た人からはガッカリレベルのAVだったようです。
信夫を誘い初めてのセックスで戸惑う信夫いいのよ・・女なんて肉の塊だと思えばいいのよああーーっ!初体験した信夫 
 でも、濱田のり子がAVデビューしてたことを知ったのは、つい最近です。
 同じMUTEKIからAVデビューした吉野公佳は、当時かなり話題になりましたが、濱田のり子はそんなに騒がれていませんでした。

 濱田のり子はそのAVデビューが44歳の熟女の頃で、しかも忘れかけれられていましたからね。
 ただ、このVシネマ時は33歳の頃だから、まだ若い頃です。
 でも、この作品は主演作でありながら、完全に長曽我部蓉子に食われてしまってますからね。
生徒たちに襲われる江里佳パンティーを下ろされ男子生徒にレイプされる江里佳ちゃんと女喜ばせたら。じゃないとしたうちに入らないわよ。再び出会う江里佳と百合江下着を脱がし 
 濱田のり子の主演で売るんだったら、もつと彼女を全面的に出してもよかったような気がします。
 それはヘアヌード写真集とコラボした1996年の「餌食 淫らな聖女」のようです。

 濱田のり子ヌード作品でアップするなら、そちらの方を先に借りた方がよかったですね。
 この作品では、どっちが濱田のり子かが濱田のり子を知っている人でしか判らないでしようからね。

 でも、このVシネマはパッケージ負けした内容の作品でしたね。
 パッケージだけ見たら、何か昔のロマンポルノを想い出してしまいそうなエロエロ作品に見えますが・・・
 いやいや前に言った通り、たいしたことはありません。
お互いに裸になり二人は信夫が見ていることに気付く信夫の前で裸になる百合江アタシを見て義理の母と遂にベットイン
 内容的には女教師と男子生徒とセックス、男子生徒からの集団レイプ、親友同士のレズビアン、義理の息子とのセックスと、エロがてんこ盛りです。

 でも、残念なことにこの作品では、濱田のり子のエロチズムがヘアヌード写真集の半分にも満たないくらいないのです。
 いくら未亡人と女教師を対極に出すタイトルとはいえ、濱田のり子より知名度が低い長曽我部蓉子を主演扱いし過ぎています。
なかなか上手くできない信夫そう、ゆっくり腰を動かすのよ揺れる百合江の乳房遂に親子ちゃんぽんしてしまった百合江信夫を見ている百合江登校中の信夫とすれ違っていく百合江
 下のヘアヌード写真集と見比べると、このVシネマの濱田のり子とでは全くの別人に見えます。
 ああ、写真集くらいのエロスをこのVシネで出してくれたら、濱田のり子はもっと魅力的に見えたのに・・
 素材モデルは同じでも、撮る人が違うと、こうも女優は変身するものなのですね。
 そういう意味では、女優は化け物です。
濱田のり子、ヘアヌード写真集より一濱田のり子、ヘアヌード写真集より二 
 今回のVシネマ作品は、完全にパッケージに騙されたような消化不良的なものでした。

 機会があったら、写真集とコラボした「餌食 淫らな聖女」を取上げるかもしれません。
 数日後、濱田のり子のAV作品『Revenge of Love』も借りて来れたら、そのキャプ写真もアップしますので、またしばらく経ってから覗いて見て下さい。
濱田のり子AV『Revenge of Love』 

↓クリックして頂けるこそが、何よりも疲労回復です。
 いつもありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

↓こちらもクリック視聴お願いします。キャプ写真編集の励みになります。 画像を増やすヤル気にもつながりますので・・





ランキングはここをクリック!

CATEGORY:女教師シリーズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/248-165ee1c2

コメントの投稿














xx HOME xx