じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 KG KARATE GIRL KG KARATE GIRL│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


KG KARATE GIRL 

2011/06/15 23:47/Wed
DMM.com CD通販
KGチラシKGチラシ裏 
スカートひるがえして闘う女子高生!
父の仇を取リ、妹を取り戻すために
制服の下の秘拳が今、炸裂する!
私は絶対に許さない格闘する彩夏 
 今回は武田梨奈・主演の空手アクション映画です!

 この作品は、伝説の空手家の父を殺され、妹を誘拐された姉の復讐と奪還の物語です。
木刀をヌンチャクで受け止めて、危機一発父の命を奪った奴を・・囲まれた彩夏田川の手下たちと戦闘開始決意を固める彩夏姉妹のダブルキック 
 NOスタント!NO CG! NOワイヤー!の実際に当てるという格闘アクション映画です。
 主演の武田梨奈は、女子高生の制服で父の仇の集団と空手アクションをしています!

 さて、その美少女空手アクションはどんな感じに!?
 また、興味のある方は下の追記を読む、からどうぞ!

2011年2月5日 公開

監督:木村好克
脚本・アクション監督:西冬彦
プロデューサー:西冬彦 嶋津毅彦 小川勝広 若林雄介  撮影:相馬大輔(J.S.C) 
音楽:安川午朗 
主題歌:『Ready☆Steady☆Go!』 歌・武田梨奈
製作:東映ビデオ/アマゾンラテルナ
配給:CJ Entertainment Japan/ティ・ジョイ  
制作プロダクション:アマゾンラテルナ/ダブ
1時間31分 ビスタサイズ 

CAST
●紅(池上)彩夏・・・武田梨奈
紅彩夏・・武田梨奈 
●紅菜月/サクラ・・・飛松陽菜
紅菜月・・飛松陽菜 
●紅達也・・・中達也
紅達也・・中達也 
キース・・リチャード・ウィリアム・ヘセルトン
キース・・リチャード・ウィリアム・ヘセルトン 
●武藤竜士・・横山一敏
武藤竜士・・横山一敏 
●池上美樹・・入山法子
池上美樹・・入山法子 
●大橋怜子・・滝沢沙織
大橋怜子・・滝沢沙織 
●田川周・・堀圭亮
田川周・・堀圭亮 

●予告編です


ストーリー
 今から二百年前、沖縄に伝説の空手家・紅宗次郎がいました。

 その宗次郎の拳は一撃で命を絶たれるという壮絶無比の必殺拳でした。
 現代にその紅空手を継承する者がいました。
 紅達也。宗次郎の家系を継ぐ者でもありました。 

 しかし、その紅空手の象徴でもある黒帯を狙ってくる者がいます。その男は、田川周。
 田川は手下たちと共に、紅達也を襲い、達也も応戦しますが後ろから日本刀で斬りつけられて、殺されてしまいます。
 田川は紅家の伝説の黒帯だけではなく、達也の二人の娘の妹の菜月まで奪っていきました。
 一人残されたのは姉の彩夏でした。
振り返る紅達也現れた田川周人質に取られた二人の娘闘う達也後ろから日本刀で斬られた達也お父さんーーっ!   
 それから十年後。彩夏は紅家の名前隠して池上彩夏として、美しい女子高生に成長していました。

 彩夏は横浜・桜木町に昨年出来たシネコンの横浜ブルク13にアルバイトとして働いています。
 ある時、彩夏が館内の案内をしようとしたその時、女性の悲鳴が聞こえてきました。

 館内で女性のハンドバックを盗むという窃盗事件が起きていたのです。
横浜・桜木町のシネコンで働く彩夏スリの犯人に一撃ありがとうごさいます!あのチケットをお持ちの方はどうぞお入り下さいしようがないよ、いいことしたんだから自分の拳を見つめる彩夏 
 彩夏は女性の悲鳴にいち早く反応し、逃げる窃盗犯の男二人に、空手の技で一撃し、アッという間に捕まえました。

 その様子は館内の観客にも見られており、彩夏に賞賛した群集が囲み、ケータイのカメラで彩夏の写真を撮る人たちまでいました。

 今まで隠していた空手の技を条件反射的に出してしまった彩夏は、その事がネット等で配信され一躍、有名になってしまいます。

 そのことで昔、彩夏の父を殺し、妹を奪った田川周にも知られることになりました。
自身の道場を視察に来た田川そこにいた誘拐された菜月先日のシネコンでの彩夏のスリ犯一撃のネットニュースを見る田川この娘をすぐに調べろ!ペットボトルで実践してみる彩夏妹の菜月が乱入 
 その田川周の集団には、誘拐された彩夏の妹・菜月は殺人マシーンとして育てられていました。
 少し有名になった彩夏は、シネコンの支配人の頼みで、ある空手クラブから招かれ、その技を披露しに行きました。

 そこに乱入してきた二人の中に妹の菜月がいました。
そこで妹・菜月と運命的な再会をする彩月でしたが、その時は、それが妹だとはまだ気付いていません。

 この運命的な再会が波乱を呼び、彩夏は父の仇でもある田川の集団と対決していくのでした。
妹を見つめる彩夏彩夏が応戦妹と知らずに拳を向ける彩夏在りし父との思い出空手着で練習する彩夏妹と知らずに、またバトル 
 ストーリーの紹介は以上です。

 まあ、何てことはない
B級アクション映画です。空手アクションは、スタント、CG、ワイヤーを一切使っていない、本物のA級アクションです。

 でも、不思議ですねぇ~
 日本刀で背中斬られても、血も吹き出さなければ、空手着も切れていないのです。
 それに、日本刀で斬られて殺害され、その子供が誘拐されたのに、警察が全く動いてません。

 そこはやはり
B級映画ならではのいい加減さですね。
菜月?菜月なのその黒帯、狙われているよ紅達也から奪った黒帯シネコンの館内で幼き日を思い出している彩夏てはっ、てはっ!ケータイから着信 
 製作・配給自体が東映系列だし、昔の東映プログラム・ピクチャーの流れからしたら、そんなデティールのいい加減さは、目をつぶって下さい、って感じですけどね。

 劇場も関東では新宿バルト9と、舞台となっている横浜ブルク13の、たった二館での公開でした。

 何よりも、この映画も空手アクションといいつつ、一番の売りは女子高生の制服で格闘させるというのが一番の見せ場です。
 今どきの短い女子高生のスカートで蹴ったり、殴ったりすれば、当然スカートはめくれ、下着は見えてしまいます。
再び、人質として拉致された妹の脅しの動画制服に着替えて、乗り込む彩夏


菜月を返して田川の手下を片づけた菜月


周りを囲まれて戦闘開始 
 ちなみに劇中で主人公の武田梨奈が、ケータイで父の仇に呼び出される時は空手着姿なのです。

 その空手着のまんまで乗り込めばいいのに、わざわざ女子高生の制服に着替えて行くんですね。

 といっても、スカートがめくれて見えるといっても、黒パンです。

 これは、いわゆる見えてもいい、"見せパン"ってやつですね。
 これじゃないと、女子高生のミニスカートでアクションができるわけがありません。
戦闘2
体勢を整えて


再び
戦闘開始


飛び蹴り壁をつたっての飛び蹴り 
  だから、その部分で過剰(?)な期待しちゃうとガッカリですよ。

 何となく、見る前からそれは想像できました。
 
武田梨奈の前作「ハイキックガール」も、全く一緒でした。

 「愛のむきだし」の満島ひかりのような白パンツで格闘だったら、エロの部分もあったんでしようが・・・・

 その分、武田梨奈の空手アクションの方が本格的というか・・・この子は実際に空手の段を持っていますし。
スカートふわり
彩夏に木刀を向ける武藤


ヌンチャク構えて、さあ、いらっしゃい
やあっ!


武藤に最後の一撃最後の強敵キースとの格闘 
 武田梨奈、実際に鍛えているだけに足の筋肉はやはり凄いですよ。

 この子が美少女アイドルに該当するかどうかは意見の分かれるところでしょう。
 久々出た、日本の女優でのアクションスターです。
 第二の志穂美悦子、といっても、今はその志穂美悦子を知らない 若い人も多いでしょうね。

 それに、実際に蹴りを顔面とかに当てているようですから、敵対する相手役も、スタントというよりは鍛えているアスリートでないと、彼女のアクションは受け止められないでしようね。
間合いを計る両者
妹が参戦、見つめる彩夏


二人でポーズ
再び戦闘モード


蹴りをくらわす準備二人ダブルで蹴り 
 でも、上の画像みたいに、こんなに身長差あったら、実際には女の子は不利じゃね?  と思ってしまいます。

 スピードはともかく、力では外人の方が圧倒的に強いはずですしね。
 接近戦で、抱きついてしまえば、それで逃げられない気がしますが、そんな描写はなしです。
 それだと空手の武道に違反していますけどね。

 あれこれと突っ込めば、いくらでもアラはある映画ですが・・・

 こんな何にも考えないで、単純に楽しめるアクション映画も、たまにはいいものです。
彩夏、勝利のポーズ彩夏、最後の一撃 
 決して、おススメな映画ではないですが、武田梨奈のNEWヒロインに興味を持った方は見てもいい映画ですよ。
 
 やっぱり、おじさん世代にはアピールしてくるものがありますからね。

↓ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ


ランキングはここをクリック!

CATEGORY:美少女アイドル | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/229-3bd177c4

コメントの投稿














xx HOME xx