じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 万華鏡 (小松千春ヌード作品) 万華鏡 (小松千春ヌード作品)│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


万華鏡 (小松千春ヌード作品) 

2011/03/15 00:19/Tue
DMM.com CD通販
万華鏡、DVDパッケージ 
私の中に誰かがいる!?
万華鏡に魅入られた女
その女を愛した男が見たものとは?
いきなり写真を撮られて、嫌がる繭子胸を揉まれる繭子 
  今回は、ちよっと刺激的なエロ・サスペンス映画ですっ!

 丁度10年前の小松千春主演の官能サイコサスペンスというような内容ですが・・
 サイコサスペンスというような内容ではなかったですね。
見たけりゃ、ずっと見てていいんだよクラブで知り合った洋介と踊る、もう一人の人格の楓何があったんだよ一人や二人殺したって 
 見る角度によって模様が変わる万華鏡(まんげきょう) に見立てて、二重人格者の犯罪を描いたサスペンスです。
 
小松千春27歳の時の映画です。当然、濃厚なラブシーンでしっかり見せていますが、そんな期待したほどのものでは、ありませんでした。

 それだけでは物足りないので、最近の"小松千春の、あのキャプ写真"も、AM3:40に追加しました。
 初めてこの映画のタイトルを知った方もいるでしょうから、興味のある方は下の追記を読む、からご覧下さい。


2001年7月30日公開
監督・・伊藤秀裕
脚本・・佐々木乃武良
撮影・・川中金美
製作・配給・・ケイエスエス
渋谷アップルリンクファクトリーで公開

CAST
三輪繭子・・小松千春
村上・・・・遠藤憲一
モデルの女・野本美穂
謎の男・洋介・・・広沢好輝
1時間20分 シネマスコープサイズ

万華鏡タイトルバック今日、一日だけひと肌脱いでくれないかな何をですか一人で食事している繭子自分のホームページを見ている繭子ねぇ、あれ・・ 
●ストーリー
 三輪繭子(小松千春)は、毎日事務的な仕事をこなす地味なOLでした。同僚の女の子から合コンの誘いを受けても、誘ったのが間違いだったと思われる始末です。
 繭子が付き合っている男性はいませんでした。彼女の唯一の趣味は、自らが開設したホームページの掲示板を毎日チェックすることでした。
 
 最初は好意的な書き込みばかりでしたが、ある日"死ね!"と羅列した悪意的な書き込みに、繭子はふさぎこんでしまいます。
いえ、もう大丈夫です何、これ悪意の書き込み屋外でグラビア撮影一応のモデル万華鏡を見ている繭子 
 そのショックで会社を遅刻した繭子でしたが、仕事の合間に会社のパソコンでまた自分の掲示板を覗くと、またあの"死ね!"を羅列した悪意的な書き込みを見てしまいます。
 その一方で夜な夜な、派手な格好でクラブに出没して男を挑発している楓という女が、洋介という若い男に"ある女を殺してほしい"と依頼していました。
 
 更に新進気鋭のカメラマン・村上に繭子は出会いましたが、断りもなしに会ってすぐに写真を撮られたことで、繭子は憮然として、その場を逃げ出しました。
外で万華鏡を見ている繭子そこに広がる世界いきなり写真を撮る村上服を脱ぎだすモデルの女ブラを取り胸をあらわにし、更には・・ 
注・これは小松千春ではなく、野本美穂です。
 しかし、その時に繭子は大切な万華鏡を落としてしまい、村上の名詞を捨てずに持っていたため、再び村上に会うことにしました。
 村上はその繭子が落とした万華鏡を拾ってくれていました。
 そして村上は、改めて繭子に自分のモデルになってくれないかと頼み、繭子もしだいに村上に惹かれていきます。

 やがて、村上と男と女の関係を持った繭子は、その村上を巻き込んで、もうひとつの自分の顔を見せ始め、猟奇的な殺人事件を起していくのでした・・
パンティーを脱ぎだし全裸になるモデルの女村上に抱かれるモデル女抱きつき・・セックスする二人これ忘れ物 
 ストーリーの紹介は以上です。
 冒頭でも言いましたが、これのどこがサイコサスペンスなのか理解に苦しみます。
 二重人格者ものだから、サイコサスペンス?そんなバカなねぇ~

 はっきり言って、実に下らないB級サスペンスです。宮地真緒の「失恋殺人」といい勝負かもしれません。
 それでも何とか見れたのは、エロの部分があったからかもしれません
 そのエロの部分も実にソフトというか、期待した自分がバカでした、という程度のものでした。
↓ここからが、小松千春です。 
村上に電話している繭子いきなり部屋に侵入している男襲う男服を無理やり脱がされて抵抗する繭子まずは洋介、繭子の胸を揉む    
   
 こんなVシネマ程度の作品をよく劇場公開できたと思いますよ。多分、レイトショーでしょうね。

 見るべきものは、小松千春のおっぱい、それだけですもの。
 この記事を見てレンタルする方も少ないと思いますのでネタバレしますが・・・
 クラブで若い男を誘惑する楓と繭子は同一人物なのですね。いわわる、二重人格で楓という派手な女は繭子によって作られたキャラなのです。
いざという時に勃たない洋介に軽蔑の眼差しで見る、もう一人の人格の楓何者かの悪意に怯える繭子 
 この二人が同一人物で同じ小松千春が演じているとはまさか想像もしませんでした。
 申し訳ありませんが、こんな映画見ないだろうと勝手に想像して、大きなネタバレしちゃいました。

 下の写真では、その若い男・洋介に繭子が襲われているいるように見えますが・・・
 結局、楓の人格で誘って部屋に上げて、部屋に入ったら繭子の人格になって、襲われたような感じになったというオチだと思いますよ。
繭子のブラに手をかけて下ろそうとしているブラをめくられ、繭子の乳房があらわになる繭子の乳房をもむ男そのまま挿入犯されている繭子男のなすがまま・・ 
 女性の一人暮らしならば、鍵は絶対にかけるでしよう。
 繭子が楓の人格で男を部屋に誘って、部屋に入って着替えたら楓から繭子になったのなら、合点がいきますからね。
 それでなくても、もう一人の楓はその若い男・洋介をしきりに誘っているわけですから。

 それが分かるのは繭子が楓の人格で事件を起して、収監されるラストの方です。
 これでサイコサスペンスっていうの・・なんか笑っちゃいます。
村上さん、私は私ですよねモデルになっている繭子すっかりモデル繭子を抱き寄せ繭子の乳房を吸う村上あっ、あー
 この映画の監督の伊藤秀裕は、1995年にトヨエツ主演の「男たちのかいた絵」も監督しているのですが、あまり女優を上手く撮る監督ではありませんね。

 折角の美乳の小松千春を寝かせての濡れ場では、胸がぺたーんとなってしまいます。
 佐藤寛子ほどのぼよよん胸なら、寝てもしっかりある、のですが、それほど大きくない人は、これでは宝の持ちぐされです。

 サスペンスといっても、エロの部分で売らないとお客になんて入らないのですから、この撮り方では全くダメです。
のけぞる繭子体をくねらせ村上に抱きつき抱き寄せられる繭子体を倒し村上の・・
 体を起して撮らなければ、折角の小松千春の美乳が美しく映えません。

 小松千春といえば、今年の2月1日にMUTEKIレーベルから、AVデビューしました。
 でも、その内容を見ればAVというよりハードなVシネマぽかったです。 内容は、ドラマ仕立てになっています。
 はっきりととやっていない(擬似)というのがわかりました。そのAV作品では、小松千春とAV男優のカラミでモザイクがあまり入ってません。
 つまりは、結合部のシーン自体がないのですから、実際にはやっていないということでしょう。
愛撫セックスする二人情事の終わり一緒にいてくんないかなとっとと、この部屋から出て行ってよ何・・
 だから、その「告白」もAV作品として見たなら、かなり不満が残る内容です。
 女優の小松千春のネームバリームで売ろうとしているのがミエミエなAV作品ですからね。

 ただ、今はAVの世界もAV女優が大事にされたのは遠い昔の話で、今は本番やらない子はどこのメーカーも使ってもらえません。
 ネームバリームだけで売れるのは最初だけで、ユーザーも次からは飽きていきます。
 まあ、最近のAVはただやっているだけの内容でどれも同じで、昔のようにエロをかきたてるものが余りありません。
 それがAV業界が低迷している原因のひとつのように思えます。
血、出てるわーよ独房にいる繭子先生、その病気治す方法あるんですか自由にさせろって
 本作品と関係ない話になってしまいましたが、この映画はサスペンスとして期待してはいけません。

 これは女優のヌードを見るVシネマ作品。そう思えば、まあこんなもんかなと納得もできます。
 例えば、この映画はレンタル店で借りに行ったところで、TSUTAYAとかの大量在庫を誇る店舗にしか在庫がないような気がします。

 小松千春が好きな人はどうぞ、という作品でした。

※ここから先は、小松千春のAV作品「告白」の紹介になりますので、女性の方は下にスクロールしない方がいいかもしれません。
小松千春AV「告白」パッケージ 
 パッケージを見る限りでは、思い切りAVです。ですが、AVにしては物足りない内容ですよ。
 確かに映画やドラマで活躍した有名女優がAVをやったというのはかなり珍しいです。
 最近ではヨコハマ映画祭で新人賞を取ったことがある、つぐみや、はたまたもう五十半ばの島田陽子までもがAV進出しています。

 映画の方で過激な濡れ場シーンといえば、その昔、松阪慶子がまだ若い頃に映画「火宅の人」で故・緒方拳とバックからの激しい濡れ場シーンやっているし。
 最近では映画「欲望」では板谷由夏が村上淳に股間を触られるという激しい濡れ場をやっています。
 それらは、一般映画ですから、まあそんなに過激というほどのものでもないですけどね。
胸をもまれながら激しいキス激しくAV男優に乳首を吸われる小松千春更に激しく乳首を吸われる男優にパンティーの中に手を入れられる乳房を揉まれる小松千春性器を愛撫されながらの乳房揉み 
 この「告白」は、AVメーカー製作による、紛れもなAV作品ですから、一般の映画の濡れ場に比べたら確かにハードです。
 でも、今の時代この程度は、ほんの序の口程度ですよ。

 このAV作品、男優に小松千春が股間そのものを広げられるシーンは全くありませんでした。
 やはり、女優がやった擬似本番ソフトAVでしかないです。
 画像だけ見ると、かなりエロく感じますが、AVとして見た場合、ガッカリレベルでしかないんですね。
執拗に乳房もみ喘ぐ小松千春騎乗位で乳もみ乳揉み腰を動かす小松千春正常位で果てた小松千春 
 ただ、あの小松千春がここまでやった、みたいなところでちよっとした衝撃ですが、それも最初だけです。
 ましてや、このAV作品はヘアーが全く見えない、ということは、しっかり前バリつけているということです。
 これが、第二弾、第三弾と続くかどうかはわかりませんが、またこの程度の内容だとユーザーに見向きもされなくなります。

 今のAV見ている人って、かなり目が肥えていますからね。今はどの子も同じ顔で、AVの内容自体がエロチズムとはかけ離れた方向に行ってしまい、どの作品も余り代わり映えもしません。
 それがAVが飽きられている原因のひとつなのかなと思います。
再び、男優の乳房揉みAV男優にパンティーの中をかきまわされ再びの性器愛撫今度はバックから激しく胸を揺らし激しく・・ 
 小松千春も、37歳。やっぱり、おばちゃん化しています。2009年には男の子を出産して母親になっています。
 でも、この年代の母親の割りには、そんなに大崩れしてなく、まだまだキレイな体に見えます。
 
確かに、この小松千春は完全に熟女という顔になっています。10年という歳月は、ここまで女性の顔を変えるのですね。

 喜多嶋舞などは、その逆で映画「人が人を愛するどうしようもなさ」(監督・石井隆)で大股開いてのヌードがありましたが、こちらは完全に退化した母親の体そのもので・・・もう、いいよって感じで、少し痛々しかったです。
両手を持ちながらのバック再びの騎乗位ミセスの美乳再び、バックバックから激しく責められる小松千春再び、果てた小松千春
 樋口可南子が昔言ってた、"女優は乗せられれば何だってやる" は、つまりはこういうことですかね。

 いろいろな事情があり、破格のギャラがあって、AVという選択肢を受け入れたのでしようが、だからと言って落ちたと見るのはいかがなものでしようか。
 誰しもが違う選択肢を選ばなければいけない時は出てきますし、這い上がる時だってきっと来るはずです。

 小松千春、若い時にはない色気が出た分、まだまだイケてる女優だと思います。
一人バーで誰かを待っている小松千春おばちゃんなりの色気がある今の小松千春 
↑この顔だと、明らかに"年相応のおばちゃん顔" してますけどね。

※何だかアダルトブログらしい内容になってきちゃいました。
 ただ、それはランキング設定の時に間違って設定ボタンを押してしまっただけで、ブログジャンルをアダルトに移行する気は全くなかったんですけどね。(FC2は誤まってアダルトに設定しても、元には戻せないのです)


↓クリック視聴お願いします。キャプ写真編集の励みになります。


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ

ランキングはここをクリック!

CATEGORY:野本美穂・出演作品 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/214-3b56223e

コメントの投稿














xx HOME xx