じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 ちょんまげぷりん ちょんまげぷりん│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


ちょんまげぷりん 

2011/02/10 03:57/Thu
ちょんまげぷりん、チラシ表 
シングルマザーひろ子の前に現れた侍
その侍はタイムスリップして現代に
そして・・侍はパティシェになる!
人生はケーキほど、甘くはないのでござる

え・・誰?拙者は木島安兵衛。直参でござる。
 今回は、ちょっぴり笑えて、温かい気分になれるファンタジー映画です!

 ちょんまげぷりん。このタイトルだけでは、どういう映画か全くわかりませんでした。
 いわゆる、侍が現代にイムスリップする映画です!
 この映画は、見終わると、
無性にプリンが食べたくなります!
これがちょんまげプリン
 主演は関ジャニ∞(エイト)の錦戸亮と、ともさかりえ。

 物語は、180年前の江戸からタイムスリップした侍が、シングルマザーのひろ子とその息子に出会うことで、思いがけない才能を開花させてパティシェになるというストーリーです。
プリンを仕込む安兵衛パティシェになつた安兵衛うまいっ!木島安兵衛が作ったケーキたちある者を真剣で威嚇パティシェナイフで応戦  
 この映画は、
思いのほか面白うござった!

 少しでも興味を持たれた方は下の追記を読む、から御覧下さいませ。特に
スイーツ好きな方は是非!

公開 2010年7月31日
脚本・監督 - 中村義洋
原作 - 荒木源『ちょんまげぷりん』(小学館文庫刊)
音楽 - 安川午朗
美術 - 金勝浩一
撮影 - 小林元 
製菓制作・監修 - 辻調グループ校
制作プロダクション - スモーク
制作協力 - ダブ
製作・配給 - ジェイ・ストーム
主題歌 
エンディング曲『REMEMBER YOU』忌野清志郎
ちょんまげぷりん、チラシ裏 
CAST
木島安兵衛 - 錦戸亮
遊佐ひろ子 - ともさかりえ
遊佐友也 - 鈴木福
田中くん - 今野浩喜
上司・城崎 - 堀部圭亮
千石佳恵 - 佐藤仁美
時翔庵の娘 - 忽那汐里
司会者 - 中村有志
殿間知治 - 井上順
1時間48分 ビスタサイズ

●この映画の予告編です


ストーリー
 遊佐ひろ子は、東京・巣鴨に住む、シングルマザー。また幼稚園児の息子が目覚ましを止めた為、今日の息子の遠足のお弁当は冷凍食品を温めて詰めただけの手抜き弁当でした。
 大急ぎで弁当を作り、息子の友也を幼稚園に送る道の途中のスーパーの前で、着物姿でちょんまげの侍姿の男がいました。

 その時は、何かのイベントか撮影だろうと、たいして気にとめていませんでした。
 その日の夕方の五時を過ぎに、友也を幼稚園に迎えに行き、マンションの自宅付近で、友也が姿を消します。

目覚ましが止まって、まだ寝ているひろ子ママあー、もうっ!ミートボール、いらないって言ったじゃん遠足に遅刻したら、ママも遠足行かなきゃいけないんだからねあれっ?むかしの人!スーパーの前にいる侍の姿をしている男 
 見渡すと、段ボールがゴソゴソと動くのが見え、どうやら友也はかくれんぼをしているようです。
 すると、駐輪場の後ろにちょんまげのようなモノも動き、その裏に行くと、朝見かけた侍姿の男がいました。

 ひろ子は、撮影隊と離れ道に迷った役者だと思いました。
 ダンボールからバッと顔を出した友也に驚いた侍姿の男は、いきなり刀を抜きました。

 ひろ子も驚いて友也を抱きしめ守ろうとします。その男は、刀を納め "案内いたせ" と、ひろ子たちと共にエレベーターに乗って上の階のひろ子たちの部屋まで行きました。
 どういうわけか、その侍男はひろ子の部屋にまで入ってきました。

キョロキョロしている侍男お先に失礼しますおお~っ、楽しかった友ちゃーんゴソゴソと動く段ボール箱どこかなあ? 
 
ひろ子はその侍男が何者であるか、全くわかりません。そのくせ、いきなり正座をして、ひろ子たちにも"座れ" と上から目線の命令口調で言いました。
侍男  いつから巣鴨は、このようになったのだ。
ひろ子 さっきから言っていることが全然分からないんですけど・・
侍男  無礼者!
ひろ子 大きな声、出さないで下さいよ。
侍男  そうかもしれん・・拙者がどうかしてしまったのかもしれん。
ひろ子 あの、つまりここは・・あなたの知っている巣鴨じゃないってことですよね?だったら、どうしてそうなったか説明してもらえません?
侍男  思い上がるな、女。お前なんぞに、何ゆえ佐様なこと話をせねばならん。

無造作にのぞくちょんまげあの・・いきなり飛びした刀を向けられた友くん思わず刀を向けてしまった木島安兵衛友くんを守る、ひろ子ママいきなりのエレベーターに驚く安兵衛 
ひろ子 女って・・アタシちゃんと名前ありますから。
侍男  申せ。
ひろ子 遊佐ひろ子。
侍男  何?名字があるのか。そこもとも武家の娘か?
ひろ子 いえ、普通の会社員ですけど・・じゃあ、あなたの名前も教えてもらえますか?アタシが言ったんだから。
侍男  武家の者となれば、名乗らぬわけにはいくまいの。   木島安兵衛。直参でござる。
ひろ子 "じきさん" って・・あの旗本とかそういうの?
安兵衛 いかにも。旗本じゃ。
ひろ子 木島さんのおうちはどこですか。
安兵衛 麻布でござる。

 それなら、都営大江戸線ですね、とひろ子が言っても、安兵衛は、そんな都内の地下鉄の交通網など全く分からない様子です。
一変した安兵衛が知っている、かつての江戸・巣鴨ひろ子ママの部屋に入った安兵衛座れ言うとおりにする二人いつから巣鴨は、こうなったのださっきから言っていることが、全然分からないんですけど 
 話しているうちに、安兵衛の腹からぐう~っという音がしました。どうやら、朝から何も食べていないようです。

 ひろ子は、取り合えず冷凍餃子を焼いて、安兵衛におかずとして出しました。
 安兵衛はその餃子を箸に取ってしばらく見つめ、異様な匂いに不審そうな顔をします。

 安兵衛は、餃子という物を一度も食べたことがない様子でしたが、一口食べて猛烈に、ごはんを食べ始めました。
 口に合ったようで、安兵衛は気に入ったようです。

 それから、息子の友也とポケモンカードゲームの相手をしますが、ルールを全く知らない安兵衛は友也に怒られっばなしです。

 それから、友也が"おじさん、プリンたべる" とプリンを安兵衛に差し出しました。
冷凍の餃子を初めて見る安兵衛嫌なら食べなくていいんですよ食す安兵衛だからダメだょっ!エネルギーが足りないじゃん!おじさん、プリン食べる?友くんから渡されたプリン 
 安兵衛にとって、そのプリンも初めて見る食べ物でした。
一口、食すと驚いたように・・・
安兵衛 これはまた何とも・・かように甘く、とろける美味。  味おうたことはござらん。
 すっかり、そのプリンが気に入ったようです。

 その後で、ひろこは安兵衛の話を聞いていると、180年前の文政9年から来た、つまりはタイムスリップして来たこがわかりました。

 取り合えず、安兵衛は、その夜はひろ子宅でご馳走になって、時空を越えて遠い昔の時代から来たということが判明した後は、すんなりひろ子宅を出て行きました。

 翌日、ひろ子の携帯に友也が交通事故に遭ったとの連絡が入り、急いで幼稚園に行ってみると・・・
プリンを初めて食す安兵衛これき何とも・・かように甘く、とろける美味文政9年・・180年あとかつまり木島さんは180年前の世界から来たってこと今、俳優やっていて・・時代劇のあの、いとこなんですけど
 そこには元気な友也がいて、何故だか安兵衛が幼稚園にいました。

 友也がトラックにはねられそうになった時に、安兵衛がトラックの前に仁王立ちして、トラックを停めてくれたそうです。

 友也を事故から助けてくれた恩もあって、ひろ子は行き場のない安兵衛を自宅に一時的に泊めることにしました。
 一応、世間体では、"役者やっている、いとこ" ということにして・・・

 それから、ひろ子親子と安兵衛との奇妙な共同生活が始まります。安兵衛は世話になる代わりに家事と友也の世話をすることになりました。

 ある日、友也が熱を出した時に、安兵衛が作ったプリンが友也に喜ばれたことがキッカケで、それから安兵衛はスイーツ作りに精を出していきます。

 それが思わぬ安兵衛の才能開花となり、事態は思いがけないところに向かっていくのでした。
いきなり倒れた安兵衛メシを食べて復活した安兵衛スーパーで男物を買っているひろ子ママ重ね重ねのご親切、痛み入り申すいや・・やっぱり、カツラじゃないんだ友也殿、人と人とのつながりで年や身分なぞ、関係なきことでござるぞ 
 ストーリーの紹介は以上です。

 
今回は長めの紹介になりましたが、それもまだ映画の半分以下の45分程度までの話です。

 この映画、去年の夏に公開されたのは知っていますが、ネットで話題になっていたものの、テレビのCMを見た記憶がないので、見るまでどんな内容か全く知りませんでした。

 公開されたのが、ミニシアター系の映画館です。そんなに大々的に映画のCMも流れなかったのせいかもしれません。

 この映画のメインの上映館となった恵比寿ガーデンシネマも、現在ではもうありません。
江戸ではね。ここは東京です。今回の仕掛け人、巣鴨地蔵やめなさいって言ったでしょいい加減にいたせぇーーーっ!となると拙者。やはり、ひろ子殿の世話になるしか今後、奥向きの用事一切、拙者がお引き受け申す
 新宿武蔵野館は、まだありますがどこのシアターも70席程度の狭い所で、スクリーンもテレビのような小ささです。

 昨年から、ミニシアターの相次ぐ閉館が続いています。
 現代は当る映画と当らない映画の格差が広がっています。

 これは個人的な好みですが、やはりどうしてもミニシアターのスクリーンは小さい、というのが足が遠のく原因でもありますね。

 昨年、ミニシアター系が続々と閉館したのは、もっと別の理由があるでしようけどね。
木島安兵衛、スーパーで買出し失礼つかまつる!安兵衛が作った、和風朝食自分の手抜き朝食と違い驚くひろ子友也と洗濯物を干す安兵衛突然の電話の受信音で刀を取る安兵衛
 ところで、映画の方は意外と、思ってた以上に面白く見入ってしまいました。
 おかげで、火曜深夜の「さしこのくせに」の録画を忘れてしまうほどでした。

 タイムスリップした侍が、パティシェになる。これは奇想天外な発想ですね。

 そもそも江戸時代の侍なら、"男子、厨房に入るべからず" の格言通りの時代の男たちで、菓子はおろか食事作りなど一度もしたことがないはずです。商売としての仕事として従事している者以外は。
  1.  それは、"そんなことは、女子がすることじゃ" という風にね。江戸時代という大昔は、そんな男尊女子の時代だったと思います。
 安兵衛の最初のひろ子に対する対応に、それが表れています。

 まあ、そんな時代考証なんかもありますが・・・そんな堅苦しいモノを吹っ飛ばして、楽しめませてくれるエンターテイメントに仕上がっていました。
(受話器に向かって)安兵衛でござる幼稚園のお迎え、お願い。え?手土産?いらない!いらない!ねぇ・・これ、どう思う?熱を出した友也を背負っている安兵衛もう、いらないもう、知らせてよ 
 スイーツの中でも、プリンとはいいとこに目をつけましたね。
 この映画の劇中でもありましたが、子供時代に熱を出した時、やはりプリンが食べたかった、そんなことを思い出しました。

 主人公・安兵衛の作ったぷりんは器から皿に盛った時に、カラメルソースが溢れ出す、これこそまさしく完璧なプリンの王道です。

 いつくになっても、そんな子供の頃の味覚は、まざまざと憶えているものなのですねぇ~
安兵衛が作ったプリンうまぁーーい!うもうござるかいちごしょーと、とは中に鋏たる生くりーむを固めにすごい・・安兵衛が作ったケーキたち  
 何度も言ってきたことですが、やはり人が生きていく上での最大の楽しみ


 それが、別に自由が丘にある行列ができる店のスイーツでなくてもいいんです。

 この映画のともさかりえの息子の友也が安兵衛に再度おねだりしたのは、どこにでもあるごく普通のプリンでした。

 そんなものでいいんです。逆に言うと、それが日常にある、ささやかなプチ贅沢なのかもしれません。
ママこれ、おいしいよっ!友也殿、腰が入っておりもうさぬケーキナイフであるものを削る安兵衛うん、力まずにね、引くときはね。したの方へヒューっと軽くねある人物が考案した和風ぷりんにっこり微笑む二人


 目に美味しい映画は、何だか元気にしてれる力があります。
 映画の中の、たったひとつのプリンが多くの人を幸せな気分にするように・・。

 だから、この映画はまさに目で味あう作品です
 少しでも、興味をもたれた方は、この映画を
味わってみて下さい。

↓クリック視聴お願いします。キャプ写真編集の励みになります。


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ 

 
ランキングはここをクリック!
CATEGORY:2010年日本映画新作 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/206-51a2ce86

コメントの投稿














xx HOME xx