じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 インセプション インセプション│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


インセプション 

2010/12/23 02:18/Thu
DMM.com CD通販
インセプション・チラシ、表裏 
犯罪現場は・・お前の頭の中
これは現実か、夢の世界なのか!?
このミッションの出口はどこだ?
準備OK銃を降ろして
 今回は夏に公開され話題になったSFアクション映画です。
 レオナルド・ディカプリオと渡辺謙との初共演が話題になった超大作です。 

  この映画は、人の潜在意識にある夢の部分に入り込むことで、その情報やアイディアを盗むという企業スパイの戦いを描いた作品です。
愛しき日々無重力の夢の中ロバートの真実だ崩れる壁
 12/21にレンタル開始されて、この映画を二度見ましたが、未だによくわかれません。
 見た人によって解釈が違うようで、ラストをわざと曖昧にしています。
 ネタバレしようにも、この映画の世界をよく理解できていませんので、そんな大きなネタバレになっていないと・・思います。

 それでは、このインセプションの世界に興味がある方は、下の追記を読む、から御覧下さい。


Inception
2010年7月23日公開
監督・脚本 クリストファー・ノーラン
製作総指揮 クリス・ブリガム 
音楽 ハンス・ジマー 
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
148分 シネマスコープサイズ

CAST
ドム・コブ・・レオナルド・ディカプリオ
サイトー・・・渡辺謙
アーサー・・ジョセフ・ゴードン=レヴィット
モル・・・・・・マリオン・コティヤール
アリアドネ・・エレン・ペイジ
イームス・・・トム・ハーディー
ロバート・フィッシャー・・キリアン・マーフィー
ブラウニング・・トム・ベレンジャー
ユスフ・・ディリープ・ラオ
マイルズ・・マイケル・ケイン

● 予告編です。

ストーリー
 海岸に意識朦朧で倒れている男がいました。
 その倒れている男の名前はドム・コブ。
コブは目の前に自分のよく知っている子供たちの遊んでいる姿が目に飛び込んできました。
 すぐに兵士らしき男が現れて、コブを海岸沿いにある城のようなところに連れて行きました。

 コブが連れて来られた部屋には、高齢の老人がいました。
 どうやら、その老人はコブを知っているようでした。
海辺で遊ぶ子供たちそれを見ている主人公・コブ連れて来られたコブ私を殺しに来たのか  
その老人はコブを見るなり・・
老人 私を殺しに来たのか・・・
 そう言いながら、駒のようなものをテーブルに回し・・
老人 夢の中で会った男が持っていた。
   そいつは、途方もない考えに取り憑つかれていた男だった。
 コブはゆっくりと顔を上げ、その老人の顔を見ました。

 そして、数十年前かもしれない前の時代・・
その老人はサイトーと言い、そのサイトーがまだ50代ぐらいの頃の時代に戻りました。
 サイトーは食事をしながら、コブの話を聞いています。
途方もない考えに取り憑かれた男だった見上げるコブ昔のサイトー。食事中。一度、芽生えたら取り除けないどうやって?そいつは検討させてもらう
 コブはサイトーにインセプションの説明をしていました。
コブ   一度、芽生えたら取り除けない。アイディアは形になると、突き刺さる。ここ(頭)に・・
サイトー それを盗む?
 コブのサポート役のアーサーがサイトーに細く説明します。
アーサー 夢の中では、防衛本能が低下します。そこを盗む、"抜き取り" るんです。
コブ   サイトーさん、鍛えれば・・潜在意識は守れる。
サイトー どうやって?
コブ   私は"抜き取り" のプロだ。心の中を探り、秘密を見つける。
 コツを学べば、睡眠中も・・アイディアは守れる。
 私に心を開くなら、協力しよう。あなたを知る必要がある。他の誰よりも。
 これが夢なら、金庫の中身を教えてれ。
 夢を守りたければ、私を受け入れろ。

時計を見るコブ街で爆発情報は金庫の中だ。視線で分かった。私が恋しくなる頃でしょサイトーたちに銃を向けているコブ下ろして
 演説のようなコブの説明を丁度、食事を終えたサイトーは、 "検討するよ" と言い、別の場所へと去って行きました。

 サイトーは検討するどころか、そのコブのインセプションそのものを乗っ取ろうとしていたのです。

 それから、コブは様々な実験を繰り返していました。
 コブは、サイトーのライバル会社であるフィッシャー社の解体を目的に、その会社の御曹司であるロバートに近づいて、インセプションをかけようと試みます。

 その中で幾度も死んだ妻が現れましたが、それも、コブの夢の世界で自らで作り上げたものでした。
あきらめて銃をテーブルに置くコブ手を挙げているコブお前は誰に雇われたやっぱり、感じる隙を見て、銃を拾って発砲捕まえろっ!
 しかし、腹黒いサイトーはコブに協力するどころか、コブのパートナーのアーサーを人質に取り、コブに銃を棄てるように言いました。
 コブは一度は諦めて、銃をテーフールに置きますが・・・
 隙を見て、銃を撃ちました。
 
 すると突然、地響きが起き、崩れていく部屋。ここは夢の世界なのか・・・

 迫り来るタイムリミット。果たして、コブのインセプションは成功するのか!?
書類を見ているコブ赤い文字のインセプション椅子を倒し・・バスたぶの水の中に・・異変を感じるコブあなたの立場だと愛の巣を隠し通すのは難しい
ストーリーの紹介は以上です。

 また、DVD見ながら書いていたので、最初の方はちょっと詳細なものになりましたが、それは映画が始まって10分程度のものです。
 そのペースでかいてしまうと、LOSTファイナルシーズンのように三回に分けなくてはいくなくなります。

 この映画に、そんなLOSTほどの思い入れは持てないですからね。途中で切り上げました。
彼女は話さないよ俺たちは消される夢の中の夢とはね。感心したよ。舞台はなぜか、日本の新幹線の中俺は京都で下りるヘリにサイトーがいることに驚いてるコブ 
 それにしても、この映画は本当に場面がコロコロと入れ替わります。
 それの、どのシーンが現実の世界で、バーチャルな夢の世界なのか、混乱してしまうほど、わからなくなってしまいます。

 そもそも人の潜在能力の意識に入って、その情報を盗むというインセプションのからくりも、現実的な説明もされていないような・・・・

 ちょっとネタバレになりますが、主人公コブには過去に奥さんに自殺されています。
 その奥さんを自殺に追い込んだと勘違いされて、奥さんの実家の両親から恨まれて、引き取られている自分の幼い娘と息子に会わせてもらえません。

 それにしても、その死んだ筈の奥さん、そして一番可愛い盛りの子供たちは、コブの作った夢の世界でよく出てくるのですよ。

何を植え付けたいんだ少し違う何・・飛び散るものたちあらゆる物が飛び散っていくこれが夢なら、よけなくても・・
 子供たちは、遠くから見ているだけなのですが・・死んだ奥さんはよく目の前に出てきて、コブと現在進行形の会話をしたりするんですよ。

 その奥さんが言っていることも、いわば、
"夢の世界" で、コブが無意識に作り上げている世界なのでしょうか。

 どうも、この手の作品は苦手です。ディカプリオの前作の「シャッターアイランド」の方がまだわかりやすかったです。
 はっきり言って、識者受けする映画のような気がしますね。
夢から醒めたアリアドネただの夢じゃないでは、特別席を作ってくれインセプションの重要性を分かってるのか君は知る必要がないコブの夢の中での妻と子供たち
 
一番、理解できないのは、 冒頭のシーンで渡辺謙がしわしわ老メイクで出てきますが、何故かディカプリオもそうだけど、子供たちも全く年を取っていないのでしようか。

 渡辺謙のあの老メイクじゃ、どう見ても百歳越えていますよ

 夢の中で・・・すると、一気に時間が経過するという設定なのだろうか。
 その・・・の部分言っちゃうと、大きなネタバレになるから伏せておきます。
夢の中なら一緒にいられる人を愛するって分かるコブの声に振り向く・・どっちみち、あなたは子供たちを失うわなぜだ?飛び降りようとするコブの妻
 どうもまだ消化不良のようなので、改めて見直して、気づいたことがあったら追記していきます。
 後半はいろいろなバトルが展開して、面白いんですけどね。
 それもすべて、バーチャルウォーズですけど・・・

 映画は真っさらな状態で見たいという方も、この作品に限っては、いろいろなサイト等で予備知識なるものをつけて見るのもいいかもしれません。
 新作なので、レンタルは基本的に一泊二日のところが多いですからね。
それで逃げたんだそれはみんなのためよ
●追記① 長いエンドロール
 急な仕事が入ったので、この映画をまだ見直せていません。
 ひとつ気が付いたことは、上映時間148分とありますが、実質は2時間20分です。

 そのプラス8分はエンドロールなのです。
 外国映画にはよくあることですが、どうして真っ暗な画面にスタッフ・キャストの名前を延々と流すだけのエンドロールが必要なのでしょう。
夢なら死ねば、目が覚めるはずだやめたほうがいい。鎮静剤を打たれてので、目は覚めない。
 それは映画の余韻に浸る為?
 だったら、日本映画のように映画の中のシーンを挿入したエンドロールを流せばいいのにと思います。
 なんか、それがハリウッドの悪しき伝統のような気がしますが・・・
 まあ、映画好きにはその長いエンドロールも好きという方がいると思いますが、個人的には無駄なような気がしますけどね。
ブラウニングを疑ってれば、それが行動に出るからだ。バーチャルゲーム。雪山での銃撃戦へ。

↓こちらも視聴して頂けると、キャプ写真編集作業の励みになります。


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ


ランキングはこをクリック!




























  



CATEGORY:2010年新作外国映画 | CM(0) | TB(1) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/198-3799e63b
『インセプション』お薦め映画
2011.01.05 (00:10)+ 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクショ…

コメントの投稿














xx HOME xx