じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 のだめカンタービレ 最終楽章・後編 その一 のだめカンタービレ 最終楽章・後編 その一│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


のだめカンタービレ 最終楽章・後編 その一 

2010/10/08 16:21/Fri
DMM.com CD通販
のだめカンタービレ 最終楽章・後編、チラシ表&裏 
先輩、お別れです
のだめの恋が終わる!?
恋のグランドフィナーレ・後編開幕!
ピアノを弾いている、のだめのだめの発言に愕然としている千秋
 
今回は、遂にのだめカンタービレ・最終楽章の後編です!
 あの、のだめメンバー総出演して、おバカキャラたち、笑わせてくれます。
 また台詞を追いながら、キャプ写真を編集したら、とんでもない量になってしまいましたので、二回に分けて紹介します。
千秋に無理やり振りむかされている、のだめバスの中で泣いている、のだめコンチェルトをぶちかますのよっ!シュトレーゼマンに抱きついて、泣いている、のだめ 
 昨日(11/7)、レンタルされたばかりの新作ですので、ラストのネタバレはしませんが・・・
 中盤までは、詳しく紹介している部分があります。
 この最終楽章・後編を真っさらな状態で見たい方は、この映画をレンタルして見た後で、当ブログを見ることをお勧めいたします。

 それでは、不思議の国のだめワンダーランドにようこそ!な方は、おバカだけど愛しきのだめの愛の奮闘ぶりを、下の追記を読む、からご覧下さい。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編
公開 2010年4月17日
総監督:武内英樹
監督:川村泰祐 
脚本:衛藤凛
製作:亀山千広
撮影:山本英夫
VFXプロデューサー:大屋哲男
ミュージックエディター:小西善行
協賛:ミスタードーナツ
配給:東宝
CAST
野田 恵(のだめ):上野樹里
千秋 真一:玉木宏
峰 龍太郎:瑛太
三木 清良:水川あさみ
奥山 真澄:小出恵介
フランク・ラントワーヌ:ウエンツ瑛士
タチヤーナ・ヴィシニョーワ:ベッキー
孫 Rui:山田優
テオ:なだぎ武 (ザ・プラン9)
黒木 泰則:福士誠治
エリーゼ:吉瀬美智子
峰 龍見:伊武雅刀
フランツ・フォン・シュトレーゼマン:竹中直人
ヤドヴィガ(ヤドヴィ): エグランティーヌ・ランボヴィル
上映時間 123分 興行収入 37億円  シネスコサイズ
雨のパリんっ・・のだめの夢の中の千秋のだめのこと、嫌いになったんですか? 
ストーリー
 雷鳴が轟く土砂降りの雨のパリ。
就寝中ののだめは悪い夢を見て、うなされていました。
 朝になり、千秋はのだめたちのいるアパートを出ていきます。
 千秋は、のだめに自分の部屋を好きに使っていいと、のだめに部屋の鍵を渡しました。
 その光景を、窓から見ている見知らぬ女性がいました。
ベーべちゃん、彼とは少し離れた方がいいのだめを抱きしめる千秋これ・・俺がつかってた部屋の鍵二年間続いていた「突撃!隣の晩ご゜はんが」が・・ 
 千秋は、静かな環境で音楽に没頭したかつたのです。
のだめと離れていても大丈夫。
 千秋は、そう信じていましたましたが、のだめは千秋がそばにいなくなったことで、淋しさと不安で一杯でした。

 そんな時に千秋の元にエリーゼから一本の電話が入ります。
 孫 Ruiとウィトロール・オケで千秋は共演することになつたのです。
 Ruiは活動休止しているはずでしたが、千秋との共演で活動を再開したようでした。

 千秋のいなくなってから、のだめの元にある二人が訪ねてきました。
そんなに遠くないし、会いたきゃ会いにくればいいしのだめ、先輩のコンサートには必ず行くし窓からのだめたちを見ている若い女性千秋を見送る、のだめたち
 峰龍太郎と奥山真澄でした。
 二人は早速、のだめと共にパリの凱旋門などの観光に行くというより、その二人に無理やり同行させられました。

 丁度、そのおバカ三人トリオが留守にしている間に、今度は千秋がかつての自分の部屋に、のだめの様子を見に来ていました。
 そこに、おバカトリオも帰ってきて、千秋はクローゼットに隠れました。

 すっかり、はしやぎまくって調子こいている、おバカトリオ、すぐ近くに千秋が隠れているとも知らずに、"千秋ごっこ"をやり始めました。
ねぇ、そんなことより、千秋様はどこよっ!イテテテ・・うぃ~星・・・・おお~っ、凱旋門、ナポレオン、エロイカおバカ三人組、凱旋門で記念撮影散らかし放題の菓子たち
のだめ あ・なんだ寝てんのかよ。
    おい、俺様のお帰りだぞ。
    早く起きないと、襲っちゃうぞー!
龍太郎 はい、先輩、どうぞ召し上がれ。
むきゃー!

 真澄が似てる!似てる!と、大笑いしています。千秋はたまらず、大目玉開けてクローゼットから出てきました。
 おバカ三人組みは千秋に土下座して謝ります。

 それからは、フランク(ウエンツ瑛士) やタチヤーナ(ベッキー )も呼んで、飲めや歌えのドンチャン騒ぎです。
 唯一、しらつとしいるのは主賓(?)の千秋と、黒木(福士誠治)だけでした。
あっ、やべっ・・そろそろ帰ってくる頃じゃ隠れている千秋なんだよ、寝てんのかよ俺様のお帰りだぞ(目に星、キラリ)はい、先輩。召し上がれ。むきゃー!はあっ・・
  翌朝、龍太郎たちは酔っぱらって寝ていましたが、のだめと千秋は朝食を食べるところでした。
 そこに、フランクが飛び込んできて・・
"のだめ、遅刻だよっ!急いで!急いで!"とせかすしました。
 のだめは、食べようとしていたの納豆とオムレツとごはんをアルミフォイルに包んで弁当として包みました。

 大学に行くと、懐かしい人との再開が待ってました。
 清良(きよら)でした。
 のだめは、その納豆ごはんを箸で食べながら、清良の近況を聞いていました。
すみませんでした。もうしません。皆で酔っぱらって、ドンチャン騒ぎ学校の課題、頑張ります呆れて言葉も出ない千秋やめてください、千秋様それから・・俺、ルイと共演することになつた
 清良は三年おきに開催されるカントナ音楽祭コンクールピアノに出場して、そのファイナルの日を迎えていました。
 のだめたち、おバカ三人組プラス・フランクタチヤーナたちは、清良の応援の横断幕を作って意気揚々としていまずが、千秋と黒田は呆れていました。

 清良の演奏が始まり、心配そうに見つめる恋人の龍太郎。
 清良も、そんな昔の龍太郎とのことを思いだしながら演奏し、満場の喝采を浴びました。
  そんな清良の演奏を見て、皆それぞれにに去来する思いがありました。
納豆を口に運んでいる、のだめあ、のだめ。遅刻だよっ!急いで、アルミフォイルで朝食の残りを包む自分を呼ぶ声に振り返る、のだめはぁー、久しぶりぃ!はじめはファイナルまで残って、三位入賞だった
 腰砕けになりますが、とりあえず前半の紹介はこれで終われです。
 ここまでのシーン、
映画が始まってまだ20分程度です。

 ディスクを再生しながら見ながら書いてしまうと、どうても長くなってしまいました。
 これでは見ていない人も、まるで見たような気分になってしまうでしようね。

 後半はそんな最後まで書かないですから、できるだけあつさり目にします。
いいなあ・・龍太郎の店を手伝っている清良これ見たら、清良さん。喜びますネ~気合入れて、清良を応援するぞー!おーっ!泣くだろ(恥かしくて)
 実は、横になりながらこの映画見ちゃったら、途中で寝ちゃつたんですよ。
 つまらなかったからというわけでなく、日ごろの疲れ(?)が出たのか、つい・・・うとうとしてしまいました。

 最後は起きて見ましたが、途中は抜けてます。最後まで紹介できれば一番いいのですが、中が抜けていますので、続きはまた明日になります。

 今、編集真っ只中ですので、後半アップは10/9から10日に日付が変わる頃になると思います。
 しばらくお待ち下さい。 
演奏している清良迷っていないで、心おきなくウィーンに帰っていいぞ(清良の回想)こいつよりすごいタイトル二つ、三つ取ってこいよ!昔を思い出して微笑む清良清良・・お前が日本に帰ってきたら
 ●追記
 それにしても、のだめと千秋の食事に納豆が出てきたのは、少しビックリでしたね。
 この映画の舞台はフランスのパリですよ。

 いくらなんでも、パリに納豆は売ってないでしょう。外国人が日本食で、一番食べれないのが、納豆だと思いますからね。
7龍絵太郎に抱きしめられている清良終演後の喝采
 そんな納豆なんて、日本から空輸できるんですかねぇ~    それに千秋役の玉木宏は大の納豆嫌いですよ。
 下の写真見ると、玉木宏はのだめが納豆かき回しているのを後ろで、実に嫌そうな顔をしています。
 確か、この映画公開時にとんねるずの食わず嫌い選手王に、この主演の二人出ているはずですけど、何で敗れたんでしょうか?

 何か、納豆という食材アイテムが出てくると、その空間だけ、舞台が日本になったような気がして不思議でした。
 それだけ、パリに納豆は似合わないでしょう。

 さあ・・早くこの続きのキャプ写真編集をやらないと・・
納豆ぐるぐるかき回している、のだめぐちゃあ~と、こぼれたのだめの納豆



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ 
 
ランキングはこをクリック!

CATEGORY:2010年日本映画新作 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/185-da031b76

コメントの投稿














xx HOME xx