じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 LOST FINAL SEASON EP13" The Last Recruit"その2 LOST FINAL SEASON EP13" The Last Recruit"その2│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


LOST FINAL SEASON EP13" The Last Recruit"その2 

2010/04/28 01:18/Wed
DMM.com CD&DVDレンタル
ソーヤーの誤算
 エピソード13" The Last Recruit"の続きを始めます。
 後半は場面が激しく入れ替わる、めまぐるしい展開になっています。
 キャプチャー画像も遂に百枚を超えてしまいました!
 全部のシーンを網羅しているとは言えませんが、それだけの大量の切り取り画像を見たら、未見の方も何だか見たような気分になってしまうと思いますので、これから見ようとする方はご注意下さい。
 さて、遂にあの会えない二人は、再会を果たしたのでしょうか!?

デズモンドが閉じ込められている井戸に来たサイード君は何をくれるんだ?無言でデズモンドに銃を向けているサイードその冷酷な血で私を撃ったら・・彼は俺が失った物をくれると言ったその彼女は今どこにいる?
●デズモンドがいる井戸に来たサイード
 暗黒の命令でデズモンド殺害を命じられたサイードは、そのデズモンドが閉じ込められている井戸にやって来ました。
デズモンド 彼は君に何をくれるんだい?俺には知る権利があるだろ。
サイード  彼は俺が失った物をくれると言った。
デズモンド 何を失ったんだ?
サイード  愛した女性だよ
デズモンド 彼女は何処に?
サイード  死んだ。

その彼女に何て言うんだどういう意味だ?彼女が、私たちがまた一緒になる為に何をしたか質問してきたら・・兄の自宅に急いで戻ってきた2004年のサイード笑顔で出迎えたナディアどうしたの?
デズモン どうして、それが叶えられると・・
サイード  俺は死んだ。そして、彼が蘇らせてくれた。
デズモンド 彼女に何て言うんだ
サイード  どういう意味だ。
デズモンド 彼女が、私たちがまた一緒になる為に、何をしてきたかと質問してきたら・・
 君は何を言うつもりだ。
 ただ、黙ってサイードはそれを聞くだけで、銃の発射する音は聞こえませんでした。

もう大丈夫だよ。全部、片づいた。 また、誰か傷つけたの? 
●2004年、兄の自宅に戻ったサイード
 サイードはレストランでキーミーたちを始末した後、兄の自宅に戻って来ました。
 ナディアは只ならぬサイードの様子に、何かあったかを察します。
 サイードは、すぐにここを去るとナディアに言った時に、訪問者が現れました。
 ロス市警のマイルズ刑事です。
ナディア、僕はここを去る何をしたの、サイード?2、3質問させてくださいよし、おとなしくしろ後ろから手錠をかけられた2004年のサイードサイード・ジャラー。君は逮捕だ。
 
すぐにサイードは、荷物をまとめナディアに別れを言い、裏の方から逃げようとしますが・・

 そこにロープを張って罠を仕掛けていた、ジェームス" ソーヤー"刑事に捕まって、キーミー殺害容疑で、サイードは簡単に逮捕されてしまいました。

濡れる準備はいいか、そばかすもちろん、ひどい考えさ。そんなことはしない。ロックをハメるんだ私にいつ話すつもりだったの?今、クレアの名前は言わなかったわね?なぜなら、来ないからだよ 
●2007年島の海岸
 
ソーヤーはケイトと共に、海岸に出て暗黒が言っていたボートを見つけました。
 ソーヤーはそこで、ケイトに初めて、暗黒ロックを騙し、更にはウッドモアの潜水艦を奪う計画を話しました。

 ソーヤーのその計画の中には、クレアは入っていません。
 ソーヤーが言うには、今のクレアは昔の彼女ではく、" ケイトに銃を向けたからチケットなしだ"そうです。
 そして、二人は泳いで、そのボートに向かっていきます。
クレアをつれて戻るって約束しちゃったのよ昔のクレアは、もういない行くぞ。時間がない潜るソーヤー潜ってボートにいく二人ジャングルの中を大移動
 
その頃、島では暗黒グループは皆でぞろぞろと移動していました。ジャックとクレアは歩きながら話します。

ジャック ロックとは、どれくらい一緒にいるんだ?
クレア   あなたたちがいなくなってから、ずっとよ。
ジャック 彼を信頼しているのか?
クレア  ええ
ジャック 何故?
クレア  彼だけが私を見捨てなかったからよ。

そうね・・あなたがいなくなってからよ。彼だけが私を見捨てなかったからよサン、サイードを見なかったか?何だ、黙殺かい?サン。暗黒に筆談メモを見せる。あなたがやったことよ!
 暗黒は一行の中に、サイードがまだ合流していないことに気づき、サンに聞きますがサンはまだ英語が喋れませんでした。
 筆談で暗黒に"あなたがやったことよ!"のメモを見せられても、暗黒は何のことだかわかりません。
 暗黒はすぐにサイードを探しに行きました。

 暗黒がいなくなったことで、ジャックはサン、ハーリー、フランクらを集め、" 今こそソーヤーのプランを決行する"と言って、列を離れ別の方向に走り出しました。
 それをクレアが監視していました。

悪いがサン。君には何もしていないよ。サイードを探しに行く暗黒暗黒がいなくなったのを確認したジャッククレアが振り返ってジャックを見ている自分のチームを集めたジャックこれがソーヤーのプランだ。行くぞ!
 暗黒は歩いて来たサイードと会いました。デズモンドを殺したかと訊ね、サイードは" 勿論だ。行って確かめてきてもいいよ"と答えますが、確認している時間はありません。
 すぐに、サイードと共にボートのある方に向かいました。

 ジャックたちは、急いでソーヤーが渡してくれた地図のある海岸の道に抜けると、ソーヤーとケイトがいるボートをハーリーが見つけ、すぐに合流します。
 皆をボートに乗せながらにソーヤーは、三年間ダーマで見てきたことを皆に話します。
" この三年ダーマの連中は、潜水艦でのみ、この島を行き来できてたんだ"
 それはつまり、飛行機は、一度もこの島からは飛び立っていない、ということなのでしょう。
 その時、クレアが銃を向けてきました。ソーヤーの不安は的中したのです。
 
走っていくジャックの後を追う仲間たちジャックたちを監視しているクレアサイード、どこに行ってた?無防備な男を撃ったんだ。時間はかかる。彼は殺したか?勿論だ。行って確かめてきてもいいよ。 
クレア
 どこ、行くの?
ケイト 島から出るの
クレア なら、どうしてジョンを待たないの?
ケイト 何故なら、あれはジョンではないからよ。彼が何者であれ、私たちの仲間ではないわ。
 クレア一緒に行きましょう、アーロンに会わせるわ。
 横からソーヤーが、" おい、ちょっと待てよ!"と口を挟みますが、ケイトが制止します。

来い。ボートが待っている。ソーヤーはどこかに波止場があると言ってたあそこだ!よし行くぞ。みんな、乗れ、さあ!ソーヤーと合流したジャックたちダーマはこの三年間。潜水艦のみ、この島を行き来できてたんだ。
ケイト 一緒に行きましょう、クレア。
クレア ジョンと約束した・・
ケイト 私があなたと約束しているの。アーロンが生まれた時、私はその場にいたわ。
 私が育てるべきじゃないの。あなたがやるべきなのよ。  
 あなたがアーロンともう一度一緒にいれるよう、あなたを探してに戻ってきたの。 
 それが、この島に戻ってきた唯一の理由よ、クレア。
 だから、一緒に行きましょう。家に帰りましょう。
 ケイトの必死の説得で、クレアは銃を降ろしました。クレアはその銃をケイトに預けボートに乗りましたが、その時にクレアが、こう言いました。
" 彼(暗黒)がみんながいなくなったとわかったら、きっと怒るわよ"
どこ行くの?なら、何故ジョンを待たないの?アーロンは私が育てるべ゛きじゃない。あなたがやるべきなのよ。一緒に帰りましょう、クレアよし、ロックに見つかる前にみんな乗れ彼がみんないなくなったとわかったら・・きっと怒るわよ
 ジャックは、息子のデビットと共にビルの中のイラーナのオフィスを訪ねて来ました。
 父・クリスチャンの遺言の内容を確かめる為と、その遺言書の中に書かれてあった女性と会うためでした。
 そのオフィスに行くと、クレアがいました。クレアの名前は知っていましたが、何故彼女がここにいるのかジャックには、その理由が判りません。

 クレアの口から" 彼は私の父でもありますから"と聞かされ、目の前にいる若い妊婦が、自分の腹違いの妹であるということを、ジャックはそこで初めて知りました。
 そこに病院から緊急手術の電話がありました。ジャックは、すぐに病院に戻ることになりました。

母さんからだ。おじいちゃんの遺言だけど・・悲しんでもいいんだぞ父さんに同情して悲しいよシェパードさん、会議室をご用意しましたどうも、お会いできて嬉しいですあなたの名前が父の遺言書にありました。父とは、どういうご関係ですか?
 現代の島にいるジャックは船上から島を見つめていました。
 ソーヤーがフランクに、向こうの島に着いてからの計画をフランクに話しています。
ソーヤー ウッドモアに物腰やわらかく、入るんだ。潜水艦に飛び込む隙を手に入れるまではね。
 それから、誰かの頭に銃を突きつけて、家に連れて帰らせる。

 フランクはそれはいい考えだみたいな事を言いますが・・・
 それから、ソーヤーはボートの操縦をケイトに任せて、ジャックと話をします。
ソーヤー 来ないと思ってた。結果、みんな来れてよかったよ。
ジャック  これが正しいとは思えないんだ。
ソーヤー 何が正しくないんだ?
ジャック  島から出ることさ。

彼は私の父でもありますいきなりのことで頭を抱えるジャックすみません、予定を組み直さないといけないようです船の上にいるジャックそれから誰かの頭に銃をつきつけて家に帰る何故、そう思うんだ、ジャック。
ソーヤー  何故なら、前回島から出た時、自分の一部が抜け落ちたみたいだった。
ソーヤー そのための薬はあるさ。
ジャック  そして、あのロックは俺たちに島から出て行ってもらいたい。
 ひょっとしたら、あいつは俺達に残られるのを恐れているのかもしれない。
 その言葉にソーヤーはカチンときます。
ソーヤー 俺のボートから降りろ。
ジャック  何だって?
ソーヤー 今、選択肢ができたんだろ。そっちを選べ。
 俺達といたいか。その気違いじみた話を独り言で話すか。それか海に飛び込むかだ。
ジャック ジェームス、これは間違いだ。島と俺達の関係はまだ済んでいないんだ。
ソーヤー ああ、でも俺のは済んだ。もし、お前がその妄信を受け入れたいなら、そうするがいいさ。
 ジャック、ボートから降りろ。
ジャック ジュリエットを死なせてしまって、悪かった。
 そうソーヤーに言うと、
ジャックは海に飛び込みました。
ひよっとしたら俺たちに残られるのを恐れているのかもしれない俺のボートを降りろよ。ジュリエットを死なせることになって、すまなかったボートから降りたジャック気が変わったって、どういうことよっ!ジャックを連れて戻らないと
 ボートから飛び降りて、一人泳いでいくジャックを見て驚いたケイトは、ジャックを連れ戻そうと引き返そうとしますが、ソーヤーは・・
" 戻ることは終わりだ、ケイト"と、ジャックを追うことを許しませんでした。


●2004年のサンがいる病室
 2004年にいるサンは、ようやく目が覚めました。そばにはジンがいます。
サン 何があったの?
ジン 君は撃たれたんだ。もう大丈夫だよ。赤ちゃんも無事だ。もう終わったんだ。
 ジンはサンのおでこにキスをしました。

 ジャックがクレアとの面会中に呼び出された手術はロックの執刀でした。
 しかし、ジャックは手術台の上にいた人物の顔を見て、その時初めて、それがロス空港で会ったロックであるということを知りました。 そして、スタッフたちに言いました・・
" 彼を知っている"
戻ることは終わりだケイト泳いで戻ろうとしているジャック何があったの?もう終わったんだよジンの言葉に安心するサン彼女のこと、何も言わなかったなんて信じられないね
●2007年本島に戻ったジャック
 
ジャックは泳いで元の島にたどり着いていました。
 暗黒ロックとアザーズの生き残りの者たちがジャックを迎えていました。

 その頃、ソーヤーたちもハイドラ島近くにボートを海上に停泊させ、そこから泳いで島に到着していたところでした。
 ところが、到着早々にウッドモアの部下たちに取り囲まれて、手を上げるように命令されます。
 
 ウッドモアチームの中にジンがいます。サンは、ジンの姿を見つけると、走っていきます。
 ようやく会えたサンとジン。二人は抱き合って再会を喜び合います。
サン 愛してるわ。
ジン 俺も愛してるよ。
 サンの声は韓国語ではなく、英語です。フランクが言います。
" 声が戻った奴がいるようだな"
彼を知っているよ手術台の本物ロック何とか泳ぎ着いたジャック戻ってきたジャックに集ったアザ-ズ生き残り組たちソーヤーは私のボートを奪ったんじゃないかロックが脱走に気づくのには、そう時間はかからないはずた
 そんな喜びも、つかの間でした。
 ウッドモア№2のゾーイは、更にソーヤーたちに銃を向け、ひざまづけと命令しました。
ソーヤー 取引があるはずだ
ゾーイ  取引は終わりよ!
 そして無線を手に取り、ウッドモアの指示をあおぎます。
ゾーイ  捕らえました。もし、ロックが視界に入ったら、いつでも点火して

 本島にいる暗黒たちがいる場所に爆撃が近づく音がします。その音に気づいたジャックは"逃げろ!"と言った瞬間、その爆撃でジャックも吹き飛ばされました。

 飛ばされて砂浜に叩きつけられたジャックは、朦朧とした意識の中で暗黒ロックが走ってくるのが見えました。
 暗黒はすぐさまジャックを肩に担いで、安全な場所に避難します。
 意識が朦朧しているジャックに暗黒はこう言います。
" 心配しないで、大丈夫だ。今、君は私と共にいる"
 
エピソード13" The Last Recruit"ここで終了
手をあげろ!落ち着けよ!サン?ジン?ジンを見つけて駆け出すサン抱きつくサン
 予定としては、昨日(4/27)にアップする予定でしたが、余りにも濃いエピソードだったので、いろいろと手間取りました。
 ようやくというか、やっとサンとジンが合えましたね。
 前シーズンでは、同じ島にいるというのに、タイムスリップでジンが1977年の時代にいる為に、" ずっと合えない二人"になっていました。

 しかし、会ってすぐに離れ離れになりそうな気がします。ジンはウッドモア側で、サンはソーヤー側で、囚われ人になりそうですね。
 それとも、ジンがウッドモアに協力する代わりにサンの解放を要求するかも、です。

愛してるわ再会のキス声が戻った奴がいるようだな喜びもつかの間の二人ひざまつくのよ、みんな取り引きがあるはずだ
 
それにしても、ソーヤーの計画は穴だらけです。
 自分が" 詐欺師"であることをウッドモア、暗黒共に見越しているいうことを、すっかり忘れていたようです。
 相棒のケイトあたりが、" そんなにうまくいかないわよ"と言ってもよさそうなもんでしたが・・

 忘れていけないのが、暗黒側にはサイードという強力な駒が残っていて・・・もう一組。
 ジャックたちと別れた、リチャード、ベン、マイルズがいるいうこです。
 但し、リチャードがソーヤーたちを助けるとは思いにくいですね。あの暗黒をこの島から出さないことを目的としたならば、ウッドモア側につくような気がします。

 それに、ハイドラ島は、ベンが育った、勝手知ったる我家も同然ですから、地理的にはベンが一番精通していますよね。

取り引きは終わりよ!捕らえました。ロックが視界に入ったら点火して下さい。諦めて、ひざまつくソーヤーたち上空からの音に気づくジャック下がれっ!吹き飛ばされたジャック
 次週、別動隊のリチャード一行がどんな動きをするのか、そこが一番興味深いですね。
 過去と現代でも、ジャックとクレアが兄妹の名乗りをあげて・・
 2004年ではケイトとサイードが警察に捕まり・・
 白昼のひき逃げ犯のデズモンドは何をしようというのか?
意識が朦朧となっているジャックジャックの朦朧とする意識の中で走ってくる暗黒ジャックを担いで避難する暗黒ジャック・・・大丈夫か?意識があるジャック今、君は私とともにいる
 こんな展開、ヤバ過ぎ
ますっ!
 
早く、次のエピソード14が見たくて仕方ありません! 
 しかし、残念なことに、一週休みです!
次のEP14
"The Candidate" の放送は5/4です。
 いい機会だから、その間に何本か違う作品をアップします


 
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 ランキングはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  








 





CATEGORY:LOST FINAL SEASON EP10-14 | CM(2) | TB(0) |
xx HOME xx
by. キスナ
いつもお疲れ様です!今日初めてこのブログを見てすごく分かり易くて、今シーズン3を見てるんですがもうこの話の続きがみたくてたまりません!!!キャプチャして、文章も載せて大変だろうけど頑張ってください!!!
2010.05.07 (16:31) | URL | EDIT
明日にはEP14アップの予定です! by. じんのすけ
キナス様。ご訪問&コメントありがとうございます。
 でも、シーズン3を現在、見ているところじゃ、ファイナル紹介している当ブログは実に有り難くないような気がしますけど・・・
 そういうボク自身も、最近は他の人のブログ見て先を知った状態で、確認の意味で後からエピソードを見ているくらいです。
 キャプ画像編集は楽しんでやっているから、できるんでしょうね。
 EP14も後半にいい絵がたくさんあって、後半は、百枚程度で収まるかちょい不安です。
 前後合せたら、画像は多分二百枚は越えてしまうと思います。

 もう少しでEP14をアップします!今は画像作り終えて、アップロード作業していている最中です。
2010.05.07 (22:04) | URL | EDIT
トラックバックURL
→http://chikinai.blog95.fc2.com/tb.php/154-b3458134

コメントの投稿














xx HOME xx