じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 野島伸司の世界 野島伸司の世界の記事一覧│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
fc2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


世紀末の詩 第10話 「20年間待った女」 

2016/10/02 23:28/Sun
VHSパッケージ
女は抵抗することなく男に首を絞められた。
20年間に渡る男の愛の贖罪。
そこに愛は・・あったのか。

もう一人の娘を見て泣いている百瀬だから、それが・・  
 今回は「世紀末の詩 第10話 20年間待った女」です。
 1998年に日本テレビ系で放送された野島伸司・脚本のドラマシリーズです。

恋人の百瀬に首を絞められている冬子彼女は苦しそうに喘いでいました
そこにはゆるぎない形があるはずですそして、知りたかったんじやないかしら
想い出・・倒れこむ教授 
 
今回は大真面目に、“愛には決して辿り着かない恋”について語ります。

 第10話は、死期が迫りつつある元・大学教授が、今の際になつて若い頃かつて愛した恋人に、もう一度会いたいと願うことから始まるストーリーです。

 山崎努演じる元大教授は、学長の娘と結婚する為に、自分の子供を孕んだ恋人の首を閉めて殺そうとしています。

 90年代に野島伸司が一貫して書き続けてきた、
“刹那的な恋”のドラマです。

 
野島伸司ならではの、
“そこに愛はあるのか!”の世界が展開します。

 今回は思い入れが強い作品なので、いつもの倍の長さになっています。

 それでは、興味のある方は、下の追記を読むから、愛には辿り着けなかった恋の終幕をご覧下さい。

追記を読む
CATEGORY:野島伸司の世界 | CM(4) | TB(0) |
≪New Entries xx HOME xx