じんのすけのつれづれシネマ倶楽部 日本映画的女優論 日本映画的女優論の記事一覧│じんのすけのつれづれシネマ倶楽部
FC2ブログ
レスベラトロール
xxSEARCHxx
プロフィール

じんのすけ

Author:じんのすけ
映画やドラマ、芸能ネタまで、劇中のキャプチャー写真をたくさんアップして、紹介しているブログです。
 写真がメインのブログです。特に女優のヌードがある作品、B級映画に特化しています。
 日本映画が大好きなので、業界全体が盛り上がるような、そんな話題を提供していきます!

コメントは必ずHNを付けて下さい。無い場合は申し訳ありませんが、削除致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ♡
最新記事
FC2カウンター
ユーザータグ

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
おすすめ
QRコード
QRコード


最近の記事


松坂慶子とその時代 その壱 

2009/01/01 04:12/Thu
道頓堀川、公開時のパンフレット

 明けましておめでとうございます。本年(2009年)はこちらのブログを放置することなく、マメに更新する予定なので、よろしくお願いします。

 さて、今回から連続で思い入れのあった女優さんの特集を、しばらくやっていきたいと思っています。途中で気が変わって新作を取上げたりするかもしれませんけどね。

 話の都合上、ヌードキャプチャー画像をアップします。その画像を外したら、写真をアップする意味もないので、女性の方で抵抗ある方はスルーして下さい。

 本記事は、2010年12/12に追加編集&キャプ写真入れ替えしました。
 続きは、下の追記を読む、からどうぞ。

追記を読む
CATEGORY:日本映画的女優論 | CM(0) | TB(0) |

松坂慶子とその時代、その弐 青春の門・篇 

2009/01/02 09:35/Fri
DMM.com CD&DVDレンタル
青春の門、公開当時ポスター&ビデオパッケージ
 1981年の東映の正月映画第二弾として公開された「青春の門」は松坂慶子にとって、ターニング・ポイントになった映画ですが、その前に1980年に少し、プレイバックします。

 80年代は松坂慶子は、松竹の専属女優でしたが、何故だか同社の人気シリーズ「男はつらいよ」には、なかなか出演できていませんでした。それが、1980年の「浪花の恋の寅次郎」で、やっと寅さんのマドンナ役が回ってきます。
信介、あれが骨つぎたい重蔵と共に歩くタエ信介ば、頼むきあんた・・タエの胸は柔らかかった重蔵に求められているタエ
 この記事も、2010年12/14に写真リニューアルして、松坂慶子&影山仁美のヌードキャプを追加しました。
 写真は、一度見たことがある既出なカットが多いですが、
サイズは更に大きくしたり、少し写真を増やしました。 
 それでは、この続きは下の追記を読む、からどうぞ。




追記を読む
CATEGORY:日本映画的女優論 | CM(0) | TB(0) |

松坂慶子の涙 蒲田行進曲・篇 

2009/01/04 01:53/Sun
DMM.com CD&DVDレンタル
蒲田行進曲パンフレット

 青春の門公開の翌年の1982年は、まさしく松坂慶子の年でしたね。
 その年に二本の主演映画があります。二本とも松竹の映画で、「道頓堀川」と「蒲田行進曲」で、どちらも監督は深作欣二です。

 翌年のほとんどの映画賞の主演女優賞は松坂慶子でした。でも、それは「蒲田行進曲」の松坂慶子で、「道頓堀川」だけだったら、賞は厳しかったでしょうね。 

  尚、この記事も2010年12/13に、リニューアルしました。
 最後の方のおまけで「火宅の人」のヌードキャプを追加しています。
 かなり長くなってしまいましたが、続きは下の追記を読む、からどうぞ。

追記を読む
CATEGORY:日本映画的女優論 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx